注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

夏休みの宿題で悩むポスター、書き方のコツとポイント

小学生の夏休みの宿題で出されるポスター。子供に書き方を聞かれて困ってしまう親御さんも多いのではないでしょうか。

子供にポスターの書き方を教えるにはコツ、そしてポイントがあります。

テーマが決まっている場合と自由課題とでも考え方が異なりますし、ポイントを抑えるだけでぐっと絵が良くなります。

親子で取り込んでいる最中はあれこれ口出ししたくもなりますが、なるべく褒めながら進めていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中学生のための勉強時間を確保するためのスケジュールの立て方

中学校に入学すると部活で忙しくて、勉強時間がなかなか取れないことが悩みという中学生も多いでしょう。 ...

お風呂で勉強するならラミネート、勉強の効率がアップする活用術

ラミネート加工ってご存知ですか? 実はお風呂での勉強で欠かせないアイテムとなっていて、実は我が...

夏休みの自由研究におすすめ!簡単1日で終わる実験やテーマ

夏休みの自由研究のテーマは決まりましたか? 毎年、このテーマに頭を悩ませる親御さんも多いと思います...

保育園の行事を休むかどうかの判断は子供の気持ちを考えよう

保育園に入っていみると、行事の多さに驚くママも多いと言います。しかし、平日の行事も多いため、そんなに...

大学の勉強が難しいと感じる。義務教育と大学との違いについて

大学の勉強が難しいと感じる理由の一つとして『授業の受け方と、先生との関わり方が高校までと全く異なると...

中学生の勉強意欲が高まるスケジュール表の立て方とポイント

中学生になると小学校よりも勉強が難しく時間もかかるため、スケジュール表を作るだけで効率よく勉強するこ...

家庭科の宿題で料理を作る時のまとめ方とおすすめレシピ

小学校6年生になると夏休みの宿題として、家で料理を作るという家庭科の課題が出ることがあります。 ...

野菜からDNAをとる自由研究をしてみたい!ポイントをご紹介

野菜のDNAを取り出すことを題材とした自由研究をするときに用意するものとは? 野菜のDNAを取...

大学の英語の授業とは?授業の特徴や勉強方法について紹介します

大学の英語授業は今までとどう違うのでしょうか?必修英語にはどのような特徴があるのでしょう? 大...

高校の合格祝いのお返しの相場やオススメと気をつけたいマナー

高校の合格祝いのお返しは必要ないとも言われています。しかし、合格したことを一緒に喜んで祝ってくれたの...

小学校の学童保育ではトラブルが起きることも!親ができること

お仕事をされてるご家庭の中には、小学校低学年のお子さんを学童保育に行かせているところもありますよね。...

小学校が夏休み中教師も休み?仕事?夏休み中の勤務体制

小学校が夏休みに入ると当然学校には子供が来ないため、授業がない教師も子供と同じように夏休みを満喫する...

高校の教科書販売はスーツケースが必要?持ち帰る方法を紹介

高校の教科書販売はスーツケースを持っていくとよい?大量な高校の教科書はどのようにして持ち帰るのがベス...

幼稚園の先生に夏休みはある?仕事内容と夏休みの実態を解説

幼稚園の先生は、園児たちが夏休みの間どんな仕事をしているのでしょうか。子どもたちが登園していないのだ...

中学生の勉強時間は東大を目指すなら量よりも取り組み方が大切

中学生の勉強時間は東大の合格にも繋がるのでしょうか?中学生からしっかり勉強させておけば東大合格を目指...

スポンサーリンク

夏休みのポスター、テーマが決まっている場合と自由課題での書き方のコツ

夏休みのポスターを描く場合、テーマが決まっている場合と自由課題の場合での書き方のコツをお伝えしていきます。

ポスターに書くテーマが決まっている場合

テーマが決まっている場合、そのテーマの内容をよく考えてみましょう。
ポスターを使ってどんなメッセージを訴求したいのか、役割は何なのかをまず考えます。
そして、離れた場所からでも目立つもので、しっかりメッセージを力強く正しく伝えられるかどうかが大事なのです。

