注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

毛玉取りにスポンジを使うやり方について知りたい

毛玉取りをする時、多くの人は専用の毛玉取り機を使うと思いますが、実はスポンジを使って取ることも出来るのです。
しかし、家にあるスポンジなら何でも良いわけではありません。
毛玉取りとして使うスポンジの選び方や、やり方、注意点などについてご紹介します。
また、スポンジ以外に毛玉取りに使えるものや、毛玉が出るのを予防する方法などについてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビルトイン食洗機の掃除方法~毎日のお手入れとカビ汚れの対処法

最近は主婦の方も仕事を持つ方が増えて、便利家電である食洗機を使っているご家庭も多いですよね。家を新築...

キッチンの床を綺麗にDIYするならこんな方法があります

最初は綺麗だったキッチンも数年使い続けていると、床に傷が増えたり、洗剤で拭いても落ちないシミなどが出...

再婚したい!子連れ再婚で幸せになるために必要なこととポイント

一度離婚を経験した女性の中には、新しく素敵な男性との出会いがあり、その人との再婚を考えている人もいる...

Tシャツの黄ばみを落とす重曹を使った洗濯方法で白さ復活

きちんと洗濯しているはずなのに、なぜか黄ばみが出てくるTシャツ。特に白など淡い色の脇の下の黄ばみは気...

No Image

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、...

魚焼きグリルを掃除する時の臭い取りの方法について知りたい

魚焼きグリルを掃除する時に、見た目は綺麗になったように見えても、なんだかまだ臭いが残っているような時...

【ハンドメイド】小さなはぎれを使って作る子供用の小物

家に捨てられない小さなはぎれがたくさんあって、どうしようか使い道に困っている方はいませんか?ハンドメ...

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

チューリップの球根の掘り上げ時期と寿命を延ばす保存方法

春の花の代表といえば、スーッとのびた茎と可愛らしい花や色が特徴的なチューリップ。育て方も比較的簡単な...

布へのオリジナルプリントは熱転写シートが簡単でおすすめです

布にプリントが自分で手軽に転写出来たら、オリジナリティ溢れる作品を作ることが出来ますよね。 し...

重曹は消臭にも効果あり!消臭効果が続く期間とその後の使いみち

重曹をお掃除に使用している方は、沢山いらっしゃると思います。キッチンやトイレ、浴室など様々な場所で掃...

造花で作ったブーケをインテリアとして飾りたい

造花は生花と違って枯れることもありませんし、100均などで手軽に買えるので、アレンジもしやすく人気の...

あいうえお作文で自己紹介するコツ!文章の考え方と上手な作り方

何かのイベントやゲームなどで、あいうえお作文で自己紹介をすることがあります。実際にあいうえお作文を作...

メガネの曇り止め!裏ワザの中で何が最強?様々な曇り止めついて

メガネをかけてのマスク!外を歩いていて建物の中に入ったとき、また歩いている最中でも鼻息でメガネが曇っ...

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります...

スポンサーリンク

スポンジを使って出来る毛玉取りのやり方とは

服を見たら、毛玉ができている。毛玉取りは面倒ですよね。

簡単なやり方で、この毛玉、取れないかしら。

驚くことに、スポンジを使って、毛玉は取れるんです。

用意するものは、100均でも売っている、粗いスポンジです。

そのスポンジを毛玉がある場所にこするだけで、あら不思議。その毛玉、取れてしまうんです。

毛玉は大体の場合、ハサミで取るケースが多いです。よく薦められていますよね?でも、それだと余分な部分も切ってしまうこともあります。

スポンジは服を切る心配がないので便利

注意事項は、あまり力を入れないこと。少しこするだけで毛玉は取れるみたいです。スポンジでゴッソリ毛玉が取れるなんて、いいアイディアです。

因みに、スポンジでも柔らかいタイプの方が取れやすいみたいです。

スポンジを選ぶ時は、なるべく固くないもの、柔らかいものを選ぶようにして下さい。硬いタイプでは毛玉取りは難しいようです。

スポンジで毛玉取りのやり方を知ったら、なぜ毛玉が出来るかも知ろう

案外、キッチンにいつもある、スポンジで毛玉取り、できるんですね。

毛玉がつきやすいお洋服をお持ちの方は、これで、毛玉を楽に取れます。

でも、なんでこんな毛玉が出てしまうのか、あなたはその理由や過程を知っていますか?

