注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

生地の収納はどうしてる?収納上手さんのアイデアを紹介

生地の収納はどのようにしたら上手くいくのでしょうか?確か、あの生地がまだ残っているはず…。と探すときにはでてこないのが生地!

そんなあの生地どこにいったんだろうを失くしてくれるのがアイデア生地収納です。いろいろな方法がありますが、見やすさや使いやすさを考え、自分に合ったものを取り入れるといいでしょう。

ゴチャゴチャな生地が片付く収納方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夕飯のおかずにぴったりな野菜のレシピについて知りたい

夕飯のおかずと言えば、お肉やお魚などの主役を思う浮かべますが、本当に美味しく食べるなら、野菜の存在は...

タッパーの匂いの取り方は?嫌な匂いもこれでさようなら!

カレーやにんにく料理をタッパーに入れた場合、綺麗に洗ったつもりでも匂いがうっすら残ってしまうもの。そ...

鍋を空焚きしたらどうなる?空焚きは危険!絶対にダメ

鍋の空焚きをするとどうなるのでしょうか?鍋は空焚きをしようとしてしているのではなく、ちょっとした不注...

姑が嫌いで会いたくないならこの理由!夫に任せるのもアリ

姑が嫌いすぎて会いたくないと思うときにはどうしたらいいのでしょうか?なんとなく、いつも姑の意見に流さ...

再婚したい!子連れ再婚で幸せになるために必要なこととポイント

一度離婚を経験した女性の中には、新しく素敵な男性との出会いがあり、その人との再婚を考えている人もいる...

部屋の片付け。おしゃれな空間を演出するコツ・条件・極意とは

部屋の片付けを楽しくするには、やっぱりおしゃれな空間を作り上げること。 掃除や片づけって、毎日...

メガネの曇り止め!裏ワザの中で何が最強?様々な曇り止めついて

メガネをかけてのマスク!外を歩いていて建物の中に入ったとき、また歩いている最中でも鼻息でメガネが曇っ...

チューリップの球根の掘り上げ時期と寿命を延ばす保存方法

春の花の代表といえば、スーッとのびた茎と可愛らしい花や色が特徴的なチューリップ。育て方も比較的簡単な...

包丁の基本的な研ぎ方!片刃包丁を研ぐ手順とコツ

いつも使っている片刃の包丁の切れ味が悪くなってきた時には、そろそろ研ぐタイミングかもしれません。 ...

チューリップの球根は掘り上げ必要?その理由と方法

チューリップは球根は掘り上げが必要?そのまま球根を植えっぱなしにしていても、花を咲かせる場合もありま...

窓に目隠シートを貼るなら100均へ!おしゃれな窓へと変身

窓からの目線が気になるなら、100均の目隠しシートを活用してみてはいかがでしょうか。 何よりも10...

やかんの水垢や茶渋の落とし方。頑固な汚れを落とす方法

毎日のように使うやかん。一見きれいそうに見えても、内側を見てみると、薄っすらと水垢が気になる、という...

アラフォーの主婦の楽しみとは?オススメな趣味や見つけ方

アラフォー主婦の楽しみといえば?家事や育児に奮闘してきたけれど、少し余裕のできるアラフォー世代。 ...

しつこい嫌な油汚れ!キッチンについた油汚れの落とし方について

キッチンの汚れで一番落ちにくいのは、やっぱり油汚れです。ついたらすぐに落とすことが油汚れを落とす一番...

風呂の椅子の水垢取りにオススメな道具や掃除方法と予防策とは

風呂の椅子の水垢取りには、家にある身近なアイテムがおすすめです。 例えば、重曹水のつけおき洗い...

