注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ニット生地を家庭用ミシンで生地を伸ばさずに縫うコツ

ニット生地は生地自体に伸びる性質があるので、普通の家庭用ミシンで縫うには少しコツが必要です。
いつもどうりに縫ってしまうと、生地がビロ~ンと伸びてしまい残念な仕上がりになってしまいます。
一度失敗した経験がある方は、「もう家ではニット生地のものは縫わない!」と決めている方も多いと思いますが、コツをおさえれば家でも伸ばさずに縫うことができます。

ニット生地を家庭用ミシンで縫うコツをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍋を空焚きしたらどうなる?空焚きは危険!絶対にダメ

鍋の空焚きをするとどうなるのでしょうか?鍋は空焚きをしようとしてしているのではなく、ちょっとした不注...

包丁の基本的な研ぎ方!片刃包丁を研ぐ手順とコツ

いつも使っている片刃の包丁の切れ味が悪くなってきた時には、そろそろ研ぐタイミングかもしれません。 ...

洗面台の髪の毛詰まりを直す方法と詰まりにくくするための工夫

洗面台は使っているうちに流れが悪くなり、最悪の場合には詰まりを起こしてしまいます。 掃除を怠ってい...

服の片付けと収納のコツ。たたみ方やすっきり収納のアイディア

家族の人数が多いとそれだけ服の数は増えますし、子供がいる場合は着られなくなった服もどんどん増えていき...

スニーカーは重曹とオキシドールで洗えば汚れも黄ばみも消えます

白いスニーカーを買ったものの、いつの間にか汚れがついてしまうとそのまま放置してしまいますよね。 ...

手が小さい方向けピアノの練習方法!弾きやすくなる練習のコツ

ピアノをやっている方の中には、お子様や女性の方など手が小さいことで、いつも同じ場所でミスをしてしまう...

窓拭きに新聞紙を使うと傷が付く?傷をつけない新聞紙の使い方

窓拭きをする際に新聞紙を使用すると、手軽にキレイになると評判です。しかし新聞紙を使う際に窓ガラスに傷...

簡単に粘土で作品作り!人形を作るのにおすすめの粘土と作り方

粘土での作品づくりはいろいろな物がありますが、人形作りも人気の粘土作品です。 そこで人形作りが...

アイロンのやり方やコツを知ってシャツをビシッと仕上げよう

シャツにアイロンをかけたけれど、シワだらけになったり上手くかけられないという事もありますね。 ...

服の生地からイヤな臭いがする原因とその消臭方法を教えます

買ったばかりなのに、服やジーンズの生地からイヤな臭いがするという経験はありませんか? 実はその...

レザークラフト道具は100均で揃えることもできるのでおすすめ

レザークラフトを始めるには道具が必要になりますが、初心者でこれから始めるのであれば、まずは100均を...

チューリップの球根を3月植えるのはNG!植える時期とポイント

チューリップの球根を、暖かくなってきた3月植えるのは良くないことなのでしょうか。 球根の存在を忘れ...

生地の収納はどうしてる?収納上手さんのアイデアを紹介

生地の収納はどのようにしたら上手くいくのでしょうか?確か、あの生地がまだ残っているはず…。と探すとき...

No Image

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、...

風呂釜の洗浄は重曹でOK?重曹で取れる汚れと使用の注意点

毎日使用する浴室、体をキレイにする場所なので、その分汚れが溜まる場所です。浴槽や洗い場は毎日掃除をし...

スポンサーリンク

家庭用ミシンでニット生地を縫うコツ、ニット生地とは?

