注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

アルファベットの小文字は難しい!覚え方を工夫して楽しく勉強

子供にとって新しい文字を覚える事も大変ですが、親としては「子供がわかるように教える」という事もなかなか難しいと思います。
特にアルファベットの小文字は大文字よりも習得に時間がかかるようです。

子供が混乱せず楽しくアルファベットが覚えられるように、教え方を工夫して楽しく勉強しましょう!

カルタを使ったり、自分の手で形を作ると、子どもたちは楽しく覚えられるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お風呂で勉強するならラミネート、勉強の効率がアップする活用術

ラミネート加工ってご存知ですか? 実はお風呂での勉強で欠かせないアイテムとなっていて、実は我が...

中学生の勉強意欲が高まるスケジュール表の立て方とポイント

中学生になると小学校よりも勉強が難しく時間もかかるため、スケジュール表を作るだけで効率よく勉強するこ...

家庭科の宿題で料理を作る時のまとめ方とおすすめレシピ

小学校6年生になると夏休みの宿題として、家で料理を作るという家庭科の課題が出ることがあります。 ...

私立高校の入学金が払えない場合に親としてできることを考えよう

私立高校の入学金は公立高校と比較しても高額となっています。そのため、第一希望の公立高校に不合格となっ...

フラメンコのカスタネットの使い方とは?鳴らすコツを紹介

フラメンコのカスタネットはどのような使い方をしたらいいのでしょうか?なかなか上達しないというときには...

小学校の行事に行きたくない親も!行事の頻度と面倒なときの対策

小学校では色々な行事が行われていますよね。親の中には、その行事を面倒・行きたくないと感じている人もい...

女子高校生におすすめのリュックの大きさや選び方を徹底解説

高校生になると、どんなリュックを持っていけばいいのか迷う人も多いでしょう。 中学生の時よりもお...

高校の合格祝いのお返しの相場やオススメと気をつけたいマナー

高校の合格祝いのお返しは必要ないとも言われています。しかし、合格したことを一緒に喜んで祝ってくれたの...

中学から高校に行くと中学の友達と連絡しにくい理由

中学と高校の友達にはどのような違いがあるのでしょうか?高校に入学すると、中学校の友達と連絡を取りにく...

小学校の先生へお礼文を書く時のポイントと渡すタイミング

お世話になった小学校の先生へ、感謝の気持ちを込めたお礼文を書きたい!そんな保護者の方もいるのではない...

【反省文の書き方】学校へ保護者が提出する場合の注意点とは

子供が校則違反などをした場合、保護者として学校へ反省文を書かなくてはいけないケースもあります。 ...

高校の学校説明会のときの服装とは?親と子の服装について

高校の学校説明会ではどのような服装で行けばいいのでしょうか?子供は制服があれば、それが正装となります...

高校の教科書ガイドは必要か?悩んでいる方へのアドバイス

高校の入学、新学期時に教科書ガイドは必要か?悩んでしまいませんか。考え方によっては、授業のポイントが...

夏休み最終日前に宿題を効率よく終わらせるためのヒント

学校が夏休みになると親として気になるのが宿題です。 学校によって宿題の量は違いますが、最終日目前に...

私立高校の入学金は返還可能?公立高校合格発表前に支払う入学金

私立高校の入学金は公立高校に比べると、金額に大きな差があります。しかも多くの私立高校が、公立高校の合...

スポンサーリンク

アルファベットの小文字で間違えやすい”bとd”の覚え方

お子さんがいると、子どもには早い内から英語を教えておきたい、そう思うのが親心だと思います。
でも、子どもの視点から見ると、ひらがなとは全く違うアルファベットは覚えにくいのが現状だと思います。

ここではどうやったら、子どもが楽しくアルファベットの小文字を覚えることができるのか、その覚え方について学んでいきたいと思います。

特にbとdは覚えにくいですよね。どうやったら、子どもは覚えてくれるでしょうか。

多分、お子さんは音楽などで、a,b,c,dという構造は頭には入っていると思います。では、bとdの違いについては、どうやっていけ良いのか。

写真であったり、絵を作ると、より簡単に頭に入ってくると思います。その為、何かbとdが書かれている写真などを作って比べて見せてあげると、子どももわかりやすくbとdを理解することができると思います。

