注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

油汚れ落とす洗剤とその使い方で衣類がスッキリ。頑固汚れにも

食べ物の油汚れが付いた子供服や、調理中についてしまった油汚れなど、お気に入りの衣類に付いた油汚れは落とすことが出来るのでしょうか。

今回は衣類についた油汚れにおすすめな落とし方や洗剤の使い方を紹介します。
汚れがひどくない場合は、食器用洗剤を使って油分を分解してから洗濯します。

なかなか落ちない頑固な汚れを落とすには、クレンジングオイルを使ってみましょう。
落とし方を紹介します。

油汚れにはセスキ炭酸ソーダや固形石鹸もおすすめです。
諦めていた油汚れに是非お試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マルベリーの育て方【鉢植え】上手に育てる方法と収穫方法を解説

マルベリーの鉢植えを育てようと考えている人の中には、どうやって育てれば上手に実を付けることができるの...

ステンレスの黒ずみに重曹は効果的!汚れを綺麗に掃除する方法

ステンレスの黒ずみが気になっているけど、どうすればピカピカの状態に戻すことができるのかわからない人も...

畳がボロボロに!予防と対策、そして簡単リフォームについて

畳がボロボロに。 子供が居ると、畳でもフローリングでもお構いなしですよね。 元気がいいの...

煮洗いで重曹を入れると赤ちゃんの服の黄ばみもスッキリ

赤ちゃんの洋服やスタイは洗濯していても、どうしても汚れが落ちきらずに黄ばみとして残ってしまいますよね...

革の手袋は洗濯出来る。家庭にある物で優しく洗濯する場合の方法

寒い季節の外出は手袋が欠かせないですね。 また手袋はおしゃれも出来ますし、革の手袋を愛用している方...

布団を天日干しできない時にできる布団の手入れ方法

布団を天日干しすると、除湿やダニ退治もできるので、できる時にやっておきたいですが、天気の状況や、部屋...

シンプルライフを過ごすための服の枚数、残す服の選び方をご紹介

シンプルライフをおくっているかたや、ミニマリストの服の枚数はどのくらいなのか、気になりませんか? ...

油汚れが服についてしまった時の落とし方についてご紹介

油汚れの種類には、食べ物の汚れや、化粧品や機械油が原因のものなどあります。 そういったものが服につ...

キッチンの床を綺麗にDIYするならこんな方法があります

最初は綺麗だったキッチンも数年使い続けていると、床に傷が増えたり、洗剤で拭いても落ちないシミなどが出...

時短家事に欠かせない便利な家電!忙しい主婦のための賢い家電

今は仕事を持つ女性も増えてきて、女性の一日の仕事量は膨大です。仕事でクタクタになっても、家に帰れば家...

メガネの曇り止め効果のある対策!マスクをしても曇らせない方法

メガネを愛用している方にとって、厄介なのがメガネの曇りです。特に寒い冬には、1日に何度もメガネの曇り...

トイレのドアが開かない!原因や修理と困ったときの対処法

トイレのドアが開かないで困ったことはありませんか?でも、その後なんとか開いたのでついそのままにしてい...

チューリップの球根を3月植えるのはNG!植える時期とポイント

チューリップの球根を、暖かくなってきた3月植えるのは良くないことなのでしょうか。 球根の存在を忘れ...

ボールペンのインク出ない時の対処法とやってはいけない対処法

ボールペンのインク出ない時ありませんか?そんな時に役立つ対処法についてご紹介します。 まずはボール...

卵の臭いが食器についたときの対処方法 臭いのとり方とは

卵の臭いが食器にうつってしまったときには、どのような方法で落としたらいいのでしょうか? 生卵の...

スポンサーリンク

衣類についた油汚れは、食器用洗剤で予洗いしてから洗濯する方法

子どもが小さいと、食事の時の食べこぼしによって油汚れがついたりするとしみになってとるのは難しいと感じますが、きちんと予洗いはしていますか。

なにもせずに洗濯機に入れて洗っても、きちんと取り除くことは期待できません。
そこで大切なのが洗濯前の予洗いです。

衣類についた油汚れは洗濯洗剤で予洗いするよりも、食器用洗剤を使うのがポイントです。

予洗いの仕方は簡単です。
服の油汚れのついた部分に、食器用洗剤を少し垂らして、揉み込むように洗います。

その服はそのままにしておかずに、洗濯機で洗いましょう。

その一手間を加えるだけで、汚れがつくまえのようにきれいにすることができます。

その他にも、油汚れかどうかわからないときにも一度食器用洗剤で下洗いしてみましょう。
そうすることで油の膜が取れるので、漂白剤を使って洗濯すると前は汚れが落ちなかったのにきれいになるという可能性も出てきます。

