注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

タッパーの匂いの取り方は?嫌な匂いもこれでさようなら!

カレーやにんにく料理をタッパーに入れた場合、綺麗に洗ったつもりでも匂いがうっすら残ってしまうもの。そんなタッパーについた嫌な匂いの取り方を知りたい!そう思いませんか?
タッパーについた匂いは、台所にあるアノ食材や、お掃除でよく使うあの万能アイテムで除去することができます。
気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。
プラスチック製のタッパーは、どうしても匂いが移りやすいものです。
食材によってタッパーを選ぶことも必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

簡単に粘土で作品作り!人形を作るのにおすすめの粘土と作り方

粘土での作品づくりはいろいろな物がありますが、人形作りも人気の粘土作品です。 そこで人形作りが...

窓拭きに新聞紙を使うと傷が付く?傷をつけない新聞紙の使い方

窓拭きをする際に新聞紙を使用すると、手軽にキレイになると評判です。しかし新聞紙を使う際に窓ガラスに傷...

ボールペンのシミを取る方法!水性ボールペンの落とし方

服を洗濯しようとした時に、ワイシャツのポケットにボールペンのシミを発見。そんな時はどのようにすればボ...

洗濯槽と洗剤投入口も忘れずに掃除しよう!やり方と頻度について

毎日洗濯機を使っているものの、洗濯槽や洗剤投入口の掃除をしていない人が多いと言われています。 ...

グルーガンの使い方とコツを確認して自分だけのアクセサリー作り

ハンドメイドをする人が増えています。手作りの作品は世界に一つだけのオリジナルで、特別感が嬉しいですね...

おもちゃを収納する時に棚を上手に使うコツ

おもちゃを収納しようと思った時に、棚を使うとどんなおもちゃがあるか把握もしやすくて便利ですよね。 ...

Tシャツにできた毛玉の取り方と毛玉になりにくい手入れ方法

毛玉になりやすい服というとセーターやニットを思い浮かべる方が多いと思いますが、Tシャツにも毛玉ができ...

部屋がカビ臭い!その原因と解決方法を知ろう

いつもそれなりに掃除をしているつもりでも、長年同じ部屋で生活をしていると、カビ臭いニオイが出てしまう...

米の保存容器は密閉性が大切!お米の鮮度を保つための条件

お米の保存はお宅ではどのようにしていますか?昔ながらのハイザーに入れているという方や、キッチンの場所...

チューリップの球根を3月植えるのはNG!植える時期とポイント

チューリップの球根を、暖かくなってきた3月植えるのは良くないことなのでしょうか。 球根の存在を忘れ...

ミシンのコツやポイントとは?まっすぐ縫いたいとき

ただまっすぐ縫いたいのに、曲がってしまうときの原因はどんなところにあるのでしょう?ミシンの基本となる...

お玉や菜箸を使いやすく収納!便利な100均グッズもご紹介

毎日使用するキッチングッズは、どのように収納をしていますか?特に頻繁に使用する菜箸やお玉は、使いやす...

家の電話をワン切りしてくる意味とは?気をつけたい防犯対策

家の電話にワン切りしてくるのはナゼ?非通知でワン切りしてくるときと番号が表示されているのにワン切りし...

魚焼きグリルを掃除する時の臭い取りの方法について知りたい

魚焼きグリルを掃除する時に、見た目は綺麗になったように見えても、なんだかまだ臭いが残っているような時...

浴室の換気扇フィルターの掃除方法!掃除で換気効率をアップ

浴室は水分が多い場所なので、換気扇のフィルターはあまり汚れていないのではと感じている方もいるかもしれ...

スポンサーリンク

タッパーについた嫌な匂いの取り方、おすすめは台所にあるあの食材!

