注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ワッペンをアイロンで接着しても剥がれる問題について

ワッペンをアイロンの熱で接着しても剥がれるんですよね。

アイロンの熱を利用して、ワッペンの裏についている接着剤を溶かし、布にくっつけるという仕組みですが、洗濯をしたり、使っていると剥がれてきてしまうんですよね。

今回は、アイロンで接着したワッペンが剥がれてしまった時の対処法をいくつかご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目に疲労を感じたら自分でできるマッサージを試してみよう

パソコンやスマホを利用していると、ふと目の疲労を感じることありますよね。そこで簡単にできるマッサージ...

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯物のイヤな臭いを取る方法

普通に洗濯しただけでは取れないイヤな臭いにお困りの方はいませんか?洗った直後は洗剤のいい香りなのに、...

ビルトイン食洗機の掃除方法~毎日のお手入れとカビ汚れの対処法

最近は主婦の方も仕事を持つ方が増えて、便利家電である食洗機を使っているご家庭も多いですよね。家を新築...

洗濯物の生乾き臭対策!嫌な臭いを防ぐ洗い方と干し方のコツ

洗剤も柔軟剤も使って洗濯したのに洗濯物の生乾き臭が気になることがありませんか? そんな嫌な臭いの生...

海外のインテリアから学ぶおしゃれな寝室の作り方

海外のドラマや映画を見た時に、素敵なインテリアの寝室を見て、そのおしゃれさに憧れを抱いたという人は少...

毛糸のマフラーの洗い方!素材に合わせた正しい洗濯方法

冬には欠かせないアイテムのマフラーですが、ファンデーションが付いたり、髪のセット剤が付いたりと、どう...

ボールペンのシミを取る方法!水性ボールペンの落とし方

服を洗濯しようとした時に、ワイシャツのポケットにボールペンのシミを発見。そんな時はどのようにすればボ...

冷蔵庫が水漏れ?床に水が溜まってしまう原因と対処法

ふと冷蔵庫をみると、水漏れなのか床か黒ずんでカビが生えていた!まだまだ使える冷蔵庫なのに、なぜ水漏れ...

お湯の洗濯でしわを防ぐポイントとしわにならない干し方

お湯で洗濯するとしわになりやすくなりますが、洗浄力はアップします。 そのため、お湯で洗濯をする...

油汚れ落とす洗剤とその使い方で衣類がスッキリ。頑固汚れにも

食べ物の油汚れが付いた子供服や、調理中についてしまった油汚れなど、お気に入りの衣類に付いた油汚れは落...

キッチンの床を綺麗にDIYするならこんな方法があります

最初は綺麗だったキッチンも数年使い続けていると、床に傷が増えたり、洗剤で拭いても落ちないシミなどが出...

部屋の片付け。おしゃれな空間を演出するコツ・条件・極意とは

部屋の片付けを楽しくするには、やっぱりおしゃれな空間を作り上げること。 掃除や片づけって、毎日...

Tシャツの黄ばみを落とす重曹を使った洗濯方法で白さ復活

きちんと洗濯しているはずなのに、なぜか黄ばみが出てくるTシャツ。特に白など淡い色の脇の下の黄ばみは気...

水道の蛇口のパッキン交換方法!自分で水漏れを直す手順

水道の水漏れが起きるとすぐに業者に連絡しなくては、と思う方も多いと思います。 しかし、水漏れで一番...

食洗機の専用洗剤の代用として使える物と使う時の注意点

食洗機を使おうと思った時に、食洗機専用の洗剤がないと困った経験はありませんか?食洗機は忙しい主婦にと...

スポンサーリンク

ワッペンをアイロンでくっつけても剥がれる!

