注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

1000円の花束はどれくらいのボリュームがあるのかの目安

花束を贈る場合には、どのくらいの予算で作りたいのかということによって、花束のボリュームが変わってきます。もちろん高いお金を出せば、豪華な花束を作ることはできますが、1000円だとどれくらいのボリュームの花束になるのでしょうか?
そこで、1000円でできる花束の目安や、花束の注文のコツなどをご紹介します。

花束を贈るシーンにはいろいろな場面があります。最近は気軽に贈れる花束というのも人気です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のシャンプーの泡立て方!ポイントはバケツに入れる水の力加減

車のシャンプーの泡立て方がわからず、泡がない状態で車を洗っていませんか? 車のシャンプーは洗顔と一...

ブレーキのイヤなキーキー音の原因と対処法!自転車メンテナンス

自転車は学生さんにとっても、主婦にとっても大切な足です。毎日のように自転車を使うという方も多いですよ...

駐車場のコンクリートの隙間に適しているのは?隙間の埋め方

コンクリートの駐車場で隙間があるときには、どんなもので埋めたらいいのでしょうか? 駐車場を作るとき...

油性ボールペンの落とし方。用意する物と手順と出先での対処法

ワイシャツの胸ポケットにボールペン入れていたらインクがついてしまった事や、書類を書いていたらうっかり...

ひまわりの育て方とは?種とりのタイミングや準備するもの

ひまわりの育て方の最終段階となる種とりですが、この種とりはいつ行えばいいのでしょうか? また、...

色鮮やかな押し花の作り方!桜の花で可愛い押し花を作ろう

押し花の作り方覚えていますか?小さな頃に押し花を作った記憶はあるものの、どうやって作ったのか?キレイ...

観葉植物のベンジャミンを剪定する理由とそのコツを教えます

観葉植物の中でも人気のベンジャミン。初心者の人でも育てやすいと言われていますが、剪定が必要となってい...

鎌倉時代の食事【武士の食生活】歴史・和食の誕生について解説

鎌倉時代の武士たちが一体どんな食事をしていたのか、興味がある人もいるでしょう。当時の武士たちがどんな...

本の修理を糸綴じで!色々な本を糸綴じで修理してみよう

長年愛用していた本がボロボロのなってしまった経験ありますよね。子供の頃から大好きだった絵本。背表紙の...

ホウセンカの観察日記の書き方とは?こうしてまとめればOK

ホウセンカの観察日記はどのように書けばいいのでしょうか?観察日記の書き方のコツやポイントとは? ...

危険運転で通報した時のドラレコの効果とは?もし被害にあったら

最近よく目にする危険運転によるニュース。 被害者が警察に通報する際、ドラレコの映像が決めてとなるケ...

スライムの作り方!シェービングフォームでふわふわスライム

スライムは昔からあるおもちゃで、ビローンと伸びる独特の感触がクセになりますよね。 最近ではスライム...

部屋干ししたら嫌な臭いが…。臭いを消す方法について知りたい

外が雨だったり、花粉が多く飛んでいる時などは、洗濯物を部屋干しする必要があります。 しかし、部屋干...

かぼす・すだち・シークワーサーの特徴や違い!見分け方のコツ

「かぼす」と「すだち」と 「シークワーサー」はとても似ていますよね。 全部柑橘系であるというこ...

刺繍初心者必見!刺繍に向いてる生地の選び方とポイント

子供の絵本バッグに刺繍でワンポイント、ポーチに可愛い刺繍で世界に1つのオリジナル作品に!と、刺繍をす...

スポンサーリンク

1000円の花束はどれくらいのボリュームがあるのか

贈り物の定番でもある花束。大きく豪華にすると華やかな印象になりますが、控えめにするとちょっとした贈り物として使うこともできます。花には旬があり、種類によって価格も様々なので、1000円の予算だとどれくらいのボリュームになるのかがわからなく、不安に思うこともあるでしょう。

どれくらいの花束になるのかは、花屋さんの様子で確認する

花屋さんを覗いてみると、花を1本1本売られている場合と、ある程度まとめられたものが売られているのを目にすると思います。ダイニングブーケなどと名前がつけられて、普段家で飾るための小さな花束もあります。この花束は小さめではありますが、それほど高価ではなく、600~1000円位であることが多いです。これをイメージしてみるとボリュームもわかりやすいでしょう。
1本の単価が高価な花を使うと小さな花束になってしまったり、花束を作ることすらできないこともありますが、買い求めやすい価格の花を選んだり、1本でもボリュームのある花を組み合わせることで、贈り物として貧相にならないかわいい花束を作ることができます。

大きな花束は素敵ですが、飾るのにも苦労することもあります。私も実際に花束をいくつか頂いた時には、家にある花瓶では収まりきらず、新しく花瓶を買ったことがあります。水換えなどの手入れをするのも大変でした。小さめの花束の方が扱いやすく、気軽に飾ることができます。1000円くらいの花束だと飾りやすいので、喜ばれると思います。

1000円の花束、どれくらいイメージを伝えれば良いのか

1000円の予算で花束を贈りたいときは、自分がイメージしている花束を花屋さんに伝えると良いです。

花束を作ってもらう時に伝えたいこと

どれくらいのボリュームにしたいのか?

