注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ミニチュアピンシャーの抜け毛がすごいのはなぜ?抜け毛の豆知識

ミニチュアピンシャーは、見た目のとおり毛並みが短いため、比較的抜け毛が少ない犬種ではありますが、調べてみると抜け毛がすごいミニチュアピンシャーもいるようです。

ミニチュアピンシャーの抜け毛がすごいのはなぜ?換毛期のケア方法は?病的な脱毛かを見極めるには?

ミニチュアピンシャーの抜け毛について詳しくご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫が玄関でゴロゴロ!飼い主さんをお出迎えする時の猫の気持ち

飼い主さんが帰宅すると、飼っている猫が玄関でゴロゴロお出迎えしてくれることもあります。飼い主さんは可...

メダカの水槽に入れる水草の適量を見分ける方法と枯れる時の対策

メダカの水槽に水草を入れて飼育することは、メダカにとってもメリットがあります。ですが、水草の量が多す...

【カニの赤ちゃんの育て方】実際に育てる場合の注意点について

アサリを購入した時に一緒にカニの赤ちゃんが入っているということもあるようですが、そのまま育てることが...

金魚がヒーターでやけどをしないように設置しましょう

金魚はヒーターでやけどをしてしまうことがあるのでしょうか?ヒーターを設置するときに気をつける事とは?...

犬のオムツに赤ちゃん用を代用するポイントと履かせる注意点とは

犬用のオムツに人間の赤ちゃん用のオムツを代用するという方法があります。 犬用のオムツに人間の赤...

セキセイインコのメスの鼻は何色?ろう膜の色の変化

セキセイインコはどこで性別を見分けることが出来るのか?それはオス、メスともに鼻のろう膜の色で見分ける...

犬が飼い主を守ると言われていることについて。犬の習性を知ろう

犬が飼い主を守る。 忠誠心を示す。 飼い主に命を守ってもらった。 など、犬は人間のパートナ...

メダカを屋外で飼育する時の雨対策!効果的な方法と注意点を解説

メダカを屋外で飼育している人にとって気になることといえば、悪天候時の雨対策ですよね。飼育容器の中に雨...

猫が縄張りを追い出された!縄張りを追い出される理由と猫の生活

猫は縄張りを持って生活をしています。それまでは母猫と一緒に生活をしていた子猫でも、成長するとともに縄...

うさぎの赤ちゃんは生まれたての時の扱いが重要!飼育のコツ

うさぎの赤ちゃんはとてもデリケート。生まれたてであればあるほど、その扱いは注意が必要です。 生...

水槽のフィルターの静かさで選ぶなら外部フィルターがおすすめ

静かな夜の時間や、水槽をワンルームに置く場合などに気になるのが、フィルターの音ではないでしょうか。 ...

柴犬のドッグラントラブルの原因や防ぐために飼い主ができること

柴犬はドッグランでのトラブルが多い犬として知られています。賢くて、飼い主への忠誠心も強い柴犬ですが、...

ウグイスの鳴き声が下手な理由や上手に鳴くための努力について

ウグイスの鳴き声は下手な場合もあります。ついウグイスというと、春の訪れが感じることのできる綺麗な鳴き...

犬の鳴き声で苦情を言われたときの対処法と飼い主ができること

犬の鳴き声によって苦情のトラブルが発生することはよくあります。飼い主にとっては犬が鳴くのは普通のこと...

ハムスターにダンボールで遊び場を作るコツやポイント

ハムスターに遊び場を作ってあげたいけれど、遊ぶものといえば回し車くらい…。そんなときには、ダンボール...

