注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

タッパーの匂いの取り方は?嫌な匂いもこれでさようなら!

カレーやにんにく料理をタッパーに入れた場合、綺麗に洗ったつもりでも匂いがうっすら残ってしまうもの。そんなタッパーについた嫌な匂いの取り方を知りたい!そう思いませんか?
タッパーについた匂いは、台所にあるアノ食材や、お掃除でよく使うあの万能アイテムで除去することができます。
気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。
プラスチック製のタッパーは、どうしても匂いが移りやすいものです。
食材によってタッパーを選ぶことも必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水道の蛇口のパッキン交換方法!自分で水漏れを直す手順

水道の水漏れが起きるとすぐに業者に連絡しなくては、と思う方も多いと思います。 しかし、水漏れで一番...

排水口の掃除は重曹とクエン酸でキレイに!排水口掃除の方法

排水口の掃除をする時、洗剤よりも安心な物を使ってキレイにすることはできないかな?と考えることもありま...

メガネの曇り止め効果のある対策!マスクをしても曇らせない方法

メガネを愛用している方にとって、厄介なのがメガネの曇りです。特に寒い冬には、1日に何度もメガネの曇り...

シンプルライフを目指すための服の整理と収納のコツ

シンプルライフを目指したいけど、家の中はたくさんのモノで溢れて、どこから手をつけて良いかわかりません...

キッチン掃除を業者に頼むメリットや業者選びの注意点をご紹介

キッチン周りの掃除は普段からしているのに、大掃除になると知らず知らずのうちに汚れが溜まっていてびっく...

木の製品に貼ったシールの剥がし方!色々な剥がし方を紹介します

木の製品にお子さんがシールを貼ってしまい、なかなかシールが剥がれずに苦労し経験がある人もいますよね。...

時短できる家事とは?共働きの強い味方家事の時短方法を紹介

共働きはできるだけ家事を時短したいですよね。完璧にこなそうとすると時間はかかるものです。 必ず...

洗面台の髪の毛詰まりを直す方法と詰まりにくくするための工夫

洗面台は使っているうちに流れが悪くなり、最悪の場合には詰まりを起こしてしまいます。 掃除を怠ってい...

出窓をインテリアと収納に有効活用するコツとアイデアを紹介

キッチンの出窓をうまく活用したいけど、ただ物を置くだけでは全くおしゃれではありません。できればインテ...

窓拭きに新聞紙を使うと傷が付く?傷をつけない新聞紙の使い方

窓拭きをする際に新聞紙を使用すると、手軽にキレイになると評判です。しかし新聞紙を使う際に窓ガラスに傷...

風呂掃除の頻度【共働き家庭の場合】負担を軽減するためのコツ

お風呂掃除の頻度は基本的には毎日という家庭が多いかもしれません。しかし、忙しい共働き家庭の場合、家事...

ニット生地を家庭用ミシンで生地を伸ばさずに縫うコツ

ニット生地は生地自体に伸びる性質があるので、普通の家庭用ミシンで縫うには少しコツが必要です。 いつ...

ハンドメイドの販売!イベントに出店する方法や売れるコツ

ハンドメイド作品を販売しようと考えた時、どんな方法が思い浮かびますか?ネット販売も一般的ですが、ハン...

揚げ物用鍋にはホーローがおすすめ!その理由と選び方について

揚げ物用の鍋を新しく買う場合、どんな材質がいいのか迷う人も多いでしょう。 そこでおすすめなのが...

油汚れが服についてしまった時の落とし方についてご紹介

油汚れの種類には、食べ物の汚れや、化粧品や機械油が原因のものなどあります。 そういったものが服につ...

スポンサーリンク

タッパーについた嫌な匂いの取り方、おすすめは台所にあるあの食材!

