注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

1000円の花束はどれくらいのボリュームがあるのかの目安

花束を贈る場合には、どのくらいの予算で作りたいのかということによって、花束のボリュームが変わってきます。もちろん高いお金を出せば、豪華な花束を作ることはできますが、1000円だとどれくらいのボリュームの花束になるのでしょうか?
そこで、1000円でできる花束の目安や、花束の注文のコツなどをご紹介します。

花束を贈るシーンにはいろいろな場面があります。最近は気軽に贈れる花束というのも人気です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マイホームが完成してからの後悔。日当たりが悪い家について

マイホームが完成して、いざ住み始めて気づくことっていろいろとあります。 マイホームを建てた人が...

ニットをリメイクしてカーディガンにする方法と暖か小物の作り方

あまり着なくなったニットや、外出先で脱ぎ着が出来ないニットなどを思い切ってカーディガンにリメイクして...

ベッドとベット、どちらが正しいのかその答えを教えます

ベッドのことをベットという人もいますが、英語表記は「BED」なのでベットは間違いではないかと考えてい...

天井の壁紙が剥がれる原因は?自分で補修する方法とポイント

ふと天井を見上げると壁紙が剥がれている!剥がれるなんてなぜ?と思うのではないでしょうか。 天井は人...

ラジエーター液の補充方法と古い液かどうかを見分ける方法を解説

ラジエーター液を補充しようと思っても、エンジンルームを開けてとなるとなんとなく難しいと感じてしまいま...

押し花の作り方とは?しおりにするときのコツとポイント

押し花でしおりをきれいにおさめたいときにはどのような作り方が適しているのでしょうか? 押し花の...

朝顔の育て方、プランター1つにつき摘心は3回行うのが基本

朝顔をプランターで育てる場合、朝顔の育て方のポイントとなるのが「摘心(てきしん)」です。 新し...

かぼす・すだち・シークワーサーの特徴や違い!見分け方のコツ

「かぼす」と「すだち」と 「シークワーサー」はとても似ていますよね。 全部柑橘系であるというこ...

入学式の服装とは?母親におすすめなスーツと着こなし

子供の入学式で母親はどんな服装で行けばいいのでしょうか?卒園式に着たワンピースでは地味すぎる? ...

湿気取りのための重曹の賢い使い方!効果的な置き場所

ジメジメとした季節には、部屋の中の湿度が気になります。お部屋の湿気取りには重曹が効果的、という話を聞...

facebook『知り合いかも』に知らない外国人が表示される

facebookの『知り合いかも』に外国人がたくさん登場してびっくり! 外国人の知り合いなんて...

水垢の効率的な落とし方を知りたい。プラスチック製品の場合は

水垢はお風呂場や台所、洗面所など水を使う場所で発生します。 そのままにしていると、見た目も良くない...

韓国で大人気!話題のお土産。喜ばれるおすすめのアイテム

旅行に行くと、お土産を選ぶのも楽しみの一つです。どんなものを買っていけば喜ばれるのか、想像しながら選...

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

家族の結婚にまつわる夢占い!夢の暗示とこれから起きる出来事

家族が結婚をする夢や、自分が家族と結婚する夢など、家族の結婚に関する夢を見た時、その夢が一体どんなこ...

スポンサーリンク

1000円の花束はどれくらいのボリュームがあるのか

贈り物の定番でもある花束。大きく豪華にすると華やかな印象になりますが、控えめにするとちょっとした贈り物として使うこともできます。花には旬があり、種類によって価格も様々なので、1000円の予算だとどれくらいのボリュームになるのかがわからなく、不安に思うこともあるでしょう。

どれくらいの花束になるのかは、花屋さんの様子で確認する

花屋さんを覗いてみると、花を1本1本売られている場合と、ある程度まとめられたものが売られているのを目にすると思います。ダイニングブーケなどと名前がつけられて、普段家で飾るための小さな花束もあります。この花束は小さめではありますが、それほど高価ではなく、600~1000円位であることが多いです。これをイメージしてみるとボリュームもわかりやすいでしょう。
1本の単価が高価な花を使うと小さな花束になってしまったり、花束を作ることすらできないこともありますが、買い求めやすい価格の花を選んだり、1本でもボリュームのある花を組み合わせることで、贈り物として貧相にならないかわいい花束を作ることができます。

大きな花束は素敵ですが、飾るのにも苦労することもあります。私も実際に花束をいくつか頂いた時には、家にある花瓶では収まりきらず、新しく花瓶を買ったことがあります。水換えなどの手入れをするのも大変でした。小さめの花束の方が扱いやすく、気軽に飾ることができます。1000円くらいの花束だと飾りやすいので、喜ばれると思います。

1000円の花束、どれくらいイメージを伝えれば良いのか

1000円の予算で花束を贈りたいときは、自分がイメージしている花束を花屋さんに伝えると良いです。

花束を作ってもらう時に伝えたいこと

どれくらいのボリュームにしたいのか?

