注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

猫についたダニの取り方は?ダニの駆除方法と予防方法・注意点

飼っている猫にダニは寄生してしまうことがありますが、寄生したダニはそのままの状態にせずに取ってあげることが大切です。でも、一体どうやって取れば良いのか、取り方がわからない人もいますよね。

猫についたダニはどうやって取れば良いのでしょうか。方法を確認して、猫ちゃんを快適に生活させてあげましょう。

そこで今回は、猫についたダニのとり方と予防方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【カニの赤ちゃんの育て方】実際に育てる場合の注意点について

アサリを購入した時に一緒にカニの赤ちゃんが入っているということもあるようですが、そのまま育てることが...

柴犬が洋服を嫌がる理由や慣れさせるためのコツと注意点

柴犬が洋服を嫌がるのはよくある普通のことです。柴犬以外でもはじめて洋服を着せようとして嫌がる犬は多い...

犬のカットを自分でしたい!セルフトリミングの手順とコツ

犬のトリミングはお店に頼んでいるという方が多いと思いますが、自分で行うこともできます。 毛の伸びや...

犬がオムツを嫌がる時の対処とは?オムツに慣れさせる方法

犬がオムツを嫌がるときには、どのようにして慣れてもらったらいいのでしょうか? 毎回、おやつをあ...

ヒョウモントカゲモドキの脱皮にかかる時間と脱皮に関する情報

ヒョウモントカゲモドキの飼育初心者の飼い主さんの中には、脱皮に関する知識がない人もいるのではないでし...

金魚はエビを食べるから共存させる場合には注意が必要です

苔対策としてエビを一緒に飼育する人もいますが、その種類によっては雑食である金魚が食べてしまうと言われ...

ハムスターとうさぎの相性とは?同居させる場合の注意点を解説

ハムスターとうさぎ、どちらもペットとして人気の動物ですが、両方とも飼いたいと思う人も多ようです。 ...

ハムスターグッズ。100均の巣箱のおすすめなタイプと選び方

ハムスターには安心して暮らすことができる巣箱が必要です。 巣箱には色々な形や素材の物があります...

スズメの飼育はできる?ヒナを保護する条件と保護後の飼育方法

何かの影響で地面にスズメのヒナがいることがあります。このようなヒナを見つけると、そのまま放置すること...

猫用のペットボトルを使った餌やり道具の作り方とメリット

ぽっちゃり猫は見た目がかわいい、触り心地も気持ち良いですが猫も肥満は健康面が心配になりますね。ですが...

猫が人参にスリスリする理由と与える場合の注意点について

猫がまたたびにスリスリする姿はよく見かけますが、中には人参にスリスリする猫もいるといいます。 ...

水槽のフィルターの静かさで選ぶなら外部フィルターがおすすめ

静かな夜の時間や、水槽をワンルームに置く場合などに気になるのが、フィルターの音ではないでしょうか。 ...

柴犬のドッグラントラブルの原因や防ぐために飼い主ができること

柴犬はドッグランでのトラブルが多い犬として知られています。賢くて、飼い主への忠誠心も強い柴犬ですが、...

ウグイスの鳴き声が下手な理由や上手に鳴くための努力について

ウグイスの鳴き声は下手な場合もあります。ついウグイスというと、春の訪れが感じることのできる綺麗な鳴き...

うさぎの赤ちゃんは生まれたての時の扱いが重要!飼育のコツ

うさぎの赤ちゃんはとてもデリケート。生まれたてであればあるほど、その扱いは注意が必要です。 生...

