注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

メガネはどうする?スポーツをしている子供におすすめなメガネ

最近は低学年からメガネをかけている子も多いような気がします。

実際私の息子も小学生1年生の時にメガネをかけ始めました。その時に困ったのが、スポーツをする時の子供のメガネでした。

サッカーを習っていましたが、ボールや相手が見えにくく思い切り走ることが出来ないというのでメガネをかけて練習していました。

ですが普通のメガネはスポーツの時には向かないのです。またメガネが落ちたり外れてしまったり、自分や相手が怪我をすることもあるのです。

大事なお子様を守るためにも、スポーツ用のメガネを推奨します。

サッカーや野球、バスケットボールなどのスポーツの時におすすめなメガネやゴーグルタイプのメガネを紹介します。

また普通のメガネとスポーツ用のメガネの違いを確認しておきましょう。

大切なお子様の目を守り、楽しく思いっきりスポーツを楽しんでもらいましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

服の片付けと収納のコツ。たたみ方やすっきり収納のアイディア

家族の人数が多いとそれだけ服の数は増えますし、子供がいる場合は着られなくなった服もどんどん増えていき...

窓拭きに新聞紙を使うと傷が付く?傷をつけない新聞紙の使い方

窓拭きをする際に新聞紙を使用すると、手軽にキレイになると評判です。しかし新聞紙を使う際に窓ガラスに傷...

シンプルライフを過ごすための服の枚数、残す服の選び方をご紹介

シンプルライフをおくっているかたや、ミニマリストの服の枚数はどのくらいなのか、気になりませんか? ...

生地の収納はどうしてる?収納上手さんのアイデアを紹介

生地の収納はどのようにしたら上手くいくのでしょうか?確か、あの生地がまだ残っているはず…。と探すとき...

レザークラフト道具は100均で揃えることもできるのでおすすめ

レザークラフトを始めるには道具が必要になりますが、初心者でこれから始めるのであれば、まずは100均を...

ポリエステルの毛玉を予防する方法。着方と正しい洗濯と取り方

ポリエステルの洋服はシワになりにくく、洗濯をしても乾くのが早く価格も手頃なので着やすい洋服の素材の一...

油汚れ落とす洗剤とその使い方で衣類がスッキリ。頑固汚れにも

食べ物の油汚れが付いた子供服や、調理中についてしまった油汚れなど、お気に入りの衣類に付いた油汚れは落...

南部鉄器のお鍋について。さび問題を解決して長く使い続けるには

南部鉄器の鍋。 伝統工芸品であり、高価で最近では海外でも注目され手に入りにくい調理道具となっていま...

服の生地からイヤな臭いがする原因とその消臭方法を教えます

買ったばかりなのに、服やジーンズの生地からイヤな臭いがするという経験はありませんか? 実はその...

布のアイロンシールの剥がし方・布以外のシールの剥がし方を解説

お子さんの持ち物に記名するために、衣類などにアイロンシールやワッペンを貼ることがありますよね。布に貼...

鍋を空焚きしたらどうなる?空焚きは危険!絶対にダメ

鍋の空焚きをするとどうなるのでしょうか?鍋は空焚きをしようとしてしているのではなく、ちょっとした不注...

風呂の椅子の水垢取りにオススメな道具や掃除方法と予防策とは

風呂の椅子の水垢取りには、家にある身近なアイテムがおすすめです。 例えば、重曹水のつけおき洗い...

風呂の椅子に付いたザラザラ水垢をスッキリ落とす方法

浴室用の洗剤を使ってお風呂掃除をしていても、椅子や蛇口などに白っぽい汚れが付いてきませんか? 濡れ...

コバエ退治に洗剤&めんつゆのコンビが活躍。驚きの効果と作り方

湿気が多い季節になると、気になるのが室内を飛び回るコバエ問題。 どこからともなくわいてくるコバエの...

スポンサーリンク

スポーツをしているの時の子供にメガネが必要な訳

激しく動くスポーツではメガネが原因で子供が怪我をすることも

視力の悪い人にとって、メガネは視力を矯正してくれる欠かせないアイテムです。視力は、早ければ小学生から悪くなるというケースもあります。実際、私も小学4年からメガネをかけ始めました。メガネは、普通に授業を受けたり、遊ぶ分には問題なく使えますが、スポーツでは注意が必要になるものでもあります。

サッカーや野球、バスケットボールなどスポーツの種類によっては、激しく動いたり、体を使うスポーツも多く、普通にメガネをかけていると、ボールなどが当たって目を怪我してしまったり、踏んづけて壊してしまうこともあるからです。

走っているうちに、メガネがずり落ちて、スポーツに集中できないということも起こりがちです。

メガネ以外の視力矯正アイテムに、コンタクトレンズもありますが、小学生ではコンタクトの扱いがまだ難しく、使いにくいですよね。

小学生でスポーツをしている子供には、スポーツ用のメガネがおすすめです。

最近では、水中メガネのようなゴーグルタイプのメガネもあれば、サングラスのようなフレームで落ちにくいメガネもあり、好みのタイプを選ぶことも可能という便利な時代です。

