注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

風呂の椅子の水垢取りにオススメな道具や掃除方法と予防策とは

風呂の椅子の水垢取りには、家にある身近なアイテムがおすすめです。

例えば、重曹水のつけおき洗いだと簡単にすっきりキレイに水垢が落とすことができます。

また、毎日使うお風呂だからこそ普段からの水垢対策が必要です。

そこで、風呂の椅子の水垢取りにオススメな道具や掃除方法と予防策についてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍋が黒い!重曹を使って洗えない鍋って?黒ずみをとるのは〇〇!

鍋がくすんでる!いや、黒い! 料理をしたあとに、お鍋を洗ってもキレイにならない時があります。 ...

部屋の片付け。おしゃれな空間を演出するコツ・条件・極意とは

部屋の片付けを楽しくするには、やっぱりおしゃれな空間を作り上げること。 掃除や片づけって、毎日...

時短できる家事とは?共働きの強い味方家事の時短方法を紹介

共働きはできるだけ家事を時短したいですよね。完璧にこなそうとすると時間はかかるものです。 必ず...

家の電話をワン切りしてくる意味とは?気をつけたい防犯対策

家の電話にワン切りしてくるのはナゼ?非通知でワン切りしてくるときと番号が表示されているのにワン切りし...

出窓にブラインドの取り付け!いろいろな取り付け方法をご紹介

出窓にはフリルのついたカーテン?可愛いカーテンも良いけど、自分の趣味ではないと言う方もいらっしゃいま...

プラスチックに付いた臭いの取り方について。臭う原因と消臭法

プラスチックの保存容器に付いた臭いの取り方はいろいろありますよ。 たくさん試してみて一番スッキ...

コバエ退治に洗剤&めんつゆのコンビが活躍。驚きの効果と作り方

湿気が多い季節になると、気になるのが室内を飛び回るコバエ問題。 どこからともなくわいてくるコバエの...

アラフォーの主婦の楽しみとは?オススメな趣味や見つけ方

アラフォー主婦の楽しみといえば?家事や育児に奮闘してきたけれど、少し余裕のできるアラフォー世代。 ...

洗濯物の干し忘れは雑菌が繁殖!臭いが発生したときの洗い方

お洗濯をしたのに、うっかりして洗濯物を干し忘れてしまうこともあります。洗濯物を急いで干そうと思っても...

油汚れが服についてしまった時の落とし方についてご紹介

油汚れの種類には、食べ物の汚れや、化粧品や機械油が原因のものなどあります。 そういったものが服につ...

メガネをかけている子がスポーツする時のゴーグルメガネについて

普段からメガネをかけている子供はスポーツをするときにはゴーグルタイプのメガネをしたほうがいいのでしょ...

布に絵の具で着色!にじまない絵の具やポイントについて

布に絵を書きたい、着色したいという場合はどのような画材があるでしょうか。絵といえば一番に思いつく絵の...

南部鉄器のお鍋について。さび問題を解決して長く使い続けるには

南部鉄器の鍋。 伝統工芸品であり、高価で最近では海外でも注目され手に入りにくい調理道具となっていま...

しつこい嫌な油汚れ!キッチンについた油汚れの落とし方について

キッチンの汚れで一番落ちにくいのは、やっぱり油汚れです。ついたらすぐに落とすことが油汚れを落とす一番...

No Image

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、...

スポンサーリンク

風呂の椅子の水垢取りは身近なものでも落とせる

毎日家族が使う浴室。毎日綺麗に掃除をしているつもりでも、いつの間にかお風呂の椅子や洗面器の水垢がついていることありますよね。水垢取りはどのような方法で落とすことが出来るのでしょうか。

水垢の正体は水道水に含まれているカルキ成分で水が蒸発した後に残った物が水垢になるのです。濡れて乾いての繰り返しで堆積するのです。

水垢はアルカリ性なので、酸性の洗剤を使って中和すると綺麗になります。洗剤には中性やアルカリ性の物も多く、自宅にある洗剤で掃除をしても水垢が取れない場合は酸性の洗剤に替えてみましょう。

軽い汚れの時は、お酢を染み込ませたキッチンペーパーで拭くだけで取れる場合もあります。お酢に浸して汚れが気になる部分にパックするようにします。そして重曹はアルカリ性なので時間はかかりますが、一晩漬け置きすると綺麗になります。残り湯に重曹1カップを入れて溶かし水垢が気になる椅子や洗面器を入れて一晩漬け置きすると綺麗になります。

