注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

クーラー掃除は重要!カビの取り方や防止方法もご紹介

クーラーを安全に快適に使うためには、カビが生える前に掃除を行うのが鉄則。
そうは分かっていても、定期的に掃除をしている方は実際のところ少ないのではないでしょうか。
カビが生える前に行いたい、クーラーの掃除方法やポイントについてご紹介したい思います。
カビ防止方法もありますので、実践してみてはいかがでしょうか。
長い間放置しすぎて、自分でカビ取りが難しい場合は、プロにお願いするのもおすすめ。信頼できる業者を選んで依頼しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

油汚れが服についてしまった時の落とし方についてご紹介

油汚れの種類には、食べ物の汚れや、化粧品や機械油が原因のものなどあります。 そういったものが服につ...

窓掃除を簡単に新聞紙を使ってする方法!ポイントと注意点を紹介

家の窓は気がつくとすぐに汚れてしまうので、掃除をしようと思っても憂鬱になってしまうことがありますよね...

畳がボロボロに!予防と対策、そして簡単リフォームについて

畳がボロボロに。 子供が居ると、畳でもフローリングでもお構いなしですよね。 元気がいいの...

革の手袋は洗濯出来る。家庭にある物で優しく洗濯する場合の方法

寒い季節の外出は手袋が欠かせないですね。 また手袋はおしゃれも出来ますし、革の手袋を愛用している方...

海外のインテリアから学ぶおしゃれな寝室の作り方

海外のドラマや映画を見た時に、素敵なインテリアの寝室を見て、そのおしゃれさに憧れを抱いたという人は少...

ドレッシング。賞味期限切れの処分方法やその捨て方について

ドレッシングって、どうして使い切れないのでしょうか? 冷蔵庫にモノが増え始めたと思ったら、ドレッシ...

鍋が黒い!重曹を使って洗えない鍋って?黒ずみをとるのは〇〇!

鍋がくすんでる!いや、黒い! 料理をしたあとに、お鍋を洗ってもキレイにならない時があります。 ...

ワッペンをアイロンで接着しても剥がれる問題について

ワッペンをアイロンの熱で接着しても剥がれるんですよね。 アイロンの熱を利用して、ワッペンの裏に...

チューリップの球根は掘り上げ必要?その理由と方法

チューリップは球根は掘り上げが必要?そのまま球根を植えっぱなしにしていても、花を咲かせる場合もありま...

家の電話をワン切りしてくる意味とは?気をつけたい防犯対策

家の電話にワン切りしてくるのはナゼ?非通知でワン切りしてくるときと番号が表示されているのにワン切りし...

茶渋を落とすには?重曹やクエン酸を使った茶渋を落とす方法

茶渋を落とすときには重曹?それともクエン酸?どっちも茶渋を落とすのに有効なので、家にあるならぜひ試し...

上靴を洗うときの洗剤は何を使えばいい?おすすめの洗剤

上靴を洗うときにはどんな洗剤を使えば汚れや臭いを落とすことができるのでしょうか? 上靴専用の洗剤を...

洗濯物のおすすめな干し方【バスタオル】を紹介します

洗濯物の干し方で困ってしまうのが場所を大きくとるバスタオルですよね。畳んで干せば場所はなんとかできて...

布団を天日干しできない時にできる布団の手入れ方法

布団を天日干しすると、除湿やダニ退治もできるので、できる時にやっておきたいですが、天気の状況や、部屋...

布のアイロンシールの剥がし方・布以外のシールの剥がし方を解説

お子さんの持ち物に記名するために、衣類などにアイロンシールやワッペンを貼ることがありますよね。布に貼...

スポンサーリンク

クーラー掃除のポイントとなる、カビが生えやすい場所とは

「クーラーを買ってから一度も掃除していない。」私もその中の一人です。クーラーを毎日使っているわけではないし、除湿機能もついているし見た目にも汚れていないから大丈夫、そう思っていました。しかし、実はカビは見えない部分に発生しているのです。中でも「ドレンパン」「ファン」「フィン」と呼ばれる場所に発生しています。それぞれのカビの発生場所について説明します。
  • ドレンパン
    熱交換器のフィンの下にあります。ドレンパンは水分を受けるお皿のようなものなので汚れがたまりやすく、カビは最初にここで発生します。
  • ファン
    ドレンパンで発生したカビは、ファンへ移動しさらにカビを発生させます。しかし、ここでも私たちはまだ気づきません。
  • フィン
    カビがフィンまでくれば、そろそろ掃除しなければと思うかもしれません。自分の目でカビが発生していることがわかるからです。ただ、この時にはクーラーの中がカビだらけになっている可能性があります。

