注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ミナミヌマエビが脱皮を失敗してしまう理由と失敗を防ぐ方法

ミナミヌマエビは大きくなるために脱皮をしますが、成長過程以外で脱皮をしたり脱皮に失敗して命を落としてしまうこともあります。
脱皮を失敗してしまうのはなぜなのでしょうか。失敗を防ぐには?
水質に気を付け、ストレスを与えないようにすることがポイントです。
また、ミナミヌマエビはメダカよりもすぐに大きくなるので、混泳させる際には注意が必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコのおやつに手作りクッキー!歯ごたえのある安心おやつ

最近はペットのために手作りのフードやおやつを手作りする方も増えています。 ペットのための手作りフー...

猫が捕獲器に入らないときの対策や注意点と寄せ付けない工夫

猫が捕獲器に入らないことはよくあります。捕獲器を怖がるような警戒心の強い猫は捕獲器を見ただけで逃げて...

犬のカットで失敗しないためのコツや暴れるときの対処法とは

犬の毛をカットするためにサロンに連れて行ったのに、カットが失敗かなと感じるときもありますよね。 ...

ジャンガリアンハムスターの平均寿命と最後の時の見送り方

ハムスターはとてもかわいい動物ですが、体が小さいため寿命が短いと言われています。 その平均寿命は種...

メダカを屋外で飼育する時の雨対策!効果的な方法と注意点を解説

メダカを屋外で飼育している人にとって気になることといえば、悪天候時の雨対策ですよね。飼育容器の中に雨...

ウグイスの鳴き声が下手な理由や上手に鳴くための努力について

ウグイスの鳴き声は下手な場合もあります。ついウグイスというと、春の訪れが感じることのできる綺麗な鳴き...

猫はなぜ洗濯機に入ることが好きなのかその理由と注意すること

猫は袋や箱などせまいところが大好きですが、洗濯機の中に入る猫もいるという話もあるようです。 や...

犬を風呂好きにさせるためのコツとは?飼い主にできること

犬をお風呂に入れようとしても、嫌がって入ろうとしないことの方が多いですよね。 なんとか風呂好き...

猫は出産で何匹産むのか事前準備や兆候と赤ちゃん猫の育て方とは

猫は出産で何匹の赤ちゃん猫を産むことができるのかご存知でしょうか? 猫が出産したときは基本的に...

インコが噛むときに飼い主さんができる正しいしつけの方法を解説

飼っているインコが噛むことに頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。流血してしまうほど強い力で噛んで...

ハムスターには砂浴びとトイレを分けてあげるのがベスト

ハムスターは砂浴びが大好き。砂浴びはいわば人間でいうお風呂のような役割を持っているのですが、トイレに...

ヘアカットの手順!失敗しない子供のミディアムヘアの切り方

お子様のヘアカットを自宅でするという方も多いと思います。しかし、その時の仕上がりによって、上手く行く...

猫用のペットボトルを使った餌やり道具の作り方とメリット

ぽっちゃり猫は見た目がかわいい、触り心地も気持ち良いですが猫も肥満は健康面が心配になりますね。ですが...

メダカの水槽に入れる水草の適量を見分ける方法と枯れる時の対策

メダカの水槽に水草を入れて飼育することは、メダカにとってもメリットがあります。ですが、水草の量が多す...

柴犬のドッグラントラブルの原因や防ぐために飼い主ができること

柴犬はドッグランでのトラブルが多い犬として知られています。賢くて、飼い主への忠誠心も強い柴犬ですが、...

スポンサーリンク

ミナミヌマエビが脱皮に失敗してしまう原因

ミナミヌマエビが脱皮に失敗してしまう原因の一つには、「栄養不足」が考えられます。

脱皮するためには、カルシムなどの栄養素が重要になります

これら栄養分が不足していると、脱皮不全となる可能性が高いと言われます。

また、ミナミヌマエビを数匹飼育している場合には、栄養不足による共食いも脱皮失敗の原因になると考えられています。

ミナミヌマエビは脱皮した後の抜け殻を餌として栄養補給するのですが、他のエビの餌として標的となってしまうからでしょう。

脱皮と言う行為自体や共食いという観点からも、栄養不足は脱皮不全の原因となってしまいます。

水質悪化はミナミヌマエビの脱皮を失敗させるだけでなく、ストレスによる脱皮も促してしまう

ミナミヌマエビが脱皮に失敗する原因には、栄養不足以外に考えられることがあります。
それは「ストレス」です。

水質が食べ残した餌や排出物によって悪化すると、水質が変化することで浸透圧が変わってしまいます。
ミナミヌマエビは体に入り込む水を調整するために、脱皮を行なうことがあるのです。

