注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

テフロンのフライパンは復活出来る。復活方法と長持ちさせる為に

料理に欠かせないフライパン。どのようなタイプのフライパンをお使いですか?

焼いたり炒めたりしていて、具材が焦げたりこびりついたりするのは嫌なものですね。
そこでテフロン加工されているフライパンを使う方も多いと思いますが、毎日使っているうちにやはり焦げついていくでしょう。

テフロン加工のフライパンは、焦げ付き始めたら買い替えを考えた方が良いのでしょうか?

今回はテフロンを復活させる方法について紹介します。
まずは正しいテフロン加工のフライパンの使い方を確認しておきましょう。

では早速復活させる方法をご覧ください。復活方法は自分で出来る場合もありました。
最後にフライパンを長持ちさせる為の使い方も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

重曹とクエン酸は洗濯槽掃除に向いてる?使用方法と注意点

重曹とクエン酸は様々な場所の掃除に使える便利な洗剤です。キッチンや浴槽の他にも洗濯槽掃除に使用してい...

オリーブの天敵【オリーブアナアキゾウムシ】の対策法を徹底解説

オリーブの木は病気や害虫にも強いとは言われていますが、天敵となる害虫もいます。それが【オリーブアナア...

マイホームが完成してからの後悔。日当たりが悪い家について

マイホームが完成して、いざ住み始めて気づくことっていろいろとあります。 マイホームを建てた人が...

かぼす・すだち・シークワーサーの特徴や違い!見分け方のコツ

「かぼす」と「すだち」と 「シークワーサー」はとても似ていますよね。 全部柑橘系であるというこ...

洗濯物の生乾きから発生する嫌な臭いの原因と対処方法について

夏場になると湿気が多くなり、途端に洗濯物が乾きにくくなって困りますよね。洗濯物の乾きが悪くなると、一...

【那須旅行】子連れも楽しめるおすすめ観光スポットとグルメ情報

子連れで那須旅行を計画している人に、家族みんなで楽しめる那須のおすすめ観光スポットをご紹介します。 ...

ひまわりの育て方とは?種とりのタイミングや準備するもの

ひまわりの育て方の最終段階となる種とりですが、この種とりはいつ行えばいいのでしょうか? また、...

洗濯物のハンガーが飛ばないようにする方法やアイテムを紹介

洗濯物のハンガーが飛ばないようにするにはどうしたらいいのでしょうか? そこまで風強くない日でも...

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

男性で身長が150台でもコンプレックスにしない方法

身長が150台ということをコンプレックスに感じている男性はいませんか?もちろん背が高いことは有利にな...

駐車場のコンクリートの隙間に適しているのは?隙間の埋め方

コンクリートの駐車場で隙間があるときには、どんなもので埋めたらいいのでしょうか? 駐車場を作るとき...

押し花の作り方【クローバー編】押し花を綺麗に作る作り方を解説

四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるという話を聞いたことがある人もいますよね。もしも四つ葉のク...

ポリエステルのアイロン失敗のテカリを目立たなくする方法

ご主人のスーツや子供たちの制服などにアイロンをかけた時に、テカってしまった事やテカリが気になったこと...

洗濯物を雨から守ってくれるカバーとは?カバーの種類と注意点

朝は良い天気だったのに、急に雨が降ってくると、外干ししていた洗濯物が濡れてしまい洗濯物をやり直すこと...

ボルトやナットの締め方のコツ!締めすぎないことも必要です

ボルトやナットの正しい締め方を知っていますか? 締め方が悪いと、ボルトが切れてしまったりなめてしま...

スポンサーリンク

テフロン加工のフライパンの正しい使い方を確認

テフロン加工を復活させる方法の前に、まずは正しいテフロン製フライパンの使い方をおさらいしておきましょう。

テフロン加工のフライパンの調理の時の注意点

  • フライパンを加熱したら空焚きは1分まで(基本的に空焚きは禁止)
  • 調理前にフライパンに少量の油を引く
  • 火力は中火以下(強火調理はフライパンのテフロンを傷つけるため)
  • 調理器具は、ゴム製か樹脂製の、先が丸まった柔らかいものを使用する

テフロン加工のフライパンを洗う時の注意点

  • 調理終了直後は、フライパンに残った油と食品カスをキッチンペーパーで拭き取る
  • フライパンの温度が下がってから水またはぬるま湯で洗う
  • 中性洗剤以外の洗剤は使わない
  • 柔らかいスポンジを使用する

意外と知られていないのが、「強火調理をしないこと」です。
テフロン加工のフライパンは、熱伝導が良いためフライパンの温度が均等になりやすく、中火で十分に調理が可能です。急激な温度変化に弱いテフロン加工のフライパンですので、強火で熱するのは避けたほうが良いでしょう。

