注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

犬が爪切りを嫌がる時の対処法!原因別爪切りの慣らし方

犬の爪が伸びてフローリングの上を歩いた時に、カシャカシャと音が聞こえることはよくありますよね。これは実は爪切りが必要なサインでもあります。

しかし、犬の爪切りは大変な作業。大騒ぎするワンちゃんはとても多いものです。

そんな時には、犬がどうして爪切りを嫌がるのが原因を考えてみましょう。そのタイプに合わせた対処法で少しずつ慣らしていくのがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫についたダニの取り方は?ダニの駆除方法と予防方法・注意点

飼っている猫にダニは寄生してしまうことがありますが、寄生したダニはそのままの状態にせずに取ってあげる...

猫が捕獲器に入らないときの対策や注意点と寄せ付けない工夫

猫が捕獲器に入らないことはよくあります。捕獲器を怖がるような警戒心の強い猫は捕獲器を見ただけで逃げて...

水槽の上部フィルターの掃除の方法や頻度をご紹介

水槽の上部フィルターを掃除するときにはどのようなことを気をつけたらいいのでしょうか? フィルタ...

グッピーメスの出産の兆候を行動や見た目で判断する方法と注意点

グッピーを購入したら、その中のメスが既に出産間近の状態だった!ということがあります。 なんとか無事...

動物はなぜ人間の子供を守るのか?犬の行動について説明します

動物が子供を守る動画などがありますが、中でも特に犬が赤ちゃんを守るという事例がいくつもありますよね。...

犬がオムツを嫌がる時の対処とは?オムツに慣れさせる方法

犬がオムツを嫌がるときには、どのようにして慣れてもらったらいいのでしょうか? 毎回、おやつをあ...

メダカを屋外で飼育する時の雨対策!効果的な方法と注意点を解説

メダカを屋外で飼育している人にとって気になることといえば、悪天候時の雨対策ですよね。飼育容器の中に雨...

犬の里親で起きるトラブル!考えられるトラブルと里親制度とは

犬の里親について、実際に里親については色々なトラブルが実際に起きています。ワンちゃんを里親に出す時、...

犬のオムツに赤ちゃん用を代用するポイントと履かせる注意点とは

犬用のオムツに人間の赤ちゃん用のオムツを代用するという方法があります。 犬用のオムツに人間の赤...

子猫がケージから脱走しないための対策とゲージの利用法について

子猫がケージから脱走しちゃう! 幅は狭いのに、その狭いゲージの柵をするりと抜け出してしまう子猫...

ヒョウモントカゲモドキの脱皮にかかる時間と脱皮に関する情報

ヒョウモントカゲモドキの飼育初心者の飼い主さんの中には、脱皮に関する知識がない人もいるのではないでし...

猫が縄張りを追い出された!縄張りを追い出される理由と猫の生活

猫は縄張りを持って生活をしています。それまでは母猫と一緒に生活をしていた子猫でも、成長するとともに縄...

犬が飼い主を守ると言われていることについて。犬の習性を知ろう

犬が飼い主を守る。 忠誠心を示す。 飼い主に命を守ってもらった。 など、犬は人間のパートナ...

犬のカットで失敗しないためのコツや暴れるときの対処法とは

犬の毛をカットするためにサロンに連れて行ったのに、カットが失敗かなと感じるときもありますよね。 ...

金魚はエビを食べるから共存させる場合には注意が必要です

苔対策としてエビを一緒に飼育する人もいますが、その種類によっては雑食である金魚が食べてしまうと言われ...

