注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

あいうえお作文で自己紹介するコツ!文章の考え方と上手な作り方

何かのイベントやゲームなどで、あいうえお作文で自己紹介をすることがあります。実際にあいうえお作文を作ったことがない人は、どのように作文を作ればいいかわからないこともありますよね。

ここでは、あいうえお作文を使って自己紹介するときのコツについてお伝えします。どんなふうに文章を考えればうまくできるのかを知って、上手に自己紹介をしましょう。

また、濁点や小さい「ゃ」などの扱い方についてもご紹介しますので、こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の虫除け対策!もう虫に困らない干し方のポイント

自宅の周りが自然豊かな場所だと、空気がキレイなのは嬉しいことですが、洗濯物に付く虫に悩む方も多いよう...

チューリップの球根は掘り上げ必要?その理由と方法

チューリップは球根は掘り上げが必要?そのまま球根を植えっぱなしにしていても、花を咲かせる場合もありま...

玄関の照明の明るさの目安!照明選びに迷った時のアドバイス

玄関はその家の顔とも言われますが、玄関の照明はどのくらいの明るさが必要なのでしょうか? そこで、玄...

手が小さい方向けピアノの練習方法!弾きやすくなる練習のコツ

ピアノをやっている方の中には、お子様や女性の方など手が小さいことで、いつも同じ場所でミスをしてしまう...

チューリップの球根を3月植えるのはNG!植える時期とポイント

チューリップの球根を、暖かくなってきた3月植えるのは良くないことなのでしょうか。 球根の存在を忘れ...

親の介護で兄弟間のトラブルに発展しやすい事例と解決策について

親の介護で兄弟間のトラブルに発展しやすい事例は、いくつかあります。 助け合うはずの兄弟が、親の...

鍋が黒い!重曹を使って洗えない鍋って?黒ずみをとるのは〇〇!

鍋がくすんでる!いや、黒い! 料理をしたあとに、お鍋を洗ってもキレイにならない時があります。 ...

毛玉取りにスポンジを使うやり方について知りたい

毛玉取りをする時、多くの人は専用の毛玉取り機を使うと思いますが、実はスポンジを使って取ることも出来る...

ボールペンのシミを取る方法!水性ボールペンの落とし方

服を洗濯しようとした時に、ワイシャツのポケットにボールペンのシミを発見。そんな時はどのようにすればボ...

天井のクロスが剥がれたときの直し方や貼る手順について

天井のクロスが少し剥がれかけているような?天井のクロスが浮いてしまったり、剥がれてしまうときにはどん...

ミシンのコツやポイントとは?まっすぐ縫いたいとき

ただまっすぐ縫いたいのに、曲がってしまうときの原因はどんなところにあるのでしょう?ミシンの基本となる...

プラバン使ったアクセサリーの作り方とマスキングテープ活用術

プラバンを使ったアクセサリー作りに挑戦したいと思っても、デザインを考えるのが面倒だと諦めてしまう人も...

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります...

茶渋を落とすには?重曹やクエン酸を使った茶渋を落とす方法

茶渋を落とすときには重曹?それともクエン酸?どっちも茶渋を落とすのに有効なので、家にあるならぜひ試し...

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

スポンサーリンク

あいうえお作文で自己紹介!あいうえお作文とは

あいうえお作文と言えば、テレビのお笑い番組などで行われる大喜利コーナーで、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

あいうえお作文とは短い言葉の一文字ずつをそれぞれ頭文字にして、文章をつくる遊びのこと

例えば、「おはよう」という言葉を使ってあいうえお作文を作ると、

おいしいごはんのあとは
はみがきをつかって
よくはをみがいたら
うがいもわすれずに

と、このような簡単な文章が出来上がるわけです。しかし、これだとあまりにも普通すぎて、何の面白みもありませんよね。

あいうえお作文を交えて自己紹介をする場合は、自分の性格などがわかるような言葉を盛り込むのがポイントです。少し笑える要素を入れられるように、工夫して言葉を選びましょう。

