注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

柔道や空手を子供に習わせるメリットと通わせるときの注意点

柔道や空手を子供に習わせたいと考える親も少なくありません。

柔道や空手を子供に習わせることは、子供にとってどんなメリットがあるのか気になりますよね。

例えば、柔道や空手は何歳からはじめられるのでしょうか。

そこで、柔道や空手を子供に習わせるメリットと通わせるときの注意点についてご紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園のPTAの会計の仕事の内容と、必要なものとは

お子さんが幼稚園に通っている場合、ほとんど幼稚園にはPTAがありますね。 PTAの役員の中に...

幼稚園の面談の順番が最後なのは問題があるから?面談順番と内容

幼稚園の面談の日程表をもらった時、自分の子供の順番がいちばん最後だったら「もしかしたらうちの子は何か...

子供が入院したときにおもちゃやゲームは持ち込んでもいいの

子供が入院したときにはどのようなおもちゃがあるといいのでしょうか? あると便利なもの、役立つお...

里親となって子供を育てたい独身女性のための心得について

結婚はしたくないけど、子供はほしい…そう考えた場合に浮かぶのが「里親制度」かもしれません。 し...

自由研究におすすめスライムを使った実験とまとめ方

小学生の自由研究で人気のスライムをテーマにした学習ですが、ただ作るだけというよりも、少し実験の要素を...

夏休みの自由研究!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

夏休みの自由研究としてスライム作りをするお子様もいると思いますが、スライムの作り方にもいろいろな方法...

三姉妹の次女の育て方とは。真ん中次女の取扱説明書

三姉妹の次女。 要領がよく、調整役。面倒見がよくポジティブで平和主義。 でも、本当は満たされない...

絵が苦手な子でも上手くなる方法!子供の絵が上達するコツ

お子様が幼稚園や保育園に通うようになると、園でもいろいろな絵を描くことがあります。 壁に張り出され...

粘土の作品を子どもと一緒に作るときのコツやポイント

夏休みの工作は何を作ればいいか迷ってしまいますよね。小学校1年生の子どもにおすすめなのは粘土作品です...

幼稚園のコップの大きさは子供に合わせて。コップ選びのポイント

幼稚園に通うことになったら、揃えなくてはいけない物がたくさんあって戸惑ってしまいますね。 多く...

父親と母親の子育ての違いとは?意見が分かれたときの対処方法

父親と母親の子育て論で違いが出たときにはどのように対処したらいいのでしょうか? そもそも、父親...

ピアノ発表会の練習しない子供にできる工夫と対処法とは

ピアノの発表会前なのに練習しないお子さんには、お母さんもつい叱ってバトルになってしまうこともあります...

休日に限って早起きする子供との付き合い方とは?対応術をご紹介

休日に早起きする子供に対して疲れを感じているお母さんは多いもの・・早起きは良いことだけれど、お休みの...

旦那が子供を差別、妻として母としてあなたができること

旦那が子供を差別していると感じてしまうと、なぜこんな差別をするのか、どうして平等に接してくれないのか...

赤ちゃんの寝返りの手助け。練習のポイントと注意点とは

赤ちゃんが足を掴んだり、コロコロし始めたら寝返りのサインかもしれません。 ですが寝返りしそうだけれ...

スポンサーリンク

柔道や空手を子供に習ったらどんなことをするのか

お子さんになにか習い事を始めさせようと思っているお母さん。
習い事の中でも、柔道や空手だったら子供にとってメリットがあるからと、習わせたいと思っているのではないでしょうか?

ここでは、柔道や空手を子供が習う時、どんな事をするのか紹介します。

柔道も空手も、子供に武術を身につけさせるだけではありません。

その他に、精神的にも成長するように重視しています。
なので、練習の前後では礼をして、掃除もします。

空手は、空手には伝統の型があり、その型を学んだり、基本の動作を繰り返し練習したりします。

柔道は、まずは受け身などの基本動作を覚えから、投技などを覚えていきます。

習う事になると、月謝も気になると思いますが、相場は2,000~5,000円でしょう。その他に入会金がかかります。

また、無料で習う事ができる道場もありますよ!柔道着も貸してくれる道場もあったり、月謝が割安な教室などもあるので、近所にこのような道場や教室がないか調べてみてくださいね。

柔道や空手などの武道を子供に習わせるメリット

柔道や空手などを子供に習わせた場合、どんなメリットがあるのか知りたい所ですよね。柔道や空手などの武道を習う事で、先程もお伝えしたように精神的な成長も重視してます。

これで子供も精神力が育てられますし、武道を通して年上を敬い、きちんとした挨拶をするなども教育されて、礼儀も身につきます。

これは大きなメリットになりますよね!

