注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

洗濯物の洗い方!裏返して洗うメリット・デメリットを解説

お洗濯をする時、洗濯物を裏返してから洗う洗い方の方が良いという話を聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。洗濯物を裏返すと、しっかり汚れが落ちないような気もしてしまいます。

ここでは、洗濯物を裏返して洗うメリットとデメリットについてお伝えします。衣類を綺麗にお洗濯するために・衣類を長持ちさせるためにも、衣類をお洗濯するコツを知って快適にお洗濯をしましょう。

洗濯物を裏返して洗濯するにはメリットもデメリットもあります。それらを理解してお洗濯することで、うまくメリットを生かしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キッチン掃除を業者に頼むメリットや業者選びの注意点をご紹介

キッチン周りの掃除は普段からしているのに、大掃除になると知らず知らずのうちに汚れが溜まっていてびっく...

布へのオリジナルプリントは熱転写シートが簡単でおすすめです

布にプリントが自分で手軽に転写出来たら、オリジナリティ溢れる作品を作ることが出来ますよね。 し...

風呂掃除の頻度【共働き家庭の場合】負担を軽減するためのコツ

お風呂掃除の頻度は基本的には毎日という家庭が多いかもしれません。しかし、忙しい共働き家庭の場合、家事...

手が小さい方向けピアノの練習方法!弾きやすくなる練習のコツ

ピアノをやっている方の中には、お子様や女性の方など手が小さいことで、いつも同じ場所でミスをしてしまう...

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

酸素系漂白剤を洗濯に活用!毎日使う時は液体タイプが便利

毎日お洗濯に酸素系漂白剤を利用したいと考えている主婦の方もいますよね。時々酸素系漂白剤を活用すること...

マグカップの収納。棚に飾る場合のポイントや見せる収納術

ティータイムに彩りを添えてくれるマグカップ。お気に入りのマグカップや、いただき物や思い出のあるマグカ...

部屋の片付け。おしゃれな空間を演出するコツ・条件・極意とは

部屋の片付けを楽しくするには、やっぱりおしゃれな空間を作り上げること。 掃除や片づけって、毎日...

和室にクッションフロアを敷く場合はカビ対策も忘れずにしよう

和室を洋室にしたい場合に使えるクッションフロアですが、もし実際に敷くとなるとカビの発生が心配になりま...

洗濯物の干し忘れは雑菌が繁殖!臭いが発生したときの洗い方

お洗濯をしたのに、うっかりして洗濯物を干し忘れてしまうこともあります。洗濯物を急いで干そうと思っても...

日々のゆとりのは時短家事から生まれる!家事のコツをご紹介

主婦の方も仕事をしている方は沢山いらっしゃいます。家事だけでも、やることはたくさんあるのに仕事もとな...

え?うちの排水口が下水臭い?そんな時に出来る対策は

いつも部屋を綺麗に掃除しているつもりでも、排水口から下水臭いニオイが漂ってくることがあります。 「...

畳がボロボロに!予防と対策、そして簡単リフォームについて

畳がボロボロに。 子供が居ると、畳でもフローリングでもお構いなしですよね。 元気がいいの...

やかんの水垢や茶渋の落とし方。頑固な汚れを落とす方法

毎日のように使うやかん。一見きれいそうに見えても、内側を見てみると、薄っすらと水垢が気になる、という...

出窓のインテリアはシンプルがいい。おしゃれで素敵な出窓の演出

出窓には何か置いていますか?せっかく出窓があるなら素敵なインテリアにしてみましょう。 ゴチャゴチャ...

