注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

鍋を空焚きしたらどうなる?空焚きは危険!絶対にダメ

鍋の空焚きをするとどうなるのでしょうか?鍋は空焚きをしようとしてしているのではなく、ちょっとした不注意で空焚きをしていたということが多いようです。

また、普段当たり前に使っているフライパンですがあの状態はかなり空焚きに近いのだとか。

火災の原因にもなってしまう空焚きを防ぐ方法とは?空焚きの予防方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キッチン掃除を業者に頼むメリットや業者選びの注意点をご紹介

キッチン周りの掃除は普段からしているのに、大掃除になると知らず知らずのうちに汚れが溜まっていてびっく...

服の片付けと収納のコツ。たたみ方やすっきり収納のアイディア

家族の人数が多いとそれだけ服の数は増えますし、子供がいる場合は着られなくなった服もどんどん増えていき...

洗濯物のおすすめな干し方【バスタオル】を紹介します

洗濯物の干し方で困ってしまうのが場所を大きくとるバスタオルですよね。畳んで干せば場所はなんとかできて...

ユニットバスの換気扇から聞こえる異音の原因を知って対処しよう

ユニットバスの換気扇から異音が聞こえる場合「もう寿命かな?」と考える人もいると思います。 しか...

酸素系漂白剤を洗濯に活用!毎日使う時は液体タイプが便利

毎日お洗濯に酸素系漂白剤を利用したいと考えている主婦の方もいますよね。時々酸素系漂白剤を活用すること...

マグカップの収納。棚に飾る場合のポイントや見せる収納術

ティータイムに彩りを添えてくれるマグカップ。お気に入りのマグカップや、いただき物や思い出のあるマグカ...

ジャガード生地の特徴について。他の織り方との違いを比較

ジャガード生地と言うと、高級感のある生地で、カーテンや洋服にも使われます。 このジャガード生地には...

手紙に便箋を2枚入れるのはなぜ?意外と知らない手紙のマナー

手紙を開けると何も書いていない便箋が1枚入っていることがあります。これは間違いやうっかりではありませ...

洗濯物の虫除け対策!もう虫に困らない干し方のポイント

自宅の周りが自然豊かな場所だと、空気がキレイなのは嬉しいことですが、洗濯物に付く虫に悩む方も多いよう...

No Image

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、...

Tシャツの黄ばみを落とす重曹を使った洗濯方法で白さ復活

きちんと洗濯しているはずなのに、なぜか黄ばみが出てくるTシャツ。特に白など淡い色の脇の下の黄ばみは気...

風呂の椅子に付いたザラザラ水垢をスッキリ落とす方法

浴室用の洗剤を使ってお風呂掃除をしていても、椅子や蛇口などに白っぽい汚れが付いてきませんか? 濡れ...

ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所

「ウォシュレットの水が出ない」といったトラブルに備えて、修理法を知っておくことはとても大事なことです...

ワッペンをアイロンで接着しても剥がれる問題について

ワッペンをアイロンの熱で接着しても剥がれるんですよね。 アイロンの熱を利用して、ワッペンの裏に...

出窓をインテリアと収納に有効活用するコツとアイデアを紹介

キッチンの出窓をうまく活用したいけど、ただ物を置くだけでは全くおしゃれではありません。できればインテ...

スポンサーリンク

どうなると鍋の空焚きになる?火を扱っていることを忘れないようにしましょう

火災の原因ともなる「鍋の空焚き」。
ニュース等のメディアでも取り上げられているように、鍋の空焚きは非常に危険な状態です。

では実際にはどうなると、鍋の空焚きを起こしてしまうのでしょうか。

鍋の空焚きが起きる原因で最も多いのは「物忘れ」

鍋に火をかけていること自体を忘れてしまったケースが多いのです。
また、忘れてしまう原因には様々なものが考えられますが、主なものとしては、他のこと(テレビや洗濯物の取り込み等)に集中したり、外出してしまったり、ちょっと休憩しようとしてそのまま寝てしまったりなどのことだと思います。

忘れているということは、本人は空焚きをしているつもりはないということです。
特に、高齢者になると様々な面で忘れがちになってしまうことも多く、こうした空焚きも少なくなく、より注意が必要なのです。

