注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

家の中の探し物が見つからない時の効果的な探し方のルール

あるはずの物が、家中どこを探しても見つからない、という経験をしたことがある方は多いと思います。
いつも置いている場所にないとか、いつも入れている場所にないと焦ってしまいます。

そんな家の中の探し物にお困りの方へ、探し物を見つけるコツをご紹介します。
もう一通り見たよ、という方も多いと思いますが、冷静になってもう一度探してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

朝顔の育て方、プランター1つにつき摘心は3回行うのが基本

朝顔をプランターで育てる場合、朝顔の育て方のポイントとなるのが「摘心(てきしん)」です。 新し...

カルキの落とし方とは?クエン酸を使った掃除方法を紹介

いつのまにかついてしまうカルキ汚れ、いったいどのようにして落としたらいいのでしょうか? ゴシゴ...

ラジエーター液の補充方法と古い液かどうかを見分ける方法を解説

ラジエーター液を補充しようと思っても、エンジンルームを開けてとなるとなんとなく難しいと感じてしまいま...

100均ボンドの正しい使い方!布用ボンドで簡単ハンドメイド

100均には色々なタイプのボンドがありますよね。 その中の一つに布用のボンドがありますが、100均...

浄水器のフィルターの寿命や交換しないと起こる事とは

浄水器を付けているご家庭もあるでしょう。 浄水器を付けていて面倒だと感じるのが、定期的なフィルター...

ペーパードライバーの練習方法とは?一人でするときのポイント

ペーパードライバーが練習を一人でするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 何から...

正月に神社にお供えする酒や、振る舞い酒について詳しく調査

お正月に神社へ初詣でに行ったら、振る舞い酒を頂ける所もありますね。 お神酒ともいいますが、お神...

自転車のタイヤに空気入れすぎNG!適切な空気圧で入れすぎ防止

自転車のタイヤに空気を入れている時、ついつい空気入れすぎ状態になってしまうこともありますよね。タイヤ...

湿気取りのための重曹の賢い使い方!効果的な置き場所

ジメジメとした季節には、部屋の中の湿度が気になります。お部屋の湿気取りには重曹が効果的、という話を聞...

ポリエステルのアイロン失敗のテカリを目立たなくする方法

ご主人のスーツや子供たちの制服などにアイロンをかけた時に、テカってしまった事やテカリが気になったこと...

ボルトやナットの締め方のコツ!締めすぎないことも必要です

ボルトやナットの正しい締め方を知っていますか? 締め方が悪いと、ボルトが切れてしまったりなめてしま...

洗濯物の生乾きから発生する嫌な臭いの原因と対処方法について

夏場になると湿気が多くなり、途端に洗濯物が乾きにくくなって困りますよね。洗濯物の乾きが悪くなると、一...

窓掃除に便利な道具!高所でも安全に掃除ができるお役立ちグッズ

大掃除など定期的に窓掃除を行っている方が多いと思いますが、戸建てに住んでいらっしゃる方は、2階の窓掃...

水垢の効率的な落とし方を知りたい。プラスチック製品の場合は

水垢はお風呂場や台所、洗面所など水を使う場所で発生します。 そのままにしていると、見た目も良くない...

スポンサーリンク

家の中で探し物が見つからない時に必ずチェックして欲しい場所

どこに何があるか家の中で自分が一番把握しているはずなのに、探し物が見つからない時ありますよね。
つい最近まで、さっきまであったのに、使いたい時に限ってなくなっていたりします。

この現象を分かち合える人は多いのではいでしょうか。

探しものをして見つからない時は、まずはポケットをチェック

急いでいる時、とりあえずという時、家や車のカギやガムのゴミくずなどポケットに何かを入れる癖がありませんか。
アウターやズボンの内ポケット外ポケットを全てチェックしてみます。

次にタンスや棚、ボックスなどの引き出し、入れ物をチェックします。

探し物をしている時に限ってササッとしか見ない方がいますが、物を全て取り出してチェックすると確実です。
サッとみてなくても、何かの影や下に隠れていたりすることがあります。
そのような場合には探している時間がどれだけ無駄か、むなしくもなるでしょう。
二度手間にならないようあらかじめ念入りに探してくださいね。

