注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ミシンのコツやポイントとは?まっすぐ縫いたいとき

ただまっすぐ縫いたいのに、曲がってしまうときの原因はどんなところにあるのでしょう?ミシンの基本となるまっすぐに縫うことは簡単なようで奥が深い…。

ミシンでまっすぐ縫うときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?曲線を縫う前には慣れておきたいまっすぐ縫い。

ミシンでまっすぐ縫うときのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴミ箱の袋を簡単に固定する方法とスッキリ見せるアイデア

ゴミ箱というのは、お部屋の中で一番生活感が出る場所です。どんなにおしゃれなインテリアでも、生活感丸出...

畳がボロボロに!予防と対策、そして簡単リフォームについて

畳がボロボロに。 子供が居ると、畳でもフローリングでもお構いなしですよね。 元気がいいの...

服の黄ばみにはやっぱり重曹!重曹を使った洗濯方法、総まとめ!

服の黄ばみで悩んだことのない人って、いないと思います。 人間の共通の悩み、それは対人関係と洋服に染...

スポーツサングラスをかけるなら?子供用野球サングラスの選び方

子供が野球をするときにはスポーツサングラスは必要なのでしょうか?子供のことを考えると、サングラスはか...

上靴を洗うときの洗剤は何を使えばいい?おすすめの洗剤

上靴を洗うときにはどんな洗剤を使えば汚れや臭いを落とすことができるのでしょうか? 上靴専用の洗剤を...

マルベリーの育て方【鉢植え】上手に育てる方法と収穫方法を解説

マルベリーの鉢植えを育てようと考えている人の中には、どうやって育てれば上手に実を付けることができるの...

海外のインテリアから学ぶおしゃれな寝室の作り方

海外のドラマや映画を見た時に、素敵なインテリアの寝室を見て、そのおしゃれさに憧れを抱いたという人は少...

レーヨンやポリエステルはしわになりやすい?洗濯方法について

お気に入りのシャツだけれど、とにかくしわになりやすい。アイロンをかけないと着れない服の代表となるレー...

風呂釜の洗浄は重曹でOK?重曹で取れる汚れと使用の注意点

毎日使用する浴室、体をキレイにする場所なので、その分汚れが溜まる場所です。浴槽や洗い場は毎日掃除をし...

コバエ退治に洗剤&めんつゆのコンビが活躍。驚きの効果と作り方

湿気が多い季節になると、気になるのが室内を飛び回るコバエ問題。 どこからともなくわいてくるコバエの...

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります...

服の片付けと収納のコツ。たたみ方やすっきり収納のアイディア

家族の人数が多いとそれだけ服の数は増えますし、子供がいる場合は着られなくなった服もどんどん増えていき...

服の生地からイヤな臭いがする原因とその消臭方法を教えます

買ったばかりなのに、服やジーンズの生地からイヤな臭いがするという経験はありませんか? 実はその...

お風呂掃除に最適なスポンジは?掃除しにくい床を磨く方法

お風呂掃除を毎日しているのに、なぜか汚れが溜まってしまうことありますよね。お風呂の床も、そんな場所の...

油汚れが服についてしまった時の落とし方についてご紹介

油汚れの種類には、食べ物の汚れや、化粧品や機械油が原因のものなどあります。 そういったものが服につ...

スポンサーリンク

ミシンでまっすぐに縫うコツは針板(はりいた)を見ること

洋裁に縁がなかった方も子供が幼稚園や保育園に通うようになると、園グッズを作るために、ミシンを使うことが少なくありません。

絵本を入れるバッグやコップを入れる巾着などは、直線縫いだけで出来るので簡単に思えます。

しかしミシンを使ってみると、意外にまっすぐ縫うことが難しいことに気がつくはずです。しっかりと生地とミシンの針を見ているのに、どうして曲がってしまうのでしょうか。
実は生地に対してまっすぐ縫いたいときは、針の位置を見るのではなく、針板を見て縫うのがポイントで、まっすぐに縫うコツなんです。

針板には線が引かれているので、その線に生地を合わせて縫うように注意をしてみてください。

もちろん生地を針板の線に合わせて行くので、生地を真っ直ぐに裁断することも重要ですよ。

ミシンをまっすぐ縫うコツは押さえにある目盛り

ミシンを見ていると針板だけではなく、ミシンの押さえにも印があることに気がついた方も多いのではないでしょうか。

生地の切替部分などにステッチをかけるときには、この目盛りを使うと便利です。縫い目から5ミリの位置にステッチをかけたいのなら、針の位置をずらして、目盛りの位置が針から5ミリ離れた目盛りをガイドにしながら、縫ってください。