スポンサーリンク

爪切りを嫌がる犬のタイプに合わせた対処法

どうして犬は爪切りを嫌がるのでしょう。

犬が爪切りを嫌いになってしまったきっかけは、それぞれになります。

例えば、初めて爪切りをしたときに痛い思いをしたなど、爪切りをすることで過去の嫌な思い出が蘇ってしまうのでしょう。

このような爪切りに対して恐怖心がある犬の場合は、少しずつ爪切りの恐怖心をほぐしていく必要があります。

爪を1本切れたらすごく褒めて上げたり、ご褒美をあげてみてはどうでしょうか。

そうすることで、爪切りの恐怖心を和らげていきましょう。

また、落ち着きがない犬の場合は、爪を切るためにジットするのが苦手です。

このような犬の場合は、少し高い台の上にのせて爪を切ってみましょう。

少しおとなしくなって爪が切りやすくなるかもしれませんよ。

犬によって爪切りを嫌がる理由は様々です。

その嫌がる理由やタイプに応じて、対処法を考えていきましょう。ぜひ試してみてくださいね。

爪切りで嫌がる犬をしっかりと保定する方法

爪切りを嫌がる犬をなんとかおとなしくさせたいですよね。

犬をしっかりと保定することによって、爪切りをしやすくすることができますよ。

保定とは、犬の関節を押さえることです。

そうすることで、結果的に犬を大人しく抱っこすることができるのです。

この犬の保定の基本とは、まず自分の腕と胸の間に犬を抱え込むようにして、片方の腕を犬の顎の下に回しましょう。

そして、犬の首輪に顎を押さえた手の親指をひっかけます。

そうすることで、首を保定することができますよ。

もう一つの腕を犬のお腹の下に回せば、完了です。

このように、犬を保定することができると、爪切り以外にも薬やケアが行短時間で処置することもできるのです。

すぐに暴れてしまうような犬の場合は、覚えておくといいですよね。

これを取得することで、落ち着いて爪切りできるようになるかもしれませんよ。

爪切りを嫌がる犬には散歩をたくさんするという方法も

どうしても爪切りを嫌がる犬は、散歩をたくさんするのもオススメですよ。

散歩をすることで、ある程度爪を切る頻度を減らすことができます。

アスファルトなどの固い地面を散歩すると、自然と犬の爪が削られるのです。

このため、爪切りの嫌いな犬は散歩をすることで、あまり爪を切らなくても良くなりますよね。

飼い主さんが爪切りをするのが面倒だったり、苦手という場合にも散歩はオススメですよ。

散歩好きな犬にとっては、とてもピッタリな方法なのではないでしょうか。

しかし、健康上あまり散歩ができないという犬もいるでしょう。

そのような犬の場合は、無理をして散歩をすることはできません。

犬の健康状態を考えたうえで、散歩の頻度も考えていきましょう。

犬の爪切りは犬に慣れてもらうことが大切

犬の爪切りは犬に慣れてもらうことが最も大切なことです。

なんでも初めてすることは、すぐにできるものではありませんよね。

犬の爪切りも同じで、初めからすんなりと爪切りを嫌がらずにできる犬ばかりではないのです。

何度か怖がらずにやってみることで、飼い主も爪切りに慣れていきますし、犬も爪切りに慣れていくのです。

どうしても自分ではうまくできないという場合は、ペットショップにお願いしましょう。

お金はかかってしまいますが、犬にとっても安心かもしれませんよ。

プロにやってもらうと、すんなり受け入れてくれることもあるでしょう。

飼い主だとどうしても嫌がると思ってやるので、それが犬にも伝わっていることもありますよね。

なんでも物事は慣れることが大事です。

ですから、犬にも爪切りに慣れてもらえば、爪切りを嫌がらなくなりますよ。

爪切りを嫌がらなくなれば、いつも程度な爪の長さを保つことができます。

犬が痛くない爪の切り方

犬の爪切りは、ハサミタイプの物よりも、バツっと切れる爪切りタイプの物がオススメです。

しかし、犬の爪を切りすぎてしまって出血させてしまうこともありますよね。

そんな時のために、止血剤を用意しておくと安心ですよ。犬の爪は根元から先まで同じ太さの円柱状です。

角を取るように角度を変えながら少しずつ切りましょう。

そして、切りすぎないためには、血管が透けて見えるので、血管の手前までで切るのをやめましょう。

切りすぎると出血してしまいます。

そうなると、犬も痛がりますし、また爪切りを嫌がる原因になってしまいます。少しずつ切るのがコツですよ。

ちょっと危ないかなと思われる部分は、切らないようにしておくといいのではないでしょうか。

何より犬が可愛そうですからね。ぜひ参考にしてみてください。