注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

柴犬のドッグラントラブルの原因や防ぐために飼い主ができること

柴犬はドッグランでのトラブルが多い犬として知られています。賢くて、飼い主への忠誠心も強い柴犬ですが、どうしてドッグランでのトラブルが多いのでしょうか?そのためにも、しっかりとトラブルを避けるための対策を整えてからドッグランを楽しむことをオススメします。

そこで、柴犬のドッグラントラブルの原因や防ぐために飼い主ができることについて、トラブルが多い理由やトラブルを避けるためのしつけと飼い主との関係、トラブルを防ぐための注意点やトラブルになる前の対処法、万が一のトラブルが起きたときに飼い主がするべきことなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、柴犬の気質を理解したうえでドッグランに行く前にトラブルに対する対処をすることができるので、安心して愛犬を一緒に楽しむことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫が縄張りを追い出された!縄張りを追い出される理由と猫の生活

猫は縄張りを持って生活をしています。それまでは母猫と一緒に生活をしていた子猫でも、成長するとともに縄...

猫の首根っこを掴んでも痛くない理由と大人しくなる納得のワケ

親猫が子猫と移動するときに、子猫の首根っこをくわえて歩く姿は見かけますね。 痛くないの?と心配...

グッピーが出産する時間帯とは?出産の兆候について

グッピーは出産するときにどのような時間帯が多いのでしょうか?水槽の環境やグッピーのタイミングはそれぞ...

犬が爪切りを嫌がる時の対処法!原因別爪切りの慣らし方

犬の爪が伸びてフローリングの上を歩いた時に、カシャカシャと音が聞こえることはよくありますよね。これは...

犬のオムツに赤ちゃん用を代用するポイントと履かせる注意点とは

犬用のオムツに人間の赤ちゃん用のオムツを代用するという方法があります。 犬用のオムツに人間の赤...

犬の鳴き声で苦情を言われたときの対処法と飼い主ができること

犬の鳴き声によって苦情のトラブルが発生することはよくあります。飼い主にとっては犬が鳴くのは普通のこと...

犬のガムの丸呑みが心配!愛犬のための与え方や選び方のポイント

犬はガムを丸呑みしてしまうのは飼い主としてとても心配なことです。犬用のガムは種類も豊富なので、犬の丸...

ザリガニの水槽に水草を入れる時の入れ方とおすすめの水草を紹介

ザリガニを飼育する時、水槽の中に水草を入れて飼育するようになります。ザリガニの飼育初心者の方は、水草...

グッピーメスの出産の兆候を行動や見た目で判断する方法と注意点

グッピーを購入したら、その中のメスが既に出産間近の状態だった!ということがあります。 なんとか無事...

猫についたダニの取り方は?ダニの駆除方法と予防方法・注意点

飼っている猫にダニは寄生してしまうことがありますが、寄生したダニはそのままの状態にせずに取ってあげる...

犬が飼い主を守ると言われていることについて。犬の習性を知ろう

犬が飼い主を守る。 忠誠心を示す。 飼い主に命を守ってもらった。 など、犬は人間のパートナ...

動物はなぜ人間の子供を守るのか?犬の行動について説明します

動物が子供を守る動画などがありますが、中でも特に犬が赤ちゃんを守るという事例がいくつもありますよね。...

猫の気になる臭い!消臭スプレーを手作りする方法をご紹介します

猫のニオイを消臭したい! 猫ちゃんにも人間にも無害で安全な消臭スプレーを手作りしたい! ニオ...

金魚の繁殖期はいつ?繁殖シーズンと産卵に適した年齢・繁殖行動

金魚の繁殖に挑戦してみようと考えている人の中には、金魚の繁殖期が一体いつなのか分からない人もいるので...

ハムスターグッズ。100均の巣箱のおすすめなタイプと選び方

ハムスターには安心して暮らすことができる巣箱が必要です。 巣箱には色々な形や素材の物があります...

スポンサーリンク

柴犬にドッグラントラブルが多いのは気質が原因

柴犬はとても賢くて、普段はとても物静かなタイプの犬が多いため、飼い主の方からみるとなぜドッグランでは柴犬が敬遠されてしまいがちなのか、理解できないところも多いかもしれません。実際に柴犬をドッグランに連れて行く前に、まずは柴犬の本来の気質について触れていきたいと思います。

同じ柴犬という犬種でも、性格はそれぞれです

持って生まれた性格もありますが、育った環境や飼い主のしつけ、飼い主との関係性などによっても、さまざまな性格が形成されます。

基本的に柴犬は、1人の飼い主に対して強い忠誠心を持ちます。その代わり、誰にでも愛想良くできるタイプの柴犬は少なく、そもそも飼い主以外にあまり興味もないため、散歩中などに歩行者や他の犬とのトラブルが問題になることはほとんどないでしょう。

