注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

私立高校の入学金は返還可能?公立高校合格発表前に支払う入学金

私立高校の入学金は公立高校に比べると、金額に大きな差があります。しかも多くの私立高校が、公立高校の合格発表前に入学金を収めるシステムになっています。

本命の公立高校に合格をすると私立高校の入学辞退となりますが、すでに支払いを済ませた入学金は返還してもらえるのでしょうか?

気になる私立高校の入学金について、本格的な受験が始まる前に親がしておきたいことについてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中学生の勉強意欲が高まるスケジュール表の立て方とポイント

中学生になると小学校よりも勉強が難しく時間もかかるため、スケジュール表を作るだけで効率よく勉強するこ...

保育園の行事を休むかどうかの判断は子供の気持ちを考えよう

保育園に入っていみると、行事の多さに驚くママも多いと言います。しかし、平日の行事も多いため、そんなに...

ノートの使い道に困ったら趣味ノートにしよう!使い方とポイント

家に余っているノートありませんか? まだまだ使えるし捨てるのはもったいないけど使い道がわからない…...

【中学生のための勉強の仕方】家庭学習で成績をアップさせよう

中学生になるとテストもたくさんありますが、部活に入っていると塾に通う時間もなく、どうやって勉強すれば...

小学校の学童保育ではトラブルが起きることも!親ができること

お仕事をされてるご家庭の中には、小学校低学年のお子さんを学童保育に行かせているところもありますよね。...

夏休み最終日前に宿題を効率よく終わらせるためのヒント

学校が夏休みになると親として気になるのが宿題です。 学校によって宿題の量は違いますが、最終日目前に...

浪人生が予備校に通うなら個別指導がいいの?予備校の選び方

浪人生活を無駄にしないためにも、子供に合った予備校を選ぶことが大切ですが、個別指導か集団授業かどちら...

高校合格発表のときの親の服装とは?迷ったときはフォーマル

高校の合格発表のときには親の服装はどんなものがいいのでしょうか?カジュアル?それともフォーマル? ...

幼稚園の先生に夏休みはある?仕事内容と夏休みの実態を解説

幼稚園の先生は、園児たちが夏休みの間どんな仕事をしているのでしょうか。子どもたちが登園していないのだ...

No Image

漢検二級の合格ラインの点数は80%ではない?合格するためには

漢検二級取得を目指している人にとって、合格ラインはどのくらいなのか気になるところですよね。 合...

小学校の行事に行きたくない親も!行事の頻度と面倒なときの対策

小学校では色々な行事が行われていますよね。親の中には、その行事を面倒・行きたくないと感じている人もい...

大学の勉強でやる気がなくなったときの対処方法を紹介

大学に入ったら勉強のやる気がなくなってしまった…。こんな大学生が多いようです。みんなと一緒なんだと安...

アルファベットの小文字は難しい!覚え方を工夫して楽しく勉強

子供にとって新しい文字を覚える事も大変ですが、親としては「子供がわかるように教える」という事もなかな...

大学の勉強が難しいと感じる。義務教育と大学との違いについて

大学の勉強が難しいと感じる理由の一つとして『授業の受け方と、先生との関わり方が高校までと全く異なると...

高校の合格者説明会の服装と持ち物・欠席の時の対処法

高校の合格者説明会に出席する時、一体どんな服装で出席すればいいのかわからないこともあります。特に、は...

スポンサーリンク

滑り止めに受けた私立高校の入学金は返還可能?入学金問題について

お子さんが高校受験を経験している最中、私立の合格発表は終わり、見事合格をしました。でも、第一志望である公立高校の発表はまだです。

まだ公立高校の合格が確定していない状態であれば、私立高校の入学金は「念の為」支払う必要があります。高額です。でも、公立高校が万が一不合格の事を考えて、私立高校の入学金は払わなくてはいけません。

そして面倒なのは、公立高校が合格して、私立高校を辞退するにしても、入学金は返還はされない事です。多くの保護者の方が私立高校の高額な入学金を支払って、結果公立に通う事になり、私立に支払う入学金が戻ってこない事に悩んでいます。

