注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ミシンのコツやポイントとは?まっすぐ縫いたいとき

ただまっすぐ縫いたいのに、曲がってしまうときの原因はどんなところにあるのでしょう?ミシンの基本となるまっすぐに縫うことは簡単なようで奥が深い…。

ミシンでまっすぐ縫うときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?曲線を縫う前には慣れておきたいまっすぐ縫い。

ミシンでまっすぐ縫うときのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

揚げ物用鍋にはホーローがおすすめ!その理由と選び方について

揚げ物用の鍋を新しく買う場合、どんな材質がいいのか迷う人も多いでしょう。 そこでおすすめなのが...

子連れでの再婚に後悔しないために!再婚前に考えたい子供のこと

シングルマザーとして子育てをしている女性でも、素敵な男性にめぐりあうことで再婚について考えることもあ...

【ハンドメイド】小さなはぎれを使って作る子供用の小物

家に捨てられない小さなはぎれがたくさんあって、どうしようか使い道に困っている方はいませんか?ハンドメ...

マグカップの収納。棚に飾る場合のポイントや見せる収納術

ティータイムに彩りを添えてくれるマグカップ。お気に入りのマグカップや、いただき物や思い出のあるマグカ...

玄関の照明の明るさの目安!照明選びに迷った時のアドバイス

玄関はその家の顔とも言われますが、玄関の照明はどのくらいの明るさが必要なのでしょうか? そこで、玄...

レーヨンやポリエステルはしわになりやすい?洗濯方法について

お気に入りのシャツだけれど、とにかくしわになりやすい。アイロンをかけないと着れない服の代表となるレー...

浴室のカウンターの黄ばみ落としに効くのはコレ。使い方を紹介

浴室のカウンターの部分、毎日お掃除していても気がついたら黄ばみが目立つということはありませんか。 ...

手紙に便箋を2枚入れるのはなぜ?意外と知らない手紙のマナー

手紙を開けると何も書いていない便箋が1枚入っていることがあります。これは間違いやうっかりではありませ...

ハンドメイドの販売!イベントに出店する方法や売れるコツ

ハンドメイド作品を販売しようと考えた時、どんな方法が思い浮かびますか?ネット販売も一般的ですが、ハン...

布のアイロンシールの剥がし方・布以外のシールの剥がし方を解説

お子さんの持ち物に記名するために、衣類などにアイロンシールやワッペンを貼ることがありますよね。布に貼...

洗濯物をエアコンで乾かす方法!梅雨時に役立つ部屋干しの方法

梅雨の時期は洗濯物が乾きにくく困ってしまいますよね。部屋干しをする際、エアコンはどのような設定にする...

チューリップの球根は掘り上げ必要?その理由と方法

チューリップは球根は掘り上げが必要?そのまま球根を植えっぱなしにしていても、花を咲かせる場合もありま...

手芸の自由研究におすすめ!簡単に100均アイテムで作る作品

お子様の自由研究で、女子は手芸で作品を作るというのも人気です。そこで、小学生でも簡単にできる簡単な手...

再婚したい!子連れ再婚で幸せになるために必要なこととポイント

一度離婚を経験した女性の中には、新しく素敵な男性との出会いがあり、その人との再婚を考えている人もいる...

布団を天日干しできない時にできる布団の手入れ方法

布団を天日干しすると、除湿やダニ退治もできるので、できる時にやっておきたいですが、天気の状況や、部屋...

スポンサーリンク

ミシンでまっすぐに縫うコツは針板(はりいた)を見ること

洋裁に縁がなかった方も子供が幼稚園や保育園に通うようになると、園グッズを作るために、ミシンを使うことが少なくありません。

絵本を入れるバッグやコップを入れる巾着などは、直線縫いだけで出来るので簡単に思えます。

しかしミシンを使ってみると、意外にまっすぐ縫うことが難しいことに気がつくはずです。しっかりと生地とミシンの針を見ているのに、どうして曲がってしまうのでしょうか。
実は生地に対してまっすぐ縫いたいときは、針の位置を見るのではなく、針板を見て縫うのがポイントで、まっすぐに縫うコツなんです。

針板には線が引かれているので、その線に生地を合わせて縫うように注意をしてみてください。

もちろん生地を針板の線に合わせて行くので、生地を真っ直ぐに裁断することも重要ですよ。

ミシンをまっすぐ縫うコツは押さえにある目盛り

ミシンを見ていると針板だけではなく、ミシンの押さえにも印があることに気がついた方も多いのではないでしょうか。

生地の切替部分などにステッチをかけるときには、この目盛りを使うと便利です。縫い目から5ミリの位置にステッチをかけたいのなら、針の位置をずらして、目盛りの位置が針から5ミリ離れた目盛りをガイドにしながら、縫ってください。

