注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

スズメの飼育はできる?ヒナを保護する条件と保護後の飼育方法

何かの影響で地面にスズメのヒナがいることがあります。このようなヒナを見つけると、そのまま放置することでヒナが命を落としてしまうのではないかと心配になってしまいますよね。

保護してあげたいけど、保護することに問題がないのかわからない、保護した後の飼育してもよいのかわからないといった事になるでしょう。

そこで今回は、スズメのヒナへの対処法についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グッピーが出産する時間帯とは?出産の兆候について

グッピーは出産するときにどのような時間帯が多いのでしょうか?水槽の環境やグッピーのタイミングはそれぞ...

うさぎの赤ちゃんは生まれたての時の扱いが重要!飼育のコツ

うさぎの赤ちゃんはとてもデリケート。生まれたてであればあるほど、その扱いは注意が必要です。 生...

メダカを屋外で飼育する時の雨対策!効果的な方法と注意点を解説

メダカを屋外で飼育している人にとって気になることといえば、悪天候時の雨対策ですよね。飼育容器の中に雨...

猫の首根っこを掴んでも痛くない理由と大人しくなる納得のワケ

親猫が子猫と移動するときに、子猫の首根っこをくわえて歩く姿は見かけますね。 痛くないの?と心配...

ハムスターの鳴き声がキュッキュッ!考えられる理由と対処法

ハムスターの鳴き声がキュッキュッと聞こえると、どんなことを訴えているのか飼い主としては気になります。...

柴犬が洋服を嫌がる理由や慣れさせるためのコツと注意点

柴犬が洋服を嫌がるのはよくある普通のことです。柴犬以外でもはじめて洋服を着せようとして嫌がる犬は多い...

ヘアカットの手順!失敗しない子供のミディアムヘアの切り方

お子様のヘアカットを自宅でするという方も多いと思います。しかし、その時の仕上がりによって、上手く行く...

スズメの子供を保護した場合の餌のやり方や時間について

スズメの子供が巣から落ちて鳴いていると助けてあげたいと思いますね。 生まれたばかりのスズメの子...

猫用のペットボトルを使った餌やり道具の作り方とメリット

ぽっちゃり猫は見た目がかわいい、触り心地も気持ち良いですが猫も肥満は健康面が心配になりますね。ですが...

子猫がケージから脱走しないための対策とゲージの利用法について

子猫がケージから脱走しちゃう! 幅は狭いのに、その狭いゲージの柵をするりと抜け出してしまう子猫...

ミニチュアピンシャーの抜け毛がすごいのはなぜ?抜け毛の豆知識

ミニチュアピンシャーは、見た目のとおり毛並みが短いため、比較的抜け毛が少ない犬種ではありますが、調べ...

ハムスターの寒さ対策に靴下がおすすめ。簡単な防寒対策の方法

寒い時期は室内の温度も下がり、ハムスターを飼っているお家ではハムスターの健康が心配ですね。 ハ...

犬がオムツを嫌がる時の対処とは?オムツに慣れさせる方法

犬がオムツを嫌がるときには、どのようにして慣れてもらったらいいのでしょうか? 毎回、おやつをあ...

犬が飼い主を守ると言われていることについて。犬の習性を知ろう

犬が飼い主を守る。 忠誠心を示す。 飼い主に命を守ってもらった。 など、犬は人間のパートナ...

動物はなぜ人間の子供を守るのか?犬の行動について説明します

動物が子供を守る動画などがありますが、中でも特に犬が赤ちゃんを守るという事例がいくつもありますよね。...

スポンサーリンク

スズメのヒナを保護して飼育することはできる?

スズメのヒナが地面に居るところを見ることは少ないと思います。

しかし中には、何かしらのことが原因で地面に居るヒナを見たことがある方も居るかもしれません。

そんなとき、保護しても問題無いのだろうかと悩んだことはないでしょうか。

スズメを狩猟、保護や飼育することは「野生動物保護法」で禁じられている

様々な手続きをすることで飼育することが可能となる場合もあるようですが、基本的には保護することはできません。

また、ヒナの時期は一人でエサを獲ったり、飛ぶことを覚える時期でもあります。

あなたのそうした親切心がかえってヒナの成長を邪魔することにも繋がりかねません。

交通量の少ない安全な場所に移動させてあげるくらいの配慮で止めてあげることが、ヒナのためにもなります。
ヒナに触れる時はそのまま素手で触らないようにして下さい。
菌の心配ももちろんですが、野生動物は一度でも人間の臭いが付くことで、たとえ自分の子供でも親が寄り付かなるなると言われています。

スズメのヒナは保護しても飼育してはいけない

スズメなど野鳥のヒナを保護して飼育する場合には、本当にそのヒナは保護を必要としているのか?をしっかりと見極めて保護をしなければいけません。

例えば、大きな怪我を負っていて自力で歩くことができていない、栄養が足りておらず瀕死状態であるなど、本当に保護が必要な状況であるか判断する必要があります。

保護をするということは、ヒナにとってもあなたにとっても大変なことです。

ヒナは一度人間に保護をされると、その後、野生で暮らすことが難しく、狩りを覚えていないために餓死に至ってしまうケースも少なくありません。

保護をしたあなたも、1~2時間おきエサを与え、室温管理や健康状態のチェックなど寝る時間を削ってお世話をしなければいけません。
また、基本的にヒナ場合はそばに親鳥がいるはずです。人間が保護をしても、警戒しんからなのか親鳥からしか餌を食べないヒナもいます。
そうなるとただでさえ弱っているヒナは、どんどん衰弱していってしまうでしょう。

ヒナとあなたがそうした状況に陥ることを防ぐためにも、本当に保護が必要な状態なのかをしっかりと見極め、ヒナにとって一番良い方法を考え行動してあげることが大切なのです。

可哀想に思ってもできるだけヒナはその場所にそっとしておくことが、懸命な判断かもしれません。

スズメのヒナが地面にいるのは巣立ちヒナの可能性もあります

スズメのヒナが地面に居るのは怪我や迷子ではなく、巣立ちの練習をしている可能性があります。

スズメなどの野鳥は、春~夏にかけて繁殖します。

もしも、この時期に地面にヒナを見つけたら「巣立ちヒナ」であるかもしれません。

巣立ちヒナは、親鳥が運んでくるエサを地面で待つことがあります。

飛ぶ練習の最中で上手く飛べずに地面で休憩している可能性も考えられます。

また、多くの親鳥はヒナを置いてエサを獲りにいくため、親鳥が近くに居ない場合であってもさほど心配する必要はありません。

地面に居るからといって迷子や怪我だと判断してすぐに保護してしまっては、巣立ちの練習を邪魔することになるかもしれません。

怪我して動けないなどの状況でない場合には、優しく見守ってあげることが大切です。