丸いブーケのような形なのか縦長の形にしたいのか、ある程度のイメージを伝えておくと、それに合わせて花を選んで花束を作ってくれます。

花束の雰囲気や色味などを伝えるのも良い

明るめの花束やクールな感じ、ナチュラルな雰囲気など、使う花によって花束のイメージを変えることができます。

贈る人の好みに合うイメージを伝える

全体的に黄色い感じでとか、赤い花を使って華やかにしたいなどといった希望を伝えても良いです。花屋さんもできるだけ答えてくれるはずです。

好みの花があれば、それを伝えても良いです。

予算的に1~2本しか使うことができない場合もありますが、贈る相手が好きな花を知っているのならぜひ入れてください。また、春ならチューリップやスイートピーなどのかわいらしい花、夏ならひまわりを入れてほしいなど、季節を感じる花束もおすすめです。冬ならクリスマスをイメージしたデザインにも素敵でしょう。

好みの花束を作ってもらうコツは、メインにしたい花を選ぶことですメインの花だけ選んでおくと、その花に合わせて他の花や草を組み合わせ、適度なボリュームに仕上げてくれます。

1000円の花束はどれくらいの需要があるの?ちょっとしたプレゼントに人気

1000円の花束はミニブーケのようなボリュームですので、あまり目立たせたくない、ちょっとした贈り物に最適です。

1000円の花束はメインの贈り物に添える時や、相手に気遣わせることなく喜んでもらえる丁度良いボリューム

実際に1000円の花束を贈るときは、家族の誕生日や卒業の御祝い、食事に招待された時などが多いようです。あまり大げさにしたくない時や、用意したプレゼントだけではなんとなく味気ないときなどに1000円の花束は丁度良い贈り物ではないでしょうか。

ちょっとした贈り物や手土産にお菓子などを選ぶ場合が多いです。複数の人が招待された時は手土産がお菓子などの食べ物ばかりになる可能性もありますので、そんな時は1000円の花束も素敵です。
花は枯れて飾れなくなるまで飾ることができます。花が好きな人はもちろん、普段は花を飾らないという人でも、花があるだけで家の中の雰囲気がかわるので楽しんでもらえることと思います。

自分でラッピングでボリュームを出す方法

1000円の花束ではボリュームが出なくて寂しく感じてしまう場合は、ラッピングを工夫してみてください。花のボリュームが少なくても、ラッピングを華やかにするだけで立派な花束に見せることもできます。

お花屋さんでもラッピングはしてくれますが、更に自分でラッピングをしてみたり、又はお花屋さんのラッピングにかける費用をお花に当ててもらって花束に少しでもボリュームを出し、ラッピングは自分でやるという手もあります。

花束をラッピングするときは、ワックスペーパーで花を包むと華やかになります

ワックスペーパーを数枚重ねることでボリュームを出すことができます。ワックスペーパーにもいろいろなデザインがありますので、花束のイメージに合ったものを選んだり、違う色やデザインのものを使っても良いでしょう。

花束を結ぶリボンもボリュームのあるものを選んでください。リボンを豪華に結ぶだけでも華やかな印象にすることができます。
花束のイメージに合ったリボンを選ぶのも大切です。かわいらしいブーケなら太めのリボンを、ナチュラルなイメージの花束なら麻紐などを使っても良いでしょう。

良い花屋さんの選び方

花束を贈ったら、少しでも長く花を楽しんでもらうためにできるだけ新鮮な花を贈るようにしてください。そのためにも良い花屋さんを選ぶことが大切です。
日頃から花を飾っている人ならお決まりの花屋さんもあるでしょうが、花を買ったことがない人なら、一度買ってみるのも良いです。実際に花を飾ってみると、どれくらい持つのかがわかってきます。

花の種類にもよりますが、花屋さんによっても長く飾ることができる場合と、すぐに枯れてしまうこともあります。花屋さんによっては花の扱いなどがあまり良くないお店や、花に不慣れな店員さんが扱っている場合もあり、花の日持ちに関わってきます。花屋さんを覗いてみて、花の状態をチェックしておくのも良いでしょう。

お店の中を見て、花を入れているバケツや花瓶などが不衛生ではないかを確認するのも良いです。汚いバケツなどをそのまま使っていると、雑菌が繁殖して花に影響を与えてしまいます。お店の中がキレイかどうかも良い花屋さんを判断する点になります。
花束を贈ったらできるだけ長く楽しんでもらうためにも、良い花屋さんを見つけてくださいね。