注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

入学式の服装とは?母親におすすめなスーツと着こなし

子供の入学式で母親はどんな服装で行けばいいのでしょうか?卒園式に着たワンピースでは地味すぎる?

卒園式に着た服を入学式にも着るときには、ジャケットやコサージュなどで華やかさをプラスしてあげるといいでしょう。入学式ならではのマナーとは?やめておいたほうがいい服装はあるのでしょうか?

入学式に母親が着ていく服装について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フラメンコのカスタネット上達のための練習方法と注意点について

フラメンコ教室でいよいよ始まったカスタネットの練習。しかし、なかなか良い音が鳴らなくて悩んでいる人も...

ジッパーの修理方法!スライダーの問題を解決

ジッパーが上手く噛み合わなくてイライラすることありませんか?もうジッパーが壊れてしまったのかも!と、...

モルタルの玄関は後悔しやすい?モルタルのメリット・デメリット

モルタルの玄関にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか? 後悔しない玄関作りには、...

着物のオークションで失敗しないためのポイントについて徹底解説

着物を楽しみたい女性にとって、一般の着物専門店よりも安く購入できるオークションはとても魅力的に映るで...

ポリエステル100%コートの特徴や欠点、コートを選ぶポイント

コートを選ぶ時、素材もチェックしていますか? ポリエステル100%のコートもありますが、あなたが4...

ピアノの演奏会におすすめのプレゼントや差し入れの選び方

ピアノの演奏会に招待された場合には、やはりプレゼントや差し入れを持っていくのがスマートな方法です。 ...

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

自転車のスタンドが上がらない原因と直し方について徹底解説

買い物に出かけようと思ったものの、乗ろうと思った自転車のスタンドが上がらないと焦りますよね。 ...

No Image

クリスマスをハンドメイドで可愛く!簡単手作りオーナメント

クリスマスが近くなるとクリスマスツリーを飾るご家庭も多いと思います。特にお子様が小さいうちなどは、ツ...

朝顔の育て方、プランター1つにつき摘心は3回行うのが基本

朝顔をプランターで育てる場合、朝顔の育て方のポイントとなるのが「摘心(てきしん)」です。 新し...

正月に神社にお供えする酒や、振る舞い酒について詳しく調査

お正月に神社へ初詣でに行ったら、振る舞い酒を頂ける所もありますね。 お神酒ともいいますが、お神...

男性シャツのボタンが女性と逆の位置なのはなぜ?の謎に迫る

男性用と女性用のシャツでは、ボタンの位置が違うのはご存知でしょうか。 男性のシャツは前ボタンが右、...

黒ずみ【ひじ・ひざ】手軽に解消できる!簡単ケアと予防法を紹介

ひじやひざには古い角質が溜まりやすく、気がつくと年齢とともに黒ずみになってしまうことがあります。そん...

男性で身長が150台でもコンプレックスにしない方法

身長が150台ということをコンプレックスに感じている男性はいませんか?もちろん背が高いことは有利にな...

建前のお祝いは何が良い?近所の上棟祝いに贈る品物と金額の相場

ご近所の建前のお祝いには、一体どんなものを贈るのが良いのか頭を悩ませている人もいますよね。そもそもお...

スポンサーリンク

入学式の母親の服装は暗くない色がおすすめ

小学校の入学式にどんな服装が好ましいのかを考えた時、入学式は明るめの色で、卒業式には暗めの色と認識している人も多いと思います。

私も子供の入学式には明るめの色のスーツを着ました。

子供の着る洋服はあっさり決めることができても、なかなか着る服装が決まらないといったお悩みのママもいるのではないでしょうか。

入学式で着るおすすめの洋服は明るめの色

入学式で着る洋服を選ぶ時には、どんなデザインにするかも迷いますが、色の選び方にも迷うことと思います。

おすすめの洋服は、ベージュ・淡いピンク・明るめのグレーといった色が無難

子供の入学式で着ていたお母さん達のスーツやワンピースの色は、明るい色のものが多かったように感じます。

黒系のスーツを着ている方もいましたが、なんとなく浮いてしまっている感じがしたので、ジャケットを明るめの色にすると華やかさがでて、入学式を感じさせる服装になるのではないかと思います。

