注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

クーラー掃除は重要!カビの取り方や防止方法もご紹介

クーラーを安全に快適に使うためには、カビが生える前に掃除を行うのが鉄則。
そうは分かっていても、定期的に掃除をしている方は実際のところ少ないのではないでしょうか。
カビが生える前に行いたい、クーラーの掃除方法やポイントについてご紹介したい思います。
カビ防止方法もありますので、実践してみてはいかがでしょうか。
長い間放置しすぎて、自分でカビ取りが難しい場合は、プロにお願いするのもおすすめ。信頼できる業者を選んで依頼しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウォシュレットの水が出ない時の修理法とチェック箇所

「ウォシュレットの水が出ない」といったトラブルに備えて、修理法を知っておくことはとても大事なことです...

浴室のカウンターの黄ばみ落としに効くのはコレ。使い方を紹介

浴室のカウンターの部分、毎日お掃除していても気がついたら黄ばみが目立つということはありませんか。 ...

お湯の洗濯でしわを防ぐポイントとしわにならない干し方

お湯で洗濯するとしわになりやすくなりますが、洗浄力はアップします。 そのため、お湯で洗濯をする...

え?うちの排水口が下水臭い?そんな時に出来る対策は

いつも部屋を綺麗に掃除しているつもりでも、排水口から下水臭いニオイが漂ってくることがあります。 「...

南部鉄器のお鍋について。さび問題を解決して長く使い続けるには

南部鉄器の鍋。 伝統工芸品であり、高価で最近では海外でも注目され手に入りにくい調理道具となっていま...

窓拭きに新聞紙を使うと傷が付く?傷をつけない新聞紙の使い方

窓拭きをする際に新聞紙を使用すると、手軽にキレイになると評判です。しかし新聞紙を使う際に窓ガラスに傷...

油汚れの付いた服のシミ抜き方法と洗濯のコツ

服に付いた油汚れは、洗濯しても残ってしまうことがよくあります。濡れている時にはわかりませんが、乾いて...

髪の染め方!セルフでも綺麗に染めるポイントと注意点

セルフで行う髪の染め方にはポイントがあります。 美容室で髪を染めるのが一番ですが、費用を抑えるなら...

服の片付けと収納のコツ。たたみ方やすっきり収納のアイディア

家族の人数が多いとそれだけ服の数は増えますし、子供がいる場合は着られなくなった服もどんどん増えていき...

一人暮らしで寂しい泣く気持ちを乗り越える方法!寂しさの対処法

一人暮らしを始めると、自由な時間が増えて、親の干渉もなく、楽しいことが多い半面、やはり寂しい気持ちを...

煮洗いで重曹を入れると赤ちゃんの服の黄ばみもスッキリ

赤ちゃんの洋服やスタイは洗濯していても、どうしても汚れが落ちきらずに黄ばみとして残ってしまいますよね...

あいうえお作文で自己紹介するコツ!文章の考え方と上手な作り方

何かのイベントやゲームなどで、あいうえお作文で自己紹介をすることがあります。実際にあいうえお作文を作...

アイロンのやり方やコツを知ってシャツをビシッと仕上げよう

シャツにアイロンをかけたけれど、シワだらけになったり上手くかけられないという事もありますね。 ...

ハーブやアロマの資格について。資格を取得するまでの流れ

ハーブやアロマに興味のある方も多く、資格として何か取得したいと考えている方も多いと思います。 そこ...

洗濯物の生乾き臭対策!嫌な臭いを防ぐ洗い方と干し方のコツ

洗剤も柔軟剤も使って洗濯したのに洗濯物の生乾き臭が気になることがありませんか? そんな嫌な臭いの生...

スポンサーリンク

クーラー掃除のポイントとなる、カビが生えやすい場所とは

「クーラーを買ってから一度も掃除していない。」私もその中の一人です。クーラーを毎日使っているわけではないし、除湿機能もついているし見た目にも汚れていないから大丈夫、そう思っていました。しかし、実はカビは見えない部分に発生しているのです。中でも「ドレンパン」「ファン」「フィン」と呼ばれる場所に発生しています。それぞれのカビの発生場所について説明します。
  • ドレンパン
    熱交換器のフィンの下にあります。ドレンパンは水分を受けるお皿のようなものなので汚れがたまりやすく、カビは最初にここで発生します。
  • ファン
    ドレンパンで発生したカビは、ファンへ移動しさらにカビを発生させます。しかし、ここでも私たちはまだ気づきません。
  • フィン
    カビがフィンまでくれば、そろそろ掃除しなければと思うかもしれません。自分の目でカビが発生していることがわかるからです。ただ、この時にはクーラーの中がカビだらけになっている可能性があります。

