注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

高校の学校説明会のときの服装とは?親と子の服装について

高校の学校説明会ではどのような服装で行けばいいのでしょうか?子供は制服があれば、それが正装となりますが親はカジュアルすぎては浮いてしまう可能性があります。

着ていく洋服で迷ったときにはこの服装がおすすめです。また、足元にも気をつけましょう。

高校の学校説明会に持っていくものや心構えしておきたい事を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学の勉強が難しいと感じる。義務教育と大学との違いについて

大学の勉強が難しいと感じる理由の一つとして『授業の受け方と、先生との関わり方が高校までと全く異なると...

高校の教科書販売はスーツケースが必要?持ち帰る方法を紹介

高校の教科書販売はスーツケースを持っていくとよい?大量な高校の教科書はどのようにして持ち帰るのがベス...

大学の英語の授業とは?授業の特徴や勉強方法について紹介します

大学の英語授業は今までとどう違うのでしょうか?必修英語にはどのような特徴があるのでしょう? 大...

高校の合格祝いのお返しの相場やオススメと気をつけたいマナー

高校の合格祝いのお返しは必要ないとも言われています。しかし、合格したことを一緒に喜んで祝ってくれたの...

中学生の勉強法【英語編】苦手を克服できる効果的な勉強方法

中学生の勉強法で英語は特に悩む人は多いのではないでしょうか。英語は苦手意識を持ってしまうと、余計に前...

高校合格発表のときの親の服装とは?迷ったときはフォーマル

高校の合格発表のときには親の服装はどんなものがいいのでしょうか?カジュアル?それともフォーマル? ...

【反省文の書き方】学校へ保護者が提出する場合の注意点とは

子供が校則違反などをした場合、保護者として学校へ反省文を書かなくてはいけないケースもあります。 ...

中学生のための勉強時間を確保するためのスケジュールの立て方

中学校に入学すると部活で忙しくて、勉強時間がなかなか取れないことが悩みという中学生も多いでしょう。 ...

高校の教科書ガイドは必要か?悩んでいる方へのアドバイス

高校の入学、新学期時に教科書ガイドは必要か?悩んでしまいませんか。考え方によっては、授業のポイントが...

中学生の勉強時間は東大を目指すなら量よりも取り組み方が大切

中学生の勉強時間は東大の合格にも繋がるのでしょうか?中学生からしっかり勉強させておけば東大合格を目指...

アルファベットの小文字は難しい!覚え方を工夫して楽しく勉強

子供にとって新しい文字を覚える事も大変ですが、親としては「子供がわかるように教える」という事もなかな...

中学から高校に行くと中学の友達と連絡しにくい理由

中学と高校の友達にはどのような違いがあるのでしょうか?高校に入学すると、中学校の友達と連絡を取りにく...

小学校が夏休み中教師も休み?仕事?夏休み中の勤務体制

小学校が夏休みに入ると当然学校には子供が来ないため、授業がない教師も子供と同じように夏休みを満喫する...

私立高校の入学金は返還可能?公立高校合格発表前に支払う入学金

私立高校の入学金は公立高校に比べると、金額に大きな差があります。しかも多くの私立高校が、公立高校の合...

高校の卒業旅行で海外に行くなら?海外旅行先の選び方を紹介

高校の卒業旅行は海外に行ってみたい!けれど、どのように行き先を決めたらいいのでしょうか? 友達...

スポンサーリンク

高校の学校説明会の子どもの服装はコレ

高校の学校説明会に行く時には、服装に迷いますよね。

子供の服装は中学校の制服を着るようにしてください。

実際に高校の学校説明会に行く生徒のほとんどは制服を着ています。制服はどこの学校なのかの目印になります。また、制服は正装にあたりますので、結婚式にも使うことができるちゃんとした服装です。

中学校が私服で制服がない場合は、きちんとした印象を受ける服装を選んでください。

男子ならシャツと細めのズボン、女子ならブラウスとスカートや、大人しいデザインのワンピースがおすすめです。
色は制服と近い色にし、紺や黒、グレーなどが良いでしょう。ちょっと肌寒い日ならベストを重ねたりカーディガンを羽織ると良いです。
あまり派手な格好は避け、またシャツやブラウスはズボンやスカートの中に入れるなど身だしなみにも気をつけてください。

