注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

洗濯物の洗い方!裏返して洗うメリット・デメリットを解説

お洗濯をする時、洗濯物を裏返してから洗う洗い方の方が良いという話を聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。洗濯物を裏返すと、しっかり汚れが落ちないような気もしてしまいます。

ここでは、洗濯物を裏返して洗うメリットとデメリットについてお伝えします。衣類を綺麗にお洗濯するために・衣類を長持ちさせるためにも、衣類をお洗濯するコツを知って快適にお洗濯をしましょう。

洗濯物を裏返して洗濯するにはメリットもデメリットもあります。それらを理解してお洗濯することで、うまくメリットを生かしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プラスチックに付いた臭いの取り方について。臭う原因と消臭法

プラスチックの保存容器に付いた臭いの取り方はいろいろありますよ。 たくさん試してみて一番スッキ...

コバエ退治に洗剤&めんつゆのコンビが活躍。驚きの効果と作り方

湿気が多い季節になると、気になるのが室内を飛び回るコバエ問題。 どこからともなくわいてくるコバエの...

生地の収納はどうしてる?収納上手さんのアイデアを紹介

生地の収納はどのようにしたら上手くいくのでしょうか?確か、あの生地がまだ残っているはず…。と探すとき...

南部鉄器のお鍋について。さび問題を解決して長く使い続けるには

南部鉄器の鍋。 伝統工芸品であり、高価で最近では海外でも注目され手に入りにくい調理道具となっていま...

洗濯物を早く乾かす干し方のコツ!部屋干しでも臭わない

雨の日やジメジメとして季節には、洗濯物は部屋干しで乾かす方が多いと思います。そこで困るのが、洗濯物が...

キッチンの床を綺麗にDIYするならこんな方法があります

最初は綺麗だったキッチンも数年使い続けていると、床に傷が増えたり、洗剤で拭いても落ちないシミなどが出...

洗濯物の干し忘れは雑菌が繁殖!臭いが発生したときの洗い方

お洗濯をしたのに、うっかりして洗濯物を干し忘れてしまうこともあります。洗濯物を急いで干そうと思っても...

窓に目隠シートを貼るなら100均へ!おしゃれな窓へと変身

窓からの目線が気になるなら、100均の目隠しシートを活用してみてはいかがでしょうか。 何よりも10...

ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所

「ウォシュレットの水が出ない」といったトラブルに備えて、修理法を知っておくことはとても大事なことです...

洗面台の髪の毛詰まりを直す方法と詰まりにくくするための工夫

洗面台は使っているうちに流れが悪くなり、最悪の場合には詰まりを起こしてしまいます。 掃除を怠ってい...

一人暮らしで寂しい泣く気持ちを乗り越える方法!寂しさの対処法

一人暮らしを始めると、自由な時間が増えて、親の干渉もなく、楽しいことが多い半面、やはり寂しい気持ちを...

服の生地からイヤな臭いがする原因とその消臭方法を教えます

買ったばかりなのに、服やジーンズの生地からイヤな臭いがするという経験はありませんか? 実はその...

アイロンのやり方やコツを知ってシャツをビシッと仕上げよう

シャツにアイロンをかけたけれど、シワだらけになったり上手くかけられないという事もありますね。 ...

洗濯物の生乾き臭対策!嫌な臭いを防ぐ洗い方と干し方のコツ

洗剤も柔軟剤も使って洗濯したのに洗濯物の生乾き臭が気になることがありませんか? そんな嫌な臭いの生...

日々のゆとりのは時短家事から生まれる!家事のコツをご紹介

主婦の方も仕事をしている方は沢山いらっしゃいます。家事だけでも、やることはたくさんあるのに仕事もとな...