スポンサーリンク

生地の収納はアイデア次第でスッキリ片付く

手芸を趣味にしているとあれ使えるかも!と生地やらパーツやらが家に溜まっていき、あのとき買った生地はどこに行ったっけ…と途方に暮れるなんてこともあるのではないでしょうか。

そうした生地などは収納をちょっと工夫するだけで、とても創作しやすくなったりお部屋がおしゃれに片付いたりします。

袋などにまとめて生地を入れているとしわになる上、使いたい生地をすぐに取り出すのは難しいです。

ではそういった生地をまずは、簡単にハンガーに吊るして収納してみましょう。

クローゼットなどの空いている空間のところに、突っ張り棒を渡して収納場所を作ります。ハンガーを必要なぶんだけ吊るせるようにしたら、生地を半分に折ってかけていきます。

これだけで生地の柄も見やすくなりますし、色味別に分けたりするとさらに創作しやすくなりますね。

ハンガーや突っ張り棒も100円ショップで手軽に購入できるため、すぐに実行できる収納方法です。

この生地たちのためにホコリよけなどを作るなどの創作の機会も得られますし、試してみてはいかがでしょうか。

生地が取り出しやすい収納アイデアをご紹介

吊るす以外にも生地を取り出しやすく収納する方法があります。

それはこれまた100円ショップなどで購入できる、薄型のプラスチックのファイルケースに生地を収納する方法です。

A4ほどの大きさのものまでファイルがあるので、生地をうまくたためばきれいに収納できます。
ファイルなので本のように収納できて取り出しやすく、ファイルの本来の役割である持ち運べるという特徴も利用できるので効率的に収納できます。

持ち手のついているものやたくさんの色があったりと、持ち運びに向いている形だったり色で目印になってくれたりという利点もあります。

プラケースのものとジッパー付きのタイプがあるので好みで選びましょう。

シールなども貼れるのでわかりやすく収納できるのも良い点ですね。

硬い素材なので収納中に生地にシワが寄る心配もいりません。

生地の収納はアイデア次第で使いやすさもアップ

生地を取り出しやすく、使いやすく収納するだけで趣味の幅が広がったりというメリットもあります。

収納をすっきりさせるだけで趣味に向かう気持ちも明るくなります。

ハンガーに吊るすだけだったり、ケースに入れるだけですが、それだけで効率が上がり趣味が楽しくなるのです。

きれいに整頓されている棚を見ると自然とやる気も湧いてきます。

手芸に使う小さな小物なども、小さな小物を入れる用のケースや小さな引き出しなどを効果的に使ってどんどん仕分けしましょう。

趣味のものを使ったらあるべきところに戻すという習慣をつけるだけで、創作のアイデアもたくさん浮かぶようになるはずです。

趣味のものを整理整頓するのはこうしたメリットだけでなく、整理整頓事態が楽しいです。

探していたパーツが見つかったり、存在も忘れていたような材料と再会できることもあるので大掃除などのような感覚で整理整頓してみましょう。

生地の収納は使っていないタンスがあるならそれを再利用

生地は吊るしたりケースに入れて収納してもいいですが、スペースが有るならタンスなどにしまえたほうが更に使いやすいです。

使っていないタンスの棚があったりするなら、そこを手芸店のように生地専用の棚にしてしまいましょう。

タンスなどの棚にしまう際には湿気がこもったり、虫がついてしまったりということを対策してください。
せっかくの生地がだめになってしまっては悲しいので、しっかりと除湿剤と防虫剤を設置します。

タンスに収納するときは生地を縦にして並べていくと探しやすく、取り出しやすいです。
たまに風に当てたりなどのメンテナンスを怠らないように使えば、タンスでも十分生地を収納できます。

タンスが深すぎたりする場合には底上げを行ったりして、使いやすいようにアレンジしていくのも楽しいですよ。

細かいハギレ生地は収納もいいけれど使ってしまうのもおすすめ

手芸を趣味にしていると気に入っていた生地の端切れなどが、どんどん溜まっていってしまうと思います。

ですが収納するといっても形がバラバラで、一枚でなにか作れるほど量もない…というときは思い切って使ってしまいましょう。

生地の大きさにあった小物を作るのもいいですが、パッチワークなどもおすすめです。

さらに小さい生地はストラップなどのモチーフにするぬいぐるみなどにも使えるため、いろいろな工夫で使ってみましょう。

よっぽど気に入った生地だったら針山をその布で作り、新調してみるなどのアレンジも出来ます。

使い方次第で何にでも姿かたちを変えてくれる生地は、アレンジ次第で本当に何にでも使えます。

大事に取っておくなら、せっかくですから生地もきれいに収納しましょう。
そのほうが生地も長持ちしてくれますし、創作もしやすくなります。

もっと創作を楽しむためにも収納をきっちりして、整理整頓しましょう。