注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

【服のハンドメイド】初心者向け生地の選び方のポイント

ハンドメイドブームで小物や服を手作りする方が増えていますよね。
服を作ろうと思った時には手芸屋さんで生地を選ぶと思いますが、初心者にとってはこの生地選びも一苦労です。
洗濯をしても縮まないのか、シワになったりしないのか、日常的に着る服は実用性も大切です。
服を作る時の生地の選び方や、注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

ウォシュレットの水漏れが水抜き栓から!対処法とトラブル予防法

ウォシュレットの水漏れは水抜き栓から発生することが多いのです。水抜き栓とは、ウォシュレットの側面につ...

スライムの作り方!シェービングフォームでふわふわスライム

スライムは昔からあるおもちゃで、ビローンと伸びる独特の感触がクセになりますよね。 最近ではスライム...

風呂掃除のブラシやスポンジの置き場は?様々な置き場やアイデア

風呂掃除をしていると、ふと掃除グッズの置き場が気になることありませんか?なんだかスッキリとしない、掃...

重曹を使ったお風呂のカビ退治の方法。浴室の天井まで全体掃除

お風呂のカビは大きいカビから小さいカビまでいつの間にか発生しています。 お風呂のカビ落としの強...

フェルトボールの作り方!石鹸水で作る基本の手順とアレンジ方法

かわいくコロコロとしたフェルトボールは石鹸水や洗剤を使って、自分で作ることができます。 ハンドメイ...

部屋干ししたら嫌な臭いが…。臭いを消す方法について知りたい

外が雨だったり、花粉が多く飛んでいる時などは、洗濯物を部屋干しする必要があります。 しかし、部屋干...

自転車のタイヤに空気入れすぎNG!適切な空気圧で入れすぎ防止

自転車のタイヤに空気を入れている時、ついつい空気入れすぎ状態になってしまうこともありますよね。タイヤ...

100均のペンキを使用したアンティークペイントについてご紹介

インテリアを小物を使ってアンティークに変身させたい!そんな時に便利なのが100均のペンキです。 ...

刺繍初心者必見!刺繍に向いてる生地の選び方とポイント

子供の絵本バッグに刺繍でワンポイント、ポーチに可愛い刺繍で世界に1つのオリジナル作品に!と、刺繍をす...

窓掃除に便利な道具!高所でも安全に掃除ができるお役立ちグッズ

大掃除など定期的に窓掃除を行っている方が多いと思いますが、戸建てに住んでいらっしゃる方は、2階の窓掃...

男性シャツのボタンが女性と逆の位置なのはなぜ?の謎に迫る

男性用と女性用のシャツでは、ボタンの位置が違うのはご存知でしょうか。 男性のシャツは前ボタンが右、...

布に付いたボンドの落とし方!身近なものを使って剥がす方法

布にボンドがついてしまうと、普通の洗濯では落とせなく、もうこれは落ちないものとして諦めてしまう方も多...

入学式の服装とは?母親におすすめなスーツと着こなし

子供の入学式で母親はどんな服装で行けばいいのでしょうか?卒園式に着たワンピースでは地味すぎる? ...

駐車場のコンクリートの隙間に適しているのは?隙間の埋め方

コンクリートの駐車場で隙間があるときには、どんなもので埋めたらいいのでしょうか? 駐車場を作るとき...

スポンサーリンク

服をハンドメイドする時の生地の選び方

一言で服をハンドメイドする際に使う「生地」と言っても、さまざまなものがありますが、まずは大きく「布帛(ふはく)」と「ニット」の2つに分けてみます。

布帛(ふはく)とは織って作られた生地のことを指します。こちらはほとんど伸縮することはありませんが、これに対してニットは編んで作られているため、かなり伸縮します。ここからは、布帛について触れていきます。

まず布帛ですが、その厚さや織り方によって生地に違いが出ます。衣服に関する記事などでは、さまざま数字が登場しますが、いずれも生地の厚さを表しています(60/ローン・9号帆布・10オンスデニムなど)。

一般的な生地の場合は、数字が小さいほど生地が厚いため、80/ローンよりも60/ローンの方が、11号帆布よりも9号帆布の方が、より生地が厚いということになるのです。

