注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

包丁の基本的な研ぎ方!片刃包丁を研ぐ手順とコツ

いつも使っている片刃の包丁の切れ味が悪くなってきた時には、そろそろ研ぐタイミングかもしれません。
しかし、包丁を研いだことがない方にとってみると、包丁を研ぐというのはハードルが高く感じてしまいます。
難しく感じる包丁研ぎですが、きちんと手順通りに行えば、自分でも包丁を研ぐことはできます。
そこで、片刃包丁の研ぎ方や、研ぐためのコツをご紹介します。

切れ味の悪い包丁は、効率も悪く、使っていてもイライラしてしまいます。
研いだ切れ味の良い包丁でさくさく料理を快適にこなしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍋を空焚きしたらどうなる?空焚きは危険!絶対にダメ

鍋の空焚きをするとどうなるのでしょうか?鍋は空焚きをしようとしてしているのではなく、ちょっとした不注...

ボールペンのシミを取る方法!水性ボールペンの落とし方

服を洗濯しようとした時に、ワイシャツのポケットにボールペンのシミを発見。そんな時はどのようにすればボ...

ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所

「ウォシュレットの水が出ない」といったトラブルに備えて、修理法を知っておくことはとても大事なことです...

出窓をインテリアとしておしゃれに活用!ポイントや注意点を紹介

部屋にある出窓をインテリアのようにおしゃれに見せている家を見たことはありませんか?例えば、観葉植物や...

レザークラフト道具は100均で揃えることもできるのでおすすめ

レザークラフトを始めるには道具が必要になりますが、初心者でこれから始めるのであれば、まずは100均を...

油汚れが服についてしまった時の落とし方についてご紹介

油汚れの種類には、食べ物の汚れや、化粧品や機械油が原因のものなどあります。 そういったものが服につ...

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯物のイヤな臭いを取る方法

普通に洗濯しただけでは取れないイヤな臭いにお困りの方はいませんか?洗った直後は洗剤のいい香りなのに、...

窓拭きに新聞紙を使うと傷が付く?傷をつけない新聞紙の使い方

窓拭きをする際に新聞紙を使用すると、手軽にキレイになると評判です。しかし新聞紙を使う際に窓ガラスに傷...

排水口の掃除は重曹とクエン酸でキレイに!排水口掃除の方法

排水口の掃除をする時、洗剤よりも安心な物を使ってキレイにすることはできないかな?と考えることもありま...

風呂の洗剤は酸性?それともアルカリ性?洗剤の使い分けについて

お風呂の洗剤には何が適しているのでしょうか?パッケージをよく見てみると酸性、中性、アルカリ性と、同じ...

洗濯物の外干しで虫を寄せ付けない方法!すぐにできる虫対策

洗濯物の外干しで、一番困るのが虫が付いてしまうことです。場所や季節にもよりますが、虫が多いシーズンに...

時短できる家事とは?共働きの強い味方家事の時短方法を紹介

共働きはできるだけ家事を時短したいですよね。完璧にこなそうとすると時間はかかるものです。 必ず...

電子レンジの掃除にはレモンが良い?キッチンの掃除に役立つ理由

電子レンジは温めに解凍と、忙しい主婦にはとって無くてはならない家電。しかし使う頻度が高いせいか、知ら...

生地の収納はどうしてる?収納上手さんのアイデアを紹介

生地の収納はどのようにしたら上手くいくのでしょうか?確か、あの生地がまだ残っているはず…。と探すとき...

洗濯物のおすすめな干し方【バスタオル】を紹介します

洗濯物の干し方で困ってしまうのが場所を大きくとるバスタオルですよね。畳んで干せば場所はなんとかできて...

スポンサーリンク

包丁の砥石の種類

スパッと切れる包丁は、調理をしていて気持ちがいいですよね。
包丁の切れ味は、料理の腕を上げると言われるほど、料理をする上ではとても重要なポイントになります。

いつも使っている包丁の切れ味が落ちてきたと感じるなら、ぜひ自分で研いでみませんか?
研ぎ方が難しそうと思われている方が多いですが、やってみると意外と単純作業です。
とくに片刃包丁の場合には、研ぐのは片面ですから初めてでも挑戦しやすいでしょう。

包丁を研ぐ時に必要になるのが、砥石です。

砥石にはたくさんの種類がありますが、大きく分けると3種類です。

  • 荒砥石(120~600番位)
  • 中砥石(800~2000番位)
  • 仕上げ砥石(3000番~)