カビを除去!クーラーの掃除方法と掃除のポイント

まずは、簡単なクーラーの掃除方法から試してみましょう。

洗浄スプレー(エアコン専用と記載されているもの)、雑巾(使わなくなった古いタオルなどでもOK)、除菌スプレー(最後にクーラー全体を拭くために必要です)を用意して下さい。

最初にフィルターの掃除から始めます。まずはフィルターを外しましょう。そしてフィンに洗浄スプレーをかけて下さい。一度も掃除していないフィルターはかなり汚れているでしょう。水洗いしてきれいにしましょう。

フィルターをきれいにしたら、クーラーの拭き掃除もしましょう。アルコール除菌スプレーを吹きかけて、雑巾などで汚れをきれいに取ります。

カビはアルコールに弱いので、しっかりと拭き取るようにして下さい。

きれいに拭き取ったら、フィルターを戻してコンセントを入れて下さい。これで掃除は終了です。

洗浄スプレーを使った掃除は、1時間もかからないで終わるでしょう。しかし、エアコン内部までしっかりと掃除することはできません。すみずみまで掃除したい、2台以上あるから掃除が面倒と感じるのであれば、業者に依頼した方がよいでしょう。

カビが酷く自分でクーラー掃除ができないならプロに依頼を!掃除業者を選ぶコツ

クーラーの掃除を業者に依頼しようと考えても、どの掃除業者がいいのか迷ってしまう人の方が多いでしょう。そこで、掃除業者を選ぶコツを教えます。以下にご紹介するポイントをおさえて、掃除業者を選ぶようにしましょう。

2台以上のクーラーの掃除を依頼する場合は「割引」がある業者を

もし掃除を依頼するクーラーが2台以上ある場合は、割引がある業者を選んだ方がお得です。その割引額は業者によって違うので、しっかりとチェックしましょう。

追加オプションの代金を確認

カビの発生をおさえるため、各業者では「防カビ仕上げ」をオプション設定しています。しかし、業者によっては無料のところもあるようなので、料金を調べる時はオプションの料金も確認するようにしましょう。

技術力もチェック

クーラーを分解掃除するとなると、技術力が必要となります。料金が安いからと知らない掃除業者に依頼すると、技術力がそれほど高くない場合もあります。技術力を考えると、大手掃除業者の方が安心です。技術力のことを考えれば、料金が高くても大手掃除業者を選んだ方がよいでしょう。

クーラーにカビが生えるのはなぜ?カビの原因

ここまでエアコンの掃除について説明しましたが、カビが発生する原因についても頭に入れておきましょう。

まず、カビが発生する条件です。カビは気温が20~30℃、湿度が70~80%という条件で発生しやすくなると言われています。そしてこの条件にホコリや汚れがあると、繁殖してしまうのです。

ここでクーラーの内部を想像してみて下さい。この条件にすべて合っていませんか?そのためカビが発生してしまうのです。

カビが発生したままクーラーを使っていると、部屋中にカビが浮遊していることになります。その状態のまま過ごしていればどうことなるかを考えると、決して体によいことではないとわかっていただけるでしょう。

私もそのことを考えて掃除することを決意しました。面倒だと感じても、掃除を始めましょう。

クーラーのカビをできるだけなくしたい!カビ防止方法もご紹介

クーラーの掃除が終わったら、今度はカビの防止対策をしっかりと行うようにしましょう。

日常生活でクーラーを使った後、特に何もせずにそのまま運転を停止させていると思いますが、これがカビの発生の原因になります。

クーラーを使った後は、30分~1時間位送風運転をするようにして下さい。そうすれば、湿度が急に上昇することはありません。そのため、カビの発生を防止することができます。

また、室内の湿度が上がらないように注意することも大切です。キッチンで食事の準備のためにガスなどを使っていると湿度が高くなります。窓を開けて換気をする、除湿剤を室内に置くなどして湿度がカビが好む70~80%にならないように工夫しましょう。

雨が降っている日は仕方ありませんが、天気が良い日は窓を開けて換気をするようにしましょう。部屋の中の空気を入れ替えることがカビの防止にもつながります。さらに風水でも良いとされているので、クーラーを使っていても部屋の換気は必ず行うようにしましょう。