風呂の椅子の水垢取りには重曹水のつけおき洗いが簡単

お風呂の椅子の水垢取りをする時にどのような物を使うと落ちるのでしょうか。

用意するものは重曹、スポンジ、歯ブラシです。

お風呂の椅子につく汚れは、お風呂用の中性洗剤とスポンジを使って落とします。でも入り組んでいる所はスポンジでは擦りにくいです。そんな時にオススメなのが重曹をつかぅたつけ置き洗いです。重曹は皮脂などの汚れを落とす効果があり、カビの繁殖も防いでくれるのです。

お風呂の椅子のつけ置きはとても簡単です。

まず入り終わった浴槽のお湯を抜かずにそこへ重曹を入れます。一般的な浴槽なら重曹を270gを目安に入れてしっかり混ぜます。重曹水の中に椅子や洗面器などを入れます。子供のおもちゃなども入れてもいいです。夜に入れて翌朝までそのままにします。

半日つけ置きした椅子などをシャワーで綺麗に流します。シャワーだけでは落ちない汚れはスポンジや歯ブラシを使って擦ります。つけ置きの場合は残り湯を使うと節水することができます。

椅子など風呂の水垢取りにはクエン酸が大活躍

お風呂の椅子などの水垢取りにはクエン酸を使うと驚くほど綺麗になります。

クエン酸を水で溶かした水溶液を作り、スプレーボトルに入れて使うようにしましょう。クエン酸水の作り方は水200mlに粉末にクエン酸を小さじ1杯入れて混ぜます。

お風呂に壁や天井、床などは掃除をしても黒ずみが溜まってしまいます。一度ついてしまうと洗剤を使ってこすってもなかなか落ちません。この汚れのほとんどは水に含まれるカルシウムが他の汚れを一緒になり固まった水垢なのです。水垢にはクエン酸が効果があります。クエン酸水をスプレーしてスポンジで擦るとほとんどの汚れは落ちます。それでも水垢が落ちない場合はクエン酸パックをしてみましょう。キッチンペーパーにクエン酸水をかけそのうえにラップをして密封します。数時間放置してラップとキッチンペーパーを外し擦ると水垢が驚くほど綺麗になります。

椅子の水垢予防には風呂上がりにしっかり洗い流すこと

椅子の水垢予防をしっかりするようにしましょう。

石鹸カスも水垢も時間が経過すると冷えて硬くなるので落ちにくくなります。毎日汚れを残さないように心がけることが大切です。

お風呂に入った後一番最後にすることは、皮脂汚れや石鹸カスなどが残らないように熱めのお湯で洗い流すことです。温まった浴室で汚れがついたばかりなら、洗剤をつけなくてもスポンジで軽く擦るだけで綺麗になります。椅子や洗面器などの水気をしっかりと拭き取ると水垢がつきにくくなります。

毎日のことなので大変ですが熱めのお湯をかけて拭き取りすることでことで水垢がつきににくなります。

そして何よりも大切なことは換気をしっかりすることです。タオルで拭き取ったり換気扇を回したり、窓を開けたりしてしっかり換気するようにします。湿気が多いと水垢もたまりやすいので換気はしっかりすることをおすすめします。

毎日使うお風呂だから普段からの対策でいつもキレイに

毎日の掃除では水滴を拭き取り水垢やカビ対策をして、週に一度はさらに丁寧に掃除をするようにします。

毎日拭いている浴槽や洗面器などのお風呂用品もお風呂の洗剤を使い洗います。床はボディーソープとブラシを使いタイルの溝に沿って磨きます。皮脂の汚れにはボディーソープをを使うようにしましょう。毎日の拭き取りには乾拭きですが、週に1度はアルコールスプレーを吹き付けながら水滴を取り除くようにしましょう。ゴムパッキンはカビが生えてしまうと面倒なのでアルコールスプレーを使いカビ対策をするようにします。

小さなお子さんがいる家庭ではお風呂で遊べるおもちゃが浴室内に置いてありますよね。おもちゃは乾きやすくするために吊るして収納しましょう。水垢やヌメリがついてしまうとお掃除も時間がかかり大変になります。そうなる前に普段から予防するようにしましょう。

お風呂の水垢はつかないように予防をすること

お風呂場は毎日家族が使う場所ですよね。毎日お風呂掃除をしっかりしているはずなのに水垢が気になることありますよね。

お風呂場の掃除で厄介なのは水垢です。そのような厄介な水垢は毎日の掃除の他に対策することで予防することが出来ます。予防方法は拭き取りと換気をすることです。毎日の習慣にすることで最初は面倒でも水垢が気にならなくなるので掃除がとても楽になります。

しかし予防をしていても水垢が気になる場合は自宅にある物で簡単に水垢を取ることが出来ます。それは重曹やクエン酸です。身近にある物を使い水垢を落とすことも出来るので是非試してみましょう。

水垢やカビのない綺麗なお風呂に入り一日の疲れを取るようにしましょう。