注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

インコが噛むときに飼い主さんができる正しいしつけの方法を解説

飼っているインコが噛むことに頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。流血してしまうほど強い力で噛んでくるインコも中にはいます。

インコが噛む時は、飼い主さんが正しいしつけを行なうことが大切です。しつけの方法を知って、インコの噛み癖を改善しましょう。

そこで今回は、インコが噛むときにできる正しいしつけの方法と、噛むようになる理由についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

柴犬が洋服を嫌がる理由や慣れさせるためのコツと注意点

柴犬が洋服を嫌がるのはよくある普通のことです。柴犬以外でもはじめて洋服を着せようとして嫌がる犬は多い...

猫が捕獲器に入らないときの対策や注意点と寄せ付けない工夫

猫が捕獲器に入らないことはよくあります。捕獲器を怖がるような警戒心の強い猫は捕獲器を見ただけで逃げて...

猫は出産で何匹産むのか事前準備や兆候と赤ちゃん猫の育て方とは

猫は出産で何匹の赤ちゃん猫を産むことができるのかご存知でしょうか? 猫が出産したときは基本的に...

ハムスターの鳴き声がキュッキュッ!考えられる理由と対処法

ハムスターの鳴き声がキュッキュッと聞こえると、どんなことを訴えているのか飼い主としては気になります。...

猫の階段落下防止策とは?落ちない為の予防策を紹介します

猫が階段から落下防止するのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?2階建ての家であれば必ずあるのが階段...

猫用のペットボトルを使った餌やり道具の作り方とメリット

ぽっちゃり猫は見た目がかわいい、触り心地も気持ち良いですが猫も肥満は健康面が心配になりますね。ですが...

猫の首根っこを掴んでも痛くない理由と大人しくなる納得のワケ

親猫が子猫と移動するときに、子猫の首根っこをくわえて歩く姿は見かけますね。 痛くないの?と心配...

スズメの子供を保護した場合の餌のやり方や時間について

スズメの子供が巣から落ちて鳴いていると助けてあげたいと思いますね。 生まれたばかりのスズメの子...

水槽のフィルターの静かさで選ぶなら外部フィルターがおすすめ

静かな夜の時間や、水槽をワンルームに置く場合などに気になるのが、フィルターの音ではないでしょうか。 ...

メダカを屋外で飼育する時の雨対策!効果的な方法と注意点を解説

メダカを屋外で飼育している人にとって気になることといえば、悪天候時の雨対策ですよね。飼育容器の中に雨...

犬の鳴き声で苦情を言われたときの対処法と飼い主ができること

犬の鳴き声によって苦情のトラブルが発生することはよくあります。飼い主にとっては犬が鳴くのは普通のこと...

ハムスターとうさぎの相性とは?同居させる場合の注意点を解説

ハムスターとうさぎ、どちらもペットとして人気の動物ですが、両方とも飼いたいと思う人も多ようです。 ...

スズメの飼育はできる?ヒナを保護する条件と保護後の飼育方法

何かの影響で地面にスズメのヒナがいることがあります。このようなヒナを見つけると、そのまま放置すること...

柴犬のドッグラントラブルの原因や防ぐために飼い主ができること

柴犬はドッグランでのトラブルが多い犬として知られています。賢くて、飼い主への忠誠心も強い柴犬ですが、...

金魚はエビを食べるから共存させる場合には注意が必要です

苔対策としてエビを一緒に飼育する人もいますが、その種類によっては雑食である金魚が食べてしまうと言われ...

スポンサーリンク

インコが噛むときのしつけについて

飼っているインコが噛む事に、しつけしたくてもどのようにしたらいいのかと悩んでいませんか?