また、汚れた時はできるだけ早く予洗いをしておくのも大切でしょう。
範囲が小さければそれほど時間もかからないので、すぐに予洗いしてしまうのがおすすめですよ。

衣類の頑固な油汚れを落とす洗剤と落とし方

少しの油汚れであれば、食器用洗剤の予洗いで十分にきれいにすることができますが、頑固な油汚れの場合にはそれでは落とせないこともあります。

そういったときには漂白剤を使って落としてみましょう。
漂白剤といっても、塩素系と酸素系がありますが、酸素系のものを使うようにしましょう。
酸素系漂白剤の使用は、色柄がついていても白くなることはないので安心して使えます。
酸素系漂白剤を使ってつけ置き洗いをします。

【洗い方】

  1. 洗面器やタライを用意します。
    適当な容器がなければ洗面台に栓をするのでもOKです。
  2. 1で用意したものにお湯を入れます。
    温度は大体50度くらいが好ましいです。あまり温度が低いと十分に汚れが落ちないことがあります。
  3. 2に洗濯洗剤と酸素系漂白剤を入れます。
    量は、それぞれに記載されている量を目安に入れましょう。
  4. 3の洗濯液の中に汚れ部分を確認してつけます。
  5. 3時間程度経ったら、取り出し軽く水気を取り、洗濯機に入れて洗います。

それでも落ちない衣類の油汚れを落とすアイテム

上記に示した方法を試しても落ちない油汚れもあるでしょう。

そこで、どうしても油汚れが落ちないときには「クレンジングオイル」の使用をおすすめします。
男性であればあまり聞き慣れなく使うことも少ないでしょうが、お化粧をしている女性は毎日使っている人も多いのではないでしょうか。家にクレンジングオイルがある人は早速試してみましょう。

用意するものは、クレンジングオイルの他に使い古しのタオルと同様に歯ブラシです。

洋服の油汚れ部分にクレンジングオイルをつけるのですが、この時洋服の下にタオルを敷きましょう。
Tシャツの表面についた場合などは、汚れた部分の生地の下にタオルがくるように挟むような感じでタオルを使います。

ここで、食器用洗剤と違うのが歯ブラシを使うということです。
クレンジングオイルをつけたら、こすらずに歯ブラシのブラシ部分で叩いて下に敷いたタオルに汚れを移すようにします。

ある程度取れたら、水ではなくぬるま湯でもみ洗いしましょう。
後は、同様に洗濯機で洗えば終了です。

プロも使う油汚れ落としのおすすめ

上記の他にも、油染みを落とすのに有効なものがいくつかあります。

  • まず、1つ目がセスキ炭酸ソーダです。
    こちらは、台所の油汚れなど掃除に使われることが多いですよね。
    もちろん、衣類の油汚れにも使うことができます。
    このセスキ炭酸ソーダは、環境にも優しく、まだあまり肌の強くない子どもにも安心して使えるのでおすすめです。
    また、洗う際の手へのダメージも少ないので、洗う人にも優しいものです。
  • 2つ目は、洗濯用の固形石鹸です。
    固形石鹸は、汚れ部分に直接石鹸をすりこめるので、よりきれいに汚れを落とす効果を期待できます。
    また、一度では落ちない油汚れも何度か洗っているうちにきれいに落ちてなくなるということもあるでしょう。
    その際には、水ではなくお湯で洗うようにするのがポイントです。

外出先での応急処置とシミ抜き洗剤の選び方

自宅にいる時についてしまった油汚れであれば、予洗いしてすぐに洗濯することができますが、外出中に思いがけずついてしまった油汚れはどう対処するのがいいのでしょうか。

こすらずにつまむ

汚れがついてしまったらとっさにハンカチやティッシュでこすってしまいそうになりますが、ここは焦らずに汚れをつまんで吸い取ります。
この時、ハンカチでもいいですしおしぼりがあればそれでOKです。
ある程度汚れが取れたら、洋服の汚れのついた裏部分から叩いて汚れのついていないハンカチでシミを取りましょう。
子どもと一緒に外食するときには、余分にハンカチやタオルなどを持っていくとこういったときにも役立つのでオススメです。

また、普段の洗濯用ではなく、シミ抜き用の洗剤を選ぶ際には何種類も用意するのではなくできるだけコンパクトにまとめたいですよね。

ですので、選ぶ際にはどんな汚れでも落とすことができるものを選びましょう。

汚れやシミには水性のものや油性のものがあります。
どちらかだけ落とせるものを選んでしまうと2つ用意することになるので、どちらにも対応できるものがいいでしょう。
洗う手間や時間なければ少ないほど助かります。忙しい時は特にそう思いますよね。
ですので、洗剤をつけて揉み込むだけ、洗剤をつけるだけなど簡単な物を選ぶのがおすすめです。