スポンサーリンク

猫のダニの取り方をチェックしてみよう

猫の身体に付着したダニの取り方は、ブラシを使う方法とシャンプーを使う方法があります。
また、ブラシやシャンプー以外でも、動物病院で薬を処方してもらうこともできますので、時間のあるときに動物病院に行くのも良いでしょう。

猫についたダニの取り方をご紹介します

  • クシを使いダニをと取る方法
    猫の身体に付着したダニを取る際には、目の細かいクシを使用するようにしましょう。
    こうすることで、毛の根元についている小さなダニも取り除くことができます。
    また、ペットショップ等では、ダニ取り専用のクシやブラシも売っていますので、それらを使うのも良いでしょう。
  • シャンプーを使いダニを取る方法
    シャンプーを使いダニを取る場合は、ダニ取り専用のシャンプーを使う必要があります。
    お湯で入念に身体を流した後シャンプーを使い身体を洗ってあげてください。
    この際、シャンプーのすすぎ残しが無いように、しっかりとすすいであげることも大切です。
    また、猫は水嫌いな子も多いため、ゆっくりと少しずつぬるま湯を身体にかけ、慣らしていきましょう。
    吸血するほど深く噛み付いていない場合には、濡らしたティッシュ等でダニを執拗に触ることで捕獲しやすくなります。

猫のダニは取り方・予防でダニを防ごう

猫の身体にダニを付着させないための対策方法

  1. 猫を外に出さない
    衛生環境の悪い外に自由に出入りできる環境は、猫の身体にダニやノミが付着してしまう原因となります。
    また、外で暮らしている野良猫はダニなどを持っている可能性が高く、それらの猫と接触することによっても、ダニは移ってしまいます。
    そのため、ダニ対策としては「完全室内飼い」にすることです。
    外に出さないように対策をするだけで、猫の身体にダニが付着してしまうのを防ぐことができます。
  2. 部屋の掃除をこまめにする
    カーペットや畳が敷いてある部屋は、ダニが繁殖しやすい環境となっています。
    また、ソファの上や部屋の端などもダニの住処となってしまうため、欠かさずに掃除することが大切です。
    掃除をする際には、塩をまいてから掃除機をかけることで、ダニの卵を退治することができます。

マダニは厄介!猫につかないように注意しよう

猫の身体に付着するダニですが、ダニにも様々な種類がいます。
その中でも特に、「マダニ」は厄介だと言われています。

マダニの特徴や生息場所についてご紹介します

マダニの見た目の特徴について

マダニは、8本の脚からなる節足動物で蜘蛛の仲間になります。

その大きさですが、吸血する前は3mm程度ですが、猫に噛み付き吸血すると約3倍の1cm程度の大きさにまでなります。

マダニの生息する場所などについて

マダニは、主に茂みの中や草むら、公園や庭などにも生息しています。
基本的には、植物の葉っぱにくっつき暮らしています。

年間通して温暖な地域である場合や、マダニの種類によっては、季節に関係なく活発に活動していることもあります。

マダニから猫を守るための方法

マダニにから猫を守るためには、マダニのいる場所に行かせないことです。
つまり、「外に出さない」「部屋の掃除はこまめにする」このようなことが大切となるのです。

マダニが猫に寄生してしまうと、感染症などを併発してしまう危険もありますので、マダニには充分に注意が必要です。

ダニだけじゃない!ノミにも注意してあげよう

猫の身体に付着するのはダニだけではなく、「ノミ」が付着する場合もあるため注意しなければいけません。

猫の身体にノミが付着した場合のノミの駆除方法についてご紹介

  • ノミの駆除方法について
    猫の身体にノミが付着した場合には、基本的に「ノミ取り専用のクシ」を使用し、ノミを取り除いてあげます。
    ノミ取り専用のクシは、ペットショップ等で気軽に購入することができます。
    また、クシだけでは完全に取り除けない場合もありますので、動物病院に連れて行き、ノミ駆除用の薬を処方してもらうことも大切です。
    一方で、ノミは水の中で生きることが難しいため、取り除いたノミは水の中に入れるようにしましょう。
    また、ノミを潰してしまうとノミが持っている卵が飛び散ってしまい、ノミが繁殖する原因となりますのでノミを潰すことのないよう注意しましょう。