注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

隣人トラブルに仕返しするリスクと改善するための対処法

隣人とトラブルが起きたときに仕返しをしたいと考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、それに対して小さな仕返しをしたことで、かえって大きなトラブルへと発展することもあるのです。

まずは、トラブルの原因を改善するための対処法を段階に応じて考えていきましょう。

そこで、隣人トラブルに仕返しするリスクと改善するための対処法についてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友達とご飯に行きたくない!良好な関係のための上手な断り方

友達とご飯に行きたくないと思うことはありませんか?特に行けない用事はないのだけれど、誘いに気が乗らな...

警察官は離婚する人が多いイメージ?離婚率はそんなに高くない

警察官って、離婚する人が多いイメージですが、現実はどうなのでしょうか。 警察官と言ってもいろい...

仕事から帰ってくるのが遅いという理由で離婚できるのか

仕事から帰ってくるのが遅い! 休日出勤は当たり前! そんな夫と離婚したいと考えるようになりま...

アラサーアラフォーカップルの付き合い方!大人の恋愛術

若い頃の恋愛と、アラサーやアラフォーになってからの付き合い方は少し違います。 20代の時には、...

リビングで寝る旦那にイライラ!妻がストレスを溜めない方法

いつもリビングで寝る旦那にイライラが溜まっている奥様もいますよね。ちゃんと寝室があるのに、寝室ではな...

No Image

認知をするのは子供にとって意味あること。非嫡出子なら認知して

認知をすると子供にどのようなメリットがあるのでしょうか? 認知の意味や、認知の必要性。双方のメ...

旦那が働かないから別れたい。今できることとこれからのこと

旦那が働かないから別れたい。 至極当然の感情だと思います。 健康な大人の男性が、働かない...

年下彼氏と結婚したいアラフォー女性必見!結婚を意識させる方法

アラフォーと呼ばれる年代の女性でまだ結婚経験がない場合、お付き合いしている相手がいるのであれば、その...

友達が遊びに来る時のおもてなし術!見るおもてなしも必要です

「友達が遊びに来る時は、どんなおもてなしをしたらいいの?」そんな悩みありませんか? おもてなしに慣...

兄がニートです。これからどうすれば…解決方法ありますか

兄がニートです。 など、兄弟がニートで苦しんでいる家族はたくさんいます。 長い人生のうちで1...

夫を尊敬できないと離婚を考える前に。夫を多方面から見てみよう

夫のことを尊敬できない。 そう悩む妻はたくさんいます。 そのことで離婚まで考える人も。 ど...

婚活で女性がしがちな勘違いについてご紹介

結婚願望がそれなりにある人は、ある程度の年齢になっても結婚をしていなければ、婚活をすると言う人もいる...

離婚届の証人がいない!証人は誰でもOK!離婚届証人代行もある

離婚をしたいけど、離婚届の証人になってくれる人がいない、いても1人しか証人を頼めなかった…。こんな時...

友達と離れる【スピリチュアル】波動が合わないと感じた時には

友達と離れる。 昔はあんなに気が合って仲良くできたのに、今は友達のことを考えるとため息が出ちゃう。...

バツイチ子持ち女性は遊びの相手?本気の恋愛をする対象にもなる

「自分はバツイチ子持ちだからもう恋愛なんてできない」と思っている女性もいますよね。「遊び相手にしかさ...

スポンサーリンク

隣人トラブルや嫌がらせに仕返しをすることはリスクがある

賃貸マンションや戸建てに住んていると隣人と些細なことからトラブルになることもありますよね。

トラブルが起きた時

仕返しをしようと考えたりしていませんか?隣人とトラブルになるとお互いに嫌がらせをするようになり、最終的に暴力沙汰になる可能性もあります。もし暴力沙汰を起こしてしまったら、人生が大きく変わってしまいますので暴力で解決しようとしないことです。

人の怒りが頂点に達すると普段はどんなに温厚な人もで怒りが沸々と湧いてしまいます。そうなると人はどんなことをするのかわかりません。

隣人トラブルが事件に発展するケースもあるので、そうならないためにも仕返しは考えないようにしましょう。
もし嫌がらせを受けたら仕返しをしようと考えてしまう気持ちはわかりますが、このようなリスクもあるので仕返しはしないことが1番です。

そのためには正しいやり方で対処して確実にやめさせる方法をオススメします。

隣人の騒音トラブルで仕返しすると犯罪になることも

隣人トラブルがヒートアップして犯罪になった例もある

賃貸物件に住んでいる場合は引っ越しを考えることが出来ますが、持ち家の場合はなかなか難しいですよね。騒音が気になる時あなたはどのように対応していますか?

