注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

浪人生が予備校に通うなら個別指導がいいの?予備校の選び方

浪人生活を無駄にしないためにも、子供に合った予備校を選ぶことが大切ですが、個別指導か集団授業かどちらの指導スタイルが向いているかで悩むと思います。
生徒個々に合わせた指導ができる個別指導の方が浪人生に向いている気もしますが、メリットもあればデメリットも当然あります。
大手なら間違いない!とはいかないのが予備校です。
下準備を入念に、子供自身の意見も取り入れて予備校を選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

私立高校の入学金は返還可能?公立高校合格発表前に支払う入学金

私立高校の入学金は公立高校に比べると、金額に大きな差があります。しかも多くの私立高校が、公立高校の合...

小学校の行事に行きたくない親も!行事の頻度と面倒なときの対策

小学校では色々な行事が行われていますよね。親の中には、その行事を面倒・行きたくないと感じている人もい...

大学の勉強が難しいと感じる。義務教育と大学との違いについて

大学の勉強が難しいと感じる理由の一つとして『授業の受け方と、先生との関わり方が高校までと全く異なると...

高校の学校説明会のときの服装とは?親と子の服装について

高校の学校説明会ではどのような服装で行けばいいのでしょうか?子供は制服があれば、それが正装となります...

夏休みの自由研究におすすめ!簡単1日で終わる実験やテーマ

夏休みの自由研究のテーマは決まりましたか? 毎年、このテーマに頭を悩ませる親御さんも多いと思います...

夏休みの宿題で悩むポスター、書き方のコツとポイント

小学生の夏休みの宿題で出されるポスター。子供に書き方を聞かれて困ってしまう親御さんも多いのではないで...

【中学生のための勉強の仕方】家庭学習で成績をアップさせよう

中学生になるとテストもたくさんありますが、部活に入っていると塾に通う時間もなく、どうやって勉強すれば...

中学生の学習に適した環境や勉強法。やる気を引き出す親の態度

中学生の子供に適した学習の環境や勉強法。 それらが子供にマッチしていれば、やる気が起きるはず!? ...

高校の教科書ガイドは必要か?悩んでいる方へのアドバイス

高校の入学、新学期時に教科書ガイドは必要か?悩んでしまいませんか。考え方によっては、授業のポイントが...

中学生の勉強法【英語編】苦手を克服できる効果的な勉強方法

中学生の勉強法で英語は特に悩む人は多いのではないでしょうか。英語は苦手意識を持ってしまうと、余計に前...

野菜からDNAをとる自由研究をしてみたい!ポイントをご紹介

野菜のDNAを取り出すことを題材とした自由研究をするときに用意するものとは? 野菜のDNAを取...

私立高校の入学金が払えない場合に親としてできることを考えよう

私立高校の入学金は公立高校と比較しても高額となっています。そのため、第一希望の公立高校に不合格となっ...

小学校の学童保育ではトラブルが起きることも!親ができること

お仕事をされてるご家庭の中には、小学校低学年のお子さんを学童保育に行かせているところもありますよね。...

高校の合格祝いのお返しの相場やオススメと気をつけたいマナー

高校の合格祝いのお返しは必要ないとも言われています。しかし、合格したことを一緒に喜んで祝ってくれたの...

No Image

漢検二級の合格ラインの点数は80%ではない?合格するためには

漢検二級取得を目指している人にとって、合格ラインはどのくらいなのか気になるところですよね。 合...

スポンサーリンク

浪人生が予備校に通うなら個別指導がいいの?個別指導予備校のメリット

一旦浪人する事が決まったら、予備校に通うなり、個別指導を受けるなり、翌年あなたが志望している大学に絶対に合格する為、努力する必要があります。

浪人する事が決まったという事は、今のあなたの実力が足りて無い事を意味しています。でも、努力次第では、合格ラインにたどり着く事ができます。

大体の場合、浪人するとなると、「予備校」に通います。予備校は予備校でも、個別指導予備校だと、レベルが違ってきます。

あなたがライバルがいた方が自分の成績が上がるタイプなら、大勢で授業を受けた方が成績は上がります。でも、私、僕は個別で授業を受けた方が、より授業を理解できる、誰にも気兼ねなく質問できる、そう感じる方もいます。

後者であれば、個別指導の方が成績は伸びると思います。先生も一人一人の弱点を把握でき、強化できるので、成績が向上するのも早いと思います。個別で授業を受ける方が私は授業を受けやすい。では、個別指導予備校に通いましょう。