もし押さえに目盛りがない場合は、マジックでなどで自分で線を付けてしるしにしても良いですね。

またまっすぐ縫うコツはあえて針を見ないこと。これは最初にご紹介した方法でも同じことがいえます。

どうしても針を見たくなってしまいますが、この時重要なのはガイドの目盛りです。ここに集中して縫うことが一番のコツなのです。

まっすぐミシンをかけるコツはずれないようにすること

まっすぐミシンをかけるコツについて、ミシンの使い方を主にお話してきましたが、布がずれてしまうと、自ずとミシンの縫い目もずれてしまいます。

布のずれを防止するにはまち針やクリップが手軽に使える道具です。しかしクリップやまち針はミシンをかけるときにじゃまになってしまうこともあります。

特に小さなものを縫っているときは、布を止めているまち針が手に刺さってしまうことも。またまち針は止めたままで使用しても、ミシンの針はまち針を避けて縫い進めてくれるといいますが、私は何度もまち針を曲げて、ミシンを壊しそうになってしまったことがあります。

やっぱり一番布がずれないのが、しつけです!最初にしつけをしておくと布がずれずに、まち針のように邪魔になることもありません。

しかしこのしつけが面倒なんですよね。そこで手軽に布をずれないようにしてくれて便利なのが接着です。しつけの代わりに布を接着してしまう方法。この場合しっかりと丁寧に接着剤を付けてしまうと、固くなってしまってミシンで縫うの、がかえって大変になってしまうので、ところどころ接着をするのがポイントです。

その他にも布用の両面テープを使用して接着する方法、テープ状の接着芯を使用して接着する方法もあります。

また布と糸の色が合っていないと、ミシン目が目立つようになるので、しっかりと色合わせを行うことも縫い目をキレイに見せるコツですよ。

ミシンを上手くかけるポイント

ミシンに慣れてきて、針板や押さえのガイドを見ながら縫えるようになってきたのに、直線縫いがうまくいかないという方は、布を抑える自分の手に今度は注意をしてみてください。

しっかりと、まっすぐに縫おうとするあまりに、力が入りすぎてはいないでしょうか。

私もついつい、ステッチなどの縫い目が目立つ場所にミシンをかけるときは力が入りすぎて、手で布を送ろうとしてしまいます。

しかしミシンは自然と布を送るようになっているので、軽く手を添えてその補助をするだけでOK!かえって手で布の進路を決めようとすると、まっすぐ縫えなくなってしまいます。

またミシンをかけるときは、ミシンの正面ではなく針の正面に座ることもポイントです。

ミシンの正面に座ってしまうと、縫い目をナナメ横から見ることになってしまい、やはりまっすぐに縫うのが難しくなります。必ず針の正面に座るようにしましょう。

後は焦らずにゆっくりと、針をうごかしてミシンを使うことです。

ミシンのまっすぐに慣れたら曲線に挑戦してみましょう

まっすぐに慣れてきたら、今度は曲線に挑戦です。と入っても、ミシンの使用方法に違いはありません。直線縫いを使用して自分で布を動かして曲線を縫っていきます。

しかし曲線はガイドを目安にして縫っても、生地が歪んでしまったりと縫い目がキレイにならないのは、なぜでしょうか。

問題は生地の歪みにあります。ついつい一気に縫いきってしまいたくなりますが、曲線を縫うときは生地が歪んで、どんどん押さえに生地が溜まってしまうので一度この歪みを解消させることがポイントになります。

とは言っても難しいものではありません。針を布に刺さった状態にして、押さえを上げるだけです。これで生地の歪みがなくなり、針が刺さったままになっているのでキズがずれることもありません。曲線が急になっていればいるほど、それに合わせて抑えを上げて、布の歪みを取る回数を多くしてくださいね。

慣れるまでは焦らずに、自分のペースでミシンの針を進めましょう

意外とまっすぐ縫うだけなのに、上手くミシンを扱うのは難しいものです。上記したようなコツを頭に入れながらミシンを使ってみてください。

縫うコツの他にも、ミシンの縫い目を生地に合わせて調節すること、糸を生地に合わせることも縫い目をキレイにするポイントとなります。

これはミシンを使っていると、試し縫いをしたときに、どのくらいの縫い目が適当か、糸は生地に合っているかを判断できるのですが、ミシン初心者の方は難しいですよね。そんな場合は、生地や糸を買うときに手芸店の販売員さんに聞くのが一番です!生地に合った縫い目や糸を教えてくれますよ。

縫い目が真っ直ぐだと、それだけで出来上がり上手く見えて差が出てきます。逆に縫い目が曲がってしまうと、見る度にその場所に目が行って気になってしまうものです。

慣れるまでは、ゆっくりと自分のペースで針を進めて、ミシンの使い方を覚えてくださいね。