注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

カルキの落とし方とは?クエン酸を使った掃除方法を紹介

いつのまにかついてしまうカルキ汚れ、いったいどのようにして落としたらいいのでしょうか?

ゴシゴシこすると傷がついてしまうし、だからといって強力な洗剤を使うのに抵抗があるという人はクエン酸がおすすめです。どのように掃除をしたらカルキ(水垢)を落とすことができるのでしょう?

クエン酸を使ったカルキの落とし方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オリーブの天敵【オリーブアナアキゾウムシ】の対策法を徹底解説

オリーブの木は病気や害虫にも強いとは言われていますが、天敵となる害虫もいます。それが【オリーブアナア...

バレエ(子供)の髪型のコツやポイントシニヨンヘアについて

子供がバレエに通うのだけれど、髪型をどのようにしたらいいのかわからない…というときにはまずシニヨンヘ...

布を染色する方法!色々な物を使ってキレイに布を染色してみよう

染料を使えば、自分で布を簡単に染色することができます。身近にあるものを使って染色する方法や、天然素材...

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

学習机を解体するやり方・手順・必要な道具を紹介

学習机を解体するやり方を知りたい! 子供が巣立って、不要になってしまった学習机。 高校生にな...

スチール缶とアルミ缶の違いとは?スチール缶が小さい理由

スチール缶とアルミ缶にはどのような違いがあるのでしょうか?同じ飲み物なのにコーヒーはスチール缶、ジュ...

スライム作りでシェービングフォームがない場合の代用になるもの

シェービングフォームを使ったスライム作りが人気ですが、シェービングフォームが家にない場合もあると思い...

札幌にある釣り堀、「紅桜公園」でニジマスを釣ったり食べたり

札幌には観光地や名所がたくさんありますが、地元の人にもあまろ知られていない穴場スポットがあります。 ...

洗濯物を短時間で乾燥させるサーキュレーターの使い方について

雨が降っていたり、湿気が多い日には、お家の中に洗濯物を干しますよね。また防犯上の理由から洗濯物は部屋...

色を混ぜると黒になるのはナゼ?黒く見える理由について

色をどんどん混ぜると黒になるのはどうしてでしょうか?子どもに聞かれてたときには、このように説明してあ...

油汚れには重曹?セスキ炭酸ソーダ?油汚れはこれで掃除

油汚れを落としたいときには重曹を使うべき?それともセスキ炭酸ソーダ? できるだけ簡単に落とした...

プラ板キーホルダーの作り方のコツやポイントを紹介します

プラ板のキーホルダーの作り方とは?キーホルダーにするときには穴をあけなくてはいけません。 穴が...

天井の壁紙が剥がれる原因は?自分で補修する方法とポイント

ふと天井を見上げると壁紙が剥がれている!剥がれるなんてなぜ?と思うのではないでしょうか。 天井は人...

男性で身長が150台でもコンプレックスにしない方法

身長が150台ということをコンプレックスに感じている男性はいませんか?もちろん背が高いことは有利にな...

ポリエステル100%コートの特徴や欠点、コートを選ぶポイント

コートを選ぶ時、素材もチェックしていますか? ポリエステル100%のコートもありますが、あなたが4...

スポンサーリンク

カルキを落とすににはクエン酸が効果的

カルキは水垢とも呼ばれ、水道水を使う事が原因で起こる汚れです。

水道水には様々なミネラル成分が含まれていて、水は蒸発してなくなてもミネラル分だけは結晶として残ってしまうのです。

カルキ汚れは水道水を使う場所ならどんな所にも発生する

例えばキッチンのシンク、お風呂の床や鏡などはカルキ汚れが付いて白くなってしまっている事も多いのではないでしょうか?