タッパーについてしまった嫌な臭いを取るには、さまざまな方法があります。

その中で、まず試してみて欲しい方法は、台所にある食材で落とす方法です。
その食材とは「塩」です。

身近にある塩を使うことによって、タッパーについた嫌な臭いを取ることが出来るので試してみてください。

それでは、タッパーについた嫌な臭いを塩を使って取る方法について説明をしていきます。
実はその方法も簡単で、塩に少量の水分を含ませたものでタッパーを擦り洗いするだけなのです。
そのまま手で擦り洗いをしてもいいですし、気になる方はスポンジなどの道具を使用して擦り洗いをしても構いません。
少量の水分を含ませた塩で簡単にタッパーの臭いを取ることが出来てしまうので、タッパーの臭いに悩んでいたという方は試してみてください。

塩以外にもタッパーの臭いを取る方法があります。

それは「お米の研ぎ汁」を使用する方法です。
いつもは捨ててしまうお米の研ぎ汁も活用できるのでおすすめです。
その方法は、お米の研ぎ汁を臭いが気になるタッパーに入れて30分~1時間程度置いておくだけです。
時間が経ったら、いつも通り台所用洗剤で使って洗って終わりです。

時間がある場合にはお米の研ぎ汁を使用する方法がおすすめですし、すぐにでもタッパーの臭いを取りたい場合には少量の水を加えた塩を使う方法がおすすめです。

重曹を使った匂いの取り方もおすすめ!

食材を使った方法ではなく、重曹を使用してタッパーの嫌な臭いを取ることも出来ます。

普段の生活の中で重曹を活用されている方は、重曹を使った方法を試してみるのはいかがでしょうか。
それでは、重曹を使った方法について説明をしていきます。
タッパーに水を入れ、その水に重曹を溶かします。
そして、タッパーのフタをしてタッパーを振りましょう。
振ることによってタッパーの中の水と重曹を馴染ませることが出来ます。
水と重曹が馴染んだら、そのままの状態で時間をおきます。
時間をおいたら、再度洗って終わりです。
重曹を使ってもタッパーの嫌な臭いを取ることが出来るので試してみてください。

お酢を使ったタッパーの匂いの取り方!気になるぬめりを取る効果も

お酢を使用することでもタッパーの嫌な臭いを取ることが出来ます。

そして、お酢を使うことによって、タッパーにつく気になるぬめりを取る効果もあるのでおすすめです。
家にお酢がある場合には、お酢を使ってタッパーの嫌な臭いを取ってみましょう。
お酢を使った方法も簡単に行うことが出来ます。
その方法は、タッパーよりも大きめの容器にぬるま湯を入れ、そのぬるま湯にお酢を入れます。
そして、その酢が混ざったぬるま湯にタッパーやフタを漬けて置くだけです。
30分~1時間程度漬けて置くことが出来たら、洗って終りです。

タッパーに匂いがつかないようにするには

塩や酢、米の研ぎ汁や重曹などを使って簡単にタッパーについてしまった嫌な臭いを取ることが出来ます。
しかし、出来ればタッパーに臭いがついてしまわないようにしたいものです。
そこで、タッパーに臭いがつかないようにする方法についてご紹介していきます。
タッパーに臭いがついてしまうときには、どんな料理をタッパーに入れたときに臭いがついてしまっていますか?
きっと、油分の多い料理を入れたときにタッパーに嫌な臭いがつくことが多いのではないでしょうか。
そのため、油分の多い料理をタッパーに入れるときに特に注意しなければなりません。
そこで、タッパーに油分の多い料理を入れて保存するときには、ラップなどで一度包んでからタッパーに入れて保存する方法がおすすめです。
ラップで包んであることによって、タッパーの容器に直接料理の油分がつくことがありません。
そのため、タッパーに料理の臭いが付き難くなるのです。
そして、この方法は料理の臭いが付き難くなるメリットのほか、使用したタッパーを洗うときにも油分のぬめりが無いので、洗う手間も簡単になります。
タッパーにつく料理の臭いを予防したいときには、試してみてください。

色や匂いがつきやすい食材は、プラスチックではなく耐熱ガラスのタッパーがおすすめ

その他にも、タッパーを使用するときには臭いの付きづらい素材のタッパーを使用するのもすすめです。
プラスチック製のタッパーは、どうしても料理の臭いなどがつきやすいですが、耐熱ガラスのタッパーであれば臭いのつきにくい素材です。
そのため料理用途に応じで、タッパーの素材を変えるというのもひとつの方法です。
試してみてください。

タッパーに臭いがつくのが気になる場合には、臭いがつかないように予防しておく方法があります。
料理に応じて、タッパーの素材を変えるという方法もあります。
そして、もしもタッパーに嫌な臭いがついてしまった場合には、さまざまな方法でタッパーについた臭いを取る方法があるので試してみてください。