ニットが縫いにくい理由

家庭用ミシンでニット生地を縫った方なら、その縫いにくさに苦戦したことが一度はあるはずです。

ではどうして普通の生地と違って、ニット生地は縫いにくいのか?それはそもそもの生地のでき方、作り方が関係しています。

普通の生地は糸が縦、横と織物のように織られて出来ているのに対して、ニット生地は一本の糸で編むように出来ています。まさに編み物と同じなのです。

ニットの特徴

伸縮性ですよね。ニットの服は他の生地の服に比べると体にフィットし、動きやすく、着やすさを感じます。

そのため下着やTシャツ、赤ちゃんの服など着心地重視の服に使われることが多いのです。

またニット生地と一言で言っても、その種類は糸の編み方によって違い、縫い心地も変わってきます。

ニットが縫いにくく生地を縫うコツが知りたいのなら、縫いやすいニットを使用することも一つの方法です。

ニット生地を家庭用ミシンで縫うコツ

縫いにくいニットは生地選びが重要

まずは縫いやすいニット生地を選ぶこと。伸び縮みの少ないダンボールニットと呼ばれるニット生地がおすすめですよ。

また家庭用ミシンでも、ニット専用の糸と針を使うことで、ずいぶんとニット生地が縫いやすくなります。

手芸専門店に行くと販売されていますので、針と糸を変えて使用してください。ちなみに糸は上糸と下糸を変えると、さらに縫いやすくなります。手芸店の店員さんに確認をして購入をしましょう。

その他にも縫う場所に貼り付け可能な接着芯を利用することで、ニットが伸びずに、そしてさらに縫いやすくなります。

その場所だけピンポイントで使用できる、接着芯のテープもありますので探してみてください。

ミシンでニット生地を縫うコツ!準備するものは?

ミシンでニットを縫うコツは、縫いやすいニット生地を選ぶこと、そしてニット用の針や糸などを使用することです。

ニット用の糸について

使ってみるとわかりますが伸び縮みがするので、ニット生地と一緒に糸にも余裕ができて、縫ったときに生地だけが伸びることを防いでくれます。

また家庭用ミシンでも、ミシン自体にニット縫いに適している伸縮縫いが出来る物があります。

一度試し縫いをしてみて、その縫い目や生地の伸び方などを確認してみると良いですよ。
扱いにくいニット生地は、家庭用ミシンで注意をしてニット生地を縫っても、どうしても生地だけが伸びて縫った場所が波打ってしまうことがあります。

これは、自分の技術の問題ではなく、皆さんが一度は思うニット生地の問題点です。

その他にも上の生地だけが抑えが強くなるために、同じく裁断した生地なのに上の生地だけがズレて余ってしまうこともあり、出来上がりに満足行かない仕上がりになることも、家庭用ミシンでニットを縫うときのあるあるです。

ニットの伸びの予防にこんな裏ワザも

ニットを縫うときに一番の難点

ミシンを掛けると生地が伸びてしまうことです。

ニットを家庭用ミシンで縫うときには、針や糸を専用のものにしましょうとお話をしましたが、その他にも裏技としてニットを縫いやすくするものがあります。

生地が伸びないようにするには、ニットの織り目をそのままにして縫えるかどうかがポイントとなります。

そのため生地が伸びない押さえがあればきれいに縫えることが出来るのです。そこで便利なのがPPバンド。

使い方はニット生地の縫いたい部分左側に添えて、PPバンドを縫わないように気をつけながらミシンがけをしていきます。

PPバンドは知っての通り、ギザギザの模様がついているので布と一緒に押さえの下を通すことで、しっかりと布を送ってくれますので、上手に伸びが少なくニットを縫うことが出来るのです。

ニット生地がなかなか上手に縫えない時に専用の送りおさえ

どの方法を試してみても、どうしても家庭用ミシンではニットを上手く縫えない、波打ってしまう場合はニット専用の送り押さえを使用してみてください。

ミシンは普段使用する場合は、下にギザギザがついていて布を送ってくれるようにできています。

そのため、上の布が取り残される形になり、縫ったときに上下で布のズレが起こります。さらにニットではその作用が大きくなり、縫い上がりの生地がのびのびになってしまいますよね。

そこでニット専用の送り押さえを使用することで、上下で布を送ることが出来るので、生地の伸びが少なく仕上がりに差が出るというわけです。

ニット専用の糸と針、そして送り押さえや裏技など、合わせ技として使用することでニットを家庭用ミシンで満足行く仕上がりに近づけることが出来ます。

ちなみに送り押さえは、メーカーで販売しているものを使用してください。どこで購入できるかわからない場合はお問い合わせセンターに電話をすると教えてくれますよ。