カビを除去!クーラーの掃除方法と掃除のポイント

まずは、簡単なクーラーの掃除方法から試してみましょう。

洗浄スプレー(エアコン専用と記載されているもの)、雑巾(使わなくなった古いタオルなどでもOK)、除菌スプレー(最後にクーラー全体を拭くために必要です)を用意して下さい。

最初にフィルターの掃除から始めます。まずはフィルターを外しましょう。そしてフィンに洗浄スプレーをかけて下さい。一度も掃除していないフィルターはかなり汚れているでしょう。水洗いしてきれいにしましょう。

フィルターをきれいにしたら、クーラーの拭き掃除もしましょう。アルコール除菌スプレーを吹きかけて、雑巾などで汚れをきれいに取ります。

カビはアルコールに弱いので、しっかりと拭き取るようにして下さい。

きれいに拭き取ったら、フィルターを戻してコンセントを入れて下さい。これで掃除は終了です。

洗浄スプレーを使った掃除は、1時間もかからないで終わるでしょう。しかし、エアコン内部までしっかりと掃除することはできません。すみずみまで掃除したい、2台以上あるから掃除が面倒と感じるのであれば、業者に依頼した方がよいでしょう。

カビが酷く自分でクーラー掃除ができないならプロに依頼を!掃除業者を選ぶコツ

クーラーの掃除を業者に依頼しようと考えても、どの掃除業者がいいのか迷ってしまう人の方が多いでしょう。そこで、掃除業者を選ぶコツを教えます。以下にご紹介するポイントをおさえて、掃除業者を選ぶようにしましょう。

2台以上のクーラーの掃除を依頼する場合は「割引」がある業者を

もし掃除を依頼するクーラーが2台以上ある場合は、割引がある業者を選んだ方がお得です。その割引額は業者によって違うので、しっかりとチェックしましょう。

追加オプションの代金を確認

カビの発生をおさえるため、各業者では「防カビ仕上げ」をオプション設定しています。しかし、業者によっては無料のところもあるようなので、料金を調べる時はオプションの料金も確認するようにしましょう。

技術力もチェック

クーラーを分解掃除するとなると、技術力が必要となります。料金が安いからと知らない掃除業者に依頼すると、技術力がそれほど高くない場合もあります。技術力を考えると、大手掃除業者の方が安心です。技術力のことを考えれば、料金が高くても大手掃除業者を選んだ方がよいでしょう。

クーラーにカビが生えるのはなぜ?カビの原因

ここまでエアコンの掃除について説明しましたが、カビが発生する原因についても頭に入れておきましょう。

まず、カビが発生する条件です。カビは気温が20~30℃、湿度が70~80%という条件で発生しやすくなると言われています。そしてこの条件にホコリや汚れがあると、繁殖してしまうのです。

ここでクーラーの内部を想像してみて下さい。この条件にすべて合っていませんか?そのためカビが発生してしまうのです。

カビが発生したままクーラーを使っていると、部屋中にカビが浮遊していることになります。その状態のまま過ごしていればどうことなるかを考えると、決して体によいことではないとわかっていただけるでしょう。

私もそのことを考えて掃除することを決意しました。面倒だと感じても、掃除を始めましょう。

クーラーのカビをできるだけなくしたい!カビ防止方法もご紹介

クーラーの掃除が終わったら、今度はカビの防止対策をしっかりと行うようにしましょう。

日常生活でクーラーを使った後、特に何もせずにそのまま運転を停止させていると思いますが、これがカビの発生の原因になります。

クーラーを使った後は、30分~1時間位送風運転をするようにして下さい。そうすれば、湿度が急に上昇することはありません。そのため、カビの発生を防止することができます。

また、室内の湿度が上がらないように注意することも大切です。キッチンで食事の準備のためにガスなどを使っていると湿度が高くなります。窓を開けて換気をする、除湿剤を室内に置くなどして湿度がカビが好む70~80%にならないように工夫しましょう。

雨が降っている日は仕方ありませんが、天気が良い日は窓を開けて換気をするようにしましょう。部屋の中の空気を入れ替えることがカビの防止にもつながります。さらに風水でも良いとされているので、クーラーを使っていても部屋の換気は必ず行うようにしましょう。