毛玉は他の素材と触れる時絡み合ってしまう

毛玉ができやすい素材があります。そのできやすい素材が他の素材と触れると、その瞬間、他の素材と絡んで、毛玉を作り上げてしまいます。

また、厄介なことに、人が毛玉ができやすい素材の服を着ると、それ事態が摩擦になり、毛玉ができてしまいます。

服が何か他の物と触れる時に毛玉ができてしまうので、洗濯をしても、毛玉はできてしまいます。

ですので、よく推奨されるのは、洗濯の際は、洗濯ネットにいれて、できるだけ他の洋服と触れないようにする、摩擦する割合を低める、それが毛玉を作らせないコツになります。

あとは、毛玉ができやすい素材の服に繊維が同じ方向に向くため、ブラッシングをかける方もいます。ホコリも取り除けるので、便利だと思います。

毛玉取りはスポンジ以外でも出来る!そのやり方は

あんまり日本らしくない物にはなりますが、上記で紹介している、スポンジ以外の物でも、毛玉は取れます。一番よく知られているのは、多分、ハサミですよね。ハサミでも毛玉、取れます。ただ、注意深く取らないと、服に穴を開けてしまうので、注意が必要です。

セーターストーンも良い。

あまり聞いたことがない製品かもしれません。アメリカでは毛玉を取るのに使われている製品です。別名、毛玉取り用軽石と言われていますが、その名の通り、毛玉を上手に取ってくれます。ハサミとかスポンジでもいいけど、もう少し専門的なものを欲しい。であれば、セーターストーンで綺麗に毛玉を取りましょう。

毛玉取り用ブラシ

布の繊維を一定の方向に向かせるため、ブラシを使って毛玉をできにくくすることも毛玉予防になります。毛玉取り用ブラシは予防というより、できてしまった毛玉を取る役目を果たしてくれます。

毛玉を出来るだけ作らせないやり方とは

毛玉をできにくくする、予防方法。バレエをやっていて、タイツをよく履く方。その他にも、冬場はセーターをよく着るので、そうなると、毛玉は見やすくなりますよね。

サイズが合ってないと、毛玉はできやすい

摩擦があると、毛玉はどうしてもできてしまいます。実は、あなたの体に合っていないサイズの洋服を着ていると、それ事態が摩擦になり、毛玉はできやすくなります。

ですので、毛玉をできにくくするには、あなたの体にあったサイズのお洋服を着ることも予防対策になります。もしかしたら、あなたの体型に合っていないサイズのものを着ているから、毛玉ができやすいのかもしれません。

自分で洗わずに、クリーニングに出す

洗濯ネットを使ったり、柔軟剤を使用したり、自分で洗う際、「工夫」をすることはできます。でも、あくまでも素人のレベル。それでも、やっぱり毛玉はできやすいと思います。大切な服で毛玉を作りたくないのなら、クリーニングに出しましょう。

こんな毛玉取りのやり方は、服を傷つけてしまうので注意

絶対にこんなやり方をしていたら、元の服を痛めてしまうから辞めなさい、とまではいいません。ですが、あまりお薦めできない毛玉のとり方はやはりあります。初めからそんな元の布に穴を開けるようなやり方はしない方が賢明。お気入りの服こそ、慎重にはなって下さい。

無理に毛玉取り機を使用しないこと

これは、どの道具を使っても同じかもしれません。毛玉が取れないからといって、無理に取ろうとすると、その部分に穴が開いてしまいます。ですので、毛玉取り機に関わらず、無理に毛玉を取ろうとはしないで下さい。ひょっとしたら、スポンジでやったほうが、簡単に楽に毛玉を取れるかもしれません。

穴が大きいと修復もあまりできないと思います。あまり頑固にならずに、ゆっくり毛玉を取って下さい。頑固になりすぎても、布に穴が沢山できるだけです。

なんと、スポンジでも毛玉取りはできるようです。

あまり固いスポンジではなく、柔らかいスポンジの方が毛玉は取れやすいようです。100均でも簡単に購入できるものです。是非試して下さい。また、セーターストーンでも簡単に毛玉は取れるようです。ハサミや毛玉取りきに頼らず、セーターストーンで取るなんていうのも新しい手段です。自分にあったサイズを着ていないと毛玉ができやすくなります。サイズにも気をつけて下さい。