注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

犬の鳴き声で苦情を言われたときの対処法と飼い主ができること

犬の鳴き声によって苦情のトラブルが発生することはよくあります。飼い主にとっては犬が鳴くのは普通のことなので気にならないかもしれませんが、近所の人にとって他人の飼っている犬の声というのはとても気になるものです。

そこで、犬の鳴き声で苦情を言われたときの対処法について、苦情が出る前に対処するべきことや苦情を言われたときの対応、普段からできる対策や相手と良好な関係でいるためのポイント、犬と一緒に暮らすための飼い主の責任などお伝えしていきましょう。

犬を飼うということは飼い主に責任があります。それを踏まえた上で何が大切なのか、鳴き声で苦情が出る前にしっかりと対策を取りましょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターとうさぎの相性とは?同居させる場合の注意点を解説

ハムスターとうさぎ、どちらもペットとして人気の動物ですが、両方とも飼いたいと思う人も多ようです。 ...

猫が捕獲器に入らないときの対策や注意点と寄せ付けない工夫

猫が捕獲器に入らないことはよくあります。捕獲器を怖がるような警戒心の強い猫は捕獲器を見ただけで逃げて...

金魚についたイカリムシを駆除する方法!原因と症状・対策を解説

金魚に紐のような物が付着しておたら、それはイカリムシの可能性があります。イカリムシがついてしまうと、...

ミナミヌマエビが脱皮を失敗してしまう理由と失敗を防ぐ方法

ミナミヌマエビは大きくなるために脱皮をしますが、成長過程以外で脱皮をしたり脱皮に失敗して命を落として...

猫が玄関でゴロゴロ!飼い主さんをお出迎えする時の猫の気持ち

飼い主さんが帰宅すると、飼っている猫が玄関でゴロゴロお出迎えしてくれることもあります。飼い主さんは可...

柴犬が洋服を嫌がる理由や慣れさせるためのコツと注意点

柴犬が洋服を嫌がるのはよくある普通のことです。柴犬以外でもはじめて洋服を着せようとして嫌がる犬は多い...

猫が人参にスリスリする理由と与える場合の注意点について

猫がまたたびにスリスリする姿はよく見かけますが、中には人参にスリスリする猫もいるといいます。 ...

犬がオムツを嫌がる時の対処とは?オムツに慣れさせる方法

犬がオムツを嫌がるときには、どのようにして慣れてもらったらいいのでしょうか? 毎回、おやつをあ...

犬のガムの丸呑みが心配!愛犬のための与え方や選び方のポイント

犬はガムを丸呑みしてしまうのは飼い主としてとても心配なことです。犬用のガムは種類も豊富なので、犬の丸...

【カニの赤ちゃんの育て方】実際に育てる場合の注意点について

アサリを購入した時に一緒にカニの赤ちゃんが入っているということもあるようですが、そのまま育てることが...

ハムスターグッズ。100均の巣箱のおすすめなタイプと選び方

ハムスターには安心して暮らすことができる巣箱が必要です。 巣箱には色々な形や素材の物があります...

インコが噛むときに飼い主さんができる正しいしつけの方法を解説

飼っているインコが噛むことに頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。流血してしまうほど強い力で噛んで...

ハムスターの小屋を掃除する時は、怒らせないようにしよう

ハムスターを飼い始めると、小屋やケージをいつ掃除していいのか、またどうやって掃除したらいいのか悩むの...

柴犬のドッグラントラブルの原因や防ぐために飼い主ができること

柴犬はドッグランでのトラブルが多い犬として知られています。賢くて、飼い主への忠誠心も強い柴犬ですが、...

ハムスターの寒さ対策に靴下がおすすめ。簡単な防寒対策の方法

寒い時期は室内の温度も下がり、ハムスターを飼っているお家ではハムスターの健康が心配ですね。 ハ...

スポンサーリンク

犬を飼ったら鳴き声の苦情が出る前に対処するべき

近所のトラブルで起こり得るのは、「騒音」。中でもペット関連は、飼い主にとって、早急な処置を求められますよね。よく目にするペットは、犬だったり猫だったりすると思いますが、犬の鳴き声の苦情。出来れば、苦情が出る前に、飼い主としては、適切な対応が求められます。

どういった対応をして置くことで、近所から苦情が出さず済むか

「犬の声が大きいかも」と感じたら、近所の方に「犬の声が大きくとご迷惑をかけてすみません」と一声言う

一種の「マナー」に当たると思います。一声近所の方に掛けるかどうかで、近所からの苦情や評判を前もって防ぐ事が出来ます。近所の方も一声掛けて貰えれば、「この人はマナーがある人なんだな」と少しは理解を示してくれると思います。