柴犬には、強い警戒心とともにそのかわいらしい見た目からは想像できないほどの、精神的にも肉体的にも秘めた強さがあります。そのような柴犬本来の気質が影響して、何かのきっかけで急に攻撃性が表に出てしまう場面があり、それがおもにドッグランなどの普段とは違う環境で出てしまうケースが多いのではないかと考えられています。

柴犬のドッグラントラブルを避けるにはしつけが大切

ドッグランでのトラブルを防ぐためには、やはり小さいうちからきちんとしつけをしておくことが大切です。

柴犬をしつける際に注意したい点

飼い主との信頼関係を築くことと同様に、小さいうちから周囲の環境に慣れさせることです。

いくら飼い主に忠実に育ったとしても、他の人や犬たちと全く触れ合う機会がないまま生活していると、環境の変化に敏感に反応し、とくにドッグランなどの興奮しやすい環境では、恐怖心から吠えたり噛んだりする原因にもなるのです。

柴犬に限らずどんな犬種の犬にも言えることですが、生後三ヶ月までにさまざまな人や環境に慣れさせるとともに、「おすわり」「待て」などの基本が身につくように、しっかりと訓練して覚えさせる必要があります。

とくに柴犬は子犬期の甘噛みが激しく、本人は遊んでいるつもりでも、噛まれた方は反射的に手をあげてしまうケースもあるかもしれませんが、小さいうちに叩かれた記憶がのちに、人間や他の犬への過剰な恐怖心となり、そうしたことがやがてドッグラントラブルの原因になる可能性もあります。

柴犬のドッグランでのトラブルを防ぐための注意点

さっきまで楽しそうに遊んでいたとしても、何かのきっかけで急に攻撃的になり、吠えたり噛み付いたりする柴犬も少なくありません。そのようなドッグランでのトラブルを未然に防ぐには、どんなことがきっかけで態度が豹変するのかを見極める必要があります。

ドッグランでは飼い犬から目を離さないようにするのが鉄則

いくらリードから離して犬たちを自由に遊ばせることができる場所だからとは言え、飼い主同士が自分の飼い犬そっちのけでお喋りに夢中になっていては、トラブルを防ぎようがありませんよね。

飼い主以外の人が、よその犬の行動を予測するのは難しいものです。いくら楽しそうに他の犬たちと遊んでいたとしても、ヒートアップしすぎて何かのきっかけでスイッチが入り、攻撃的になってしまう可能性があることを、飼い主は常に意識しておかなければなりません。
遊んでいる最中の犬を呼び戻すのは至難の業ですので、犬がヒートアップしてきたなと感じたら、なるべく早めにリードを付けて、一旦ドッグランの外に連れ出して落ち着かせるといった配慮が必要でしょう。

トラブルになる前に他の犬の様子もしっかり観察しましょう

人間関係にも言えることですが、ムダなトラブルを防ぐためには、トラブルの原因になりそうな相手にはなるべく近づかないようにすることです。ドッグランで柴犬とトラブルになりやすいのは、若くて活発に動き回る犬や、周囲に対して警戒心をむき出しにする小型犬などです。そういった、はじめからトラブルになりやすそうな犬がエリア内に入ってきたら、なるべく離れた場所へ連れて行くか、リードを付けて飼い主の側から離さないようにしましょう。

犬種に限らずメス同士やオス同士でも、トラブルに発展しやくなりますので、自分の飼い犬だけではなく他の犬にも注意を払い、よく観察する必要があります。
また、これはドッグランを利用する上での基本的なマナーになりますが、ヒート中もしくはその前後のメスをドッグランに連れて行くことは絶対に控えてくださいね。

万が一のトラブルには誠意を示す対応をすること

どんなに注意をしてみていても、もしも自分の飼い犬が他の犬や飼い主にケガをさせてしまったら、これは100%飼い主の責任となります。トラブルの原因が他の犬だったとしても、結果的にケガをさせてしまったことには違いありませんので、まずは誠心誠意謝りましょう。

ドックランで犬が興奮している場合はその場から引き離します

犬が興奮している時に大声で叱ったとしても、効果はありませんので、まずは冷静に対処してください。

相手に手当や治療が必要なケガをさせてしまった場合は、治療費をこちらが負担するのはもちろん、必要であれば病院まで付き添い、誠意を持って対応する必要があります。

なるべくドッグランでのトラブルを未然に防ぎ、お互いに楽しく利用したいものですね。