砥石は番号が少ないほど目の粗い砥石になりますから、たくさん削れるということです。
こだわりをもって包丁研ぎを始めたいなら、3種類すべて揃えるのも良いでしょう。
しかし、一般的な家庭で切れ味改善を目的に研ぐなら、中砥石一つから始めるのがおすすめです。

片刃包丁の研ぎ方、研ぐ前に覚えておきたいコツ

包丁研ぎでは、砥石はとても重要なポイントです。

包丁を研ぐ時には、包丁を持って、砥石の上を水平にスライドさせて研ぎます。

この時、砥石がガタガタだったり曲がっているような状態では、綺麗に研ぐことができないのは想像できますよね。

包丁を研ぐ前には、砥石を平らに整えることがコツです。

買ったばかりの砥石の場合にはまず問題無いと思いますが、念の為チェックしましょう。
もし、湾曲してるようであれば面直し砥石を使って平らに直しましょう。
面直し砥石は専用の物が売られていますが、ブロックやコンクリートなどで代用することも可能です。

砥石の面を整えることは、綺麗に研ぐためのポイントになります。
包丁研ぎを行う前には必ず砥石の面直しを行いましょう。

もう一つ、研ぎ始める前のポイントは、しっかりと砥石を水につけることです。

こうすることで、研ぐ時に発生する摩擦熱を軽減することができます。
ただし、砥石によっては不要な場合もありますから、取扱説明書を確認してから作業してくださいね。

片刃包丁の正しい持ち方、包丁の悪い部分を確認した研ぎ方

片刃包丁の研ぎ方でポイントになるのは、持ち方です。

包丁は同じ角度を保って研がなくてはいけないので、しっかりと固定させるためには、持ち方が重要になります。

おすすめなのは3点で支える方法です。
包丁は指の付け根部分に沿わせるようにして、柄の先端に親指を乗せます。
裏側を伸ばした人差し指で支え、包丁の柄の下の部分は小指と薬指で握りましょう。

包丁を研ぐ時には、研ぐ前の包丁をしっかりと確認するもの重要です。

欠け・反りや曲がり、サビや汚れなどをチェックしましょう。
闇雲に研いでも切れ味は復活しません。
しっかりと直したい点を明確にして、それにあわせて研ぐのがポイントです。

片刃の包丁の研ぎ方の手順

初めて包丁を研ぐ時には、研ぎ方が難しいそうと感じるものですよね。
しかし、基本的には難しいことはありません。

片刃包丁の場合は、鋭角になっている刃の部分が片側にしか無いですよね。
この部分が砥石に当たるようにします。
包丁研ぎは刃の先の方から進めていきます。

  1. 砥石を真っ直ぐ縦に置き、包丁が刃が手前を向くように握ります。
  2. 砥石の縦のラインに対して、包丁が約45度になるようにしましょう。
  3. 包丁の刃の部分に、反対の手の中指と薬指を添えます。
  4. 砥石の上の面と包丁の刃の角度は約15度になるように当てます。
  5. 添えている手で押さえるようにして、上にスライドさせて研ぎます。
  6. 下に戻るときは力を入れず、研がずに戻ります。
  7. 20回程度繰り返したら、刃中が研げるように包丁をずらして、中指と薬指を添えてまた20回程度研ぎます。
  8. この作業を柄の方まで繰り返します。
  9. 包丁を裏返し、砥石にピッタリと添わせます。
  10. その状態で軽く動かしカエリを取ります。
  11. 新聞紙を丸めて包丁を当て、手前に引くように切ってカエリがなくなれば終了です。

包丁を研いだほうが良いタイミング

初めて包丁を研ぐ時には、かなり切れ味が落ちた状態であることが多いですよね。
しかし、一度砥石を手に入れればいつでも研ぐことができます。

では、研ぐタイミングとはどんな時なのでしょうか。

包丁の切れ味の実演で良く使われる食材といえば、トマトですよね。
トマトは皮はしっかりとしていますが、中は柔らかいので切れ味を試すには、とてもわかりやすい食材なのです。
自宅でも出番の多い食材ですから、判断しやすいと思います。
トマトの皮が切りにくいと感じたときは、研ぐタイミングです。
また、パンを切る時にパンくずがたくさん出るようになった時も、切れ味が落ちてきた証拠です。

包丁は毎日使うので意外と摩耗が早く、使用頻度にもよりますが2ヶ月ちょっとしか切れ味が持たないことも多いです。
定期的に研いで包丁をメンテナンスしましょう。