スポンサーリンク

洗濯物の洗い方・裏返して洗うとメリットが

洗濯物を洗う時は、裏返して洗ったほうがいいという話を聞いたことはありませんか。

裏返しに洋服を脱いで、そのまま洗濯に出して親から注意をされた記憶がありますが、実際のところはどうなのでしょう。

洗濯物を裏返して洗うことにはメリットがあるとのこと。
詳しくみていきましょう。

衣類を裏返して洗濯すると衣類に与えるダメージが少なくて済む

ですのでお気に入りの洋服や、傷みやすそうな生地の場合におすすめな洗い方です。
洗濯物に優しい洗い方なのです。

干す特にもメリットがある

裏返して干すことで表の部分に直接、日差しが当たることが無く生地へのダメージが軽くて済むのです。

洗濯物の汚れ落ちが良い

裏側についている汚れが落ちやすくなるのです。内側についてしまう皮脂汚れや汗など落ちやすいということです。

また気になる襟や袖や脇の部分も落ちやすくなります。

乾燥しやすい

ポケットや縫い目の部分の裏側は乾きにくくなっていますので、裏返すことで早く乾きます。

洗濯物を裏返し洗うことや干すことには、こんなメリットがあったのですね。

裏返して洗った方が良い洗濯物は?正しい衣類の洗い方

裏返して洗うことのメリットはわかりましたが、すべての洗濯物を裏返すのは面倒という方に、これだけは裏返して洗ったほうがいいという素材を紹介します。

デリケートな素材の洋服、飾りの付いた洋服は裏返して洗う

レースなどが付いている洋服やシフォンのような素材の洋服も裏返すことで摩擦から守ることが出来ます。

色物や柄物も裏返したほうが、長持ちする

色物の代表をいえば、ジーンズです。かならずと言っていいほど裏返して洗うのがおすすめです。

同じように濃い色の洋服もそうですね。
プリントされたTシャツも、大事なプリント部分を守るために裏返しましょう。

この他お気に入りだったり、大切な洋服は是非裏返して洗うことをおすすめします。

内側の汚れが気になる洗濯物といえば、靴下

皮脂汚れをしっかり落とすことが出来ます。

裏返すことで表面の汚れが落ちるかどうか心配されるかもしれませんが、最近の洗剤の洗浄力は優れていますので安心して洗うことが出来るでしょう。

これは裏返さずにお洗濯を!洗濯物を裏返さない方が良い場合

下着などの肌に直接触れて汚れが内側につく場合は、裏返して洗濯すると気になる汚れや匂いを落とすことが出来ます。

上記のように裏返して洗濯するとよい場合もありますが、逆に裏返さないほうが良い場合もあります。

特にお子様などは、食事の時につい汚れてしまうでしょう。
調味料などは特に汚れが落ちづらいですね。

醤油やソースなどの食べ物がついた汚れや、汚れの部分が大きい場合は裏返してしまうと汚れが落ちにくくなります。

そのような汚れの場合は、洗剤を直につけたり洗濯用の漂白剤をつけて数分間おいてから洗いましょう。

下着の上に着る洋服は表面に汚れがつきやすいので、汚れが目立つ場合はそのまま洗濯しましょう。

洗濯物を裏返して洗う洗い方にはデメリットもある

表面の汚れが気になるものの、洋服がいたむので裏返して洗いたいという場合もあるでしょう。

汚れを落としたい表面のほうを外側にして洗います。お気にいりの洋服など生地が傷むのが心配なこともありますね。

洗濯ネットを使う

お子様の洋服などは、飾りやリボンが付いている物もあるでしょう。洗濯ネットに入れてお洗濯物を守ってあげましょう。

ひどい汚れの場合は、洗濯機に入れる前にある程度汚れを落とすようにするといいでしょう。

しかし裏返しにして洗うこともにはデメリットもあります。

裏返しての洗濯は手間がかかる

裏返しにする作業は意外に面倒な作業だったりします。乾いた後も裏返し元に戻さなくてはなりません。
二度の手間が必要になるわけです。

洗濯物をそのまま入れて、そのまま干して乾いたらたたむという通常の洗濯と比べて、多少の作業が増えてしまいます。

洗濯物を裏返して洗うと畳むのが面倒!解決策について

ではその面倒な作業をしなくて済む方法はないのでしょうか?

解決策をご紹介します。

まず1つ目は、洗濯に出す前に裏返してもらうこと

それぞれに洋服を脱いだ時に、裏返しにしてもらうようにしましょう。

そのまま洗濯をしてそのまま乾かします。

解決策二つ目、裏返しのまま乾いた洗濯物はそのままたたむ

そのままたたんで、着る人に直して着てもらうようにしましょう。

家族が多い分洗濯物は多くなる手間もその分かかります。家族全員分を一人で裏返しの作業をするのは結構な時間がかかりますね。

一人一人が協力することで、大きな手間が省けます。

洗濯物を裏返して洗うことは手間がかかりますが、洋服の痛みを防ぐことが出来るのでおすすめな洗濯方法なのです。

汚れの具合によっても洗濯の方法は変わってきますが、裏返し洗濯方法を一度試してみてはいかがでしょうか。