注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

中学生の勉強法【英語編】苦手を克服できる効果的な勉強方法

中学生の勉強法で英語は特に悩む人は多いのではないでしょうか。英語は苦手意識を持ってしまうと、余計に前に進めなくなってしまいます。まずは、自分が英語の何が苦手なのかを考えてみましょう。

そこで、英語が苦手な中学生のための勉強法について、英語の点数を上げるための英単語を覚える勉強法や英語の成績が上がる効果的な勉強法、中学生の英語学習における長文読解のカギやコツコツ勉強すれば受験合格もみえてくることなどお伝えしていきましょう。

これで、英語のテストの点数も上がって、苦手だった英語を克服することもできることでしょう。勉強方法を見直して、効果的な勉強をはじめましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校合格発表のときの親の服装とは?迷ったときはフォーマル

高校の合格発表のときには親の服装はどんなものがいいのでしょうか?カジュアル?それともフォーマル? ...

中学から高校に行くと中学の友達と連絡しにくい理由

中学と高校の友達にはどのような違いがあるのでしょうか?高校に入学すると、中学校の友達と連絡を取りにく...

大学の英語の授業とは?授業の特徴や勉強方法について紹介します

大学の英語授業は今までとどう違うのでしょうか?必修英語にはどのような特徴があるのでしょう? 大...

【反省文の書き方】学校へ保護者が提出する場合の注意点とは

子供が校則違反などをした場合、保護者として学校へ反省文を書かなくてはいけないケースもあります。 ...

高校の合格者説明会の服装と持ち物・欠席の時の対処法

高校の合格者説明会に出席する時、一体どんな服装で出席すればいいのかわからないこともあります。特に、は...

幼稚園の先生に夏休みはある?仕事内容と夏休みの実態を解説

幼稚園の先生は、園児たちが夏休みの間どんな仕事をしているのでしょうか。子どもたちが登園していないのだ...

アルファベットの小文字は難しい!覚え方を工夫して楽しく勉強

子供にとって新しい文字を覚える事も大変ですが、親としては「子供がわかるように教える」という事もなかな...

小学校の行事に行きたくない親も!行事の頻度と面倒なときの対策

小学校では色々な行事が行われていますよね。親の中には、その行事を面倒・行きたくないと感じている人もい...

保育園の行事を休むかどうかの判断は子供の気持ちを考えよう

保育園に入っていみると、行事の多さに驚くママも多いと言います。しかし、平日の行事も多いため、そんなに...

高校の合格祝いのお返しの相場やオススメと気をつけたいマナー

高校の合格祝いのお返しは必要ないとも言われています。しかし、合格したことを一緒に喜んで祝ってくれたの...

大学の勉強が難しいと感じる。義務教育と大学との違いについて

大学の勉強が難しいと感じる理由の一つとして『授業の受け方と、先生との関わり方が高校までと全く異なると...

【中学生のための勉強の仕方】家庭学習で成績をアップさせよう

中学生になるとテストもたくさんありますが、部活に入っていると塾に通う時間もなく、どうやって勉強すれば...

中学生のための勉強時間を確保するためのスケジュールの立て方

中学校に入学すると部活で忙しくて、勉強時間がなかなか取れないことが悩みという中学生も多いでしょう。 ...

夏休みの自由研究におすすめ!簡単1日で終わる実験やテーマ

夏休みの自由研究のテーマは決まりましたか? 毎年、このテーマに頭を悩ませる親御さんも多いと思います...

小学校の先生へお礼文を書く時のポイントと渡すタイミング

お世話になった小学校の先生へ、感謝の気持ちを込めたお礼文を書きたい!そんな保護者の方もいるのではない...