また、使い終わったフライパンをすぐに水に浸けてしまうのも厳禁です。
急激な温度変化でフライパンを傷めてしまいますので、必ずフライパンが冷めてから洗うようにして下さいね。どうしてもすぐにフライパンを洗わなければいけない時には、熱いお湯を掛けてフライパンを洗うと、温度変化を抑えられるでしょう。

テフロンのフライパンを復活させたい時に最初にやってみたい事

テフロン加工のフライパンに、何となく食材がくっつきやすくなった、と感じる時ってありませんか?
実はこの現象…テフロン加工の剥がれが原因ではなく、フライパンの表面に残っている油汚れが原因のことが多いです。

食材がくっつくようになったから、そろそろ買い替えの時期かな…と考えるのは早いかもしれません。
まずは油汚れを疑って、これから紹介する油汚れの掃除方法を試してみて下さい。

テフロン加工のフライパンの油汚れの落とし方

  1. フライパンに熱湯を注ぎます。
  2. 加熱して1~3分程度、煮沸しましょう。
  3. フライパンのお湯を捨て、柔らかいスポンジに中性洗剤を付けて洗い、お湯で洗い流したら完了です。

フライパンを洗ったら、実際に調理をしてテフロン加工が復活したかどうか確かめてみて下さい。
油汚れが原因であれば、この方法でテフロンが復活するはずです。

長く使っていると、どうしても油が固まって残ってしまうことがあるので、定期的に煮沸をして、溜まった油汚れを落とすのがおすすめのお手入れ方法です。
私は定期的にフライパンを使って野菜を茹でたり、パスタを茹でたりするので、この時にフライパンの油落としを一緒に行ってしまいます。
調理と合わせて行えば一石二鳥で、お手入れの時間もとりませんので、おすすめですよ。

くっつかないフライパンは、調理も気持ちよく出来ますよね。

テフロンのフライパンを自分で復活させる方法

油汚れを落としても、テフロンのフライパンが復活しないこともあるでしょう。
この場合には、自分でフッ素樹脂加工を施す方法か、もしくは業者に依頼して加工を施してもらうかの2つの方法でフライパンを復活させることが可能です。

まずは、自分でフッ素樹脂をコーティングする方法について解説していきます。

使用するのは、フライパン専用のフッ素樹脂加工スプレーです。
「フライパンの再生用」と「防水用」など、用途が分かれているので、必ずフライパン用と明記されたものを使用するようにしてください。

フッ素樹脂加工スプレーの使い方

  1. 煮沸をして、フライパンの汚れをしっかり落としておきます。
  2. スプレーをフライパンに一吹きしたら、スポンジで全体に馴染ませます。
  3. 余分な油をクロスで拭き取って、フライパンを弱火で30秒加熱したら出来上がりです。

テフロンのコーティングが軽い剥がれの場合には、この方法が有効です。
手順も簡単なので、スプレーさえ手に入れることができれば、ものの5分でフライパンのコーティングを復活させることができますよ。

テフロンのフライパンの復活を業者に依頼する場合

フライパンのテフロン加工がひどく剥がれてしまった方もいるでしょう。
安いフライパンであれば、諦めてすぐに買い換えることもできますが、それなりの値段で購入した高いフライパンの場合には、簡単に処分することは出来ませんよね。

そのような時に利用したいのが、業者です。
フライパンの購入先が大型メーカーである場合には、メーカー保証でテフロンの再加工を施してくれる場合もありますが、メーカーだと買い替えを勧められることも多いです。
しかも、メーカーに修理を依頼すると、値段もそれなり。本当に買い替えたほうが安いのではないかと思ってしまうこともあります。

しかし、個人の業者であれば、それほど高い修理料を掛けずにテフロンの再加工を依頼することができます。
ネットで近くの業者を検索してみてください。
自宅から遠い地域の業者の場合でも、郵送で対応してくれる業者もあり、価格も2000円以下とお安く対応してくれる場合が多いです。

お気に入りのフライパンを長く使いたいと思っている方にはぜひおすすめしたい方法です。

テフロンのフッ素樹脂加工を長持ちさせる使い方

テフロンのフライパンを使用するときには、フッ素樹脂加工が剥がれない様に扱うことが大切です。

最初に紹介したように、

  • 火力
  • 調理器具
  • 洗い方

の3点には、気をつけてフライパンを扱ってください。
正しいフライパンの使い方をすることで、コーティングの剥がれから守ることが可能です。

フライパンの中に食材を入れっぱなしにしない、ということも大切なポイントになります。
多めに作った食材は、フライパンのまま冷蔵庫に入れるのではなく、保存容器に移し替えてから保管するようにしましょう。
食材から出た成分がフライパンに開いた細かい穴の中に入り込んで浸透することで、コーティングの剥がれにつながってしまいますよ。

正しい使い方とお手入れ方法がわかれば、フライパンを長く愛用することができますね。ぜひ、これらの方法を実践して、大切なフライパンをコーティング剥がれから守りましょう。