注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

金魚はエビを食べるから共存させる場合には注意が必要です

苔対策としてエビを一緒に飼育する人もいますが、その種類によっては雑食である金魚が食べてしまうと言われています。

では、どんな種類のエビであれば食べられなくて済むのでしょうか?それとも共存することは不可能なのでしょうか?

金魚が食べるエビの種類と共存させる場合の注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫についたダニの取り方は?ダニの駆除方法と予防方法・注意点

飼っている猫にダニは寄生してしまうことがありますが、寄生したダニはそのままの状態にせずに取ってあげる...

インコのおやつに手作りクッキー!歯ごたえのある安心おやつ

最近はペットのために手作りのフードやおやつを手作りする方も増えています。 ペットのための手作りフー...

文鳥の換羽期がイライラ攻撃的になる理由と飼い主のサポート方法

文鳥にも換羽期があります。その換羽期になると、いつもいい子の文鳥が、イライラして攻撃的になる、と感じ...

【カニの赤ちゃんの育て方】実際に育てる場合の注意点について

アサリを購入した時に一緒にカニの赤ちゃんが入っているということもあるようですが、そのまま育てることが...

猫が人参にスリスリする理由と与える場合の注意点について

猫がまたたびにスリスリする姿はよく見かけますが、中には人参にスリスリする猫もいるといいます。 ...

スズメの子供を保護した場合の餌のやり方や時間について

スズメの子供が巣から落ちて鳴いていると助けてあげたいと思いますね。 生まれたばかりのスズメの子...

ハムスターの鳴き声がキュッキュッ!考えられる理由と対処法

ハムスターの鳴き声がキュッキュッと聞こえると、どんなことを訴えているのか飼い主としては気になります。...

水槽のフィルターの静かさで選ぶなら外部フィルターがおすすめ

静かな夜の時間や、水槽をワンルームに置く場合などに気になるのが、フィルターの音ではないでしょうか。 ...

金魚の繁殖期はいつ?繁殖シーズンと産卵に適した年齢・繁殖行動

金魚の繁殖に挑戦してみようと考えている人の中には、金魚の繁殖期が一体いつなのか分からない人もいるので...

猫が捕獲器に入らないときの対策や注意点と寄せ付けない工夫

猫が捕獲器に入らないことはよくあります。捕獲器を怖がるような警戒心の強い猫は捕獲器を見ただけで逃げて...

うさぎの赤ちゃんは生まれたての時の扱いが重要!飼育のコツ

うさぎの赤ちゃんはとてもデリケート。生まれたてであればあるほど、その扱いは注意が必要です。 生...

ジャンガリアンハムスターの平均寿命と最後の時の見送り方

ハムスターはとてもかわいい動物ですが、体が小さいため寿命が短いと言われています。 その平均寿命は種...

金魚についたイカリムシを駆除する方法!原因と症状・対策を解説

金魚に紐のような物が付着しておたら、それはイカリムシの可能性があります。イカリムシがついてしまうと、...

犬のガムの丸呑みが心配!愛犬のための与え方や選び方のポイント

犬はガムを丸呑みしてしまうのは飼い主としてとても心配なことです。犬用のガムは種類も豊富なので、犬の丸...

ハムスターとうさぎの相性とは?同居させる場合の注意点を解説

ハムスターとうさぎ、どちらもペットとして人気の動物ですが、両方とも飼いたいと思う人も多ようです。 ...

