注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

レザークラフト道具は100均で揃えることもできるのでおすすめ

レザークラフトを始めるには道具が必要になりますが、初心者でこれから始めるのであれば、まずは100均を覗いてみてはいかがでしょうか。
レザークラフトに必要な道具は100均で揃えることができますので、使えそうな道具について詳しくご紹介します。
100均では揃えられない道具もありますが、趣味程度であれば100均でも十分だと思います。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯物のイヤな臭いを取る方法

普通に洗濯しただけでは取れないイヤな臭いにお困りの方はいませんか?洗った直後は洗剤のいい香りなのに、...

魚焼きグリルを掃除する時の臭い取りの方法について知りたい

魚焼きグリルを掃除する時に、見た目は綺麗になったように見えても、なんだかまだ臭いが残っているような時...

【サングラスの選び方】紫外線対策のための正しい選び方

サングラスはおしゃれを楽しむだけでなく、紫外線対策のためにも必要なアイテムです。しかし、初めてサング...

【重曹の使い方】料理が美味しくなる重曹の活用法

重曹と言えば、お掃除に活躍するアイテムという印象をお持ちの方が多いと思いますが、重曹は料理にも、いろ...

洗濯物をエアコンで乾かす方法!梅雨時に役立つ部屋干しの方法

梅雨の時期は洗濯物が乾きにくく困ってしまいますよね。部屋干しをする際、エアコンはどのような設定にする...

重曹は消臭にも効果あり!消臭効果が続く期間とその後の使いみち

重曹をお掃除に使用している方は、沢山いらっしゃると思います。キッチンやトイレ、浴室など様々な場所で掃...

出窓をインテリアと収納に有効活用するコツとアイデアを紹介

キッチンの出窓をうまく活用したいけど、ただ物を置くだけでは全くおしゃれではありません。できればインテ...

鍋を空焚きしたらどうなる?空焚きは危険!絶対にダメ

鍋の空焚きをするとどうなるのでしょうか?鍋は空焚きをしようとしてしているのではなく、ちょっとした不注...

煮洗いで重曹を入れると赤ちゃんの服の黄ばみもスッキリ

赤ちゃんの洋服やスタイは洗濯していても、どうしても汚れが落ちきらずに黄ばみとして残ってしまいますよね...

やかんの水垢や茶渋の落とし方。頑固な汚れを落とす方法

毎日のように使うやかん。一見きれいそうに見えても、内側を見てみると、薄っすらと水垢が気になる、という...

ボールペンのシミを取る方法!水性ボールペンの落とし方

服を洗濯しようとした時に、ワイシャツのポケットにボールペンのシミを発見。そんな時はどのようにすればボ...

メガネの曇り止め効果のある対策!マスクをしても曇らせない方法

メガネを愛用している方にとって、厄介なのがメガネの曇りです。特に寒い冬には、1日に何度もメガネの曇り...

日々のゆとりのは時短家事から生まれる!家事のコツをご紹介

主婦の方も仕事をしている方は沢山いらっしゃいます。家事だけでも、やることはたくさんあるのに仕事もとな...

部屋の片付け。おしゃれな空間を演出するコツ・条件・極意とは

部屋の片付けを楽しくするには、やっぱりおしゃれな空間を作り上げること。 掃除や片づけって、毎日...

え?うちの排水口が下水臭い?そんな時に出来る対策は

いつも部屋を綺麗に掃除しているつもりでも、排水口から下水臭いニオイが漂ってくることがあります。 「...

スポンサーリンク

100均で揃うレザークラフトに必要な道具

レザーの小物やバックなどはとても使い勝手が良く、使い込むほどに味が出るのが特徴ですよね。
レザーが好きな方なら、一度はやってみたいのがレザークラフトではないでしょうか。
ですが一般的な手芸とは違って敷居が高いと感じますよね。

