注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

インコのおやつに手作りクッキー!歯ごたえのある安心おやつ

最近はペットのために手作りのフードやおやつを手作りする方も増えています。
ペットのための手作りフードというと、犬を思い浮かべる方が多いと思いますが、インコのための手作りクッキーも話題になっています。
自分の作ったクッキーを大好きなペットのインコが喜んで食べてくれると嬉しいですよね!
インコ用の手作りクッキーの作り方や、おやつを与えるタイミングについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターにダンボールで遊び場を作るコツやポイント

ハムスターに遊び場を作ってあげたいけれど、遊ぶものといえば回し車くらい…。そんなときには、ダンボール...

インコが噛むときに飼い主さんができる正しいしつけの方法を解説

飼っているインコが噛むことに頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。流血してしまうほど強い力で噛んで...

猫が捕獲器に入らないときの対策や注意点と寄せ付けない工夫

猫が捕獲器に入らないことはよくあります。捕獲器を怖がるような警戒心の強い猫は捕獲器を見ただけで逃げて...

ミニチュアピンシャーの抜け毛がすごいのはなぜ?抜け毛の豆知識

ミニチュアピンシャーは、見た目のとおり毛並みが短いため、比較的抜け毛が少ない犬種ではありますが、調べ...

金魚の繁殖期はいつ?繁殖シーズンと産卵に適した年齢・繁殖行動

金魚の繁殖に挑戦してみようと考えている人の中には、金魚の繁殖期が一体いつなのか分からない人もいるので...

ヒョウモントカゲモドキの脱皮にかかる時間と脱皮に関する情報

ヒョウモントカゲモドキの飼育初心者の飼い主さんの中には、脱皮に関する知識がない人もいるのではないでし...

猫用のペットボトルを使った餌やり道具の作り方とメリット

ぽっちゃり猫は見た目がかわいい、触り心地も気持ち良いですが猫も肥満は健康面が心配になりますね。ですが...

スズメの子供を保護した場合の餌のやり方や時間について

スズメの子供が巣から落ちて鳴いていると助けてあげたいと思いますね。 生まれたばかりのスズメの子...

【カニの赤ちゃんの育て方】実際に育てる場合の注意点について

アサリを購入した時に一緒にカニの赤ちゃんが入っているということもあるようですが、そのまま育てることが...

猫はなぜ洗濯機に入ることが好きなのかその理由と注意すること

猫は袋や箱などせまいところが大好きですが、洗濯機の中に入る猫もいるという話もあるようです。 や...

メダカの水槽に入れる水草の適量を見分ける方法と枯れる時の対策

メダカの水槽に水草を入れて飼育することは、メダカにとってもメリットがあります。ですが、水草の量が多す...

うさぎの赤ちゃんは生まれたての時の扱いが重要!飼育のコツ

うさぎの赤ちゃんはとてもデリケート。生まれたてであればあるほど、その扱いは注意が必要です。 生...

ウグイスの鳴き声が下手な理由や上手に鳴くための努力について

ウグイスの鳴き声は下手な場合もあります。ついウグイスというと、春の訪れが感じることのできる綺麗な鳴き...

柴犬が洋服を嫌がる理由や慣れさせるためのコツと注意点

柴犬が洋服を嫌がるのはよくある普通のことです。柴犬以外でもはじめて洋服を着せようとして嫌がる犬は多い...

ハムスターには砂浴びとトイレを分けてあげるのがベスト

ハムスターは砂浴びが大好き。砂浴びはいわば人間でいうお風呂のような役割を持っているのですが、トイレに...

スポンサーリンク

インコの手作りおやつ!インコクッキーの作り方

「インコの手作りおやつ!」インコクッキーの作り方をご紹介します。

●材料

  • 卵 半分
  • 小麦粉 40g
  • ハチミツ 大さじ1
  • 皮付きのリンゴやみかん 100g
  • 小麦粉 適量

●作り方

  1. 卵半分と小麦粉、ハチミツをボウルに入れ、よく混ぜる。
  2. 皮付きのリンゴやみかんを細かく刻んだら、小麦粉などを入れたボウルに入れ、さらに混ぜる。
  3. まんべんなく混ざったら、くっつかないように小麦粉を振った天板やまな板の上で程よい厚さに伸ばして、インコが食べやすい大きさに型抜きをするか、手で形を整える。
  4. 180度に熱したオーブンで、10分~20分程、適度な焼き色になるまで焼き上げます。
  5. クッキーの水分を飛ばすために、風通しの良い場所に置き、クッキーを乾燥させて出来上がりです。