スポンサーリンク

ミニチュアピンシャーの抜け毛がすごいのはなぜなのか

毛の抜けやすさや毛が抜けていく量は、その犬の種類でも違ってきます。

しかし基本的には、毛の生え変わり時期である換毛期になると、抜け毛も多くなってきます。

抜け毛は換毛期が影響している

主に3月頃と9月頃、もちろん地域や犬の種類によって様々ですが、暖かくなる頃、涼しくなる頃と言われています。

抜け毛が多いのはダブルコートである

ダブルコートとは、二重に毛が生えている事

比較的抜け毛が少ないシングルコート

一種類の被毛が生えている、ミニチュアピンシャーはシングルコートです。

ミニチュアピンシャーの毛について

ミニチュアピンシャーは、短い毛なのでそんなに普段は抜け毛が気にならない事が多いですが、やはり毛の生え変わりの時期になると抜け毛も多くなります。

ミニチュアピンシャーは、シングルコートなので、他のダブルコートの犬よりは抜け毛が少ないです。

しかし、シングルコートの中ではミニチュアピンシャーは抜けやすいとも言われています。
すごい抜け毛が増えてきたと思ったら、念入りにラバーブラシで軽くお手入れしてあげましょう。

ミニチュアピンシャーでも換毛期には抜け毛がすごいことに。ケアの方法とは

ミニチュアピンシャーは短い毛でシングルコートなので、そんなに抜け毛が目立たなかったり少なかったりします。

しかし換毛期である毛の生まれ変わり時期は、抜け毛が急に増ええたり感じたりします。

犬の抜け毛の仕組み

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

毛が成長し、その成長が弱ってきて、毛の成長が止まります。

そして抜け落ちて、また成長している毛が出てくる繰り返しになります。

抜け毛が多い時期のお手入れ方法

  • ラバーブラシで優しく軽く全身をブラッシングする
  • 獣毛ブラシで優しく軽く全身をブラッシングする

ラバーブラシで先に優しく力を入れないようにブラッシングして、付いてしまっている抜け毛やムダ毛を取ってあげましょう。

優しく撫でてあげるだけで毛が付いてきます。その後に獣毛ブラシでブラッシングする事でツヤが出ます。

とはいえ、ミニチュアピンシャーは小型犬の中でも抜け毛が少ない犬種

病気などで抜けてしまう事は別として、犬種としてはミニチュアピンシャーは抜け毛が少ない方です。

抜け毛が少ないと言われている主な犬種

  • ミニチュアピンシャー
  • プードル
  • シーズー
  • ミニチュアシュナウザー
  • ビジョンフリーゼ
  • アメリカンコッカースパニエル

小型犬では、ミニチュアピンシャーは、シングルコートで短い毛なので、ブラッシングでのお手入れが楽です。

プードルもシングルコートで抜け毛が少ないです。
毛は長く伸びてくるので、放っておくと目に傷がついてしまったりします。

必ずマメにブラッシングは必要ですし、1ヶ月に1回はカットしてあげる事が大切です。
シーズーも、抜け毛は少ないですが毛が長く伸びてきます。

必ず1ヶ月に1回はカットしてあげて短くしてあげましょう。

ミニチュアピンシャーをシャンプーする際の頻度

ミニチュアピンシャーなどの短い毛の犬は、長く伸びてしまう毛の犬に比べてお手入れが楽です。

毛が長く伸びてしまう犬は、1ヶ月に1回はカットしたりシャンプーをマメにしたりブラッシングを毎日のようにしないといけなかったりします。

それに比べて毛が短ければ、毛玉が出来ないし、毛がもつれる事もありません。
なので、ラバーブラシでブラッシングするだけでも抜け毛のお手入れが出来ますのでとても楽です。

定期的に濡れたタオルで拭いてあげたりしていれば、長ければ2ヶ月に1回くらいのシャンプーでも大丈夫になったりします。

もちろんニオイがしてきたり、汚れたりしてしまった場合はもっと短い期間でシャンプーしてあげましょう。

シャンプーのしすぎも、身体に必要な成分もなくなってしまって病気になってしまう事もありますので、長く空けすぎないように、かと言ってやりすぎにも注意しましょう。