注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

メガネの曇り止め!裏ワザの中で何が最強?様々な曇り止めついて

メガネをかけてのマスク!外を歩いていて建物の中に入ったとき、また歩いている最中でも鼻息でメガネが曇ってしまうことがあります。

歩いているだけでもメガネが曇るなんて、デート中なら恥ずかしくなってしまいますよね。

そこでメガネの曇り止めの裏ワザ、何が最強かを調べてみました。確実にメガネを曇らせたくない時に使う方法も紹介をしていますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手芸の自由研究におすすめ!簡単に100均アイテムで作る作品

お子様の自由研究で、女子は手芸で作品を作るというのも人気です。そこで、小学生でも簡単にできる簡単な手...

一人暮らしで寂しい泣く気持ちを乗り越える方法!寂しさの対処法

一人暮らしを始めると、自由な時間が増えて、親の干渉もなく、楽しいことが多い半面、やはり寂しい気持ちを...

浴室の換気扇フィルターの掃除方法!掃除で換気効率をアップ

浴室は水分が多い場所なので、換気扇のフィルターはあまり汚れていないのではと感じている方もいるかもしれ...

手が小さい方向けピアノの練習方法!弾きやすくなる練習のコツ

ピアノをやっている方の中には、お子様や女性の方など手が小さいことで、いつも同じ場所でミスをしてしまう...

洗濯物を早く乾かす干し方のコツ!部屋干しでも臭わない

雨の日やジメジメとして季節には、洗濯物は部屋干しで乾かす方が多いと思います。そこで困るのが、洗濯物が...

鍋が黒い!重曹を使って洗えない鍋って?黒ずみをとるのは〇〇!

鍋がくすんでる!いや、黒い! 料理をしたあとに、お鍋を洗ってもキレイにならない時があります。 ...

Tシャツの黄ばみを落とす重曹を使った洗濯方法で白さ復活

きちんと洗濯しているはずなのに、なぜか黄ばみが出てくるTシャツ。特に白など淡い色の脇の下の黄ばみは気...

畳がボロボロに!予防と対策、そして簡単リフォームについて

畳がボロボロに。 子供が居ると、畳でもフローリングでもお構いなしですよね。 元気がいいの...

天井のクロスが剥がれたときの直し方や貼る手順について

天井のクロスが少し剥がれかけているような?天井のクロスが浮いてしまったり、剥がれてしまうときにはどん...

簡単に粘土で作品作り!人形を作るのにおすすめの粘土と作り方

粘土での作品づくりはいろいろな物がありますが、人形作りも人気の粘土作品です。 そこで人形作りが...

スニーカーは重曹とオキシドールで洗えば汚れも黄ばみも消えます

白いスニーカーを買ったものの、いつの間にか汚れがついてしまうとそのまま放置してしまいますよね。 ...

アイロンのやり方やコツを知ってシャツをビシッと仕上げよう

シャツにアイロンをかけたけれど、シワだらけになったり上手くかけられないという事もありますね。 ...

出窓をインテリアと収納に有効活用するコツとアイデアを紹介

キッチンの出窓をうまく活用したいけど、ただ物を置くだけでは全くおしゃれではありません。できればインテ...

生地の収納はどうしてる?収納上手さんのアイデアを紹介

生地の収納はどのようにしたら上手くいくのでしょうか?確か、あの生地がまだ残っているはず…。と探すとき...

毛玉取りにスポンジを使うやり方について知りたい

毛玉取りをする時、多くの人は専用の毛玉取り機を使うと思いますが、実はスポンジを使って取ることも出来る...

スポンサーリンク

メガネはなぜ曇る?曇る原因と対処方法

私はメガネをかけていますが、寒い季節はメガネの曇りに悩まされます。寒い外から暖かい部屋に入るとメガネのレンズ全体が曇ります。しかし、部屋に入ってある程度の時間が経過するとメガネの曇りは自然と解消されます。これは、外で冷やされていたメガネのレンズが暖かい部屋に入ると空気中の水分がレンズ付近で冷やされて付着するためです。メガネのレンズの温度があたたまるともう曇ることはありません。

メガネをかけている人がマスクをして寒いところに居るとやはりメガネが曇ります。マスクと顔の隙間から息が漏れてその中の水分が冷えてレンズに付着するためです。マスクによる曇りの場合は先ほどの寒い外から暖かい部屋に入る場合とは違い厄介です。メガネのレンズは寒い場所に居る間はずっと冷えたままです。マスクから漏れる息も、息をしている限りずっと漏れ続けます。そのためメガネはずっと曇ったままで解消されないのです。結局マスクかメガネのどちらかを外すしかありません。もしくはマスクから息が漏れ出るのを防ぐとメガネは曇らなくなります。
実は次の方法でこれを実現することができます。

