注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

小学校の先生へお礼文を書く時のポイントと渡すタイミング

お世話になった小学校の先生へ、感謝の気持ちを込めたお礼文を書きたい!そんな保護者の方もいるのではないでしょうか。
でも、どんな文を書けば気持ちが伝わるのか、何を書けばいいの?と悩むと思います。
そこで、小学校の先生へ感謝の気持ちを伝えたい時の手紙のポイントについてご紹介したいと思います。
いつ渡せばいいのかでも迷うと思いますので、手紙を渡すタイミングも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学の英語の授業とは?授業の特徴や勉強方法について紹介します

大学の英語授業は今までとどう違うのでしょうか?必修英語にはどのような特徴があるのでしょう? 大...

私立高校の入学金は返還可能?公立高校合格発表前に支払う入学金

私立高校の入学金は公立高校に比べると、金額に大きな差があります。しかも多くの私立高校が、公立高校の合...

中学生の学習に適した環境や勉強法。やる気を引き出す親の態度

中学生の子供に適した学習の環境や勉強法。 それらが子供にマッチしていれば、やる気が起きるはず!? ...

女子高校生におすすめのリュックの大きさや選び方を徹底解説

高校生になると、どんなリュックを持っていけばいいのか迷う人も多いでしょう。 中学生の時よりもお...

高校の合格祝いのお返しの相場やオススメと気をつけたいマナー

高校の合格祝いのお返しは必要ないとも言われています。しかし、合格したことを一緒に喜んで祝ってくれたの...

高校の卒業式における保護者代表挨拶のポイントや内容と注意点

高校の卒業式で保護者代表挨拶を頼まれてしまったら、どんな挨拶にしたらいいのか悩みますね。まずは、どん...

小学校の学童保育ではトラブルが起きることも!親ができること

お仕事をされてるご家庭の中には、小学校低学年のお子さんを学童保育に行かせているところもありますよね。...

幼稚園の懇親会で盛り上がる簡単なゲームややり方を紹介

お子さんが通っている幼稚園では親同士のための交流の場として、懇親会や親睦会が行われることもあります。...

小学校の給食ナフキンの簡単な作り方!不器用ママでも作れるコツ

小学校の給食で必ず必要なものが、給食ナフキンです。幼稚園の頃には、お気に入りのキャラクターなどのナフ...

中学生のための勉強時間を確保するためのスケジュールの立て方

中学校に入学すると部活で忙しくて、勉強時間がなかなか取れないことが悩みという中学生も多いでしょう。 ...

夏休みの自由研究におすすめ!簡単1日で終わる実験やテーマ

夏休みの自由研究のテーマは決まりましたか? 毎年、このテーマに頭を悩ませる親御さんも多いと思います...

中学生の勉強時間は東大を目指すなら量よりも取り組み方が大切

中学生の勉強時間は東大の合格にも繋がるのでしょうか?中学生からしっかり勉強させておけば東大合格を目指...

浪人生が予備校に通うなら個別指導がいいの?予備校の選び方

浪人生活を無駄にしないためにも、子供に合った予備校を選ぶことが大切ですが、個別指導か集団授業かどちら...

アルファベットの小文字は難しい!覚え方を工夫して楽しく勉強

子供にとって新しい文字を覚える事も大変ですが、親としては「子供がわかるように教える」という事もなかな...

【中学生のための勉強の仕方】家庭学習で成績をアップさせよう

中学生になるとテストもたくさんありますが、部活に入っていると塾に通う時間もなく、どうやって勉強すれば...

スポンサーリンク

お世話になった小学校の先生へお礼文を書く時の手紙の構成

あなたも子育ての真っ最中。お子さんが小学校を卒業してこれから中学に入ります。小学校、6年間をお世話になった先生に是非、保護者としてお礼文を書きたいと思っています。

お子さんがお世話になった先生にお礼の手紙を書く際、一番気をつけたい事は、「子供が小学時代、お世話になりました」と感謝の気持ちを伝える事です。

手紙には、拝啓を書くこと、挨拶文、敬具を書くなど、順序は確かにあります。ですが、一番大切なのは、「今も子供は頑張っています。それは、先生が子供が小学校の頃によく面倒を見てくれたからです」など、感謝の一言を書くのが、このお礼文のメインの部分になります。

構成についてはネットで検索すれば、十分な情報を得る事ができます。一番大切なのは、あなたの子供によく配慮してくれてありがとうという感謝の気持ちを文書に表して伝える事になります。