ミナミヌマエビが脱皮を繰り返すのは、本来「成長のため」

水質の変化が原因で脱皮を繰り返すことは、ミナミヌマエビにとってはストレスとなってしまうでしょう。

その様な環境は、ミナミヌマエビにとって決して好ましいとは言えません。
本来の目的である「成長の為の脱皮」だけが、正しい脱皮ではないでしょうか。

ミナミヌマエビが脱皮に失敗しないミネラル豊富な水質を作るには

ミナミヌマエビの脱皮が失敗しないように改善するなら、飼育環境を変えるのが一番です。

脱皮不全の原因は、栄養不足や水質悪化など、飼育環境が問題だからです。

健康的な脱皮のためには、ミネラル豊富な水が必要

水中や餌からカルシウムやマグネシウムなどを吸収して殻を作っているからです。

特にソイルを使っている場合には、ソイルの軟水化作用に寄ってもミネラル分が不足してしまうので、定期的な補給が必要です。
ミネラル分の補給には、エビ専用のミネラルも売られていますが、ミネラルウォーターなどを使っている方もいます。

また、脱皮を繰り返すためには、たくさんの栄養も必要になります。
餌にもこだわると生存率だけでなく、抱卵率も高くなると言われています。

元気にミナミヌマエビを育てるために、飼育環境を見直すことから始めてみましょう。

脱皮に失敗して命を断ってしまうことも

ミナミヌマエビは脱皮することで成長しますが、脱皮は命がけの行為です。

失敗して命を落としてしまうことも多い

上手に脱皮できないと、尻尾や足に殻が残ってしまったり、頭と触覚に殻が残ってしまったりします。
その結果顔が潰れてしまったり、触覚が折れてしまったりすることもあるのです。

脱皮不全のエビはその後も元気に過ごせるのは少数で、多くは元気がなくなって最終的には命を落としてしまうことが多いです。

また栄養不足が原因で脱皮不全になってしまった時は、他のミナミヌマエビに共食いされることも多いです。
脱皮途中で共食いの標的にされると、お刺身の甘エビのような可哀想な姿になってしまうこともあるのです。

このように、脱皮はミナミヌマエビにとってはリスクの高い行為です。
本来の目的である成長の為の脱皮は、ミナミヌマエビが生きていく上で仕方がありませんが、ストレスによる脱皮は不必要ですよね。
可能な限りミナミヌマエビに合わせた環境を用意してあげるのが、飼育者としての努めではないでしょうか。

ミナミヌマエビを飼育する際の注意点

ミナミヌマエビを飼育する時に、重要になるのはやはり水質です。

ミナミヌマエビは水槽の掃除屋さんとしてメダカなどと一緒に飼育されることが多いですが、メダカに比べると水質には敏感な生き物です。
脱皮不全を回避するためには、水質管理には注意が必要です。

また水草についている農薬は、ミナミヌマエビにとっては劇薬にも等しいです。
「無農薬」と表記されていないものは、必ず農薬を抜いてから水槽に入れてくださいね。
輸入の水草は検疫の関係で農薬を使っているので、注意が必要です。水草の農薬は、ミナミヌマエビが命を落とす原因になります。

ミナミヌマエビの飼育では、水温にも注意が必要

高温は苦手で30℃を超えると動きは鈍くなり、次第に体がピンクっぽく変色してきます。
体の色が変わるのは危険信号ですから、直ぐに対処しましょう。
反対に低温には強く、0℃くらいまで下がると動きは鈍くなりますが生きているので、さほど気にしなくても問題ありません。
水温が上がれば、また活動は活発になります。

ミナミヌマエビは水質や水温などに注意が必要ですが、メダカとの相性は良いとされ、水槽の掃除屋さんとして頑張ってくれます。

ぜひ、飼育環境を整えて元気に育ててあげてくださいね。
活発に動く愛らしい姿で、癒やしてくれますよ。