注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー
NO IMAGE

漢検二級の合格ラインの点数は80%ではない?合格するためには

漢検二級取得を目指している人にとって、合格ラインはどのくらいなのか気になるところですよね。

合格基準は80%程度とホームページには記載されていますが、この「80%程度」とは200点満点の160点ということなのでしょうか?

合格ラインの点数は80%未満?漢検二級の合格ラインや合格率、そして一発合格するための勉強法を教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学校の先生へお礼文を書く時のポイントと渡すタイミング

お世話になった小学校の先生へ、感謝の気持ちを込めたお礼文を書きたい!そんな保護者の方もいるのではない...

アルファベットの小文字は難しい!覚え方を工夫して楽しく勉強

子供にとって新しい文字を覚える事も大変ですが、親としては「子供がわかるように教える」という事もなかな...

小学校の学童保育ではトラブルが起きることも!親ができること

お仕事をされてるご家庭の中には、小学校低学年のお子さんを学童保育に行かせているところもありますよね。...

野菜からDNAをとる自由研究をしてみたい!ポイントをご紹介

野菜のDNAを取り出すことを題材とした自由研究をするときに用意するものとは? 野菜のDNAを取...

中学生の勉強意欲が高まるスケジュール表の立て方とポイント

中学生になると小学校よりも勉強が難しく時間もかかるため、スケジュール表を作るだけで効率よく勉強するこ...

小学校の給食ナフキンの簡単な作り方!不器用ママでも作れるコツ

小学校の給食で必ず必要なものが、給食ナフキンです。幼稚園の頃には、お気に入りのキャラクターなどのナフ...

高校の教科書販売はスーツケースが必要?持ち帰る方法を紹介

高校の教科書販売はスーツケースを持っていくとよい?大量な高校の教科書はどのようにして持ち帰るのがベス...

中学生の勉強時間は東大を目指すなら量よりも取り組み方が大切

中学生の勉強時間は東大の合格にも繋がるのでしょうか?中学生からしっかり勉強させておけば東大合格を目指...

夏休みの宿題で悩むポスター、書き方のコツとポイント

小学生の夏休みの宿題で出されるポスター。子供に書き方を聞かれて困ってしまう親御さんも多いのではないで...

大学の英語の授業についていけない人のための克服方法を教えます

大学に入ると、外国人の先生による英語の授業についていけないと感じる人も多いといいます。 しかし...

フラメンコのカスタネットの使い方とは?鳴らすコツを紹介

フラメンコのカスタネットはどのような使い方をしたらいいのでしょうか?なかなか上達しないというときには...

小学校が夏休み中教師も休み?仕事?夏休み中の勤務体制

小学校が夏休みに入ると当然学校には子供が来ないため、授業がない教師も子供と同じように夏休みを満喫する...

小学校の行事に行きたくない親も!行事の頻度と面倒なときの対策

小学校では色々な行事が行われていますよね。親の中には、その行事を面倒・行きたくないと感じている人もい...

【反省文の書き方】学校へ保護者が提出する場合の注意点とは

子供が校則違反などをした場合、保護者として学校へ反省文を書かなくてはいけないケースもあります。 ...

中学生でスマホを持ってない子にスマホを持たせるか判断する方法

中学生のお子さんがいるご家庭の中には、お子さんにスマホを持たせるかどうか悩んでいる親御さんもいるので...

スポンサーリンク

漢検二級の合格ラインとは?何点とれば合格確実?

漢検二級では200点満点のうち80%の正解率、つまり160点が合格ラインと言われています。しかし、必ずこの割合・点数というわけではなく、問題の難易度によっても合格ラインは変動し、平均は155点程度のようです。

とはいえ、余裕を持って漢検二級を受けるのであれば、常に170点を取れる程度を目指して勉強するといいでしょう。

漢検二級の問題内容と配点は、次のようになります。

  1. 漢字の読み (各1点×30問)
  2. 熟語の構成(各2点×10問)
  3. 部首(各1点×10問)
  4.  四字熟語
    (1) 書き取り(2点×10問)
    (2) 意味(2点×5問)
  5. 対義語・類義語(各2点×10問)
  6. 同音・同訓異字(各2点×10問)
  7. 誤字訂正(各2点×5問)
  8. 漢字と送り仮名(各2点×5問)
  9.  書き取り(各2点×25問)

問題によって得て不得手があるでしょうから、確実に点を取る部分と多少は捨てる覚悟をする部分が出てくるかもしれません。

配点が高く問題数も多い書き取りは重点的に。かといって配点が低い問題でも油断すると合否に関わる失点になる場合があるので、満遍なく勉強するようにしましょう。

漢検二級の合格ラインが155点なのは合格率が低いから?