しかし、意外と身近な100均で道具を揃えて始めることも出来ますよ。
もっとも簡単なレザーのキーホルダーなら、以下の道具があれば簡単に作ることができます。

100均で揃えられるレザークラフトの道具

  • カッティングマット
  • カッター
  • ハサミ
  • ハンマー
  • ハトメリング
  • ハトメ打ち
  • ポンチ
  • 円錐

ハトメやハトメリングは手芸コーナーにありますよ。
ポンチは手芸コーナーか工具のコーナーになると思いますから、探してみてくださいね。

100均では揃えられない、あったら便利なレザークラフトの道具

簡単なレザー小物を作る程度の道具なら、100均のものでも十分です。
しかし、あったら便利な道具や、100均では手に入らないものもあるのでご紹介しましょう。

  • 別たち
    革を切るだけでなく、そいだり、剥がしたりといったことにもつかえる道具です。
    カッターやハサミよりも綺麗に切ることができます。
  • 菱目打ち
    1本~4本の刃がついていて、ハンマーで叩いて等間隔の穴を空けることができる道具です。
  • ゴム板
    菱目打ちなどを使う時の下敷きに使うので固いものが向いています。
  • トコノール
    革には厚さがあるので、切り口に塗って綺麗に仕上げるために使います。
  • 針と糸
    レザークラフト用の針は先端が丸くなっているので、革を傷つけません。
    レザークラフトで使う糸は麻糸が一般的です。

必要に応じて揃えてくださいね。

100均の道具を使った、簡単にできるレザークラフトをご紹介

100均の道具だけを使ってレザークラフトを行うなら、縫わずに出来る物になります。

最も簡単なキーホルダーの作り方をご紹介しましょう。

先程ご紹介した100均で揃う道具の他に、以下の物を用意しましょう。

  • スタンプとスタンプ台
  • キーホルダー金具
  • ポンチの下敷きとなるゴム板や木片

 

  1. 革を好みの大きさに切り抜きます。(そのままキーホルダーにつけるパーツの大きさになります)
  2. 切り抜いた革にポンチを使って穴を空けます。
  3. ポンチで空けた穴にハトメをつけます。
  4. 革にスタンプを押して、お好みにデザインします。
  5. キーホルダー金具を取り付けたら完成です。

キーホルダーなら切りっぱなしでも可愛いので、簡単に作ることが出来ますから、初めてのレザークラフト作品にぴったりです。

レザークラフトの魅力といえば手縫い!綺麗に縫い合わせるコツ

レザークラフトの魅力は「縫い目」と思われている方も多いですよね。
革をなぞるように綺麗に整った縫い目は、レザークラフトの醍醐味でしょう。

革を縫うためには、100均の道具だけでは難しくなりますから、必要な物を揃えましょう。

綺麗な縫い目のポイントになるのが菱目打ちです。
等間隔に穴が空いていないと、真っ直ぐで綺麗な縫い目にはならないからです。

真っ直ぐに菱目打ちするために必要なのが、ディバイダーと呼ばれる道具です。
革に菱目打ちのガイドラインを引く道具で、革の端(コバ)からの距離を決め、ディバイダーの幅をあわせて押し当てるようにしてガイドラインを引いていきます。

出来たガイドラインに合わせて、菱目打ちしていきます。
2~4本の刃がある菱目打ちを使う場合には、前に空けた最後の穴に、菱目打ちの刃を一つ入れて、次の穴を空けていきます。

失敗してもやり直しが出来ないので、穴を開ける前には必ず確認して、出来るだけミスを減らしましょう。

レザークラフトで使う革は、手芸店の端切れセットがおすすめ

レザークラフトの材料となる革は、ピンからキリまでそろっています。
大きなサイズの革は立派ですが、高価ですし初心者のうちは小物づくりから練習を始めることが多いので正直必要ないと思います。

手芸店などにいくと端革とよばれる、革のはぎれのセットが売られています。
端革は、比較的安価で手を出しやすい価格なのでおすすめですよ。

布の端切れとは違い、大きさも形も様々な皮がセットになっています。
作る小物にもよりますが、財布が作れるくらいのサイズの革が入っていることもありますよ。

レザークラフトは同じデザインで作っても、使う革によって仕上がりが大きく変わる点も魅力の一つでしょう。

革といえば牛がメジャーですが、豚や馬、他にも沢山の種類があって、それぞれに違う風合いを持っています。
はぎれセットはいろいろな革がセットになっているので、違う風合いを楽しめるメリットもありますよ。

敷居が高く感じるレザークラフトですが、必要な道具は100均で購入できるものもあります。
簡単なレサーグラフトを体験してから、本格的な道具を揃えるのでも良いでしょう。

レザークラフトの道具は、初心者用セットなら必要な道具一式が揃っているので入門用に最適です。
販売店によってセット内容は違うので比較してみてくださいね。