インコのおやつ!手作り雑穀クッキーの作り方

「インコのおやつ!」手作り雑穀クッキーの作り方をご紹介します。

●材料

  • インコ用のミックスシード(ヒエ、アワなど) 大さじ1
  • 人参 半分
  • リンゴ 1/4
  • コーンミール 大さじ1と1/2

●作り方

  1. よく洗った人参とリンゴ(タネと芯は取る)を皮付きのまま擦り下ろす。
  2. 擦り下ろした人参とりんごとミックスシードとコーンミールを入れてよく混ぜる。
  3. オーブンを180度に温めておき、オーブンシートを敷いた天板に形を整えたクッキーの元を並べる。
  4. オーブンで10分~20分ほど焼く。
    表面が焼けているのに中が生焼けの場合は、上からアルミホイルをかぶせて加熱すると、表面を焦がさずに中まで火を通す事が出来ます。
  5. 焼き上がったクッキーは、風通しの良い場所に置いて、余分な水分を飛ばしてください。

人参やリンゴに含まれる水分量や、ミックスシードのバランスによっては、生地がベチャッとしたり、ボソボソになって形を上手く整えられない事もあります。
そのような時は、それぞれの材料の量を調整したり、ラップを使って形を整えると、やりやすくなります。

インコに手作りのおやつや食事を与えるメリット

インコに手作りのおやつや食事を与えるメリットとは、どのようなものなのでしょうか?

手作りおやつでインコのエサに変化をつけられる

インコにあげるエサとして、インコ用のミックスシードや、ペレットをあげるが通常ですが、それだとエサが単調だと感じたり、
そんな時に、いつもとは違うエサを作ってあげれば、エサに変化もつけられます。

手作りおやつならインコに合わせた栄養をあげられる

インコによっては、ミックスシードばかり食べ、ペレットをあまり食べてくれないという場合もあります。
ミックスシードしか食べない場合は、栄養が偏る事もあります。
そこで自分でエサの量を調整した手作りエサをあげるようにすれば、インコにとって不足している栄養素を補うことが出来ます。

何が入っているか、自分の目で確かめられる

ペレットはきちんと食べるから問題ないという人も、インコへのご褒美としておやつをあげることもあるでしょう。
売られているインコ用のおやつでも構いませんが、外国製の場合は、何が入っているのかよくわからないものもありますよね。
そういった事が不安だという方は、自分の目で確かめられる手作りおやつをおすすめします。

インコのおやつには噛みごたえのあるものがおすすめ

「あんまり固くしすぎたら、インコが食べづらいかも…」
そんな心配は御無用です。
インコのおやつには噛みごたえのあるものがおすすめです。

インコのエサとして売られているミックスシードでも、殻付きのものがあったり、ペレットも固く作られていますよね。
ですので、柔らかいものより、固いものの方が、インコのストレス解消や、健康的なくちばしの維持に役立つのです。

なので、手作りクッキーは、固めに作っても大丈夫です。
また、インコが掴みやすい太さの木の棒にクッキーの生地を巻き付けて焼くと、インコが掴みながら噛じることが出来るクッキーにもなります。
イメージ的には、棒付きアイスや、五平餅といったところでしょうか。
棒にクッキーをつけすぎて、インコが持てない時は、飼い主さんが手に持ってあげましょう。

インコにおやつを与えるタイミングは?

人間がおやつを食べる時は、3時のおやつだったり、食後に軽くつまんだりしますよね。
それでは、インコにおやつを与えるタイミングは、いつ頃が相応しいのでしょうか?

栄養不足が気になって、補助食として与えるのなら、1日に数回与えてみると良いでしょう。
この時に、作るおやつは低カロリーのものにするようにしましょう。

栄養は足りているが、今よりも仲良くなりたかったり、ご褒美的にあげるのでしたら、トレーニングをした時に、少量をあげるようにしましょう。
回数もあまりあげすぎないようにしましょう。

いくらインコがおやつを食べたがっていても、そのせいで肥満になってしまったり、体調を崩してしまう可能性もあります。
主食であるエサの摂取を妨げない程度にあげましょう。