注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

重曹を使ったお風呂のカビ退治の方法。浴室の天井まで全体掃除

お風呂のカビは大きいカビから小さいカビまでいつの間にか発生しています。

お風呂のカビ落としの強力な洗剤も市販されていますが、あまりきつい洗剤は使いたくないという場合には重曹がおすすめです。

そこで今回は重曹を使ったお風呂のカビ落としの方法を紹介します。

浴槽や床はもちろん天井にも安心して使うことが出来ます。また重曹スプレーも作ってみましょう。使い方もご覧ください。

重曹を使えば安心してカビ掃除ができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新車の匂いを消したい!芳香剤を使わずに消す方法と匂いの原因

新車の独特な匂いが苦手だという人もいますよね。芳香剤を使って匂いをごまかすという方法もありますが、芳...

エアコンの室外機が動かない原因とは?点検方法や掃除方法も解説

エアコンの効きが悪いな…。と室外機を見ると動かなくなっていた!というケースはよくあります。 エ...

韓国で大人気!話題のお土産。喜ばれるおすすめのアイテム

旅行に行くと、お土産を選ぶのも楽しみの一つです。どんなものを買っていけば喜ばれるのか、想像しながら選...

車のシャンプーの泡立て方!ポイントはバケツに入れる水の力加減

車のシャンプーの泡立て方がわからず、泡がない状態で車を洗っていませんか? 車のシャンプーは洗顔と一...

漏電ブレーカーが上がらない原因と対処法!漏電放置は危険です

漏電が原因でブレーカーが落ち、ブレーカーが上がらない状態にしていると生活が不便になってしまいます。 ...

押し花のしおりの作り方!ラミネートや牛乳パックを使う方法

押し花を綺麗な状態で保存したいと思ったら、押し花でしおりを作って保存する方法がおすすめです。押し花で...

刺繍初心者必見!刺繍に向いてる生地の選び方とポイント

子供の絵本バッグに刺繍でワンポイント、ポーチに可愛い刺繍で世界に1つのオリジナル作品に!と、刺繍をす...

自転車のタイヤに空気入れすぎNG!適切な空気圧で入れすぎ防止

自転車のタイヤに空気を入れている時、ついつい空気入れすぎ状態になってしまうこともありますよね。タイヤ...

北側玄関だって花壇は楽しめる!北側玄関で花壇を作るポイント

花壇は光が降り注ぐ場所で楽しむイメージがあるので、家の玄関が北側だと、花壇は作れないのかと思ってしま...

花束のラッピングの基本と華やかでかわいいリボンの結び方

花束を自分でラッピングしたいという時には、花束の華やかさに負けないようなラッピングをしたいものです。...

100均ボンドの正しい使い方!布用ボンドで簡単ハンドメイド

100均には色々なタイプのボンドがありますよね。 その中の一つに布用のボンドがありますが、100均...

1000円の花束はどれくらいのボリュームがあるのかの目安

花束を贈る場合には、どのくらいの予算で作りたいのかということによって、花束のボリュームが変わってきま...

日本の治安の良さに対して海外の人はかなり驚いています

海外から日本にやってくる観光客のほとんどが治安の良さに驚いているとテレビでもよく放送されていますよね...

洗濯物を守るベランダ用雨よけカバーのメリットや選び方をご紹介

洗濯物を雨から守る、ベランダ用雨よけカバーをご存知ですか? 晴れた日に洗濯物をベランダに干すこ...

紙粘土を乾燥する時に注意して、ひび割れができないようにしよう

紙粘土を使って何かものを作ろうと思っても、初心者だとどうしてもひび割れができてしまいますよね。 ...

スポンサーリンク

重曹を使ってお風呂のカビ退治。落とし方を紹介

お風呂のしつこいカビ。特に赤カビはよく見かけます。ブラッシングなどして見かけたらすぐに対応しているのに、それでもお風呂のカビ、完璧には退治できません。

カビ退治に様々な洗剤が使われますよね?カビキラーなど、お店でも様々な洗剤を見かめます。その中でも、消臭効果のある重曹。この重曹でお風呂にあるカビも取れます。

きっと、家の中の他の部分の掃除に、重曹を使用していると思います。重曹は、カビを取るにも効果があります。

どうして重曹が効果的なのか

重曹がカビ掃除の時に使用される理由は、カビができる菌をあまりできにくくするからです。もともと、しつこい汚れを取りやすくする働きがあるので、お掃除の時にはよく使われる洗剤ではあります。

やり方

重曹と酸素系漂白剤(塩素系はダメ)を同じ分量だけ混ぜて、カビにつけて、ラップをして、1時間ほどそのままにします。ラップをすることでかなりカビが取れやすくなります。ただ、肌には少し強いと思います。カビを取る際は、念の為、ゴム手袋をつけて、作業をして下さい。