スポンサーリンク

金魚はミナミヌマエビを食べるって本当なのでしょうか

金魚はエビの種類により混泳をさせることが可能ですが、ミナミヌマエビという種類のエビと混泳をさせた場合に食べてしまうことがあります。

金魚は口に入る大きさのものであれば食べようとしてしまう性質を持っており、それは金魚に限らずどんなお魚も持ち合わせている本能的な部分です。

小さな個体の金魚であれば無理ではないかもしれませんが、それもいずれは成長してしまったり、やっぱり食べてしまうかもという恐れは消えません。

もし金魚とエビを一緒に混泳させたい場合は、口に入る大きさのエビは一緒にしないなどの対策を取るか、できる限りは一緒に入れないというのが適当でしょう。

魚にとってエビはエサに見えてしまうことがほとんどではないかと思いますし、金魚たちに食べないでと説明したところでそれは流石に無理な話です。

混泳を考えるのであればエビと相性のいいお魚を別の水槽で飼育したりという方向が良いのかもしれません。

反対にエビが金魚を食べるということもあります

逆にエビが金魚を食べてしまうという事態の報告もあります。

琉金などの種類の金魚がヤマトヌマエビに食べられてしまった…などというお話は実際にあるようで、ヒレを含めて7~8cmはあろうかという金魚をヤマトヌマエビは食べてしまったのだとか…。
こうした金魚を襲うエビという事件は比較的、金魚に食べられないようにと対策として大きなエビを数匹購入し水槽に離した際に起こることが多いようです。

もしご自宅ですでに金魚とエビを混泳させているという方はすぐに金魚の様子を確認してあげたほうがいいかもしれません。

水草か何かで切ったかのような傷が金魚にある場合はすでにかじられてしまっている痕かもしれませんので早急な対応をお願いいたします。

こうした状況はエビのエサが足りないということも原因の一つかもしれません。

エビは水槽を掃除してくれる存在でもあるためエサを少なめにしているというご家庭も少なくないと思います。

ですが金魚などと混泳させる場合はしっかりとエサをあげないとこうした事態に陥る可能性もありますのでご注意ください。

ほぼ間違いなく金魚が餌として食べることになるエビの種類とは

ほぼ間違いなく金魚に食べられてしまうだろうという大きさまでしか成長しないエビの種類というものが存在します。

食べられてしまうのは大きさだけに限らないとは思いますが、金魚が魅力的なエサだと思ってしまいがちなエビの種類があります。

それはミナミヌマエビという種類のエビと、成長前のヤマトヌマエビです。

前述しましたが基本的に金魚は口に入る大きさでエサのにおいがするものはエサだと思って口に入れます。

口に入れてしまえば当然そのまま食べてしまうと思いますので、飼育している金魚の大きさを見てこれは口に入ってしまうだろうなという大きさのエビとは混泳させないことが一番の対策です。

金魚を食べてしまったエビとしてあげたヤマトヌマエビですが、彼らも金魚の大きさによっては食べられてしまうエビになります。

現在飼育されている金魚の大きさやその環境によっても混泳させられる種類のエビは限られてくると思いますのでよく観察した上でエビの種類を選定しましょう。

エビの中でもザリガニなら金魚は食べることはないけど

エビの中でもザリガニであれば大きく成長しますから混泳は可能ではないかと考える方も多いでしょう。

ですがザリガニは気性が荒いことが殆どで魚を襲って食べてしまう可能性が高いため金魚との混泳には向きません。

食べられないようにと用意したザリガニに、今度は金魚が食べられてしまうという図式ができあがってしまうわけです。

ならばと小さいザリガニを準備しようものなら、小さいザリガニは金魚に食べられ、大きいザリガニは金魚を食べてしまう…という残酷な地獄絵図が完成してしまいます。

食べられてしまった金魚の例も紹介しましたが、あれはエサを調整すれば防げる例かと思いますので、もしエビ類と金魚の混泳をどうしてもしたいという場合は、ザリガニだけは選ばないようにしましょう。

ヤマトヌマエビを共存させる場合の注意点について

金魚との混泳を行わせるのに適正のあるエビはヤマトヌマエビです。

お互い食べてしまったり食べられたりということがある彼らですが、

  • 金魚の口に入らない大きさのヤマトヌマエビを選ぶこと
  • ヤマトヌマエビのエサをしっかりあげて金魚を食べない環境を作ること

上記の二点が守れていれば意外と簡単に共存してくれるかもしれません。

お互いにお腹が減っていればかじりつきに行ってしまう生き物ですので、エサの管理をきっちり行うことが共生への近道といえると思います。

金魚の餌は浮遊性の水面に浮くようなものを使い、エビのエサは沈下性の水槽に沈むようなものにして、水槽内の階層により棲み分けを作ってあげるということも効果的ではないでしょうか。

ご自宅の金魚やエビたちの特性を観察して、よりよい環境で共存できるような隣人を選定してあげましょう。