スポンサーリンク

英語が苦手な中学生のための勉強法とは

小学生と中学生との勉強の違いには、英語があります。
中学生になると英語が必須科目として入ってくるので英語の勉強法に悩む中学生が増えてきます。

英語の勉強法には3つのステップがあります。

  • 単語熟語を覚える
  • 文法を覚える
  • 英文を和訳や英文をつくる

この3つのうち自分はどこが苦手でどこが得意かを明確にします。
苦手なとこを明確にすること、勉強がしやすくなります。

まず中学生の英語では単語や熟語を覚えておけば点数に繋がります。
単語がわあらないのであれば、まず単語から勉強を始める必要がありますし、単語はわかるけど文法がいまいちとなれば、文法の勉強ができます。

このように苦手な部分と得意とする部分を明確にし、得意な部分は復習程度に苦手な部分を重点的に勉強をしていくことをオススメします。

中学生が英語の点数を上げるための英単語を覚える勉強法

中学生の英語は単語を覚えることでテストの点数につながりやすい問題が多くあるため、単語の暗記は必須です。
単語を覚えるという方法は誰でもわかっているけれど、覚えるにはどうすれば良いかがわからなく困っている人が多いです。
以下を勉強法参考にしてみてください。

中学生英語の単語の勉強法

繰り返し書き綴る

間違えてしまう単語、覚えられない単語の意味を何度も声に出しながら繰り返し書きます。
こすることで頭に単語が入り込みやすくなります。
意味がわかっていてスペルがわからなければスペルを言いながらでも良いでしょう。
私はこの方法で留学中に多くの英単語を覚えることができました。
後からノートを見て振り返って、なにかに取り憑かれたような呪文が書いてあるようなノートでしたが、何がどうあれ単語を覚えられたことにこしたことはないですね。

テキストのCDを活用する

CDを聴きなが覚えることで、発音も完璧に覚えられるので一石二鳥です。
英語を勉強する上で英語に少しでも長く触れている時間はとても大切です。
部屋で何かをしがてら単語のCDを流しておくのも1つの手ですね。
嫌でも単語が耳に入り覚えられます。

中学生英語の成績が上がる効果的な勉強法

中学生の英語で成績があがる勉強法は、ズバリ!「教科書丸暗記」です。
教科書で出てくる、単語、文法を覚えることでテストの点数だいたいは取れます。

中学生英語の成績につながる勉強法

教科書に出てくる単語を完璧に覚えてから文法の勉強に進んでいきます。
ここで単語のスペルや意味、文法を曖昧に覚えてしまうと凡ミス続きになってしまい点数につながらないので、完璧に理解することが大切です。

テストと同じ部分が出るか、もしくは少しひっかけたように応用が効いた並べ替えや穴埋めなどの問や文法がでてきますので教科書にでてきた文法をしっかり覚えておくことで、その応用を効かせて簡単に解くことができます。

  • 肯定文、否定文、疑問文、命令文を見分ける
  • 主語動詞の区別
  • 過去、現在、未来の時制をはっきりさせる

それぞれで文の形態が変わりますのでこの3つの見極めを復習しておきましょう。

中学生の英語学習には単語と文法の知識が大切

何度も言いますが、中学生の英語は単語と文法が中心となり、この2つの知識の有無で英語の成績の差がでやすくなります。

中学生から英語が必須科目です。
英語をずっと習っている人やバイリンガルを除いて、みんな一緒のレベルからスタートします。
英語が苦手なのは、ただの苦手意識が強いだけなのかもしれません。
英語の適切な勉強法をわかっていれば、英語の成績が極端に差がつく事、落ちることはありません。

前述した英語の適切な勉強法を取り組んで英語の勉強をしてみてください。

  • 自分の苦手な部分を把握すること
  • 英語の勉強には、単語、文法、英文日本文の和訳英訳、この3つのステップがある
  • 単語、文法をしっかり覚えておくことで和訳したり、英文を作ることが簡単になる

ある程度、単語や英文の知識がついたら、長文の問題を何度も解いていきましょう。
単語や文法を覚えることで長文が読めるようになり、長文を読めるようになることで単語力や文法力の向上につながります。

英語をコツコツ勉強すれば受験合格もみえてくる

中学生で習う英語の勉強は英語の基礎です。
この基礎を中学生のうちにマスターしておくことは、高校受験の英語のテストや高校での英語の成績につなげることができます。

この基礎を理解した上で受験のテストの問題が出ますし、高校で新しい英語の知識を習います。

英語の苦手意識をなくし、中学生のうちにマスターし高校受験で焦らないようコツコツ勉強に励みましょう。

世界共通言語と言われる英語を身に着けておくことに損はありません。
特に日本人は英語が話せない国という海外からのイメージがあります。

中学生からの英語が高校受験や高校の成績に繋がり、そして大学や就職先、夢などに繋がるとあなたの視野が広がり人生の勉強にもなりそうですね。