決して上手でなくても、人の心を動かすポスターを一度は目にしたことはあるのではないでしょうか。

何気なく通学路にあるポスターでも自然と頭に残るポスターがあります。

このようなポスターを目指すために、人の心を動かすような構成と考えて決めてみるとよいでしょう。

自由課題の場合の書き方

テーマが自由野場合は、自分が興味関心のあることをテーマにするとよいでしょう。

身近な題材から時事問題まで様々な選択肢があります。

自分の心に強く訴えかけてくるテーマを題材にすることで、自然に頭の中にポスターの構成などが浮かんできやすいのでお勧めです。

夏休みのポスター、子供に書き方を教える際のポイントは3つ

子供に夏休みのポスターの書き方を教える場合、以下の三つのポイントを助言してあげましょう。

  • 構図
    絵が上手くても下手でも、構図がしっかり出来ているポスターは良い出来になります。
    絵や文字のバランスが崩れているとみている側からしても見ずらいポスターになり、テーマの訴求力は落ちてしまうでしょう。
    しかし、細かいバランスは上級生になってから勉強するものなので、低学年の場合はまだのびのび書くことのほうが大切です。ちょっとしたアドバイスをしてあげることでよりよいポスターを作ることが出来るのです。
  • 下書き
    ポスターの下書きは念入りにするようにしましょう。
    下書きがしっかりしたものであれば、色塗りをした後でも急にバランスが崩れるということはありません。何かを観察しながら絵を描くことはデッサン力を向上させるために重要です。

  • ポスターは目立ったほうが人の目につきやすいです。その為、色の使い方はかなり重要になってくるでしょう。

夏休みのポスターの書き方がわからない子供にはイメージを掴ませることが大切

夏休みのポスターの書き方がわからないという子どもは多いのではないでしょうか。
まず、どういったものがあるのかイメージを持ってもらうためにも他の子どもたちのポスターの例を見てみるのもよいのかもしれません。

しかしあまりに見過ぎてしまうと似たポスターになってしまってオリジナリティにかけるものになる可能性もあるので気をつけてください。

そして、イメージを湧かせるためにも、まずはコピー用紙を四等分に折って折り目をつけたものに自由にデザインを描いてみるようにしてみましょう。

いきなり画用紙に描くよりも気軽にアイデアを出しやすいです。
この場合は丁寧に書くというよりも、ざっくりとラフ画を描くというもので大丈夫です。

夏休みの宿題で出たポスターを効率よく1日で終わらせる手順

では夏休みのポスターを効率よく書いていくための手順をお伝えしていきます。

まずはコピー用紙などにポスターのアイデアを書き出してみましょう。
この際には絵は丁寧でなくてよいので、大まかなレイアウトを考えて書くようにしましょう。

そして次に画用紙に下書きをしてください。
下書きを書く際に鉛筆で強く書き過ぎると、修正する際に汚くなってしまいますので薄く書くほうがよいです。
消しゴムを使う際も力一杯消すのはやめましょう。

下書きが出来たら油性ペンで下書きの線をなぞります。

その後、水彩絵の具で色を塗りましょう。
なるべく丁寧に線をはみ出さないように塗ってください。
キレイに仕上げるためにも、まずは背景から色を塗り、黒色は最後のほうに塗ったほうがよいでしょう。

子どもにアドバイスする際はなるべくよい部分は褒めてあげて子どものオリジナリティも尊重してあげるようにしてください。

交通安全のポスターの上手な書き方

もし交通安全がテーマのポスターを描くことになった場合は以下のポイントに気をつけて書くとより良い作品が出来ます。

まず、自転車や車のパーツはしっかり書くことが大切です。
複雑な部分はついつい省略しがちですが、しっかりデッサンして書くことでよりリアリティのある作品を作ることが出来ます。

自転車に乗る人にはヘルメットを書き、車に乗っている人にはしっかりシートベルトを描くようにして細かい部分にも気をつけてみましょう。

そして、交差点や標識なども適当ではなく正しく描くことが大切です。
道路の様子を自分で写真に撮ってきてそれを見ながら正しいものを描くのもよいでしょう。

車の走る位置も正しい場所を走っているように書きましょう。

なるべく情報は正しいものを意識することが交通安全のポスターの場合は特に重要です。