注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

猫がキャットタワーを登らない理由や好きになる方法と選び方

猫がキャットタワーを登らないと、せっかく設置したのにと少しガッカリしますよね。

猫によっても性格が慎重な猫もいますし、他にもどうして登らないのか考えられる理由もあります。

ぜひ、猫がキャットタワーを好きになってくれるように工夫してみましょう。

そこで、猫がキャットタワーを登らない理由や好きになる方法と失敗しない選び方などについてもご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

柴犬が洋服を嫌がる理由や慣れさせるためのコツと注意点

柴犬が洋服を嫌がるのはよくある普通のことです。柴犬以外でもはじめて洋服を着せようとして嫌がる犬は多い...

柴犬のドッグラントラブルの原因や防ぐために飼い主ができること

柴犬はドッグランでのトラブルが多い犬として知られています。賢くて、飼い主への忠誠心も強い柴犬ですが、...

犬の里親で起きるトラブル!考えられるトラブルと里親制度とは

犬の里親について、実際に里親については色々なトラブルが実際に起きています。ワンちゃんを里親に出す時、...

犬のオムツに赤ちゃん用を代用するポイントと履かせる注意点とは

犬用のオムツに人間の赤ちゃん用のオムツを代用するという方法があります。 犬用のオムツに人間の赤...

ハムスターグッズ。100均の巣箱のおすすめなタイプと選び方

ハムスターには安心して暮らすことができる巣箱が必要です。 巣箱には色々な形や素材の物があります...

犬のガムの丸呑みが心配!愛犬のための与え方や選び方のポイント

犬はガムを丸呑みしてしまうのは飼い主としてとても心配なことです。犬用のガムは種類も豊富なので、犬の丸...

ハムスターとうさぎの相性とは?同居させる場合の注意点を解説

ハムスターとうさぎ、どちらもペットとして人気の動物ですが、両方とも飼いたいと思う人も多ようです。 ...

ミニチュアピンシャーの抜け毛がすごいのはなぜ?抜け毛の豆知識

ミニチュアピンシャーは、見た目のとおり毛並みが短いため、比較的抜け毛が少ない犬種ではありますが、調べ...

水槽の上部フィルターの掃除の方法や頻度をご紹介

水槽の上部フィルターを掃除するときにはどのようなことを気をつけたらいいのでしょうか? フィルタ...

ハムスターの寒さ対策に靴下がおすすめ。簡単な防寒対策の方法

寒い時期は室内の温度も下がり、ハムスターを飼っているお家ではハムスターの健康が心配ですね。 ハ...

ヒョウモントカゲモドキの脱皮にかかる時間と脱皮に関する情報

ヒョウモントカゲモドキの飼育初心者の飼い主さんの中には、脱皮に関する知識がない人もいるのではないでし...

ザリガニの水槽に水草を入れる時の入れ方とおすすめの水草を紹介

ザリガニを飼育する時、水槽の中に水草を入れて飼育するようになります。ザリガニの飼育初心者の方は、水草...

犬の鳴き声で苦情を言われたときの対処法と飼い主ができること

犬の鳴き声によって苦情のトラブルが発生することはよくあります。飼い主にとっては犬が鳴くのは普通のこと...

セキセイインコのメスの鼻は何色?ろう膜の色の変化

セキセイインコはどこで性別を見分けることが出来るのか?それはオス、メスともに鼻のろう膜の色で見分ける...

ウグイスの鳴き声が下手な理由や上手に鳴くための努力について

ウグイスの鳴き声は下手な場合もあります。ついウグイスというと、春の訪れが感じることのできる綺麗な鳴き...

スポンサーリンク

猫がキャットタワーに登らない!考えられる理由とは

猫がキャットタワーに登らない理由とは一体何でしょうか?

「猫は高いところが好き」とよく言われていますが、なぜ高いところが好きと言われるようになったかというと、元々猫が高いところに登るのは野性時代の名残で自分の身の安全を守るためでした。

高いところに登るのが好きな猫がキャットタワーに登らないのは何故?