マスクを折ってメガネの曇りを防ぐ方法

  1. マスクを針金の入った鼻の部分を上に、口に接触する面を上にして置きます。
  2. マスクの上部の針金の入った部分のすぐ下を谷折りにします。折った部分全体の折り目を指で押さえてしっかりとつけます。
  3. この状態でマスクをかけて鼻の部分の針金を指で押さえて隙間がなくなるように形を整えます。

とても手軽に時間をかけずにできる方法ですが効果は高いです。

家にあるものがメガネの曇り止めに最強?まずはお試しを

メガネの曇りは前述したようにレンズの表面に付く水滴です。この水滴は非常に細かいために、目には見えないほど細かいレンズの汚れにも付着します。レンズの表面に汚れがついていると汚れの分がでこぼこになり、そのでこぼこの面にびっしりと水滴が付着すると平らな面よりもより多くの水滴が付着する事になるのです。そのため、レンズの汚れを取ってきれいにしておくとメガネの曇りは緩和されます。メガネのレンズの洗い方をご紹介します。

メガネのレンズの洗い方

  1. レンズの両面を水で濡らします。
  2. レンズの中央に台所用中性洗剤を少し垂らします。
  3. 指で洗剤を伸ばしてなじませるようにやさしく洗います。
  4. 水道水で洗剤をきれいに流します。
  5. ティッシュで水を拭き取ります。
注意が必要なのは、必ず温度の低い水を使用する事です。お湯はメガネのコーティングを剥がしてしまいます。以前使っていたメガネのコーティングが剥げてしまいメガネを作り変えに行った所、眼鏡屋さんに教えてもらいました。温泉などの大浴場に行った時にメガネが曇るのでお湯に浸けて曇りを取っていたのですが、それが良くなかったようです。メガネを洗うときは温水を使わないようにしましょう。

汚れを落とすなら歯磨き粉も最強?メガネの曇り止めにも効果あり

歯磨き粉をメガネのレンズに付けるなんてとんでもない!と思われる方は多いと思います。しかし、水で濡らしたメガネのレンズに歯磨き粉を付けてから水で洗い流すと曇り止めの効果が得られます。しかし、研磨剤の入った歯磨き粉は避けましょう。メガネのレンズに傷がついたりコーティングが剥がれてしまう可能性があります。

出先でメガネが曇って困ってしまった場合の対処法

ティッシュを利用してメガネの曇りを防ぐ方法

  1. ティッシュを二つ折りにして、両端から4cmくらいを谷折りにします。
  2. 1の状態から下側から2回折ります。これで幅1.5cmくらい、長さ12cmくらいの細長いティッシュになります。
  3. マスクの口に接触する面を上にして置き、マスクの上の辺に合わせてティッシュを置きます。
  4. ティッシュを抑えながらマスクをします。
  5. 針金を押し付けて鼻とマスクの間の隙間をなくします。
メガネの曇り対策として万全なのですが、マスクを外す度に取れてしまいます。マスクの着脱をよく行う場合はティッシュをセロテープや両面テープで付けておくと快適に使用できます。

やっぱりメガネの曇り止めに最強なのはコレ

マスクをかけた時の曇りだけではなく温度差のある室内に入ったときの曇りを防ぎたいという場合は、市販の曇り止めが一番です。

台所用中性洗剤や事務用品の糊など色々と試してみましたが、曇りが緩和されても万能ではありませんでした。
市販のメガネ用の曇り止めには、いくつかのタイプがあります。

  • スプレータイプ
    レンズに直接拭きかけて、ティッシュなどで伸ばしながら拭き取ります。
  • 液状タイプ
    レンズに垂らして指やティッシュで伸ばして拭き取ります。
  • クロスタイプ
    クロスに曇り止め成分が浸み込んでいるので、そのクロスでレンズを拭きます。
  • ジェルタイプ
    レンズに塗って拭き取ります。
市販の曇り止めは大変効果が高いです。しかし、塗った後にレンズを洗うと成分が取れて効果がなくなってしまいます。また、効果が続くのは1~2日なのでこまめに塗る事が大切です。「朝塗って一日快適」と考えると良いでしょう。