注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

インコが噛むときに飼い主さんができる正しいしつけの方法を解説

飼っているインコが噛むことに頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。流血してしまうほど強い力で噛んでくるインコも中にはいます。

インコが噛む時は、飼い主さんが正しいしつけを行なうことが大切です。しつけの方法を知って、インコの噛み癖を改善しましょう。

そこで今回は、インコが噛むときにできる正しいしつけの方法と、噛むようになる理由についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターの鳴き声がキュッキュッ!考えられる理由と対処法

ハムスターの鳴き声がキュッキュッと聞こえると、どんなことを訴えているのか飼い主としては気になります。...

犬のガムの丸呑みが心配!愛犬のための与え方や選び方のポイント

犬はガムを丸呑みしてしまうのは飼い主としてとても心配なことです。犬用のガムは種類も豊富なので、犬の丸...

ハムスターには砂浴びとトイレを分けてあげるのがベスト

ハムスターは砂浴びが大好き。砂浴びはいわば人間でいうお風呂のような役割を持っているのですが、トイレに...

野良猫の餌付けが迷惑。今すぐ辞めて欲しい!具体的な方法って

野良猫の餌付け。 問題になってますよね? 価値観の違いと言ってしまえばそれまでですが、餌を与...

スズメの飼育はできる?ヒナを保護する条件と保護後の飼育方法

何かの影響で地面にスズメのヒナがいることがあります。このようなヒナを見つけると、そのまま放置すること...

猫【生後4ヶ月】を留守番させるときの注意点や安全対策とは

猫が生後4ヶ月くらいにもなると、留守番をさせてみたいという飼い主さんもいるのではないでしょうか。 ...

うさぎの赤ちゃんは生まれたての時の扱いが重要!飼育のコツ

うさぎの赤ちゃんはとてもデリケート。生まれたてであればあるほど、その扱いは注意が必要です。 生...

猫についたダニの取り方は?ダニの駆除方法と予防方法・注意点

飼っている猫にダニは寄生してしまうことがありますが、寄生したダニはそのままの状態にせずに取ってあげる...

スズメの子供を保護した場合の餌のやり方や時間について

スズメの子供が巣から落ちて鳴いていると助けてあげたいと思いますね。 生まれたばかりのスズメの子...

金魚の繁殖期はいつ?繁殖シーズンと産卵に適した年齢・繁殖行動

金魚の繁殖に挑戦してみようと考えている人の中には、金魚の繁殖期が一体いつなのか分からない人もいるので...

猫が玄関でゴロゴロ!飼い主さんをお出迎えする時の猫の気持ち

飼い主さんが帰宅すると、飼っている猫が玄関でゴロゴロお出迎えしてくれることもあります。飼い主さんは可...

セキセイインコのメスの鼻は何色?ろう膜の色の変化

セキセイインコはどこで性別を見分けることが出来るのか?それはオス、メスともに鼻のろう膜の色で見分ける...

犬のカットで失敗しないためのコツや暴れるときの対処法とは

犬の毛をカットするためにサロンに連れて行ったのに、カットが失敗かなと感じるときもありますよね。 ...

ハムスターとうさぎの相性とは?同居させる場合の注意点を解説

ハムスターとうさぎ、どちらもペットとして人気の動物ですが、両方とも飼いたいと思う人も多ようです。 ...

ヘアカットの手順!失敗しない子供のミディアムヘアの切り方

お子様のヘアカットを自宅でするという方も多いと思います。しかし、その時の仕上がりによって、上手く行く...

スポンサーリンク

インコが噛むときのしつけについて

飼っているインコが噛む事に、しつけしたくてもどのようにしたらいいのかと悩んでいませんか?