日本漢字能力検定協会のホームページによると、漢検二級のレベルは「高校卒業・大学・一般程度(2136字)※常用漢字がすべて読み書き活用できるレベル」とあります。

しかし、1997~2006年の10年のデータでは、高校3年生の合格率がいずれも2割以下になっています。

中学卒業程度とされている三級では、中学3年生の合格率は5割以上あることから、高校生は漢字の学習に重きを置いていない現実が透けて見えます。

漢字の活用力は思考力や感情にも影響があるという意見があることから、高校生の漢字学習の不足を心配する声もあります。

ただ、このデータでは「二級を受験した高校生」と「三級を受験した中学生」を比較していることが不公平ではないか、という意見も。

加えて二級と三級では合格点のボーダーも違います。漢検三級は200点満点中140点が合格ラインなのに対し、二級では160点が目安です。近年は合格率の低さから、155点に引き下げて合否を決定しているようです。

漢検二級の合格ラインに到達するためには「書き問題」の対策が必要!

漢検二級の合格ラインは正解率80%程度の156~160点。消極的に考えれば40点は失っても合格できるということですが、最初からそのつもりで勉強するのはお勧めしません。

ただ、二級の問題は漢字の「書き」に関する問題がほとんどなので、必要な点を取るためには「読み」や「部首」などよりも、とにかく書き問題対策が重要になります。

逆に言えば、書き問題を重点的に学習することで、読み問題で大きく点を落とす可能性は低いとも言えるでしょう。

漢字の書き問題を確実に学習し、それから熟語や部首について確実にしていけば漢検二級の受験対策ができます

合格を目指すのであれば、「何点落としても大丈夫」と考えるよりも満点を目指してコツコツ学習していきましょう。

漢検二級に一発合格するために必要な勉強時間と勉強法とは?

漢検に合格するためにはどれくらいの勉強時間が必要か

漢検二級を受験を考えるなら、1ヶ月前には準備を始めましょう。

出題される対象は2136文字で常用漢字全ての読み書きなどができるベレルとされています。2136文字と聞くと膨大な数に感じますが、日常生活でよく使われる漢字も多く含まれるので、全く知らない字を2000字以上覚えるというわけではないので安心して下さい。

1ヶ月前くらいから1日1時間、2週間前からは1日2時間程度の勉強でも充分合格は狙えます。

勉強の仕方

書店の学習書籍コーナーには、様々な出版社から級ごとのテキスト本が売られています。より本物の問題・答案に近いものや、携帯に便利なポケット版などもありますので、自分の学習スタイルに合ったものを選びましょう。

まず一通り問題を解いて、問題の傾向に慣れましょう。わからなかった問題や苦手な問題の傾向を見つけて、重点的に学習します。

二級の問題は一部にマークシート解答もありますが、ほとんどが筆記問題。とにかく書いて覚えること意外に近道はありません。

また、テキストで「読み問題」に出題されているものが「書き問題」に出題されることがあるので、読み問題も確実に頭に入れるようにしましょう。

漢検二級をCBT受験した場合のメリットとデメリットとは?

通常の漢字検定は、試験会場で問題用紙を見ながら解答用紙に記入したものが回収・採点されて結果が通知されます。結果が判るまで30~40日程度かかります。(通知が届く時期になるとホームページからの確認も可能。)

じつは、この方法意外に会場は限られますがコンピューターを使った「漢検CBT(Computer Based Testing)」という受験方法もあります。

定員に空きがある場合は月~土曜日の好きなタイミングで受験ができることや、10日程度で結果が通知されるという早さも魅力です。

デメリットとしては、解答が通常の筆記具ではなくPCに接続したタブレットで行います。タッチペンの操作に慣れていないと、思ったように字が書けないことがあるので注意が必要です。

実際にCBTでは、タブレットを使うと「とめ」や「はね」の採点が甘いと感じたという意見もありますが、学習の段階では全て確実に行うようにしておきましょう。