注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

セキセイインコの飼い方!ひなから育てるときに必要なポイント

セキセイインコの飼い方について、ひなから迎えて育てたいという人も多いのではないでしょうか。しかし、ひなから育てるのは楽しいことばかりではなく、大変なことも多いのです。命を育てるのだからそれは当然のこと。では、どんなことに気をつけて育てたらいいのでしょうか?

そこで、セキセイインコのひなの飼い方について、必要な条件や揃えるべきアイテム、大切な挿し餌の与え方や一人餌への切り替え方、ひなを購入するときのポイントや注意点などお伝えしていきましょう。

これを読めば、これからセキセイインコのひなを迎えようとしている家庭でも購入のときの注意点もわかり、飼育に必要なポイントもわかります。ぜひ家族で協力してひなから育ててあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジャンガリアンハムスターの平均寿命と最後の時の見送り方

ハムスターはとてもかわいい動物ですが、体が小さいため寿命が短いと言われています。 その平均寿命は種...

ハムスターの小屋を掃除する時は、怒らせないようにしよう

ハムスターを飼い始めると、小屋やケージをいつ掃除していいのか、またどうやって掃除したらいいのか悩むの...

ザリガニの水槽に水草を入れる時の入れ方とおすすめの水草を紹介

ザリガニを飼育する時、水槽の中に水草を入れて飼育するようになります。ザリガニの飼育初心者の方は、水草...

犬が飼い主を守ると言われていることについて。犬の習性を知ろう

犬が飼い主を守る。 忠誠心を示す。 飼い主に命を守ってもらった。 など、犬は人間のパートナ...

スズメの子供を保護した場合の餌のやり方や時間について

スズメの子供が巣から落ちて鳴いていると助けてあげたいと思いますね。 生まれたばかりのスズメの子...

猫が捕獲器に入らないときの対策や注意点と寄せ付けない工夫

猫が捕獲器に入らないことはよくあります。捕獲器を怖がるような警戒心の強い猫は捕獲器を見ただけで逃げて...

金魚がヒーターでやけどをしないように設置しましょう

金魚はヒーターでやけどをしてしまうことがあるのでしょうか?ヒーターを設置するときに気をつける事とは?...

動物はなぜ人間の子供を守るのか?犬の行動について説明します

動物が子供を守る動画などがありますが、中でも特に犬が赤ちゃんを守るという事例がいくつもありますよね。...

猫は出産で何匹産むのか事前準備や兆候と赤ちゃん猫の育て方とは

猫は出産で何匹の赤ちゃん猫を産むことができるのかご存知でしょうか? 猫が出産したときは基本的に...

ハムスターの寒さ対策に靴下がおすすめ。簡単な防寒対策の方法

寒い時期は室内の温度も下がり、ハムスターを飼っているお家ではハムスターの健康が心配ですね。 ハ...

ハムスターには砂浴びとトイレを分けてあげるのがベスト

ハムスターは砂浴びが大好き。砂浴びはいわば人間でいうお風呂のような役割を持っているのですが、トイレに...

水槽の上部フィルターの掃除の方法や頻度をご紹介

水槽の上部フィルターを掃除するときにはどのようなことを気をつけたらいいのでしょうか? フィルタ...

犬の鳴き声で苦情を言われたときの対処法と飼い主ができること

犬の鳴き声によって苦情のトラブルが発生することはよくあります。飼い主にとっては犬が鳴くのは普通のこと...

猫の前足だけに肉球がある理由と肉球の日頃のケアや役割とは

猫には両足に肉球がありますが、前足だけにある肉球もあるのをご存知でしょうか? では、猫の前足だ...

子猫がケージから脱走しないための対策とゲージの利用法について

子猫がケージから脱走しちゃう! 幅は狭いのに、その狭いゲージの柵をするりと抜け出してしまう子猫...

スポンサーリンク

セキセイインコのひなの飼い方には必要な条件がある

セキセイインコを新しく家族に迎えようとしている方に、飼う前に知っておいて欲しいことがあります。

当たり前かもしれませんが、生き物を飼うと決めたら、途中で投げ出さすことは許されません。飼い主として、最後までお世話をすることを家族で約束しましょう。

セキセイインコをひなから飼う時には、「1ヶ月程度の間、朝7時から夜10時の中で1日6~7回の餌やりができること」が絶対条件としてに必要です。

セキセイインコのひなは、本来親鳥から口移しで餌をもらいますが、人が飼うということは、親鳥代わりに挿し餌を作って与えなければいけないということになります。
挿し餌は、具材をお湯で混ぜて適温に作る必要があるので、手間がかかります。
セキセイインコのひなの餌が、挿し餌から一人餌に替わるのは生後50日程度なので、家族に迎えた日から一人餌に切り替わる日まで、挿し餌を与えることができる方は、ひなの時期から迎え入れてあげると良いでしょう。