あなたがお子さんに柔道や空手などの武道を習う事で、いじめない子、そしていじめられない子になってほしいと思っているでしょう。
また、どんな事でも諦めない精神的な強さや、礼儀作法、そして集中力を身につけてほしいとも思いますよね。

これらは、柔道や空手などの武道を習う事によって得られるメリットなのです。

子供が柔道や空手を習うことは将来の人生に役立つ

子供が柔道や空手を習う事で将来の人生に役立つなら、いますぐ習い始めようとあなたは考えるのではないでしょうか。

柔道や空手を習うことで、どんな事が子供の将来の人生に役立つのでしょう。

それは、柔道や空手と習った経験、そして技術があると、少し考えすぎかもしれませんが、道を歩いている時に酔っ払いに絡まれた時、殴られそうになっても適切に避け、そして鍛えた体を活用して逃げる事もできます。
特に女の子は、将来役立つ事もあるのではないでしょうか?

また、上記で紹介したようなメリットもありますが、これも将来役に立ちます。
精神的な強さや、礼儀作法が身についている人は、人から信頼されるようにもなるでしょう。

柔道や空手は何歳からでもはじめられる

柔道や空手を子供に習わせたいと思ったなら、何歳から始められるのかなんて考える必要はありません!

柔道や空手は、何歳からでもはじめる事ができますよ。

なんとなく形になるのは5~6歳ぐらいからですが、お子さんが小さい場合は礼節を学ばせるという気持ちで行きましょう。

道場に入る前には、お辞儀をして、先生や仲間にもお辞儀するようにと教えてくれますし、練習が終わったら道場を掃除して、使った物や場所に感謝する事も学べます。

このような経験は、なかなか家の中だけではできない事ですよね。
でも大切な事でもあるのです。

年齢に関係なくはじめる事ができる柔道や空手ですが、幼稚園の頃は真似をして体を動かしているという事だけでいいと思うようにし、期待しすぎて子供にプレッシャーを与えないようにしましょうね。

子供を柔道や空手教室に通わせるときの注意点

何歳からも始められてメリットもある武道を習わせたいと、色々な教室や道場をとりあえず見学しているお母さんもいるのではないしょうか?

子供を柔道や空手の教室に通わせる時、注意してほしい事があるのでお伝えします。

子供に柔道や空手を習わせるときには、子供に合った教室を選んであげましょう。

その教室は、ちゃんと基本を教えてくれる教室ですか?子供にわかりやすく教えてくれるかどうかもチェックしておきましょうね。

また、どうしてもお母さんは子供に柔道や空手を習う事で、特に男の子には強くてたくましくなってほしいと思いますよね。
でも、習い事をするのはお子さん自身です。
お母さんの気持ちを押し付けるのではなく、どうしてもお子さんがその教室に馴染めない場合は、無理に続けさせる事は避けましょう。

お子さんが小さい頃は、楽しいと思えないと習い事を続けるのも難しくなります。
なので、他の楽しんで取り組める習い事を探してみるようにしてみましょうね。

学べる事がたくさんある武道を楽しんで続けられますように

お子さんに柔道や空手などの武道を習わせる事でメリットがある事、そして将来の役に立つという事も紹介しました。

ますます、習わせたくなった人もいるでしょう。
小さい頃から、どんな事でも諦めない精神的な強さや、礼儀作法、そして集中力を身につけてほしいとも思うものです。

でも、習い始めた頃はまだ真似ごとのようですが、焦らずに見守るぐらいの気持ちも必要ですよ。
習わせる時は、お子さんに合った教室や道場を選んであげましょう。

柔道や空手などの武道を習う事でメリットもありますが、先生や仲間との出会いのあります。この出会いも大事ですよね。

強くなりたいと思って一生懸命、練習に取り組むようになったお子さんを想像するだけで、嬉しくなりませんか?
続けていると、お子さん自身が自分の弱い部分と向き合わなくてはいけない事もでてきますが、その経験もこれからの人生で役に立つと思います。