重曹のカビ掃除はお風呂の天井や色々なところに使える

重曹を使用したカビ退治ですが、お風呂場でも至るところに使えます。カビは本当に色んなところにできやすいです。条件が揃えば、発生しまいます。でも、重曹を使用した洗剤もどんなところに生えても使えるメリットがあります。

例えば、お風呂場の天井にできても、その部分も重曹で対応できます。上記のようにペースト状のものを天井にできたカビ取りに使用するのは、難しいかもしれません。でも、スプレー状のものであれば、モップに染み込ませて、カビのところを拭けば、カビ取りができます。

また、風呂場でもゴムパッキンにカビが生えていると、頭を悩まされれると思います。場所が場所なだけあって、カビが取れにくいイメージがあります。でも、そこでさえ、重曹ペーストでカビは取れます。特に、ゴムパッキンに生えているしつこいカビはペーストする、ラップをして取るとよく取れます。1時間放置して取れなかった汚れも、2時間放置したら取れたりします。時間が短すぎると、十分に落としきれない時もあります。時間を長くして、諦めずにトライして下さい。

重曹スプレーの作り方とカビ掃除のときの使い方

重曹ペーストの方が洗剤としては、洗浄力が強いので、頑固なカビには適したタイプの洗剤になります。そうでもない、軽いカビであれば、ペーストにしなくても、重曹スプレーでカビの汚れ、気軽に取れます。

重曹スプレーを作る時必要なのは、水ではなく少し熱めのお湯

ぬるま湯に重曹を溶かして、スプレーのボトルに入れれば、準備完了。

使用方法ですが、まずは普通にお風呂洗剤でお風呂全体を洗います。そして、カビが発生している部分に、重曹スプレーをふりかけます。重曹スプレーをふりかけた部分を風呂用のスポンジでこすって、カビを落とします。

汚れをシャワーなどで落として、終了になります。重曹はカビ以外の汚れも落としてくれます。カビの周囲の汚れも落とせて便利だと思います。

上記のお掃除方法は、あくまでもカビの中でも、軽いものに使えます。しつこいカビは、重曹ペーストにして、ラップをして、カビを取り除いて下さい。

お風呂の小物も重曹でつけ置き洗い

お風呂に使用している小物にも、カビはついてしまいます。日頃から風呂掃除をしていても、意外な小物まで目が届かない時もあると思います。少しチェックして下さい。風呂場の小物に、カビは生えていませんか?

小物は、洗面器にお湯をためて、その中に重曹を入れて準備をします。重曹水ができたら、その中にカビが生えている小物を入れます。少しびっくりされるかもしれませんが、中に入れたら、一晩くらいつけないとカビはなかなか取れないようです。

一晩つけた小物をスポンジなどで少し拭き、カビを完全に落とします。そして、シャワーで汚れを落としたら、これで風呂場にある小物からカビを落とせます。

小物となると、そのくらいつける必要があるみたいですね。ペースト状だと、2時間くらいでカビが完全に落ちますが、小物についたカビは一晩つける必要があるようです。

お風呂のカビ掃除に重曹がおすすめな訳

風呂場に発生しているカビ。重曹ではなくても、十分その汚れは落とせます。

それでも、重曹を薦める方は薦めます。その理由は、環境に優しいのと、塩素系、酸素系の洗剤は鼻につく臭いがしたり、他の洗剤を混ぜると危険がサインがあるからだと思います。

つまり、塩素系洗剤に比べて、重曹の方が使用するのが、楽。臭いも無いし、体にも優しいので、安心して使えるというのが、理由になります。

また、上記でも紹介していますが、重曹もペーストにすると、カビを取る力がアップするので、しつこい汚れにはお薦めの掃除方法になります。塩素系洗剤も、かなりカビを取る力はあります。重曹は少し力が劣ることもありますが、ペースト状にすると、そうでもないことも理由の一つだと思います。重曹水にして、風呂場の小物をつけると、カビが落ちやすくなるのも、魅力の一つだと思います。 風呂場に発生したカビは、掃除でよく使われる、重曹で落とせます。軽いカビは重曹スプレーで落とせます。よりしつこいカビは重曹ペーストにして、ラップもしたら、落とせます。カビキラーなど塩素系の洗剤もカビを落とせますが、換気が必要なのと、どうしても鼻につく臭いがするのが少し難点かなと思います。カビキラーが苦手な方は重曹でお風呂についているカビを取って下さい。重曹は、肌が弱い方にもお薦めできる洗剤です。