お子さんの持ち物の名前つけなどで新学期前に活躍するワッペンはしっかりとアイロンをしても、ふとした拍子に剥がれてしまうことがあります。

名前が書いてあるものが剥がれてしまったりすると困ってしまうので、こうしたことは防ぎたいですよね。

くっつけても剥がれてしまう、という悲劇をなくすためにはまず裏からアイロンを試してみましょう。

ワッペンは説明書には表からしっかりとアイロンがけをすることしか明記されていないこともあります。

説明書通りにやったのに剥がれてしまった、という場合は表からと裏からのしっかりとしたアイロンがけを試してみてください。

両面からしっかり熱を加えるとのりがしっかりと生地に浸透します。
しっかり浸透させるために両側から熱を加えましょう。

そして熱を加えたら冷めるまで触らず、そっとしておきます。
あたたかいうちはのりも柔らかくなっていますので、冷えるまでは外れやすいです。

しっかりとあたためて、そして冷やす。
これを覚えておきましょう。

ワッペンをアイロンで接着したけど剥がれた時の対処法

剥がれたワッペンを付け直す手段としてはワッペンの接着にも使える手芸用の接着剤を使ってみましょう。

手芸用の接着剤にはおおまかに3つの種類があります。
それぞれ特徴があるので、どんなものを使うか特徴を知って選んでみてください。

ワッペン復活に役立つ手芸用接着剤の種類

  • シートタイプ
    アイロンの熱でくっつく両面接着シートです。
    ワッペンやアップリケの自作をするときに使用されることが多いですが、ワッペンを復活させることもできます。
    業務用の大きなものから小さなものまでいろいろな種類があるので復活させたいワッペンの大きさに合わせて使います。
    カットもできるのでいろいろな使い方ができるのがメリットです。
  • パウダータイプ
    粉末状になっているアイロン接着剤です。
    これはピンポイントで使えるので、ちょっとだけ剥がれてしまった部分や、洋服の虫食いなどにも使用できます。
  • ボンドタイプ
    ボンドのように塗り広げ、決めた範囲を接着できるものです。
    アイロンが必要なもの、そうでないものもあります。
    一番手軽で使い勝手のいい接着剤と言えるでしょう。

それぞれ使用用途が違うので、大きなワッペンならシートタイプ、ちょっとしたものならパウダーやボンドタイプなどを選ぶといいでしょう。

ワッペンをアイロンで接着しても剥がれるので縫い付けてしまう

ワッペンを接着剤で貼り付けなおして一安心…ですがこれもまた、月日が経ち接着剤が摩耗してきたら剥がれてしまう可能性が高いです。

何度も取れるたび接着剤で補習するのは手間がかかります。

大人が使うものならそんな心配はないかもしれませんが、お子さんが幼稚園で使うものなどならおそらく高確率で剥がれてしまうことが予想されますね。

そういった場合は透明なミシン糸を使っての縫い付けをしてみてはいかがでしょうか。

昨今の手芸屋さんでは大きなところであれば、技術の進歩により目立たないように作られた透明のミシン糸は売っています。

周りを縫っても糸が全く目立たず、ワッペンやワッペンを付けたもののデザインを全く邪魔しません。

お子さんが気になって糸を触ってしまう、ということも目立たないため少なくなります。
こうしたものを使ってみるのもおすすめですよ。

ワッペンをアイロンで付けたけど剥がれるので剥がしてしまいたい時には

何度補修しても剥がれるワッペンもありますね。
もう面倒くさいから剥がしてしまおう…というときに仕える剥がし方も覚えておいてください。

アイロンワッペンの剥がし方

剥がしたいワッペンを再度アイロンでしっかりあたためます。
動かしてみてください。

基本的にはこの方法で簡単にとれてくれます。

ワッペンを貼り付けるときと同じく熱を加えることでのりをやわらかくして取り外しているのですね。

このやり方をした場合、布に少しのりが残ってしまうことがあります。
そんなときは慌てず再度あて布をしてあたためてください。

あたためたのりを綿棒などでこすると、簡単にのりが取れてくれるはずです。
それでも取れない場合は消毒用エタノールなどでのりを取ってみましょう。

比較的綺麗にワッペンが取り外せる方法ですので、お試しください。

ワッペンの接着はアイロンに任せられない!強力ボンドでしっかり接着

ワッペンの接着と戦って幾年月のお母さま方には超強力ボンドに頼るのもおすすめです。
そのおすすめのボンドというのがコニシボンドという企業さんが発売している、ウルトラ多用途SUクリアというボンドです。
その中でもプレミアムソフトというタイプのものは接着した状態でも柔らかいので、動くときに着るお洋服などにも使えるのです。

ライフジャケットなどにも使われるほど強力なボンドでポリプロピレンなどの材質に接着ができる優れものです。

このボンド、使い方も簡単で接着したいものの片面にこれを塗り重しで押さえるだけ。
なのですが、重しにしたものにこの接着剤が付いてしまうと、その重しごと接着してしまうくらい強力なのでテフロンシートなどをつかってしっかりと保護をした上で重しを乗せましょう。

アウトドアで使っても剥がれてこないとの報告もあるくらいなので効果は期待できると思いますよ。

ワッペンの剥がれない取り付け方と取り外し方、おすすめのボンドについてご紹介しました。
この記事の方法で世のお母さまたちの剥がれるワッペンとの戦いが収束しますように…。