注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

私立高校の入学金が払えない場合に親としてできることを考えよう

私立高校の入学金は公立高校と比較しても高額となっています。そのため、第一希望の公立高校に不合格となって私立高校に行くことになると、入学金が払えないとなってしまう家庭もあるでしょう。

その場合は、まず入学予定の私立高校に相談してみましょう。その私立高校によっては延納や分納という方法をとってくれる学校もあります。

今回は私立高校の入学金が払えない場合の対処法について説明します。また、学費が払えない場合に利用できる制度についてもご紹介します。

子供のために親としてできることを考えましょう。いろいろな方法があるので、相談してみることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学校の給食ナフキンの簡単な作り方!不器用ママでも作れるコツ

小学校の給食で必ず必要なものが、給食ナフキンです。幼稚園の頃には、お気に入りのキャラクターなどのナフ...

中学生のための勉強時間を確保するためのスケジュールの立て方

中学校に入学すると部活で忙しくて、勉強時間がなかなか取れないことが悩みという中学生も多いでしょう。 ...

中学生の勉強意欲が高まるスケジュール表の立て方とポイント

中学生になると小学校よりも勉強が難しく時間もかかるため、スケジュール表を作るだけで効率よく勉強するこ...

高校の合格祝いのお返しの相場やオススメと気をつけたいマナー

高校の合格祝いのお返しは必要ないとも言われています。しかし、合格したことを一緒に喜んで祝ってくれたの...

大学の勉強でやる気がなくなったときの対処方法を紹介

大学に入ったら勉強のやる気がなくなってしまった…。こんな大学生が多いようです。みんなと一緒なんだと安...

大学の勉強が難しいと感じる。義務教育と大学との違いについて

大学の勉強が難しいと感じる理由の一つとして『授業の受け方と、先生との関わり方が高校までと全く異なると...

ノートの使い道に困ったら趣味ノートにしよう!使い方とポイント

家に余っているノートありませんか? まだまだ使えるし捨てるのはもったいないけど使い道がわからない…...

フラメンコのカスタネットの使い方とは?鳴らすコツを紹介

フラメンコのカスタネットはどのような使い方をしたらいいのでしょうか?なかなか上達しないというときには...

【中学生のための勉強の仕方】家庭学習で成績をアップさせよう

中学生になるとテストもたくさんありますが、部活に入っていると塾に通う時間もなく、どうやって勉強すれば...

大学の英語の授業についていけない人のための克服方法を教えます

大学に入ると、外国人の先生による英語の授業についていけないと感じる人も多いといいます。 しかし...

中学生の勉強法【英語編】苦手を克服できる効果的な勉強方法

中学生の勉強法で英語は特に悩む人は多いのではないでしょうか。英語は苦手意識を持ってしまうと、余計に前...

高校の卒業旅行で海外に行くなら?海外旅行先の選び方を紹介

高校の卒業旅行は海外に行ってみたい!けれど、どのように行き先を決めたらいいのでしょうか? 友達...

No Image

漢検二級の合格ラインの点数は80%ではない?合格するためには

漢検二級取得を目指している人にとって、合格ラインはどのくらいなのか気になるところですよね。 合...

家庭科の宿題で料理を作る時のまとめ方とおすすめレシピ

小学校6年生になると夏休みの宿題として、家で料理を作るという家庭科の課題が出ることがあります。 ...

夏休みの自由研究におすすめ!簡単1日で終わる実験やテーマ

夏休みの自由研究のテーマは決まりましたか? 毎年、このテーマに頭を悩ませる親御さんも多いと思います...

スポンサーリンク

私立高校の入学金が払えない場合は、まず学校へ相談しましょう

子供も大きくなってきて、高校受験を終了しました。私立高校に入学する事になったけれど、親として、入学金の準備が出来ていない。払える余裕がどうしても無い時、あなたはどうする事が適切な対処方法になると思いますか?