インコは噛むことでストレスを解消しています。
また、情報を得たりしています。

この噛むという行動を完全に抑えてしまうと、インコはとてもストレスになるでしょう。
なので、まずかじり用のおもちゃを用意してあげましょうね。
このおもちゃは噛んでも良いものと教え、上手に噛んだら褒めてあげましょう。

しつけをする時ですが、叱る時は時間が経ってからだとインコはどうして叱られているのかわからないので、現行犯でビシッと短く叱ってください。
かじっている最中にしかってほしいのです。

叱り方は、インコの顔にフッと息を吹きかけます。これはインコ共通の怒りの行動なので、飼い主のあなたに怒られているとわかります。

しかし、インコをたくさん叱ってしまうのはあまり良くないので、噛ませないように、噛んだら困る物を近くに置かないようにしましょうね。

インコが噛むときは甘噛みであっても正しいしつけを

インコが噛む時は、正しいしつけをしましょう。

でも、噛まれても痛くない甘噛みをしてくる場合もありますよね。
飼い主さんも痛くないので、無視したりしていませんか?
そして、無視し続ければ諦めて噛まなくなると考えているのではないでしょうか。

それは違います。
インコは反応がないからと、さらに強く噛んでくる場合があります。
どんどん噛む力が強くなっていき、諦めて噛まなくなるなんてほとんどありません。

最初は無視していても、さらに強く噛まれると痛いので飼い主が反応すると、インコはこの強さで噛むと反応してくれると学習し、噛み癖がついてしまう事があるのです。

このように無視しても強く噛んでくる場合もありますが、飼い主が反応してくれない事に落ち込んでしまうインコもいます。

落ち込んでしまうインコは、自分に興味を持ってくれないという事にストレスを感じます。そして飼い主に興味を失ってしまう事もあるのです。

このようにならないためにも、正しいしつけをしましょうね。

インコが噛むときのしつけには褒めることもプラスして

飼っているインコが噛む時、あなたはしつけとして強い言葉で叱って、手を揺らしたりしてインコが不快になる状態を作るでしょう。

そこでインコが噛むのを辞めたら、褒めるようにしてください。
そして、その不快な状態も辞めてあげましょう。

それでも噛むのを辞めない場合は、また叱って手を揺らしましょう。
くちばしを痛めてしまうかもしれないので、無理やりくちばしをこじ開けないようにしてくださいね。
それでも辞めない場合は、インコの顔にフッと息を吹きかけましょう。

インコとの信頼関係ができていると、叱ってから黙ってインコの目をにらんだら、噛むのを辞めてくれる場合があります。にらみ続け、噛むのを辞めて反省しているようであれば、にっこりと笑ってインコと遊んであげるようにしましょう。
叱りつづけるのではなく、メリハリが大事です!

インコの知能と性格を知ってしつけを

インコは知能が高い鳥って知っていましたか?
鳥類では、カラスの次に賢いと言われています。
インコ科のオウムは、5才児の知能を持つと言われているのです。

性格は、セキセイインコの場合、人懐こくて、好奇心旺盛な性格です。
そして遊びが大好きですよ。
インコ同士でも遊びますし、もちろん飼い主さんと遊ぶ事も喜びます。
おもちゃがあると一人でも遊ぶでしょう。
しかし、飽きっぽい性格で気ままな面もあります。

この性格は、オス・メスで違いがあります。

オスは、積極的で人の言葉もよくしゃべり、鳴き癖が多いのに対し、メスはおとなしく、鳴き声も静かです。
これは個体差がありますが、あなたの飼っているインコはどんな性格なのかを理解し、しつけしましょうね。

インコが噛むようになる理由について

インコが噛むようになってしまうのには、なにか理由があるのでしょうか?

インコを手乗りではなく、飼い主の肩に止まらせていませんか?また、頭などの高い位置に乗せているのではないでしょうか。
これは、インコに優越感を与えてしまいます。それで強気になって噛むようになったのかもしれません。

また、成長期にあまり構わなかった場合、反抗的になって自分の思い通りにならなくイライラした時、八つ当たりで噛んでしまう事があります。

そして、発情期になると攻撃性が増して、インコが自分自信をコントロールできなくなってしまう事で、いつもより強く噛んでくる場合もあります。

飼い主さんのことが大好きでも、インコに触れようとすると噛んでくる場合は、病気や怪我が原因の事もあります。

このように、インコが噛むようになる理由があるのです。
飼っているインコが噛むようになったという場合の参考にしてください。