スカートが苦手という人は入学式の服装でパンツスタイルもアリ

入学式の服装は必ずしも、スカートでなければならないと言うことはありません。

スカートが苦手という人はパンツスタイルでも、もちろんOKです。

パンツスタイルで入学式に行く時は明るめのジャケットとあわせると良い

体型が気になるからスカートは履きたくないと言う方にも、今はデザインにも工夫がされたものがたくさんありますよ。

また、今はスーツでなくても、セットアップされたコーディネートで販売されている洋服がたくさんあります。

それをうまく組み合わせて、コサージュやパールのネックレスなどをさりげなく身につけると華やかになります。

もし身近に先輩ママがいれば、入学式の写真で父母が写っているものを見せてもらい、入学式に着ていく洋服の参考にしてみるのも良いでしょう。

入学式の服装は着回しができるものを選ぶのがコツ

お子さんが成長するにつれて、入学式、卒業式と親も参加するものが増えてきます。

そのたびに着ていく洋服を選ぶのにも悩んでしまうことがありますよね。

そんな時に、パッと決められるように着回しができるものを選んでおくと、とても楽です。

今は入学・卒業式シーズンになると大手スーパーでもリーズナブルなお値段でセットアップスーツがたくさん販売されていますよね。

その中でも、入学・卒業式シーズンに着回すことのできるものを持っていると、何を着ていくかを迷うことなく決めることができるので、おすすめです。

特にジャケット2枚とスカートとパンツが組み合わせできるものだと、中のインナーを変えるだけでも何通りの着回しをすることができるので、購入する時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

入学式に着ていく服装で母親が気をつける事とは

入学式に着ていく服装で母親が気をつける事と言えば、まさに子供より目立ちすぎない服装にすることや、華美にしすぎないことです。その他には、スカートの丈が短すぎないことや、あまりきつめの服を着たりするのは見た目にも良くありません。

その他にも派手なお化粧なども控えるようにし、ナチュラルメイクを心がけるようにしましょう。

膝下のフレアースカートやワンピースなどの服装がおすすめ

また、靴は歩きやすいもので、鞄なども一般的に使用するベーシックなものにしましょう。

ちょっとオシャレ感を出したいのであれば、靴とカバンとインナーなどを同じで色で統一すると、見た目も素敵にコーディネートされ、上級者のコーディネートになりますよ。

あくまでもお子さんが主役なことを忘れずに、先述したように子供より目立ちすぎない服装にすることを心がけてくださいね。

入学式の母の服装はココも気をぬかずに

入学式の母親の服装は、子供より派手にならないように心がけることが大切だとお伝えしましたが、だからといって地味にすることはありません。

入学式は少し華やかさを出すことも大切

その華やかさをほんの少しプラスするのであれば、コサージュやパールのネックレスをナチュラルに演出しましょう。

もし、モノトーンの洋服を着るのであれば、靴の色を明るめにするなどもおすすめです。
また、洋服だけではなく髪の毛もほんのりゆるく巻いたり、ハーフアップにしてみても良いですね。

小さいお子さんがいる家庭では、ママも忙しくなかなか自分に手をかける暇や時間がないですよね。しかし、入学式間近になって焦らない為に服装以外にも、靴や鞄や髪型にも気を抜かないように、余裕を持って準備をしておきましょう。

コーディネートするのは、自分ではなかなか難しいし苦手と言うママもいるかと思いますが、今はインターネットからたくさんの役立つ情報を知ることも見ることもできます。

スーツを買う時に迷った時には、自分に合う色やデザインをお店の方に相談してみると、いつも自分では選ばないものが似合うと言う発見をすることもできますよ。その他にも、小物類で華やかさをプラスし上手に着こなし、お子さんと楽しい入学式を迎えてくださいね。