もうかなり昔になりますが、ある町で騒音が事件にまで発展しました。「引っ越し!」と大きな声を出しながら布団を叩いて近隣の人が不眠や体調不良になる事件が置きたのです。

この事件は加害者が直接被害者にケガをさせたわけではありません。
加害者が出した大きな音楽や布団たたきの音によって通院したので「傷害罪」になってしまったのです。
加害者の出した音と、被害者の通院との「因果関係」が認められたのです。隣人が音を止めてくれるようにお願いしても音を出し続けた場合被害者の症状によっては傷害罪で警察のお世話になることもあるのです。しかし布団を叩く音は生活音なので難しい点もあるのです。生活する上ではどうしても出てしまう音があるからです。

隣人とのトラブルに仕返しすると関係が疎遠になる

騒音主である隣人に対して怒り心頭している時は仕返ししたい気持ちでいっぱいになりますよね。特に持ち家の場合は距離も近いのでそのような気持ちになることがあります。しかし仕返しすると何らかの影響を与えることになるので、時として隣人と疎遠になってしまう可能性もあるのです。

隣人から「アピールされている」ということがわかると、玄関先や買い物している時にばったり会った時に挨拶もしない可能性もあります。仕返しをしたことで今まで以上に相手のことがわかなくなることもあるので仕返ししたほうが良いとは限らないのです。

隣人の騒音が気になることもありますが、みんなが共存し合って生活していくことが1番の理想です。仕返しをするのではなくどのようにしたら解決するのかを考えて仲良く出来る方法を考えるようにしましょう。

隣人の騒音トラブルに対する対処法とは

騒音のトラブルで一番困る事は音を「迷惑」と感じるかの判断は個人差が大きくあると言うことです。子供のいる家庭と一人暮らしの家庭では、暮らし方に違いがあるので、音に対しての感覚も違うのでトラブルになることが多いのです。

音のトラブルは管理会社や大家さんに直接連絡する

連絡を入れる場合は具体的に○月○日何時にどんな音がしてうるさいのか記録をとっておくことがポイントになります。直接相手に文句を言うと危険な目やトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので絶対に直接文句を言うのはやめましょう。騒音だと感じ注意すると自分もイライラしているのでトラブルが大きくなる可能性もあるのです。そんな時はたまたますれ違う時に「夜はもう少し静かにしてしてもらませんか?」と話してみることをオススメします。

夜中に騒音問題が発生すると管理会社や大家さんとは連絡が取れないことが多いですよね。そんな時は警察に連絡するというのも1つの方法です。夜中に騒いでいるということがお酒が入っていることも考えられます。相手にもよりますが、警察官に注意されると流石に反省する人が多いので、誰が聞いても大騒ぎして迷惑だと感じる場合は警察を呼んで注意してもらいましょう。

隣人トラブルへの改善には相談や話し合いを

近所トラブルになるのは些細なことから、裁判に発展する深刻なものまで色々あります。騒音、ペット、違法駐車、ゴミ問題、境界線、難癖、タバコがあります。近所トラブルが起きたら、管理会社や大家さん、自治体や役所に相談することをオススメします。それでも解決しない時は専門の人にお願いするようにしましょう。

警察はすべての問題を解決することが出来ません。不審者情報や、家への嫌がらせなど被害にあっている場合は証拠を揃えて相談するようにしましょう。弁護士に相談したい時は、自治体や弁護士会に相談しましょう。近隣トラブルに強い弁護士を紹介してもらい、相談してみましょう。

騒音は自分の家だけなく他の家にも影響があるので、自治体へ相談することも出来ます。近隣で騒音問題が起きていますなどの回覧板を作って回してもらったり、間接的に気がついてもらえる方法を取るようにしましょう。

隣人とのトラブルは仕返しをするのではなく回避すること

賃貸物件に住んでいても、持ち家に住んでいても隣人とのトラブルになる可能性があります。もし隣人の騒音問題で困った場合あなたならどうしますか?

ほとんどの人は仕返しをしようと思ってしまうことでしょう。しかし仕返しをすることで、大きなトラブルにつながることもあるので決して仕返しはしないようにしましょう。隣人とのトラブルは管理会社や大家さん、自治体などを通し間接的に気がついて貰えるようにすることをオススメします。

仕返しをしても何も良いことはありません。それよりも改善する方法を探してみましょう。トラブルを起こしている相手に直接文句は絶対に言わないことです。直接文句を言うとこのご時世逆ギレされて何をされるかわかりません。夜中に騒音で悩まされる場合は警察に連絡しましょう。