丸いブーケのような形なのか縦長の形にしたいのか、ある程度のイメージを伝えておくと、それに合わせて花を選んで花束を作ってくれます。

花束の雰囲気や色味などを伝えるのも良い

明るめの花束やクールな感じ、ナチュラルな雰囲気など、使う花によって花束のイメージを変えることができます。

贈る人の好みに合うイメージを伝える

全体的に黄色い感じでとか、赤い花を使って華やかにしたいなどといった希望を伝えても良いです。花屋さんもできるだけ答えてくれるはずです。

好みの花があれば、それを伝えても良いです。

予算的に1~2本しか使うことができない場合もありますが、贈る相手が好きな花を知っているのならぜひ入れてください。また、春ならチューリップやスイートピーなどのかわいらしい花、夏ならひまわりを入れてほしいなど、季節を感じる花束もおすすめです。冬ならクリスマスをイメージしたデザインにも素敵でしょう。

好みの花束を作ってもらうコツは、メインにしたい花を選ぶことですメインの花だけ選んでおくと、その花に合わせて他の花や草を組み合わせ、適度なボリュームに仕上げてくれます。

1000円の花束はどれくらいの需要があるの?ちょっとしたプレゼントに人気

1000円の花束はミニブーケのようなボリュームですので、あまり目立たせたくない、ちょっとした贈り物に最適です。

1000円の花束はメインの贈り物に添える時や、相手に気遣わせることなく喜んでもらえる丁度良いボリューム

実際に1000円の花束を贈るときは、家族の誕生日や卒業の御祝い、食事に招待された時などが多いようです。あまり大げさにしたくない時や、用意したプレゼントだけではなんとなく味気ないときなどに1000円の花束は丁度良い贈り物ではないでしょうか。

ちょっとした贈り物や手土産にお菓子などを選ぶ場合が多いです。複数の人が招待された時は手土産がお菓子などの食べ物ばかりになる可能性もありますので、そんな時は1000円の花束も素敵です。
花は枯れて飾れなくなるまで飾ることができます。花が好きな人はもちろん、普段は花を飾らないという人でも、花があるだけで家の中の雰囲気がかわるので楽しんでもらえることと思います。

自分でラッピングでボリュームを出す方法

1000円の花束ではボリュームが出なくて寂しく感じてしまう場合は、ラッピングを工夫してみてください。花のボリュームが少なくても、ラッピングを華やかにするだけで立派な花束に見せることもできます。

お花屋さんでもラッピングはしてくれますが、更に自分でラッピングをしてみたり、又はお花屋さんのラッピングにかける費用をお花に当ててもらって花束に少しでもボリュームを出し、ラッピングは自分でやるという手もあります。

花束をラッピングするときは、ワックスペーパーで花を包むと華やかになります

ワックスペーパーを数枚重ねることでボリュームを出すことができます。ワックスペーパーにもいろいろなデザインがありますので、花束のイメージに合ったものを選んだり、違う色やデザインのものを使っても良いでしょう。

花束を結ぶリボンもボリュームのあるものを選んでください。リボンを豪華に結ぶだけでも華やかな印象にすることができます。
花束のイメージに合ったリボンを選ぶのも大切です。かわいらしいブーケなら太めのリボンを、ナチュラルなイメージの花束なら麻紐などを使っても良いでしょう。

良い花屋さんの選び方

花束を贈ったら、少しでも長く花を楽しんでもらうためにできるだけ新鮮な花を贈るようにしてください。そのためにも良い花屋さんを選ぶことが大切です。
日頃から花を飾っている人ならお決まりの花屋さんもあるでしょうが、花を買ったことがない人なら、一度買ってみるのも良いです。実際に花を飾ってみると、どれくらい持つのかがわかってきます。

花の種類にもよりますが、花屋さんによっても長く飾ることができる場合と、すぐに枯れてしまうこともあります。花屋さんによっては花の扱いなどがあまり良くないお店や、花に不慣れな店員さんが扱っている場合もあり、花の日持ちに関わってきます。花屋さんを覗いてみて、花の状態をチェックしておくのも良いでしょう。

お店の中を見て、花を入れているバケツや花瓶などが不衛生ではないかを確認するのも良いです。汚いバケツなどをそのまま使っていると、雑菌が繁殖して花に影響を与えてしまいます。お店の中がキレイかどうかも良い花屋さんを判断する点になります。
花束を贈ったらできるだけ長く楽しんでもらうためにも、良い花屋さんを見つけてくださいね。