注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ミニチュアピンシャーの抜け毛がすごいのはなぜ?抜け毛の豆知識

ミニチュアピンシャーは、見た目のとおり毛並みが短いため、比較的抜け毛が少ない犬種ではありますが、調べてみると抜け毛がすごいミニチュアピンシャーもいるようです。

ミニチュアピンシャーの抜け毛がすごいのはなぜ?換毛期のケア方法は?病的な脱毛かを見極めるには?

ミニチュアピンシャーの抜け毛について詳しくご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫は出産で何匹産むのか事前準備や兆候と赤ちゃん猫の育て方とは

猫は出産で何匹の赤ちゃん猫を産むことができるのかご存知でしょうか? 猫が出産したときは基本的に...

犬を風呂好きにさせるためのコツとは?飼い主にできること

犬をお風呂に入れようとしても、嫌がって入ろうとしないことの方が多いですよね。 なんとか風呂好き...

犬の鳴き声で苦情を言われたときの対処法と飼い主ができること

犬の鳴き声によって苦情のトラブルが発生することはよくあります。飼い主にとっては犬が鳴くのは普通のこと...

メダカを屋外で飼育する時の雨対策!効果的な方法と注意点を解説

メダカを屋外で飼育している人にとって気になることといえば、悪天候時の雨対策ですよね。飼育容器の中に雨...

スズメの子供を保護した場合の餌のやり方や時間について

スズメの子供が巣から落ちて鳴いていると助けてあげたいと思いますね。 生まれたばかりのスズメの子...

猫が縄張りを追い出された!縄張りを追い出される理由と猫の生活

猫は縄張りを持って生活をしています。それまでは母猫と一緒に生活をしていた子猫でも、成長するとともに縄...

猫が人参にスリスリする理由と与える場合の注意点について

猫がまたたびにスリスリする姿はよく見かけますが、中には人参にスリスリする猫もいるといいます。 ...

柴犬が洋服を嫌がる理由や慣れさせるためのコツと注意点

柴犬が洋服を嫌がるのはよくある普通のことです。柴犬以外でもはじめて洋服を着せようとして嫌がる犬は多い...

ジャンガリアンハムスターの平均寿命と最後の時の見送り方

ハムスターはとてもかわいい動物ですが、体が小さいため寿命が短いと言われています。 その平均寿命は種...

インコが噛むときに飼い主さんができる正しいしつけの方法を解説

飼っているインコが噛むことに頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。流血してしまうほど強い力で噛んで...

猫【生後4ヶ月】を留守番させるときの注意点や安全対策とは

猫が生後4ヶ月くらいにもなると、留守番をさせてみたいという飼い主さんもいるのではないでしょうか。 ...

カラスには食べ物を隠す習性があるって本当?カラス撃退の方法

カラスが食べ物を隠している姿を見たことがある人もいますよね。また、自分に家の庭やベランダに思い当たら...

猫はなぜ洗濯機に入ることが好きなのかその理由と注意すること

猫は袋や箱などせまいところが大好きですが、洗濯機の中に入る猫もいるという話もあるようです。 や...

ザリガニの水槽に水草を入れる時の入れ方とおすすめの水草を紹介

ザリガニを飼育する時、水槽の中に水草を入れて飼育するようになります。ザリガニの飼育初心者の方は、水草...

うさぎの赤ちゃんは生まれたての時の扱いが重要!飼育のコツ

うさぎの赤ちゃんはとてもデリケート。生まれたてであればあるほど、その扱いは注意が必要です。 生...

スポンサーリンク

ミニチュアピンシャーの抜け毛がすごいのはなぜなのか

毛の抜けやすさや毛が抜けていく量は、その犬の種類でも違ってきます。

しかし基本的には、毛の生え変わり時期である換毛期になると、抜け毛も多くなってきます。

抜け毛は換毛期が影響している

主に3月頃と9月頃、もちろん地域や犬の種類によって様々ですが、暖かくなる頃、涼しくなる頃と言われています。

抜け毛が多いのはダブルコートである

ダブルコートとは、二重に毛が生えている事

比較的抜け毛が少ないシングルコート

一種類の被毛が生えている、ミニチュアピンシャーはシングルコートです。

ミニチュアピンシャーの毛について

ミニチュアピンシャーは、短い毛なのでそんなに普段は抜け毛が気にならない事が多いですが、やはり毛の生え変わりの時期になると抜け毛も多くなります。

ミニチュアピンシャーは、シングルコートなので、他のダブルコートの犬よりは抜け毛が少ないです。

しかし、シングルコートの中ではミニチュアピンシャーは抜けやすいとも言われています。
すごい抜け毛が増えてきたと思ったら、念入りにラバーブラシで軽くお手入れしてあげましょう。

ミニチュアピンシャーでも換毛期には抜け毛がすごいことに。ケアの方法とは

ミニチュアピンシャーは短い毛でシングルコートなので、そんなに抜け毛が目立たなかったり少なかったりします。

しかし換毛期である毛の生まれ変わり時期は、抜け毛が急に増ええたり感じたりします。

犬の抜け毛の仕組み

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

毛が成長し、その成長が弱ってきて、毛の成長が止まります。

そして抜け落ちて、また成長している毛が出てくる繰り返しになります。

抜け毛が多い時期のお手入れ方法

  • ラバーブラシで優しく軽く全身をブラッシングする
  • 獣毛ブラシで優しく軽く全身をブラッシングする

ラバーブラシで先に優しく力を入れないようにブラッシングして、付いてしまっている抜け毛やムダ毛を取ってあげましょう。

優しく撫でてあげるだけで毛が付いてきます。その後に獣毛ブラシでブラッシングする事でツヤが出ます。

とはいえ、ミニチュアピンシャーは小型犬の中でも抜け毛が少ない犬種

病気などで抜けてしまう事は別として、犬種としてはミニチュアピンシャーは抜け毛が少ない方です。

抜け毛が少ないと言われている主な犬種

  • ミニチュアピンシャー
  • プードル
  • シーズー
  • ミニチュアシュナウザー
  • ビジョンフリーゼ
  • アメリカンコッカースパニエル

小型犬では、ミニチュアピンシャーは、シングルコートで短い毛なので、ブラッシングでのお手入れが楽です。

プードルもシングルコートで抜け毛が少ないです。
毛は長く伸びてくるので、放っておくと目に傷がついてしまったりします。

必ずマメにブラッシングは必要ですし、1ヶ月に1回はカットしてあげる事が大切です。
シーズーも、抜け毛は少ないですが毛が長く伸びてきます。

必ず1ヶ月に1回はカットしてあげて短くしてあげましょう。

ミニチュアピンシャーをシャンプーする際の頻度

ミニチュアピンシャーなどの短い毛の犬は、長く伸びてしまう毛の犬に比べてお手入れが楽です。

毛が長く伸びてしまう犬は、1ヶ月に1回はカットしたりシャンプーをマメにしたりブラッシングを毎日のようにしないといけなかったりします。

それに比べて毛が短ければ、毛玉が出来ないし、毛がもつれる事もありません。
なので、ラバーブラシでブラッシングするだけでも抜け毛のお手入れが出来ますのでとても楽です。

定期的に濡れたタオルで拭いてあげたりしていれば、長ければ2ヶ月に1回くらいのシャンプーでも大丈夫になったりします。

もちろんニオイがしてきたり、汚れたりしてしまった場合はもっと短い期間でシャンプーしてあげましょう。

シャンプーのしすぎも、身体に必要な成分もなくなってしまって病気になってしまう事もありますので、長く空けすぎないように、かと言ってやりすぎにも注意しましょう。