とはいえ、あまりに犬の鳴き声が酷いと、さすがに警察に通報されるなど、被害が酷くなると思います。挨拶プラス、犬への適切な対応もしていきましょう。

犬の鳴き声で近所から苦情を言われたときの対応とは

家や外に犬を飼っているのなら、近所の方から苦情が来る事も覚悟して置くべきだと思います。犬の様に鳴き声を発するペットを飼っていると、鳴き声がなるべく苦情にならない様に工夫すること、また、どうしても鳴き声が出るようであれば、防音カーテンなどをつけるなどの対策が求められると思います。

既に犬の鳴き声の事で、近所から苦情が出ているのなら

何が原因で犬が鳴いているか、原因を突き止める

飼い主として、何が原因で犬が鳴いているのか、原因を突き止めましょう。散歩が十分ではないのであれば、散歩する時間を長くし、しつけがきちんとなっていないのであれば、よりきつく怒るべきです。原因を見つけて、対応して行きましょう。

防音カーテンなど、防音できるアイテムを購入する

犬などの鳴き声を出すペットを飼っている方は、似たような問題を抱えています。恐らく防音カーテンなどの対策をとっていると思うので、適切なアイテムを購入して、なるべく苦情が出ない様にしましょう。

上記の様な対処法が考えられます。出来る限り対応して行きましょう。

犬の鳴き声で苦情が出ないように普段から対策をしましょう

犬の様な鳴き声を発するペットを飼っている方は、日頃から近所の方からの視線が気になると思います。「私の犬の鳴き声、うるさすぎないかな?」苦情が気になりますよね。

近所の方が割と気にされているのは、犬の鳴き声というよりは、「きちんと怒っているのかしら?」「あんなに犬の鳴き声がするのは、過保護だからじゃないの?」という犬というよりは、飼い主に対する、批判の目だと思います。

誰が飼っても、犬は鳴きます。鳴かない犬はこの世の中に存在しません。だったら、飼い主が出来る適切な対応は、どうしても「しつけ」になると思います。

恐らく近所の方は、しつけがきちんと出来ていないから犬の鳴き声が耳につくんだと感じているのだと思います。飼っている方に、きちんと怒ることができないのか、あまりにも愛情が有りすぎて、「あれもこれも許す」と愛情が有りすぎなのか。

飼い主が出来ることはマナーが守れる犬に育て上げることだと思います。怠らない様に気をつけましょう。

トラブルを避けるためには相手目線で考えること

あなたは犬関連のトラブル、苦情から脱出する事で頭がいっぱいかもしれません。けれど、人間関係において、問題を解決するには、相手の立場になって考えて上げることが鍵だと思います。

犬の鳴き声が騒音になっているのだから、怒りが生じるのは当然

相手の方も鳴き声を出す動物を飼っているのだから、ある程度の音は仕方ないと感じていると思います。でも、度が過ぎる物は誰でも耐えられません。限界があります。

耳障りな音を毎日聞かされていたら、近所の方の怒りも頂点に立ちますし、怒りをあなたにぶつけて来るのも仕方ないと思います。

あなたも出来る限りの事をして相手の方に迷惑を掛けない努力をするべきだと思います。「騒音」は難しい問題で、犬に限った事ではありません。アパートやマンションで赤ちゃんが居る家庭でも似たような問題を抱えていて、防音グッズで対応している場合もあると思います。「あなたが騒音で悩まされていたら、どういう感情を抱くか」そういった視点で問題を解決していくべきだと思います。

犬と一緒に暮らすための飼い主の責任に向き合いましょう

犬であったり、鳴き声を出す動物を飼う方々全般に言えることだと思います。飼う前に、どんな問題が発生し、どう対処すべきなのか、飼い主が背負うべき「責任」を確認してから、ペットを飼いましょう。

近所付き合いで難しいのは、あまりにペットに愛情がありすぎて、マナーから外れている行動をとっている事に気づいてない事もあると思います。

私の犬は大丈夫、などと思って適切なしつけをしていない状態が続き、犬の鳴き声が続くと、やはり近所からの苦情は出てきてしまいます。

ペットへの愛情があるからこそ、しつけをし、マナーが行き届いた犬に成長するのだと思います。何をしても良いという育て方は間違っています。きちんとしたしつけを犬にして、近所から苦情が出ない近所付き合いをするべきだと思います。

犬がいると、どうしても鳴き声は出てしまいます。気になるのが近所の方々からの苦情。どうやって対応すべきなのか、上記で説明してきました。しつけも大切ですし、防音アイテムを家で使用することも苦情を受けない鍵となると思います。近所付き合いを上手くこなして下さいね。