服装は自由となっていても、ジーンズや派手なプリントのTシャツではラフすぎて印象がよくありません。学校という場を意識した服装を心がけてください。

親の服装は?高校の学校説明会

高校の学校説明会に行くときの親の服装もまた、フォーマルを意識した服装を選んでください。

実際にスーツを着る人が多いので、あまりラフな服装をしてしまうと周りから浮いてしまいます。制服がある高校であれば尚更、生徒たちの制服にも馴染むような落ち着いたデザインや色柄の服装を心がけてください。高校の雰囲気にもよりますが、大抵の場合は派手な服装やジーンズのようなラフな服装では場違いになってしまう可能性が大きいです。

男性なら仕事に着ていくようなスーツ、女性もスーツやワンピースがベストです。

女性の服装は色や柄によっては華やかになりすぎてしまいますので、ダークな色を選ぶと安心です。淡い色や柄がある服装でも紺やグレーのジャケットを羽織るだけでキチンとした印象になります。

あまりフォーマルすぎても目立ってしまうような場合は、男性ならYシャツにスラックス、女性もブラウスとスカートなどのような服装が良いでしょう。まだ肌寒い日であればカーティガンやベストなどを組み合わせて良いですし、ジャケットを着るときちんとした印象になります。

高校の学校説明会の服装は地域や校風によっても差がありますので、心配なときは経験のある保護者に相談すると確実です。

高校の学校説明会で気をつけたいのは服装と上履き

高校の学校説明会では服装に気を配りますが、他に上履きも忘れないようにしてください。上履きも各自で用意するようになっていることが多いです。保護者はスリッパを持参しますが、子供の場合はスリッパではなくちゃんとした上履きを用意しましょう。

上履きは新しいものを用意する必要はありません。中学校で履いている上履きで十分です。ただ、汚れている場合は事前に洗っておき、きれいな状態にしておきましょう。薄汚れた上履きでは印象がよくありませんので、古くても清潔な状態にしておくことが大切です。

スリッパの方が気軽に思うかもしれませんが、スリッパは上履きに比べて歩きにくいため、履き慣れていない子供なら動きにくいものです。普段から履き慣れている上履きなら足元が気にならず、説明会に集中することができます。
上履きと一緒に靴袋も用意するのを忘れないようにしてください。

学校説明会の服装は高校によっても違うので下調べをしておきましょう

学校説明会の服装は学校によって差がありますので、事前に下調べをしておくと確実です。高校によっては保護者はジャケット着用となっている場合もありますが、実際にはそれほどかしこまった服装ではない場合もあれば、スーツばかりということもあります。

実際には服装を特に指定されることがなく、自由の場合が多いです。なので、学校によってはスーツを着ている人が多いということもありますし、カジュアルめな服装が多いというケースもあります。せっかくスーツにしたのに、周りはそれほど堅い服装ではなかっために意気込みすぎている感じが出て失敗してしまったということもあるようです。

高校がどんな校風なのか、実際に説明会ではどんな服装が良いのかは、説明会に行ったことがある経験者に相談するのが確実です。近隣の住人や友人など、知り合いの中に経験者がいない場合は、子どもの塾の先生や中学校の担任に確認しても良いでしょう。

また、学校説明会がただの説明会だけの場合と個人面談がある場合でも違ってきます。個人面談がある場合はそれなりにきちんとした服装にしてください。学校によっては個人面談が面接のような場合もあります。カジュアル過ぎずに印象が良い服装を選んでください。

高校の学校説明会に行くときの持ち物や心構え

高校の学校説明会に必要な持ち物、あったほうが良い物があります。学校にもよりますので、何が必要なのかを事前に確認しておくことが大切です。

学校説明会の持ち物

  • 上履き
  • 筆記用具
  • サブバッグ
  • 成績表
  • 交通費や昼食代
  • 時計

 

学校説明会では資料などを渡されることを考えて、A4サイズが入るサイズのサブバッグを用意してください。折りたたみ式のものがおすすめです。

個人面談がある場合は成績表があると便利です。高校側の先生に成績表を見てもらって、アドバイスをもらうことができます。高校に合格するための必要なことを教えてもらうチャンスです。

上記の持ち物の他に、天候によっては折りたたみ式の傘なども必要になってきます。当日に何かトラブルがあったときのために、高校や中学校の連絡先なども控えておきましょう。電車が遅れることなども考えて、時間には余裕を持って家を出るようにしてください。

高校の学校説明会では、服装や持ち物を事前にしっかりと確認し、当日に慌てることがないよう余裕を持って準備をしておきましょう。