諦めるのは早いです。学校に相談して、免除などの対策を練っています

親として、入学金の準備が出来ないから子供が私立高校に通えないなんて、恥ずかしい状況にはなりたくないですよね?大丈夫です。私立高校によっては、そんな保護者の方の為に、入学金を免除したり、入学金の料金を下げてくれる制度も存在します。

また、「そんな大金は一気には払えないけれど、分割なら可能」という事も有りえますよね?まずは、高校に相談する事が第一歩になります。幾つかの解決法を提示してくれると思うので、親として、最も最適な方法を選んで、お子さんを私立高校に通わせてあげて下さい。

また、私立高校に通うとなると、入学金以外にも制服など、色々とお金がかかります。その分も見込んで、入学金について私立高校の担当者とお話をする事をお勧めします。

私立高校の入学金が払えないなら、教育ローンを使うという方法も

どうしても私立高校の入学金を払う余裕がない。そうであれば、国の教育ローンを頼るという手もあります。

ただ、これには年収がどの位であるのかなど審査はあります。その審査事態はそれ程、困難な物ではありません。どうしても入学金を工面出来ないのであれば、教育ローンで支払い、金利は少しかかりますが、返していくというやり方もあります。

他の金融機関から借りる事を考えれば、利息も安いので、ご両親としては、経済的にはそれ程かからないとは思います。ですが、どっちにしろ返す形になるので、将来の経済的負担を考えるのであれば、私立高校と相談して、免除という形を取る方が、負担は軽くなると思います。

ですが、その選択肢が既に閉ざされているのであれば、教育ローンという手もあります。道はまだ開けていますから、年収を増やす方法など、考慮する必要も出てくるかと思います。

私立高校に3年間通った場合にかかるお金について理解しましょう

出来るのなら公立高校に進学して欲しかったけれど、本人の強い希望であったり、結果としてお子さんが私立高校に通わざる終えない事も多々あります。

そんな時の為に親として出来る事は、私立高校に3年間通うとなると、大体どの位のお金がかかるのか、頭に入れておくこと、そして準備しておくことだと思います。

年間、100万を見込んでおいた方が良い。

学校に通うだけで、年間、100万円かかると見込んでおいた方が良いと思います。「そんなにかかるの?」と公立との差を実感させられると思います。

更に、上記のお金には、部活などにかかる費用は含まれていません。あなたのお子さんが特に何も興味が無いのであれば、それ程気にする必要は無いと思いますが、そうでもないと、その分の費用も親として用意必要が出てきます。

私立に行くだけでもお金はかかるし、それに部活ともなるとプラスアルファが必要になると親として覚悟が必要になります。

入学金だけではなく、学費も払えない可能性がある場合について

正直な所、入学金どころか、私立高校に通うとなると、学費も支払う事が出来るのかどうか不安。でも、大丈夫です。「支援制度」という物が存在するので、その制度を利用して、お子さんを私立高校に通わせてあげることも可能になります。

就学支援金を利用する。

この就学支援金のメリットですが、将来的に返す必要が無い事がメリットといえると思います。ただ、学費が安くなるだけで、ある程度の料金は払う必要があるので、注意が必要になります。これは、授業料を対象にしています。

高校生等奨学給付金の利用も可能。

就学支援金だけではなく、高校生等奨学給付金も利用する事が出来ます。就学支援金との違いは、高校生等奨学給付金は授業料以外の部分での負担率を減らしてくれます。これも返済が不要になります。

上記二つの選択肢があります。市役所に詳細を尋ねて見ましょう。負担額が変わってきます。

東京なら入学支度金制度もあります

入学金や学費の事で悩んでいる保護者の方。場所が東京であれば、入学支度金制度という物もあります。

住んでいる所が東京で、お子さんが東京の私立高校に通う予定なら、使用出来る。

あなたが住んでいる場所が東京で、あなたのお子さんが私立高校に通う事になり、入学金の準備が出来ないのであれば、入学支度金制度を利用する事が出来ます。申込書に記入をし、契約が進む事になるのですが、この制度はあくまでも利子が0でお金を貸してくれる所がメリットの制度です。

つまり、将来的には返済しなくてはいけない点に注意が必要な制度です。しかも、それはお子さんがその学校にいる間に返済しなくてはいけない返済期限も決まっている点も忘れずに覚えておきましょう。

また、全額ではなく、差額はあなたが支払わなくてはいけません。この制度を利用するにしても、ある程度のお金は必要になるので、注意が必要になります。

お子さんが私立高校に通う事になり、入学金が払えない場合、どんな選択肢があるのか、上記の記事で説明してきました。負担を軽くしてくれる制度もあるので、市役所や学校に相談をして、お子さんが問題なく通える状況を作ってあげて下さい。返済しなくてはいけない制度もありますが、まだ道は開けます。