水道水を使っている限り、カルキ汚れから目を背ける事はできないのです。

カルキは水道水に含まれる成分なので、不衛生なものではありませんが、見た目がよくない上に放っておくとどんどん頑固な汚れになってしまい、落とすのが大変になります。

カルキはアルカリ性の汚れ

掃除の際は酸性のアイテムを使って汚れを中和すると良いでしょう。

そこでおすすめなのが酸性のアイテム「クエン酸」です。

クエン酸はドラッグストアや100円ショップで簡単に手に入れる事ができ、ニオイもなく水によく溶けるので、掃除に使いやすいアイテムです。

台所のカルキの落とし方クエン酸とスポンジで掃除しましょう

台所に付いてしまったカルキ汚れは、クエン酸とメラミンスポンジを使って綺麗にお掃除しましょう。

普通のスポンジでも良いですが、メラミンスポンジを使った方が簡単で綺麗に汚れを落とす事ができます。

ただし、メラミンスポンジで強くこすりすぎてしまうとツヤがなくなったり、表面に細かい傷ができてしまう事があるので注意して使ってください。
  1. シンクや蛇口などカルキ汚れが気になる部分にクエン酸水をかけます。
  2. クエン酸水の分量は、水200mlに対してクエン酸小さじ1です。
  3. クエン酸水をかけると、カルキ汚れが溶け出してきます。
  4. 汚れが溶け出してきたら、メラミンスポンジを使ってカルキ汚れをこすり落としましょう。
  5. 最後に水で洗い流して、水気をしっかりと拭きとってください。

蛇口の細かい部分のカルキ汚れは、歯ブラシを使ってこするとよく落ちますよ。

クエン酸と重曹を使ったカルキの落とし方

カルキ汚れは、付いてから時間が経てば経つほど落とすのが難しくなってきます。

クエン酸だけでは綺麗に落としきれない頑固なカルキ汚れは、クエン酸と重曹を一緒に使う事で汚れを取り除いてみましょう。

使うのは、クエン酸を水に溶かしたクエン酸水と粉末のままの重曹です。
  1. まずクエン酸水を作ります。
  2. 分量は、水200mlに対してクエン酸小さじ1です。
  3. クエン酸水を作ったら、スプレーボトルに入れます。
  4. カルキ汚れが気になる部分にクエン酸水を吹きかけます。
  5. そこにラップをかけて、30分程浸けておきます。
  6. 時間が経ったらラップを外し、重曹を振りかけたスポンジで磨いていきます。
  7. 汚れが取れたら、水で洗い流して、乾いた布巾やキッチンペーパーで水気を拭き取りましょう。

しつこいカルキ汚れでも、クエン酸と重曹の二つの力を使えば綺麗に落とす事ができます。

クエン酸を入れるだけ!?ポットについたカルキの落とし方

水を沸かすために使うポットにもカルキ汚れがついています。

カルキは元々水に含まれる成分なので、体に害を与えるものではありませんが、汚れているとやはり気になります。

ポットで沸かしたお湯は、お茶やコーヒー、インスタントスープなどとして口に直接入るものですから、強い洗剤を使って掃除をする事に抵抗を感じる人もいるでしょう。

そんな時は「クエン酸」を使ってポットの掃除をしましょう。クエン酸なら口に入れても安心安全ですよね。

ポットに付いたカルキ汚れの落とし方

  1. ポットに満杯の水を入れ、クエン酸を大さじ3杯加え、沸騰させます。
  2. お湯が沸いたら、そのまま2時間放置します。
  3. 2時間経ったら、ポットの中を水をすべて流して、中を水洗いすれば完了です。

ポットの掃除はついついサボりがちになってしまいますが、これなら簡単な方法なので月に1回は掃除しましょう。

クエン酸が家にない場合は「お酢」で代用可能です。

加湿器のカルキもクエン酸で落とせます

部屋の湿度を調節するのに重宝する加湿器ですが、水道水を使っているのでカルキ汚れに注意が必要です。

加湿器はきちんと掃除をしていないと、カルキ汚れだけでなく内部で雑菌が繁殖してしまう可能性もあります。

汚れていると、そこから放出される水蒸気も汚れてしまう事になります。

部屋の空気が汚れると、アレルギーなどの健康被害に繋がる恐れもあります。加湿器はこまめに掃除をして、清潔に保つように心がけましょう。

加湿器のカルキ汚れにもやはりクエン酸が効果的

加湿器のタンクが入るくらいの大きさのたらいや台所のシンクなどに水を溜めて、クエン酸を溶かします。

クエン酸の分量は、水1リットルに対して大さじ1杯が目安

クエン酸水を作ったら、そこに加湿器のタンクを入れて、つけ置きします。

一緒にトレイやフィルターなどの付属品もつけ置きして、カルキ汚れを綺麗にしましょう。

つけ置き時間は2時間が目安

汚れの状態に合わせて調節してください。

つけ置きが終わったら、水で洗い流すとカルキ汚れが一緒に流れていきます。

残ってしまったカルキ汚れはスポンジでこすると綺麗になりますよ。

最後に水気を拭いてしっかりと乾燥させたら掃除の完了です。

加湿器は月に1度は掃除するように心がけましょう。