注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

プラスチックに付いた臭いの取り方について。臭う原因と消臭法

プラスチックの保存容器に付いた臭いの取り方はいろいろありますよ。

たくさん試してみて一番スッキリしたと思う方法を探してみてくださいね。

また、プラスチック製品を買った時にする独特の臭いや、臭いが取れなかった時の対処法なども併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯槽と洗剤投入口も忘れずに掃除しよう!やり方と頻度について

毎日洗濯機を使っているものの、洗濯槽や洗剤投入口の掃除をしていない人が多いと言われています。 ...

米の保存容器は密閉性が大切!お米の鮮度を保つための条件

お米の保存はお宅ではどのようにしていますか?昔ながらのハイザーに入れているという方や、キッチンの場所...

窓掃除を簡単に新聞紙を使ってする方法!ポイントと注意点を紹介

家の窓は気がつくとすぐに汚れてしまうので、掃除をしようと思っても憂鬱になってしまうことがありますよね...

布に付いたボンドの取り方!家にあるもので早めに対処

ボンドが服などの布に付いてしまうとなかなか取れません。そんなボンドを取る時には、どのようにすると良い...

お玉や菜箸を使いやすく収納!便利な100均グッズもご紹介

毎日使用するキッチングッズは、どのように収納をしていますか?特に頻繁に使用する菜箸やお玉は、使いやす...

洗濯物の虫除け対策!もう虫に困らない干し方のポイント

自宅の周りが自然豊かな場所だと、空気がキレイなのは嬉しいことですが、洗濯物に付く虫に悩む方も多いよう...

鍋が黒い!重曹を使って洗えない鍋って?黒ずみをとるのは〇〇!

鍋がくすんでる!いや、黒い! 料理をしたあとに、お鍋を洗ってもキレイにならない時があります。 ...

ポリエステルの毛玉を予防する方法。着方と正しい洗濯と取り方

ポリエステルの洋服はシワになりにくく、洗濯をしても乾くのが早く価格も手頃なので着やすい洋服の素材の一...

窓拭きに新聞紙を使うと傷が付く?傷をつけない新聞紙の使い方

窓拭きをする際に新聞紙を使用すると、手軽にキレイになると評判です。しかし新聞紙を使う際に窓ガラスに傷...

再婚したい!子連れ再婚で幸せになるために必要なこととポイント

一度離婚を経験した女性の中には、新しく素敵な男性との出会いがあり、その人との再婚を考えている人もいる...

やかんの水垢や茶渋の落とし方。頑固な汚れを落とす方法

毎日のように使うやかん。一見きれいそうに見えても、内側を見てみると、薄っすらと水垢が気になる、という...

竹の支柱の基本の組み方!育てる野菜に合った組立方法

家庭菜園をされる方は、丈が長く育つ野菜を育てる場合、支柱が必要となりますよね。そこで竹の支柱を使用す...

ジャガード生地の特徴について。他の織り方との違いを比較

ジャガード生地と言うと、高級感のある生地で、カーテンや洋服にも使われます。 このジャガード生地には...

スポーツサングラスをかけるなら?子供用野球サングラスの選び方

子供が野球をするときにはスポーツサングラスは必要なのでしょうか?子供のことを考えると、サングラスはか...

油汚れ落とす洗剤とその使い方で衣類がスッキリ。頑固汚れにも

食べ物の油汚れが付いた子供服や、調理中についてしまった油汚れなど、お気に入りの衣類に付いた油汚れは落...

スポンサーリンク

プラスチックの容器に付いた臭いの取り方。代表的なもの5つ

プラスチックの容器に付いた臭いの取り方で、代表的なもの5つご紹介します。

  • お米のとぎ汁
    お米のとぎ汁には、臭いを吸着してくれる成分が含まれていますので、お米をといだ後にとぎ汁を捨てずにプラスチック容器を数時間漬け置きして、通常通り中性洗剤で洗ってみましょう。
  • コーヒーの出がらし
    ドリップし終わった後のコーヒーのカスをお部屋や、下駄箱などの脱臭剤として使うのはご存知の方もいらっしゃると思いますが、プラスチック容器の消臭にも使えます。
    使い方は乾燥させたコーヒーのカスを紙の袋に包み、プラスチック容器に入れ、数日間置くというものです。
  • お茶の出がらし
    こちらもコーヒーの出がらしと同様に手作り消臭剤として有名ですよね。
    乾燥させてプラスチック容器に入れておくという方法と、乾燥させていない状態でプラスチック容器をこする方法があります。