もしも挿し餌を与えるのが難しい場合にはペットショップの人に頼んで、一人餌に切り替わるタイミングまでお世話をしてもらい、一人餌になったタイミングで引き取りましょう。人間から餌をもらっていたセキセイインコは、飼い主によく懐くインコになると言われていますので、ひなから育てられなくても大丈夫です。

セキセイインコのひなの飼い方で揃えるべきアイテム

セキセイインコのひなを飼うときには、必要なアイテムを揃えておく必要があります。

  • 飼育容器
    飼育容器は、保温と掃除がしやすいものを選ぶと良いでしょう。
    ホームセンターなどで購入できる、プラスチックのケースがおすすめです。
    容器には、新聞紙などを敷いてあげましょう。
  • ヒーター
    夏の暑い時期以外は、ひなの飼育に適した24~28度の温度を保つために、ヒータが必要になります。
    ひなが触れても火傷をしない位の温度になるフィルムヒーターがおすすめです。
  • 気温系
    ひなの入っている容器内に入れて使います。
    常に容器内の気温をチェックできるので、安心して飼育できます。
  • 挿し餌
    ペットショップで挿し餌を購入しましょう。
    「あわ玉」の他に、「パウダーフード」も購入し、混ぜて与えます。
  • スプーン
    挿し餌を与える時に使うスプーンです。
    ペットショップで専用のものが手に入ります。

セキセイインコのひなの飼い方で大切な挿し餌の与え方

ペットショップにいるセキセイインコのひなは、たいてい生後14日~30日程度。
そこから生後50日前後までは、挿し餌を作って与えなえればいけません。
愛情をこめて挿し餌を作ってあげましょう。

挿し餌の作り方を紹介します。
あわ玉とパウダーフードを混ぜて、40度前後のお湯を加えます。餌が混ざってなめらかになったら完成です。出来上がった挿し餌が40度以上あると、ひなが低温やけどする恐れがあります。やけどをすると餌を食べなくなるだけでなく、生死に関わることになるので、気をつけてください。

挿し餌の量は、ひなによって違います。
満腹になると、それ以上食べなくなりますので、1回の量は多めに作って、ひなが食べなくなるまで与えましょう。慣れると1回の量がだいたいわかってきます。

与えるのは朝7時~夜10時の間で、2~3時間置きに与え、1日の合計が6~7回になるようにします。
成長に応じて与える回数は徐々に減らし、一人餌に移行していきますよ。

ひなが成長してきたら一人餌へ切り替えましょう

ひなが成長すると、だんだん一人で餌を食べるようになってきます。

ひなを入れている容器の中に、生後30日を過ぎた頃から、シードや粟穂などを少量撒き散らしておきます。
ひなが、これらをついばむようになってきたら、挿し餌を減らす時期です。

ひながシードや粟穂を食べていることが確認できたら、1日の最後の挿し餌を満腹になるまでたっぷり与え、翌朝の挿し餌の時間を遅くし、容器内のシードや粟穂を食べるようにしむけていきます。

一人餌を食べていることをしっかり確認しながら、挿し餌の回数を減らしていきますが、この時、体重を定期的に測り、しっかり増えていることを確認してください。
挿し餌が1日2回くらいですむようになったら飲み水を設置しましょう。
最後は、夜のみの挿し餌にします。ここまでくれば挿し餌卒業まで後少しです。

生後40日前後を目安に、一人餌に切り替えることを目標にします。

信頼できるお店で元気なひなを購入して育ててあげましょう

家族に迎えるセキセイインコのひなを購入するペットショップは、信頼できるお店を選ぶことが大切です。

動物に愛情のないショップは、動物の育て方や管理の仕方で見てわかります。
不衛生だったり、格安すぎる価格(または高すぎる)で売られていたり、動物が狭い場所に詰め込まれていたり、店員の知識がなかったりするお店は、あまり良いお店とは言えないでしょう。
ショップを観察したり、口コミや周りの評判などを聞いてから、ショップを決めると安心です。

元気なひなを選ぶことも大切です。
店員さんに一番元気な子を選んでもらうのも良いですし、餌をたくさん食べて、体がしっかりしている、足取りが良いひなの中から、お気に入りの一羽を見つけてみても良いですね。

購入する際には、ショップの人に現在の飼育状況を確認しましょう。
餌を与える時間や回数は、できるだけショップから引き継いで同じ様にすると、ひなのストレスも少なくてすみます。
産まれたのがいつかを確認するのも、忘れないようにしましょう。