それは、室内で飼育されている猫は外敵に襲われるなどの危険が無いからです。
仲の良い猫と飼われている場合も危険が無いから、高いところに登る必要が無いのです。

そして、高いところが好きというのは全猫に当てはまることではありません。
猫もそれぞれ性格があり、高いところに登るのが好きではなかったり身長な性格をしていたりします。

猫がキャットタワーに登らないのは材質や設置場所が気に入らないという理由もあります。

猫が高いところに登らないのは関節炎が原因となっている可能性もあります。
寝ていることが多くなっていたり毛づくろいをしないなどの様子が見られた場合は関節炎のサインなので、普段と様子が違うようなら獣医に相談しましょう。

猫がキャットタワーに登らないときは好物のおやつを置いてみよう

猫がキャットタワーに登らないときは猫の匂いのするものを置いてみましょう。

購入したばかりの新品のキャットタワーは木材や化学薬品の匂いがするので、猫は嫌がってしまいます。
猫がいつも使っているブランケットやお気に入りのおもちゃなど、猫の匂いがついているものを置いておくとキャットタワーが自分の縄張りであるとわかりやすくなります。

キャットタワーの匂いは2週間ほどで落ち着きます。
はやく遊んでほしいときは風通しのいい場所にしばらく置いておくと良いです。

また、猫の好物のおやつをキャットタワーに置いて誘い出しましょう。
最初は低い位置から置いていき、徐々に高い位置へ置いてキャットタワーに登らせましょう。
極度の肥満体型をしている猫はキャットタワーを使った運動で骨折をしてしまう危険があるので、体脂肪率が35パーセント以上の猫はキャットタワーで遊ばせる前にダイエットから始めましょう。

猫がキャットタワーを登らないのはお気に入りの場所が変わったのかも

キャットタワーを置いた最初の頃は新しいおもちゃだと大興奮して遊んでいたのに、飽きてしまうとキャットタワーに見向きもしなくなる場合があります。
せっかく買ってあげたのにこんなにすぐ飽きるなんて…と涙を拭った人もいるのではないでしょうか。

猫がキャットタワーに登らなくなったのは、お気に入りの場所が変わったのかもしれません。
猫は季節によってお気に入りの場所が変わっていくというのはよくあることなのです。
季節ごとに日のあたる場所が移動していき、猫もその変化に合わせてお気に入りの場所が変わっていくのです。

キャットタワーに飽きたというわけではなく、キャットタワーの設置場所が最適の場所ではないということも考えられます。

暖かい時期や寒い時期は猫の行動を予想しながらキャットタワーの設置場所を変えてあげると1年を通してキャットタワーに登るようになりますよ!

猫がキャットタワーを好きになる方法

猫がキャットタワーを好きになる方法とはどんなことがあるのでしょうか?

上記でも説明しましたが、キャットタワーに登らないのは猫が危険を感じる場所ではないため、高いところに登る必要が無いと判断いていたり、キャットタワーからする新品の匂いが好きではなかったりして登らないことがあります。

しかし、肥満気味の猫のために運動不足解消として買ったキャットタワーを使ってほしいと思いますよね。

そんなときは、猫がキャットタワーを好きになるように工夫してあげましょう。
キャットタワーを遊び場として使う時は、またたびを使ってみたり猫の匂いがついた爪とぎを設置してあげたりすると遊ぶようになります。
しかし、いきなり高い位置に設置するのではなく少しずつ慣らすように低い位置から設置してくださいね。

キャットタワーをくつろぎのスペースとして使ってほしいときはよく日のあたるところにキャットタワーを設置し、さらに外の景色が見える場所に設置してあげるとくつろぎのスペースとして使うようになりますよ!

失敗しないキャットタワーの選び方のポイント

猫のために購入するキャットタワーは失敗したくない!と思いますよね。
失敗しないキャットタワーの選び方のポイントは一体何でしょうか?

キャットタワーは安定感が大切です。
支柱が太くてしっかりしているものを購入すると良いですよ。

キャットタワーを設置するスペースの幅や高さをメジャーで測ってから購入するようにしましょう。
思ったよりスペースをとってしまった…ということを避けられます。

キャットタワーに爪とぎがついていると猫は必ずと言っていいほど使うので、爪とぎが付いているものを購入すると猫が遊んでくれない!ということはありません。
猫はとても喜んで使うはずですよ!

猫がキャットタワーで暴れると滑ってしまうことがあるので、滑りにくい素材のものを選びましょう。

キャットタワーの色にこだわりが無ければ、猫の毛色に合わせて選ぶと抜け毛が目立ちません。

キャットタワーの組み立ては簡単に組み立てられるものを選ぶと組み立てに自信のない飼い主さんでも簡単に組み立てられると思います。

上記のポイントを参考にして購入してみてください。