手紙を書く時は、その部分によく配慮して書いていきましょう。先生に心にも一番響く部分になります。

小学校の先生へお礼文を書く時のポイント

これからお子さんの小学校の卒業式。この機会に保護者の方からもお子さんをよく面倒をみて貰った事に対する、お礼文を先生に渡します。

勿論、そのお礼文、あなたのお子さんを学校でよく面倒をみてくれた事に対してのお礼の気持ちを書きます。それが無ければお礼文にはなりません。

ただ、その時に、その手紙の長さが長すぎない様に注意をして下さい

あなたからの手紙の長さが長ければ長い程、あなたからの感謝の気持ちが先生に伝わる訳ではありません。先生も他の事で忙しいので、長くなりそうなのであれば、なるべく要約して、手紙を短めに終わらせて下さい。

具体例なども短めにして、最後にもう一度感謝の言葉を添えるのが、お礼文の適切な構成になります。印象に残っている場面など、要約する、場面を一つに絞り込むなど工夫して、適切な量の文章に調節して、お礼文を完成させて下さい。それがお礼文のポイントになります。

小学校の先生へ渡すお礼文の例をご紹介!読んで感動するような文を盛り込もう

どんな文章を書いたら、子供がお世話になった先生を感動させる事ができるのか。相手の先生が受け取って、涙をする文章にするのは、あなたのお子さんが先生に「この事でよく先生とコミュニケーションをとっていた」という事を書く事だと思います。

例えばですが、お子さんが何かについて落ち込んでいて、その時に先生がよく励ましてくれた事。それがあったお陰でお子さんが前向きになり、学校生活が楽しめたなど、きっと先生の中でも心に深く刻まれている思い出があると思います。

先生も「この生徒に関しては、この点について注意深く観察していた」など心に残っている点があります。それが、生徒であるあなたのお子さんにも同じ事が言えると思います。

その点を上手く文章にして先生にお礼文にして渡すと先生も涙を流します。先生がしてくれた適切な対応をお礼文の中に取り入れて、感謝の文章にしましょう。これで、先生の努力が報われます。

小学校の先生へ感謝の気持ちを伝えたい時は手紙?連絡帳でもいいのか

これからお子さんの小学校の先生にお礼文を渡します。あなたも日々の生活の中で忙しいので、それを手紙にするのか、それとも連絡帳でも失礼にならないのか迷います。

より適切なのは、手紙だと思いますが、どちらでも先生には失礼にはなりません。後は、あなたの選択になります。

あなたが便箋を買って人に手紙を書くのが好きなのであれば、手紙でお礼文を書いても全く構いません。もしくは、いつも使用している連絡帳に書き記す形でも先生には失礼にはなりません。

ただ、連絡帳に書く方が書きづらいかなと思います。手紙の方が、間違って書いた場合は新しい便箋に書けば良いなど失敗した時に挽回できる手段があります。あまり字に自信が無いのであれば、連絡帳というよりは手紙でお礼文を書いた方が綺麗に仕上がると思います。あとは、あなたの選択になります。

小学校の先生にお礼の手紙を渡す方法とタイミング

子供がお世話になった小学校の先生にお礼のお礼文を綺麗に書いて、あとは先生に渡せばいいだけです。

卒業式ともなると、先生も忙しいスケジュールになります。なかなか保護者の方とゆっくりと時間を過ごす余裕がありません。その為、お礼文は封筒に入れて連絡帳に挟んでおくとか、学校でちょっとしたタイミングで渡す、渡しそびれたら、卒業式が終わってすぐにでも郵送で先生に送るのが最善のタイミングだと思います。

小学校の先生も移動があるので、次の年に同じ小学校にいるとも限りません。学校によっては、移動した学校に転送してくれるかもしれませんが、3月中に郵送してなるべく早めに本人に届く様、試みるのがマナーだと思います。

学校も転送する手間が省けます。先生へのお礼文は連絡帳に挟む、郵送するなどの手段で本人に渡しましょう。

小学校の先生に保護者からお礼文を渡す時、どんな点に注意して渡せば失礼にならないのか、ポイントを説明しました。参考にはなりましたか?特に思い出に残っている事を文字にして手紙にすると、先生の心に届くお礼文になります。綺麗に書く為にも、手紙の便箋に書く事をお勧めします。渡すタイミングですが、渡しそびれたら、先生がその小学校にまだ赴任している間、特に3月中に郵送しましょう。小学校の先生は移動があるので、3月中に郵送するのが、マナーになります。早めに封筒に入れて、連絡帳に挟んでも問題は無いと思います。