注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

毛玉取りにスポンジを使うやり方について知りたい

毛玉取りをする時、多くの人は専用の毛玉取り機を使うと思いますが、実はスポンジを使って取ることも出来るのです。
しかし、家にあるスポンジなら何でも良いわけではありません。
毛玉取りとして使うスポンジの選び方や、やり方、注意点などについてご紹介します。
また、スポンジ以外に毛玉取りに使えるものや、毛玉が出るのを予防する方法などについてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗面台の髪の毛詰まりを直す方法と詰まりにくくするための工夫

洗面台は使っているうちに流れが悪くなり、最悪の場合には詰まりを起こしてしまいます。 掃除を怠ってい...

キッチン掃除を業者に頼むメリットや業者選びの注意点をご紹介

キッチン周りの掃除は普段からしているのに、大掃除になると知らず知らずのうちに汚れが溜まっていてびっく...

おもちゃを収納する時に棚を上手に使うコツ

おもちゃを収納しようと思った時に、棚を使うとどんなおもちゃがあるか把握もしやすくて便利ですよね。 ...

ニット生地を家庭用ミシンで生地を伸ばさずに縫うコツ

ニット生地は生地自体に伸びる性質があるので、普通の家庭用ミシンで縫うには少しコツが必要です。 いつ...

除湿剤の効果とメリット。お部屋の置き場所に合わせた選び方

ジメジメとした季節は部屋の湿度もずっと高いままで、洗濯物もなかなか乾きません。市販の除湿剤にはいろい...

クーラー掃除は重要!カビの取り方や防止方法もご紹介

クーラーを安全に快適に使うためには、カビが生える前に掃除を行うのが鉄則。 そうは分かっていても、定...

時短できる家事とは?共働きの強い味方家事の時短方法を紹介

共働きはできるだけ家事を時短したいですよね。完璧にこなそうとすると時間はかかるものです。 必ず...

窓掃除を簡単に新聞紙を使ってする方法!ポイントと注意点を紹介

家の窓は気がつくとすぐに汚れてしまうので、掃除をしようと思っても憂鬱になってしまうことがありますよね...

朝の支度が遅い子供にイライラ!身支度をスムーズにする方法

毎朝子供の支度に時間がかかり、イライラを感じながら生活しているママもいるのではないでしょうか。 ...

Tシャツにできた毛玉の取り方と毛玉になりにくい手入れ方法

毛玉になりやすい服というとセーターやニットを思い浮かべる方が多いと思いますが、Tシャツにも毛玉ができ...

【サングラスの選び方】紫外線対策のための正しい選び方

サングラスはおしゃれを楽しむだけでなく、紫外線対策のためにも必要なアイテムです。しかし、初めてサング...

ボールペンのシミを取る方法!水性ボールペンの落とし方

服を洗濯しようとした時に、ワイシャツのポケットにボールペンのシミを発見。そんな時はどのようにすればボ...

酸素系漂白剤を洗濯に活用!毎日使う時は液体タイプが便利

毎日お洗濯に酸素系漂白剤を利用したいと考えている主婦の方もいますよね。時々酸素系漂白剤を活用すること...

スニーカーは重曹とオキシドールで洗えば汚れも黄ばみも消えます

白いスニーカーを買ったものの、いつの間にか汚れがついてしまうとそのまま放置してしまいますよね。 ...

出窓のインテリアはシンプルがいい。おしゃれで素敵な出窓の演出

出窓には何か置いていますか?せっかく出窓があるなら素敵なインテリアにしてみましょう。 ゴチャゴチャ...

スポンサーリンク

スポンジを使って出来る毛玉取りのやり方とは

服を見たら、毛玉ができている。毛玉取りは面倒ですよね。

簡単なやり方で、この毛玉、取れないかしら。

驚くことに、スポンジを使って、毛玉は取れるんです。

用意するものは、100均でも売っている、粗いスポンジです。

そのスポンジを毛玉がある場所にこするだけで、あら不思議。その毛玉、取れてしまうんです。

毛玉は大体の場合、ハサミで取るケースが多いです。よく薦められていますよね?でも、それだと余分な部分も切ってしまうこともあります。

スポンジは服を切る心配がないので便利

注意事項は、あまり力を入れないこと。少しこするだけで毛玉は取れるみたいです。スポンジでゴッソリ毛玉が取れるなんて、いいアイディアです。

因みに、スポンジでも柔らかいタイプの方が取れやすいみたいです。

スポンジを選ぶ時は、なるべく固くないもの、柔らかいものを選ぶようにして下さい。硬いタイプでは毛玉取りは難しいようです。

スポンジで毛玉取りのやり方を知ったら、なぜ毛玉が出来るかも知ろう

案外、キッチンにいつもある、スポンジで毛玉取り、できるんですね。

毛玉がつきやすいお洋服をお持ちの方は、これで、毛玉を楽に取れます。

でも、なんでこんな毛玉が出てしまうのか、あなたはその理由や過程を知っていますか?