あいうえお作文で自己紹介するコツ・名前やニックネームであいうえお作文

自分の名前であいうえお作文を作って自己紹介をする場合は、名前の長さによってはたくさん文章を作らなくてはならなくなりますよね。フルネームだと4文字の人もいれば、10文字以上になる名前もありますので、文字数が多ければ多いほど、それだけあいうえお作文を作るのも少し難しく感じてしまうかもしれませんが、コツさえ抑えておけば案外簡単に作ることができます。名前やニックネームを使って実際にあいうえお作文を作ってみましょう。

あいうえお作文で自己紹介するときには、まずは言葉をいくつも並べてみる

長い文章を作るというよりも、関係ありそうな言葉をつなげる遊びだと捉えてみてください。太郎くんなら、まずは「た」「ろ」「う」が頭に付く言葉をたくさん書き出してみましょう。

  • た=たのしい、たくさん、たいそう、たいやき
  • ろ=ろうそく、ロールプレイングゲーム、ロック
  • う=うれしい、うみ、うんどう など

これを使って文章を作るとすると、

たいやきと
ろーるぷれいんぐげーむがあれば
うれしいおとこのこです

このように、思いついた単語をつなげて簡単な文章を作るだけでも、自己紹介をかねたあいうえお作文を作ることができるのです。

あいうえお作文で自己紹介するときは長所や笑えるポイントを盛り込もう

自分の名前を使ってあいうえお作文を作るとなると、どうしてもキッチリ作ることに専念しすぎて、あまり印象に残らない自己紹介になりがちです。クラス替えなどのタイミングだと、自分がどんな人間なのかを知ってもらい、積極的にお友達を作るチャンスと捉え、アピールポイントを盛り込むのがおすすめです。

あいうえお作文の自己紹介で自分の良さを知ってもらう

例えば、足が速いだとか、どんなことに詳しいというような、お友達から興味を持ってもらえるような特技などを交えることで、周りに顔と名前を覚えてもらったり、話しかけてもらえるきっかけにもなります。

ユーモアのある言葉を入れる

自分の良いところをアピールしつつも、ただの自慢にならないように、少しおっちょこちょいな点を挙げるなど、みんなが思わず笑ってしまうような言葉を選ぶことで、周りにもユーモアのある面白い人だと印象づけられます。

あいうえお作文で自己紹介・感謝の気持ちを伝えるには

あいうえお作文では、何を言いたいのかがわからないような、遠回しな表現ではなく、誰にでも伝わるようなわかりやすい文章を作ることを心がけましょう。普段は恥ずかしくてなかなか言えない言葉も、あいうえお作文にすることで素直に伝えられるというメリットもあるのです。

言葉遊びに気持ちをこめて

自己紹介というからには、自分がどんな人間なのかを知ってもらうために、自分の事ばかりを詰め込んでしまいがちですが、家族やお友達へ向けたメッセージを入れるのも良いでしょう。

名前に「み」が付くのであれば、「みんなと仲良くしていきたいです」と、お友達へのメッセージを入れてみたり、「あ」が付くのでしたら「ありがとうが言い合えるクラスになるといいな」といった願いを込めてみるのも良いと思います。

自己紹介に限らず、あいうえお作文で誰かに気持ちを伝えたい場合は、誰に向けたメッセージなのかをわかりやすくするのと同時に、お礼や感謝は素直に伝わるような文章にしましょう。

あいうえお作文を作るときに濁点や小さい「ゃ」などを使うときは

自分の名前を使ってあいうえお作文を作るとなると、たびたび出てきてしまうのが、濁点や半濁点と、「ゃ」「っ」などの小さい文字です。通常、濁点や半濁点はそのままで使ってもかまいませんが、難しい場合は「が」を「か」に変えてみたり、反対に「か」を「が」に変えても大丈夫ですので、使いやすいほうを選びましょう。

また、名前によく登場する小さい文字に関しては、文字をそのまま普通のひらがなに置き換えるのが一般的です。「しょう」くんであれば、「し」「よ」「う」の3文字にして文章を作りましょう。

小学校などでは、みんなが楽しめるような自己紹介になるように、あいうえお作文を交えて自己紹介をする時間を設けるケースも増えているようです。なにぶん相手は子供ですから、スベるのを気にせずにウケ狙いに徹するのもまた楽しいものです。あいうえお作文がどんなものなのかわからない場合は、とりあえず簡単例を交えて説明するだけに留めておきましょう。

子供ながらの感性を生かして、面白い自己紹介ができると良いですね。