アルファベットの小文字は大文字を覚えるよりも難しい。覚え方のコツは識別が難しいものを認識させること

親として子どもにアルファベットを覚えさせるとなると、覚えにくいbとdは写真を作ったりして、ビジュアル的に覚えさせた方がより簡単に覚えることができることを上記では触れてきました。

そのアルファベットですが、大文字よりも、小文字の方が覚えるのが難しいです。その為、覚えさせるのに、ちょっとしたコツが必要になります。どんなコツを利用すると、より効果的に子どもの頃からアルファベットの小文字を覚える事ができるでしょうか。

アルファベットの小文字ですが、pとq、bとdなど中々識別が難しいものが存在しますよね。それをどうやって、簡単に子どもに覚えさせるかというと、似たようなアルファベットの小文字は、どこがどう違うのか、絵にしてわかりやすく説明するなどして、子どもが似たようなアルファベットの小文字を識別できるように、説明してあげると良いと思います。

ゲームなど利用すると、よりわかりやすく子どもにはインプットすることができます。

アルファベットの小文字。覚え方はカルタで楽しく

アルファベットの小文字ですが、bとdなど覚え方が難しいものは、子どもが識別できるよう、絵にしてわかりやすく教えるなどして、子どもが識別できるように、学んでいくと良いというアドバイスを上記では学んできました。

次に、どのような遊びだと、子どもがアルファベットの小文字を楽しく習得できるのか、遊び方について紹介していきたいと思います。

アルファベットカルタ

大人たちがアルファベットの発音をして、子どもたちがそのアルファベットの小文字を取るシンプルナゲームです。

とてもシンプルなゲームですが、たとえばpark(公園)のpなど、単語にしてもできるので、pとqの区別もすることができますし、単純な単語も習得することができます。

子どもと遊ぶ時に使ってみてはいかがでしょうか。

アルファベットをフォニックスで学ぶのが理想

子どもに遊びでアルファベットの小文字を教える場合ですが、カルタが楽しく、単語も覚えることができて、良いという意見を上記では紹介してきました。

次に、そのアルファベットですが、フォニックスで学ぶのが理想であるという意見を紹介していきたいと思います。

フォニックスって何?っと思う人もいると思いますが、フォニックスというのは、アルファベットとその音が一つになった、面白い絵の事を指します。

例えばですが、baseball(野球)という単語がありますが、野球をしている絵と一緒に、bを強調して、その単語を書いてあると、目で、野球の絵をみて、耳では、baseballという単語を聞きます。その事により、bという小文字を覚えるのがより簡単になり、baseballという単語に繋がっていきます。

フォニックスを利用すると、アルファベットの小文字だけではなく、単語も楽しく覚えると思います。是非、活用してみて下さい。

アルファベットの小文字。間違えやすいポイントは

アルファベットの小文字を子どもに覚えさせるのに苦労している時ですが、フォニックスを使って教えてあげると、子どもも楽しく覚えることができることを上記では学んできました。

最後に、アルファベットの小文字って中々間違いやすいもの。

間違いやすいけれど、どのようなポイントがあるのか、ここで確認してみたいと思います。

間違えやすいアルファベットの小文字

bとd、また、LMNの順番が覚えられないと悩んでいる方々がいると思います。

bとdに関してですが、上記でも何度か触れたように、絵を使って覚えていくのが最善の方法だと思います。bといえば、blue(青)、dといえばdark(暗い)など、自分がよく使う単語と関連させると、よく覚える事ができると思います。

LMNの順番に関しては、歌などにして覚えていきましょう。案外、スムーズに頭に入ってくると思います。

子どもでもアルファベットの小文字、楽しく覚えられます

国際化が始まっているこの社会。子どもに少しでも外国語を習得して貰おうと思い、英語を学ばせる保護者の方も多いと思います。何事も初めが肝心。
英語では、アルファベットは基本になってきて、アルファベットの大文字と小文字をまず初めに習得しなくてはいけませんよね。

子どもに楽しく習得してもらうには、幾つかの方法があります。歌であったり、カルタ、また絵を使って説明してあげると、よりわかりやすく子どもが覚えやすくなってきます。楽しく習得していると、1段階上で、単語を覚えられたり、それを文章をすることができたりして、子どもの頃から語学の才能を生かすことに繋がってきます。

テストも大切ですが、日頃から楽しく勉強することも子どものやる気に繋がってきます。色んな遊びも交えて、是非あなたのお子さんに英語を習得させてあげて下さいね。