公立が落ちている時の為に支払う私立高校の入学金は高いです。でも、辞退するからといってその入学金はあなたには戻ってきません。

私立の入学金は保護者の方からみたら、「無駄金」と思われても仕方の無い金額になります。

すべての私立高校が入学金の全額支払いを求めているわけではありません

これから高校受験を控えているお子さんを持つ保護者の方は、これから学費に幾らかかるんだろうと不安ですよね。

私立高校と公立高校ではお金のかかり方が全く違う。私立高校の入学金の事を考えると、今から頭が痛いと思います。

安心して下さい。私立高校によって、入学金の納入の仕方は異なります。一部の私立に限られるかもしれませんが、私立高校の合格が確定してから、支払う金額が全額ではなく、一定の「この金額は最低限支払って下さい」という金額を設定している私立高校もあります。勿論、最終的には全額支払う必要はありますが、期限を延長できるので、保護者の方も経済面で少しは心にゆとりを持てます。

そして、一部の私立高校にはなりますが、なんと入学金を返還してくれる高校もあります。全ての私立高校が対象ではないので、お子さんが受ける私立高校が入学金に対してどんなシステムになっているのか、確かめましょう。入学金が返還されるのであれば、ラッキーです。

私立高校の入学金は返還されないが、授業料は返還される場合も

私立高校を滑り止めで受けたら、大体の場合は入学金は返還されないのが一般的です。ただ、私立高校を滑り止めに受けて、入学金の様な一時金を支払う時に、前期の授業料も払う場合があります。公立に進む事が決定し、私立を辞退する時、入学金以外のお金、授業料は返還される確立は高いです。

一般入試で私立高校と公立高校、両方を受験して、公立高校に進む場合は、授業料は返還されるケースが多いです。入学金は返還される可能性はあまりありませんが、授業料に関して、私立高校にも問い合わせて下さい。

ただ、上記はあくまでも「一般入試」の場合です。他の特殊のケースは、授業料の返還は認められないと思います。前もって入学が決まっている、推薦入試などは、入学する意志が確定した時点で、全て支払い、返還はされないのが一般的な考えです。授業料の返還はあくまでも一般入試の場合だけだと思います。

私立高校の受験に対して早くから下調べをしておくことが大切

中学の3年生にもなると、高校受験を意識した受験勉強に切り替わります。親としては、お子さんがどの高校に入りたいのか、私立高校なのか、公立高校なのか、進路について事前にお子さんから要望を聞いておくべきです。

公立高校に進学を考えているのならそれ程、お金はかかりません。ですが、それが私立高校となると、入学金、授業料、制服にかかるお金、すぐにお金は飛んでいきます。保護者としてどのくらいの金額を入学するのに準備すれば良いのか、金額も具体的に把握しておくべきです。

私立に進学する事になって、いざ支払うお金が無いなんて事になったら、お子さんも恥をかきます。将来返還の必要が無い奨学金などお子さんに負担のかからない奨学金もありますが、まずはご両親がお子さんを私立に通わせる経済力が必要になります。

一度に支払えなくても、分割の利用も可能な私立高校は多いです。お子さんが中学3年にもなったら、どの高校に通いたいのか、進路とどのくらいの費用がかかるのか、確認しましょう。

私立高校の授業料も無償化を進めている都道府県があります

ただでさえ高い私立高校の入学金。でも、保護者の経済的負担を考えて、私立高校の中でも授業料が無償化になる動きがあります。

全ての私立高校でこの動きがある訳ではありません。地域によっても異なり、大阪ではお子さんが私立高校により経済的に通えるよう、授業料の無償化を進めています。

ただ、この大阪の件にしても、対象になっているのは、授業料だけで、他、教科書代、制服代、部活にかかるお金なども対象になっている訳ではありません。

私立に進むとなると、公立に比べてお金はかかります。授業料の無償化が進んでいる地域もありますが、ある程度の経済力は保護者の方に無いと、お子さんも大変な目にあいます。

お子さんが私立高校に進む事を望んでいるのなら、どのくらいの費用がかかるのか費用を把握し、準備しましょう。

私立高校を受けて、公立高校が受かったとしても、入学金は返還はされません。一部の私立高校では、入学金を返還している高校もありますが、大体の場合は入学金は保護者の方の負担になります。まして、私立高校に進学になると、より経済的には負担になります。お子さんがどの高校に通いたいのか、私立高校なのか、公立高校なのか、しっかり把握して、保護者として費用を工面しておくべきです。