スポンサーリンク

洗濯物の洗い方・裏返して洗うとメリットが

洗濯物を洗う時は、裏返して洗ったほうがいいという話を聞いたことはありませんか。

裏返しに洋服を脱いで、そのまま洗濯に出して親から注意をされた記憶がありますが、実際のところはどうなのでしょう。

洗濯物を裏返して洗うことにはメリットがあるとのこと。
詳しくみていきましょう。

衣類を裏返して洗濯すると衣類に与えるダメージが少なくて済む

ですのでお気に入りの洋服や、傷みやすそうな生地の場合におすすめな洗い方です。
洗濯物に優しい洗い方なのです。

干す特にもメリットがある

裏返して干すことで表の部分に直接、日差しが当たることが無く生地へのダメージが軽くて済むのです。

洗濯物の汚れ落ちが良い

裏側についている汚れが落ちやすくなるのです。内側についてしまう皮脂汚れや汗など落ちやすいということです。

また気になる襟や袖や脇の部分も落ちやすくなります。

乾燥しやすい

ポケットや縫い目の部分の裏側は乾きにくくなっていますので、裏返すことで早く乾きます。

洗濯物を裏返し洗うことや干すことには、こんなメリットがあったのですね。

裏返して洗った方が良い洗濯物は?正しい衣類の洗い方

裏返して洗うことのメリットはわかりましたが、すべての洗濯物を裏返すのは面倒という方に、これだけは裏返して洗ったほうがいいという素材を紹介します。

デリケートな素材の洋服、飾りの付いた洋服は裏返して洗う

レースなどが付いている洋服やシフォンのような素材の洋服も裏返すことで摩擦から守ることが出来ます。

色物や柄物も裏返したほうが、長持ちする

色物の代表をいえば、ジーンズです。かならずと言っていいほど裏返して洗うのがおすすめです。

同じように濃い色の洋服もそうですね。
プリントされたTシャツも、大事なプリント部分を守るために裏返しましょう。

この他お気に入りだったり、大切な洋服は是非裏返して洗うことをおすすめします。

内側の汚れが気になる洗濯物といえば、靴下

皮脂汚れをしっかり落とすことが出来ます。

裏返すことで表面の汚れが落ちるかどうか心配されるかもしれませんが、最近の洗剤の洗浄力は優れていますので安心して洗うことが出来るでしょう。

これは裏返さずにお洗濯を!洗濯物を裏返さない方が良い場合

下着などの肌に直接触れて汚れが内側につく場合は、裏返して洗濯すると気になる汚れや匂いを落とすことが出来ます。

上記のように裏返して洗濯するとよい場合もありますが、逆に裏返さないほうが良い場合もあります。

特にお子様などは、食事の時につい汚れてしまうでしょう。
調味料などは特に汚れが落ちづらいですね。

醤油やソースなどの食べ物がついた汚れや、汚れの部分が大きい場合は裏返してしまうと汚れが落ちにくくなります。

そのような汚れの場合は、洗剤を直につけたり洗濯用の漂白剤をつけて数分間おいてから洗いましょう。

下着の上に着る洋服は表面に汚れがつきやすいので、汚れが目立つ場合はそのまま洗濯しましょう。

洗濯物を裏返して洗う洗い方にはデメリットもある

表面の汚れが気になるものの、洋服がいたむので裏返して洗いたいという場合もあるでしょう。

汚れを落としたい表面のほうを外側にして洗います。お気にいりの洋服など生地が傷むのが心配なこともありますね。

洗濯ネットを使う

お子様の洋服などは、飾りやリボンが付いている物もあるでしょう。洗濯ネットに入れてお洗濯物を守ってあげましょう。

ひどい汚れの場合は、洗濯機に入れる前にある程度汚れを落とすようにするといいでしょう。

しかし裏返しにして洗うこともにはデメリットもあります。

裏返しての洗濯は手間がかかる

裏返しにする作業は意外に面倒な作業だったりします。乾いた後も裏返し元に戻さなくてはなりません。
二度の手間が必要になるわけです。

洗濯物をそのまま入れて、そのまま干して乾いたらたたむという通常の洗濯と比べて、多少の作業が増えてしまいます。

洗濯物を裏返して洗うと畳むのが面倒!解決策について

ではその面倒な作業をしなくて済む方法はないのでしょうか?

解決策をご紹介します。

まず1つ目は、洗濯に出す前に裏返してもらうこと

それぞれに洋服を脱いだ時に、裏返しにしてもらうようにしましょう。

そのまま洗濯をしてそのまま乾かします。

解決策二つ目、裏返しのまま乾いた洗濯物はそのままたたむ

そのままたたんで、着る人に直して着てもらうようにしましょう。

家族が多い分洗濯物は多くなる手間もその分かかります。家族全員分を一人で裏返しの作業をするのは結構な時間がかかりますね。

一人一人が協力することで、大きな手間が省けます。

洗濯物を裏返して洗うことは手間がかかりますが、洋服の痛みを防ぐことが出来るのでおすすめな洗濯方法なのです。

汚れの具合によっても洗濯の方法は変わってきますが、裏返し洗濯方法を一度試してみてはいかがでしょうか。