タッパーについてしまった嫌な臭いを取るには、さまざまな方法があります。

その中で、まず試してみて欲しい方法は、台所にある食材で落とす方法です。
その食材とは「塩」です。

身近にある塩を使うことによって、タッパーについた嫌な臭いを取ることが出来るので試してみてください。

それでは、タッパーについた嫌な臭いを塩を使って取る方法について説明をしていきます。
実はその方法も簡単で、塩に少量の水分を含ませたものでタッパーを擦り洗いするだけなのです。
そのまま手で擦り洗いをしてもいいですし、気になる方はスポンジなどの道具を使用して擦り洗いをしても構いません。
少量の水分を含ませた塩で簡単にタッパーの臭いを取ることが出来てしまうので、タッパーの臭いに悩んでいたという方は試してみてください。

塩以外にもタッパーの臭いを取る方法があります。

それは「お米の研ぎ汁」を使用する方法です。
いつもは捨ててしまうお米の研ぎ汁も活用できるのでおすすめです。
その方法は、お米の研ぎ汁を臭いが気になるタッパーに入れて30分~1時間程度置いておくだけです。
時間が経ったら、いつも通り台所用洗剤で使って洗って終わりです。

時間がある場合にはお米の研ぎ汁を使用する方法がおすすめですし、すぐにでもタッパーの臭いを取りたい場合には少量の水を加えた塩を使う方法がおすすめです。

重曹を使った匂いの取り方もおすすめ!

食材を使った方法ではなく、重曹を使用してタッパーの嫌な臭いを取ることも出来ます。

普段の生活の中で重曹を活用されている方は、重曹を使った方法を試してみるのはいかがでしょうか。
それでは、重曹を使った方法について説明をしていきます。
タッパーに水を入れ、その水に重曹を溶かします。
そして、タッパーのフタをしてタッパーを振りましょう。
振ることによってタッパーの中の水と重曹を馴染ませることが出来ます。
水と重曹が馴染んだら、そのままの状態で時間をおきます。
時間をおいたら、再度洗って終わりです。
重曹を使ってもタッパーの嫌な臭いを取ることが出来るので試してみてください。

お酢を使ったタッパーの匂いの取り方!気になるぬめりを取る効果も

お酢を使用することでもタッパーの嫌な臭いを取ることが出来ます。

そして、お酢を使うことによって、タッパーにつく気になるぬめりを取る効果もあるのでおすすめです。
家にお酢がある場合には、お酢を使ってタッパーの嫌な臭いを取ってみましょう。
お酢を使った方法も簡単に行うことが出来ます。
その方法は、タッパーよりも大きめの容器にぬるま湯を入れ、そのぬるま湯にお酢を入れます。
そして、その酢が混ざったぬるま湯にタッパーやフタを漬けて置くだけです。
30分~1時間程度漬けて置くことが出来たら、洗って終りです。

タッパーに匂いがつかないようにするには

塩や酢、米の研ぎ汁や重曹などを使って簡単にタッパーについてしまった嫌な臭いを取ることが出来ます。
しかし、出来ればタッパーに臭いがついてしまわないようにしたいものです。
そこで、タッパーに臭いがつかないようにする方法についてご紹介していきます。
タッパーに臭いがついてしまうときには、どんな料理をタッパーに入れたときに臭いがついてしまっていますか?
きっと、油分の多い料理を入れたときにタッパーに嫌な臭いがつくことが多いのではないでしょうか。
そのため、油分の多い料理をタッパーに入れるときに特に注意しなければなりません。
そこで、タッパーに油分の多い料理を入れて保存するときには、ラップなどで一度包んでからタッパーに入れて保存する方法がおすすめです。
ラップで包んであることによって、タッパーの容器に直接料理の油分がつくことがありません。
そのため、タッパーに料理の臭いが付き難くなるのです。
そして、この方法は料理の臭いが付き難くなるメリットのほか、使用したタッパーを洗うときにも油分のぬめりが無いので、洗う手間も簡単になります。
タッパーにつく料理の臭いを予防したいときには、試してみてください。

色や匂いがつきやすい食材は、プラスチックではなく耐熱ガラスのタッパーがおすすめ

その他にも、タッパーを使用するときには臭いの付きづらい素材のタッパーを使用するのもすすめです。
プラスチック製のタッパーは、どうしても料理の臭いなどがつきやすいですが、耐熱ガラスのタッパーであれば臭いのつきにくい素材です。
そのため料理用途に応じで、タッパーの素材を変えるというのもひとつの方法です。
試してみてください。

タッパーに臭いがつくのが気になる場合には、臭いがつかないように予防しておく方法があります。
料理に応じて、タッパーの素材を変えるという方法もあります。
そして、もしもタッパーに嫌な臭いがついてしまった場合には、さまざまな方法でタッパーについた臭いを取る方法があるので試してみてください。