  • 塩は調味料としてだけではなく、消臭効果もあるそうです。
    やり方はとても簡単で、大さじ三杯の塩と水をプラスチック容器に入れ、フタをして振るだけです。
  • 柑橘類の皮
    みかんやレモンなどの柑橘類の皮にも消臭効果があります。
    プラスチック容器に柑橘類の皮を入れ1晩から数日置くと、臭いがなくなります。
    また、そのプラスチック容器が電子レンジOKのものであれば、柑橘類の皮をプラスチック容器に入れてレンジで加熱すると、すばやく臭いを取ることが出来ます。

プラスチックの保存容器についた臭いの取り方。最後の仕上げは

プラスチックの保存容器についた臭いの取り方をご紹介しましたが、最後の仕上げにこういった事もしてみましょう。

  • アルコール消毒
    ドラッグストアなどで売られている消毒用エタノールをプラスチック容器に吹きかけて、拭き取ってみましょう。
    消臭効果だけではなく、殺菌効果もあります。
  • 漂白剤
    キッチン用の漂白剤は、消臭効果もあります。
    使う時は、そのプラスチック容器が色落ちなどの心配のないものに限りますが、消臭と一緒に黄ばみなどの汚れも取れる、一石二鳥の効果が期待できます。
  • 日光
    太陽の光の中には、殺菌効果のある紫外線も含まれていますので、日当たりの良いところに置くことで、臭いの元になる雑菌も消去することが出来ます。

プラスチック。新しく買った容器がプラスチック臭い時の臭いの取り方

新しく買った容器がプラスチック臭い時の臭いの取り方をご紹介します。

その方法は、「フタを開けたまま放置する」です。
あの新しいプラスチック独特の臭いの主な原因は可塑剤(かそざい)や安定剤です。
可塑剤は、プラスチックや塩化ビニールを加工しやすくするために混ぜられる薬品類のことで、安定剤はプラスチック製品が熱や光などによって変形や変質しないようにするための薬品類のことです。
それらの臭い成分は揮発するため、時間が経てば臭いがなくなります。
しかし、パッケージに入れたままだったり、フタを閉めたままですと、その揮発の速度は遅くなります。
出来るだけ早い時間で臭いの元を揮発させるためにも、フタを開けたままで風通しの良いところに数日置くと臭いも気にならなくなります。
さらに効果を高めたい時は、洗ってから日光にさらす事を何度か行ってみましょう。
2度3度繰り返せば、確実に臭いがなくなります。

プラスチックそのものの臭いってあるの?

プラスチックそのものの臭いってあるのでしょうか?

それには、まずプラスチックの原料について考えなくてはいけません。
プラスチックは石油や天然ガスなどの天然炭素資源を主な原料としており、これを高分子合成反応させてポリマーにし、それに安定剤や補強材、可塑剤などの薬品が混ぜられて作られています。

ちょっと説明が難しいですが簡単にいうと、「本来はプラスチックの原料には臭いはないが、プラスチックを作るためには、独特の臭いがついてしまう」という事です。
主な原料であるポリマー自体には臭いはありません。
しかし「プラスチック」というものに加工するためには、薬剤を混ぜたり、熱を加える必要があり、その工程においてどうしても臭いがついてしまうのです。

プラスチックの保存容器は臭いが付いてしまったら思い切って処分してしまいましょう

プラスチックは金属と比べて柔らかいため、細かなキズがつきやすいという欠点があります。
そのため、さまざまな方法を試みても、キズの奥に入り込んでしまった臭いを取ることが出来ない時もあります。
ですので、プラスチックの保存容器に臭いが付いてしまい、どうしても取れないようでしたら思い切って処分してしまいましょう。

また、プラスチックは油となじみやすい性質があり、きちんと洗っていても、油汚れが染み込んでしまうこともあります。
そしてそこから臭いが出て洗っても臭いが取れなくなってしまうのです。
割れたりしない限りはプラスチック容器を捨てることがないかと思いますが、臭いやくすみが取れなくなった時も、買い替え時と理解して処分するのもひとつの手です。