もし押さえに目盛りがない場合は、マジックでなどで自分で線を付けてしるしにしても良いですね。

またまっすぐ縫うコツはあえて針を見ないこと。これは最初にご紹介した方法でも同じことがいえます。

どうしても針を見たくなってしまいますが、この時重要なのはガイドの目盛りです。ここに集中して縫うことが一番のコツなのです。

まっすぐミシンをかけるコツはずれないようにすること

まっすぐミシンをかけるコツについて、ミシンの使い方を主にお話してきましたが、布がずれてしまうと、自ずとミシンの縫い目もずれてしまいます。

布のずれを防止するにはまち針やクリップが手軽に使える道具です。しかしクリップやまち針はミシンをかけるときにじゃまになってしまうこともあります。

特に小さなものを縫っているときは、布を止めているまち針が手に刺さってしまうことも。またまち針は止めたままで使用しても、ミシンの針はまち針を避けて縫い進めてくれるといいますが、私は何度もまち針を曲げて、ミシンを壊しそうになってしまったことがあります。

やっぱり一番布がずれないのが、しつけです!最初にしつけをしておくと布がずれずに、まち針のように邪魔になることもありません。

しかしこのしつけが面倒なんですよね。そこで手軽に布をずれないようにしてくれて便利なのが接着です。しつけの代わりに布を接着してしまう方法。この場合しっかりと丁寧に接着剤を付けてしまうと、固くなってしまってミシンで縫うの、がかえって大変になってしまうので、ところどころ接着をするのがポイントです。

その他にも布用の両面テープを使用して接着する方法、テープ状の接着芯を使用して接着する方法もあります。

また布と糸の色が合っていないと、ミシン目が目立つようになるので、しっかりと色合わせを行うことも縫い目をキレイに見せるコツですよ。

ミシンを上手くかけるポイント

ミシンに慣れてきて、針板や押さえのガイドを見ながら縫えるようになってきたのに、直線縫いがうまくいかないという方は、布を抑える自分の手に今度は注意をしてみてください。

しっかりと、まっすぐに縫おうとするあまりに、力が入りすぎてはいないでしょうか。

私もついつい、ステッチなどの縫い目が目立つ場所にミシンをかけるときは力が入りすぎて、手で布を送ろうとしてしまいます。

しかしミシンは自然と布を送るようになっているので、軽く手を添えてその補助をするだけでOK!かえって手で布の進路を決めようとすると、まっすぐ縫えなくなってしまいます。

またミシンをかけるときは、ミシンの正面ではなく針の正面に座ることもポイントです。

ミシンの正面に座ってしまうと、縫い目をナナメ横から見ることになってしまい、やはりまっすぐに縫うのが難しくなります。必ず針の正面に座るようにしましょう。

後は焦らずにゆっくりと、針をうごかしてミシンを使うことです。

ミシンのまっすぐに慣れたら曲線に挑戦してみましょう

まっすぐに慣れてきたら、今度は曲線に挑戦です。と入っても、ミシンの使用方法に違いはありません。直線縫いを使用して自分で布を動かして曲線を縫っていきます。

しかし曲線はガイドを目安にして縫っても、生地が歪んでしまったりと縫い目がキレイにならないのは、なぜでしょうか。

問題は生地の歪みにあります。ついつい一気に縫いきってしまいたくなりますが、曲線を縫うときは生地が歪んで、どんどん押さえに生地が溜まってしまうので一度この歪みを解消させることがポイントになります。

とは言っても難しいものではありません。針を布に刺さった状態にして、押さえを上げるだけです。これで生地の歪みがなくなり、針が刺さったままになっているのでキズがずれることもありません。曲線が急になっていればいるほど、それに合わせて抑えを上げて、布の歪みを取る回数を多くしてくださいね。

慣れるまでは焦らずに、自分のペースでミシンの針を進めましょう

意外とまっすぐ縫うだけなのに、上手くミシンを扱うのは難しいものです。上記したようなコツを頭に入れながらミシンを使ってみてください。

縫うコツの他にも、ミシンの縫い目を生地に合わせて調節すること、糸を生地に合わせることも縫い目をキレイにするポイントとなります。

これはミシンを使っていると、試し縫いをしたときに、どのくらいの縫い目が適当か、糸は生地に合っているかを判断できるのですが、ミシン初心者の方は難しいですよね。そんな場合は、生地や糸を買うときに手芸店の販売員さんに聞くのが一番です!生地に合った縫い目や糸を教えてくれますよ。

縫い目が真っ直ぐだと、それだけで出来上がり上手く見えて差が出てきます。逆に縫い目が曲がってしまうと、見る度にその場所に目が行って気になってしまうものです。

慣れるまでは、ゆっくりと自分のペースで針を進めて、ミシンの使い方を覚えてくださいね。