これとは反対にデニムは、数字が小さいほどより薄くなるため、10オンスよりも8オンスの方が薄いということになります。

生地の厚さの他にも、その織り方によっても生地の表情は変わってきます。代表的な織り方は、平織り・綾織り・朱子織の3つです。

ハンドメイド服の生地の呼び方の違い

服をハンドメイドするのに使用するために、一般的に販売されている生地の名称としては、主にこの3つが挙げられます。

  1. 素材名
  2. 織り方
  3. 商品名

わかりやすい例を挙げれば、コットンやリネンは綿や麻という素材(原材料)名です。ツイルは綾織りという織り方ですし、そのまま生地の名称がブランド名として使われることもあります。

たとえ同じ素材であったとしても、生地によって風合いが違ってくるのは、それぞれに違う織り方で織られている可能性があるのです。それと同様に、同じ織り方であっても、使用する素材が違えば、全く質感も違いますし、当然のようにお手入れ方法も大きく異なります。

つまりは、ハンドメイドで服を作る際の生地選びも、生地の素材と織り方の両方に着目する必要があるということです。生地によっては洗濯の際に縮んだり色移りしたりする場合もあるので、お手入れの比較的簡単な生地を選ぶことも非常に重要だと言えるでしょう。

お子様の服におすすめの生地でハンドメイド

子供服をハンドメイドする際の、生地選びのポイントをご紹介します。

とくに肌の弱いお子さんに関しては、生地によってはよけいに肌トラブルを悪化させる原因にもなりかねませんので、慎重に選ぶようにしたいものです。そのような場合はなるべく合成繊維は避け、出来る限り天然繊維を使った生地を選びましょう。

子供服のハンドメイドには木綿の生地がおすすめ

肌着やパンツなどに使われることが多いのが、肌に優しい素材として知られている木綿です。丈夫で柔らかい生地なので、初心者にも扱いやすくてミシンでもラクに縫うことが出来ます。吸水性も良いため、汗っかきなお子さんにもピッタリで、泥だらけに汚したとしても洗濯機で丸洗い出来るのも嬉しいポイントです。
欠点としてはシワになりやすいため、シャツなどはこまめにアイロンがけが必要となります。

ダブルガーゼ生地も

木綿同様に吸水性が高く、また通気性や保温性にも優れているため、とくに赤ちゃん用の衣類に使うのには最適な素材です。衣服以外でも、口周りを拭いたり沐浴をする際にも使われていることからも、赤ちゃんの肌を傷つけない優しい素材であることがわかりますね。

ハンドメイド初心者でもミシンで縫いやすい生地は?

ハンドメイドで洋服を作ることに関しては、初心者のうちは適度な厚さの生地を選ぶことが失敗を少なくする秘訣です。

手縫いではなくミシンを使う場合であっても、生地は厚すぎても薄すぎても縫いづらいものです。生地が厚すぎると、針が刺さり辛い分だけミシンが進み辛かったり、分厚い分だけアイロンの跡が付きにくく、縫い代をしっかりと付けることが出来ません。
また、生地が薄い場合には糸調子を上手く取れなかったり、縫い目が引きつれてしまうこともあるのです。

初心者にとって一番扱いやすくて縫いやすいのは、厚さが中くらいの生地です。具体的に言うと、春夏に着るブラウスやスカートくらいの生地の厚みで、綿素材を選ぶと良いでしょう。

また、生地をハサミで裁断した時に、ほつれやすい生地だと、布の端がボロボロになりやすいため、とても扱いにくいです。それを防ぐには、初めのうちは切った布がほつれにくい生地を選ぶとさらに良いでしょう。

スカートやワンピースに適した生地の選び方

お子さんのスカートやワンピースを作るのでしたら、やはり木綿の生地を選ぶことをオススメします。綿は丈夫でへたりにくく、吸湿性にも優れているので、汗っかきで洗濯回数が多いお子さんにぴったりな素材です。

一言で綿素材と言っても、綿100%以外にも様々な生地がありますが、通気性を考えるとやはりお子さん用であれば、綿100%にした方が間違いないでしょう。

同じく綿素材を使用した生地の中でも、T/Cブロードと表記されている生地は、綿とポリエステルの混合素材です。綿100%よりもシワになりにくいため、アイロンがけがラクに済みます。

また、綿と麻の混合素材は「綿麻混合」と呼ばれます。こちらも麻100%だとゴワゴワした質感でシワになりやすいですが、綿素材と混ぜることによって、着心地も良くなりシワにもなりにくくなります。