インコは噛むことでストレスを解消しています。
また、情報を得たりしています。

この噛むという行動を完全に抑えてしまうと、インコはとてもストレスになるでしょう。
なので、まずかじり用のおもちゃを用意してあげましょうね。
このおもちゃは噛んでも良いものと教え、上手に噛んだら褒めてあげましょう。

しつけをする時ですが、叱る時は時間が経ってからだとインコはどうして叱られているのかわからないので、現行犯でビシッと短く叱ってください。
かじっている最中にしかってほしいのです。

叱り方は、インコの顔にフッと息を吹きかけます。これはインコ共通の怒りの行動なので、飼い主のあなたに怒られているとわかります。

しかし、インコをたくさん叱ってしまうのはあまり良くないので、噛ませないように、噛んだら困る物を近くに置かないようにしましょうね。

インコが噛むときは甘噛みであっても正しいしつけを

インコが噛む時は、正しいしつけをしましょう。

でも、噛まれても痛くない甘噛みをしてくる場合もありますよね。
飼い主さんも痛くないので、無視したりしていませんか?
そして、無視し続ければ諦めて噛まなくなると考えているのではないでしょうか。

それは違います。
インコは反応がないからと、さらに強く噛んでくる場合があります。
どんどん噛む力が強くなっていき、諦めて噛まなくなるなんてほとんどありません。

最初は無視していても、さらに強く噛まれると痛いので飼い主が反応すると、インコはこの強さで噛むと反応してくれると学習し、噛み癖がついてしまう事があるのです。

このように無視しても強く噛んでくる場合もありますが、飼い主が反応してくれない事に落ち込んでしまうインコもいます。

落ち込んでしまうインコは、自分に興味を持ってくれないという事にストレスを感じます。そして飼い主に興味を失ってしまう事もあるのです。

このようにならないためにも、正しいしつけをしましょうね。

インコが噛むときのしつけには褒めることもプラスして

飼っているインコが噛む時、あなたはしつけとして強い言葉で叱って、手を揺らしたりしてインコが不快になる状態を作るでしょう。

そこでインコが噛むのを辞めたら、褒めるようにしてください。
そして、その不快な状態も辞めてあげましょう。

それでも噛むのを辞めない場合は、また叱って手を揺らしましょう。
くちばしを痛めてしまうかもしれないので、無理やりくちばしをこじ開けないようにしてくださいね。
それでも辞めない場合は、インコの顔にフッと息を吹きかけましょう。

インコとの信頼関係ができていると、叱ってから黙ってインコの目をにらんだら、噛むのを辞めてくれる場合があります。にらみ続け、噛むのを辞めて反省しているようであれば、にっこりと笑ってインコと遊んであげるようにしましょう。
叱りつづけるのではなく、メリハリが大事です!

インコの知能と性格を知ってしつけを

インコは知能が高い鳥って知っていましたか?
鳥類では、カラスの次に賢いと言われています。
インコ科のオウムは、5才児の知能を持つと言われているのです。

性格は、セキセイインコの場合、人懐こくて、好奇心旺盛な性格です。
そして遊びが大好きですよ。
インコ同士でも遊びますし、もちろん飼い主さんと遊ぶ事も喜びます。
おもちゃがあると一人でも遊ぶでしょう。
しかし、飽きっぽい性格で気ままな面もあります。

この性格は、オス・メスで違いがあります。

オスは、積極的で人の言葉もよくしゃべり、鳴き癖が多いのに対し、メスはおとなしく、鳴き声も静かです。
これは個体差がありますが、あなたの飼っているインコはどんな性格なのかを理解し、しつけしましょうね。

インコが噛むようになる理由について

インコが噛むようになってしまうのには、なにか理由があるのでしょうか?

インコを手乗りではなく、飼い主の肩に止まらせていませんか?また、頭などの高い位置に乗せているのではないでしょうか。
これは、インコに優越感を与えてしまいます。それで強気になって噛むようになったのかもしれません。

また、成長期にあまり構わなかった場合、反抗的になって自分の思い通りにならなくイライラした時、八つ当たりで噛んでしまう事があります。

そして、発情期になると攻撃性が増して、インコが自分自信をコントロールできなくなってしまう事で、いつもより強く噛んでくる場合もあります。

飼い主さんのことが大好きでも、インコに触れようとすると噛んでくる場合は、病気や怪我が原因の事もあります。

このように、インコが噛むようになる理由があるのです。
飼っているインコが噛むようになったという場合の参考にしてください。