鍋の空焚きはどうなるかわからないから極力しないで

皆さんは「鍋の空焚き」と言えば、どんな状態をイメージされますか?
多くの方は「鍋に何も入れてないのに火をかけている状態」をイメージされるのではないでしょうか。

確かに、何も入っていない空の状態で火にかけることは、空焚きに違いありません。
ただ、空焚きはそのような状態ではない場合でも、近い状態になることがあります。つまり、何かを焼いていたりしていても、空焚きに近い状態になるということです。

空焚きに近い状態は、空焚きと同じくらい危険です。
中でも危険なのが「テフロン加工」のされたフライパンなどの鍋の場合です。
テフロン加工された鍋は加熱しすぎると「有毒ガス」が出ると言われています。
また、この有毒ガスは色やニオイがないため、ガスが出ている最中は気付くことができません。
気付いた頃には、ガスが家中に充満してしまっていて、呼吸困難等の症状を引き起こすことも少なくないのです。

こうしたことを防ぐためには、テフロン加工された鍋を使用する際には「強火」にせず、フライパン等の鍋が熱くなりすぎる状態を避けなければいけません。
特に、一人暮らしで一人分の料理しか作らないような場合には、要注意です。
少ない食材を強火で一気に熱することは、空焚きに近い状態になり有毒ガスを発生させる原因にもなりますので、注意が必要です。

鍋の空焚きではなくとも火災に!?揚げ物をするときは要注意

火災の原因ともなる鍋の空焚きですが、火災の原因となるのは鍋の空焚きだけとは限りません。

火災の原因となるもの、それは「揚げ物」です。

揚げ物をする際には「油」が欠かせませんが、油は一定の温度以上の高温(約370度)になると自然に燃え始めると言われています。
料理をされている方であればお分かりかと思いますが、油は水のように基本的に沸騰することはありません。
そのため油のあたため過ぎには特に注意しなければいけないのです。

また、「油に水」ということわざがあるように油と水は間逆の性質を持っており、高温になっている油に水を注ぐことは非常に危険な行為です。
万が一、熱しすぎた油から火が上がった場合には、濡らしたタオル等で消火にあたるようにしましょう

IHなら教えてくれるから鍋の空焚きをしても大丈夫では?こんな場合は火災の原因に

火を使わない「IH」は、掃除が簡単なことや様々な安全装置が組み込まれており安全性が高いことから、現代では多くのご家庭で使用されていることと思います。
ただどんなに安全性の高いIHでも、その状況によっては火災の原因となる場合があります。

IHでの空焚きは火災の原因となるのか?

鍋の空焚きを含め状況にもよりますので一概には言えませんが、主には、安全装置が正常に作動しなかった場合です。

IHは、基本的に温度センサーが正常に反応することで、安全装置が作動するようになっています。
そのため、この温度センサーが反応しないような状態になれば、当然ながら安全装置も作動することなく、発火の原因となってしまう場合があるのです。
温度センサーが反応しない原因には様々なものがあります。
鍋底の形状が適切ではない、鍋の素材が適切ではない、揚げ物の際の油の量が適切ではない…等。

このように原因には様々なものがありますが、どちらにしても言えることは、「IHだからといって油断しない」ことが大切です。
安全性の高いIHであっても、様々な条件が重ねれば火災は発生してしまいます。
「ガスコンロみたいに火は使わないから大丈夫だろう」このような考え方は見直すようにしましょう。

鍋の空焚きでどうなるかを考えて使いましょう!ストーブのやかんにも気をつけて

冬など気温が低くなると、ご自宅のストーブをつけることが殆どだと思います。
そんなストーブでよく見る光景である「ストーブの上にやかん」を置いている状態。

ストーブの上に水の入れたやかんを置いておけば、温かい飲み物を飲みたい時にすぐ使うことができますしとても便利ですよね。
しかし、やかんの素材や状況によっては空焚きから火災に繋がる可能性もあるため、ストーブの上でやかんを置く場合には空焚きに注意しなければいけません。

また、水は一定の温度以上になると蒸発してしまいますから、やかんの水量にも注意が必要です。
ストーブの上にやかんを置く場合には、水が減って空焚き状態になっていないか?に注意し、火災に気をつけて行うことが大切です。