ちなみに、私が小学生だった頃は、今のようなカッコいいメガネがなく、スポーツの時にはメガネの後ろに落ちないようにゴムバンドで固定する方法しかなかったので、今の子供達がとても羨ましく感じます。

サッカーやバスケをする子供におすすめなのがゴーグルタイプのスポーツメガネ

ゴーグルタイプのスポーツメガネを使う

サッカーやバスケットボールなど、コート内を激しく動き回り、ボールが急に飛んでくることもあるスポーツでは、特にメガネはスポーツに適したものを使うことが必要になります。

普通のメガネでは、ボールや人同士がぶつかって自分が怪我するばかりではなく、相手にメガネの金属で怪我をさせてしまうことがあるからです。

特に、サッカーでは、メガネの使用には”スポーツ向けのメガネ”を使うなど制限を設けているところもあるので、適したメガネを付けないと、競技自体に参加出来ないこともあります。

ここでおすすめなのは、”スポーツゴーグル”です。

形としては、水中メガネのようにバンドが付いていて固定出来るようになっているものが多く、メガネをかけた時、鼻に当たる部分がゴムになっていて痛くならないような工夫がされていたり、全体がガラスではなくプラスチック製になっているため、割れる心配がないというまさにスポーツに適したメガネです。

普通のメガネよりも、視野が広くなるよう形も工夫されているので、メガネをかけながらでも、スポーツに集中することが出来ます。

野球をする子供がかけたいスポーツメガネ

子供でも外で気を付けたいのは”紫外線”

サッカーと比べると、野球では、競技の中で人とぶつかり合うことは少ないため、サッカーのように、メガネの着用に規制されていることは少ないですが、別の意味でスポーツメガネを着用するのが望ましいでしょう。

なぜなら、野球は、外で長時間かけて行うスポーツです。

炎天下の下、早朝から練習する子供も多いでしょう。

外で気を付けたいのが、”紫外線”です。

紫外線というと、肌に負担をかける原因であり、女性は特に紫外線対策に気を使う人もいるでしょうが、紫外線が子供にも負担がかかるもののひとつです。

紫外線を浴び続ける時間が長いほど、肌にも影響を及ぼしますが、”目”にかかる負担もあります。

紫外線対策のメガネには、サングラスがありますが、スポーツタイプメガネの中には、一見普通のスポーツメガネのようでいて、紫外線対策が施されたレンズもあります。長い時間外で動くことが多い野球では、特に、紫外線対策のスポーツメガネを使うことがおすすめです。

スポーツメガネと普通のメガネの違い

スポーツメガネはスポーツに対応した作りになっている

小学生の頃、バスケットボールをしていてボールが顔面に当たってしまい、メガネが曲がって使い物にならなくなったということがあります。スポーツメガネを使っていなかったので、金具が折れ曲がってしまい、しばらく裸眼で不自由に過ごしていたことを覚えています。
メガネが曲がるくらいで済めば良いですが、メガネのレンズが割れて、破片が自分の目に入ってしまったら、最悪の場合、失明してしまうこともあるので、スポーツをする時には、面倒がらずに、スポーツタイプのメガネを使うことが大切です。

日常的に使うメガネの目的は、「視力矯正」であって、激しい動きは想定していないため、スポーツ向けとしては作られていません。

一方、スポーツメガネは、名前の通りスポーツに適した作りになっているため、どんな激しい動きにもメガネがずれ落ちたり、ぶつかって割れるという心配がありません。

メガネなので、視界が狭くなるのではという心配があるかもしれませんが、ゴーグル状になっているため、普通のメガネよりも視野が広く見えるように作られています。

プロのスポーツ選手でも、スポーツメガネを愛用している人はいるほど、スポーツメガネはスポーツをする上で、最適のアイテムと言えます。

子供用のスポーツメガネは花粉症には使えません

スポーツメガネはあくまでもスポーツに適したメガネ

暖かくなってくると、花粉が飛び始めるので、花粉症を患っている人にとっては憂鬱な気分になる人も多いでしょう。

街を歩いていると、花粉症対策のために、ゴーグルのようなメガネで目に花粉が入らないようにしているという人も見かけます。

使われているメガネを見ると、スポーツメガネにもよく似ているため、花粉症対策にも使えるんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、結論から言いますと、スポーツメガネは花粉症対策としては使えません。

スポーツメガネは、激しい動きにも対応出来るフィット感や割れない素材が特徴のメガネであって、メガネの作り自体は普通のメガネやサングラスと同じなので、肌にフィットしていない部分から花粉はどうしても入ってきてしまいます。

花粉対策をしたいなら、スポーツメガネではなく、花粉やウィルス対策用のスプレーなどのアイテムを使いましょう。