反対に浪人生が個別指導の予備校へ通うデメリットとは

自分の成績を上げる為に、「じゃ、個別指導をしてくれる予備校に通う」という選択をする浪人生もいます。確かに個別指導にもメリットはあります。でも、何を選ぶにしろデメリットも存在します。

どんな事が個別指導をしてくれる予備校に通うデメリットかというと、個別になればなる程、疎外される可能性が高まります。

あなたがどの様にして浪人生活を過ごしたいかにもよってきます。もし、横の繋がりを強調したい、ライバルも欲しいし、必要な時は助け合いたい、そんな気持ちがあるのなら、あまり個別指導の授業はお勧めできません。一人になりがちになるので、教室以外で友達を作る必要があります。

先生に重点的に教えて貰えるのはメリットですが、その様なデメリットも出てきます。あなたが、「この辛い時期を乗り越えるのに友人の力も必要だ」と感じているのなら、あまり個別指導はお勧めできません。また、集団生活にもあまり適応できない可能性もあります。集団を選ぶか、個別を選ぶか、後はあなたの選択になります。

浪人生の学力を最大限に引き出してくれるのは個別指導の予備校

集団で授業を受けるのと、個別で授業を受けるのに、どんな差が生まれるかというと、個別指導の方が、一人一人の弱点を把握するスピードが早くなります。

先生があなたの弱点を把握するスピードが早いので、浪人生活でも早い段階であなたの弱い所、苦手科目の点数を上げる事が可能になります。

行きたい大学に合格できなかった。きっと要因は特にあなたの苦手科目の点数が予想以上に悪かったのかもしれません。だとしたら、その部分を克服すれば、来年の受験には勝てます。

浪人生活で難しいのはあなたの弱点をどうやって克服するかだと思います。予備校に通う事は正しい選択になるとは思いますが、あなたの弱点を克服できるかできないのかが鍵になってきます。

来年絶対合格したいのなら弱点を克服する事。個別指導には、それができる強みがあります。

浪人生が予備校を選ぶ時のポイント

来年絶対にあの大学に合格したいのであれば、どの予備校に通うのが一番心強いのか。浪人する時の悔しさがあなたの心の中にまだ強く残っているのなら、予備校選びも慎重になりましょう。

あなたが行きたい大学への合格率が高い予備校を選ぶ

あなたが合格したい大学ですが、テストにも形式があります。傾向を1年間じっくり学ぶ事で、翌年その大学に合格できる確立は確実に高まります。

予備校を選ぶ時、どの予備校がどの大学への合格率が高いのか、大学の名前と合格率はチェックしましょう。あなたが興味が無い大学への合格率が高い所であなたにメリットは全くありません。同じ大学に入りたい仲間に囲まれて、有意義な1年を過ごしましょう。

ここでなら私、僕は勉強できる。その予備校であなたが熱心に勉強している姿は想像できますか?できないのなら、その予備校に1年通ったとしても、あなたの成績は伸びないし、来年また不合格になるかもしれません。自分が勉強しやすい環境、それも予備校選びに大切な要素です。

浪人生として1年を無駄にしないためにも予備校選びは慎重に!

浪人生活は振り返ってみれば、良い思い出になります。ですが、良い思い出にする為には、あなた自身を適切な環境に置くことが大切になります。

予備校はあなたを成長する場所になります。どの予備校があなたを成長させてくれるのか。その答えは、人の情報に捕らわれないで、自分でその予備校が自分に合っているのか、確かめる事です。

よく噂を耳にします。この予備校良いよ、あの予備校良いよ、本当にそうでしょうか?また、他の人にとってはその予備校は良くても、あなたには合わない事もあります。一度その予備校に足を運んでどんな雰囲気なのか、確かめましょう。そして、「ここであれば私は成長できる」そうあなたが確信できる予備校を選びましょう。

人の意見は人の意見、あなたはあなたです。あなたがあなたに適切な予備校を選んで下さい。変な情報に振り回されないで、自分の目で判断して下さい。

浪人する事になると大体の場合は予備校に通う事になります。予備校にも個別指導があります。集団で受けるのと、個別で受けるには、どんな違いがあるのか、どんなメリットとデメリットがあるのか、上記で説明してきました。予備校選びに関しても選び方を説明しているので、これから予備校に通う方は参考にして下さい。