家で探し物がみつからない時はポケットと収納箱の中は必ずチェックすることをオススメします。

探し物が見つからない時は家の中のあらゆる可能性を疑う

家で探し物が見つからない時はありとあらゆる可能性を見出しましょう。

例えば、小さい子供やペットがいるなら家具の横や下の隙間、おもちゃ箱に入れてしまったのではないかと考えられます。

探し物を最後に使ったのは自分ではなく、知らぬ間に家族の誰かが使って違う場所に置いたのではないか。

置いた場所から落下して隙間に入ってしまった。

家と決めつけているがどこか違う場所に忘れてきてしまったか。

車や家の鍵なら玄関先の外に落としていないか。

たくさんの可能性があります。
推測することで探し物がすんなり出てくることがありますよ。

そういったときには誰に対してでもなく「やってやった感」が否めません。
読みが当たるとつい嬉しくなりますよね。

探し物が見つからない時は家の中で同じ行動をしてみる

家で探し物をする時に私がよくとる行動を参考にしてみてください。
私はこれで、なくしがちなメガネや鍵をよく探し出します。

メガネや鍵は置く場所が決まっているのですが、たまに何かに夢中になりながら行動すると違う場所に置いてしまうのです。

探しものを見つける時は、なくしたと思われる時と同じ行動をしてみる

例えば、食材の買い物に行って帰宅します。
「いつも置いた場所にある鍵がない」となったら、まずポケットや棚の上などを確認します。
それでもなければ、外の車置き場付近を確認します。
そして玄関を通り食材を入れるために冷蔵庫の前に買い物したものを置いたのでその付近を探します。
このような場合はだいたい冷蔵庫の付近に落ちていたり、買い物袋の中に入っていたりします。

同じルートをたどってみる、もしくはいつも置いてある場所になく次に置きがちな場所を探すとだいたい見つかることが多いです。

イライラしたら一旦頭をリセット

出かけなければいけないのに急いでる時、探し物が見つからなければ何もできない時、家で探し物が見つからないと、イライラしてきませんか。
そのイライラを旦那に八つ当たりして夫婦喧嘩になったり、気になって仕事や集中力が欠けたり、子供にも冷たくしてしまったり、なにかと影響を及ぼしてしまいますよね。

イライラしてると冷静になれません。
冷静になれていないことから、探しているようでたいした探せていないことがあります。

時間や労力の無駄でもあります。
イライラしたら一旦頭をリセットして冷静になる時間を設けましょう。

冷静になり、なくしたと思われる同じルートをたどってみたり、ありえそうな場所を物をよけながら探してみましょう。

意外に物の奥や隙間に隠れていたりしますよ。

子供やペットのいたずらで「こんなところに」ということもあります。
同じルートやありそうな場所にない場合は、あらゆる可能性を疑って、関係のない場所まで探してみましょう。

探し物が見つからない時は「冷静になること」が大切です。

探し物が見つからない家に多い特徴

「よく物をなくしてしまう、なおかつその探し物も見つからない」このようなことが多い人がいます。
どうしてだろうと、探し物が見つからないたびに自分に疲れてしまいませんか。

探しものが見つからない原因は家の中にあるのかもしれません

家の中の整理整頓がちゃんとできていますか。
できていないと、物をなくしても他の物の中に紛れ込んでしまうと探すのだけでも一苦労です。
整理整頓されていない場所が一箇所ならその苦労も知れていますが、引き出しや収納全てがそうであるとその苦労も倍ですよね。

整理とは、必要なものとそうでないものに分けて、そうでないものを処分することです。
整頓とは残った必要なものの収納の位置を定め、誰が見てもわかりやすく収納することです。

家の中はこの整理整頓が行われていることで、物をなくす確率が低くなり、物をなくしても見つからないということはなくなるでしょう。

家の中で探し物がなかなか見つからないという現象が多いなら、まず家の中を整理整頓してスッキリさせることをオススメします。

こうすることで物が見つからないストレスも軽減するでしょう。