毛玉は他の素材と触れる時絡み合ってしまう

毛玉ができやすい素材があります。そのできやすい素材が他の素材と触れると、その瞬間、他の素材と絡んで、毛玉を作り上げてしまいます。

また、厄介なことに、人が毛玉ができやすい素材の服を着ると、それ事態が摩擦になり、毛玉ができてしまいます。

服が何か他の物と触れる時に毛玉ができてしまうので、洗濯をしても、毛玉はできてしまいます。

ですので、よく推奨されるのは、洗濯の際は、洗濯ネットにいれて、できるだけ他の洋服と触れないようにする、摩擦する割合を低める、それが毛玉を作らせないコツになります。

あとは、毛玉ができやすい素材の服に繊維が同じ方向に向くため、ブラッシングをかける方もいます。ホコリも取り除けるので、便利だと思います。

毛玉取りはスポンジ以外でも出来る!そのやり方は

あんまり日本らしくない物にはなりますが、上記で紹介している、スポンジ以外の物でも、毛玉は取れます。一番よく知られているのは、多分、ハサミですよね。ハサミでも毛玉、取れます。ただ、注意深く取らないと、服に穴を開けてしまうので、注意が必要です。

セーターストーンも良い。

あまり聞いたことがない製品かもしれません。アメリカでは毛玉を取るのに使われている製品です。別名、毛玉取り用軽石と言われていますが、その名の通り、毛玉を上手に取ってくれます。ハサミとかスポンジでもいいけど、もう少し専門的なものを欲しい。であれば、セーターストーンで綺麗に毛玉を取りましょう。

毛玉取り用ブラシ

布の繊維を一定の方向に向かせるため、ブラシを使って毛玉をできにくくすることも毛玉予防になります。毛玉取り用ブラシは予防というより、できてしまった毛玉を取る役目を果たしてくれます。

毛玉を出来るだけ作らせないやり方とは

毛玉をできにくくする、予防方法。バレエをやっていて、タイツをよく履く方。その他にも、冬場はセーターをよく着るので、そうなると、毛玉は見やすくなりますよね。

サイズが合ってないと、毛玉はできやすい

摩擦があると、毛玉はどうしてもできてしまいます。実は、あなたの体に合っていないサイズの洋服を着ていると、それ事態が摩擦になり、毛玉はできやすくなります。

ですので、毛玉をできにくくするには、あなたの体にあったサイズのお洋服を着ることも予防対策になります。もしかしたら、あなたの体型に合っていないサイズのものを着ているから、毛玉ができやすいのかもしれません。

自分で洗わずに、クリーニングに出す

洗濯ネットを使ったり、柔軟剤を使用したり、自分で洗う際、「工夫」をすることはできます。でも、あくまでも素人のレベル。それでも、やっぱり毛玉はできやすいと思います。大切な服で毛玉を作りたくないのなら、クリーニングに出しましょう。

こんな毛玉取りのやり方は、服を傷つけてしまうので注意

絶対にこんなやり方をしていたら、元の服を痛めてしまうから辞めなさい、とまではいいません。ですが、あまりお薦めできない毛玉のとり方はやはりあります。初めからそんな元の布に穴を開けるようなやり方はしない方が賢明。お気入りの服こそ、慎重にはなって下さい。

無理に毛玉取り機を使用しないこと

これは、どの道具を使っても同じかもしれません。毛玉が取れないからといって、無理に取ろうとすると、その部分に穴が開いてしまいます。ですので、毛玉取り機に関わらず、無理に毛玉を取ろうとはしないで下さい。ひょっとしたら、スポンジでやったほうが、簡単に楽に毛玉を取れるかもしれません。

穴が大きいと修復もあまりできないと思います。あまり頑固にならずに、ゆっくり毛玉を取って下さい。頑固になりすぎても、布に穴が沢山できるだけです。

なんと、スポンジでも毛玉取りはできるようです。

あまり固いスポンジではなく、柔らかいスポンジの方が毛玉は取れやすいようです。100均でも簡単に購入できるものです。是非試して下さい。また、セーターストーンでも簡単に毛玉は取れるようです。ハサミや毛玉取りきに頼らず、セーターストーンで取るなんていうのも新しい手段です。自分にあったサイズを着ていないと毛玉ができやすくなります。サイズにも気をつけて下さい。