注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

時短アイデアと美味しいレシピを紹介!忙しいママの夕食作り

お仕事をしているママたちは、毎日の夕食作りになるべく時間をかけたくないと考えることもあります。時短で作れるアイデアや美味しいレシピについて知りたくなることもあるのではないでしょうか。

毎日の夕食作りは、少しのアイデアとコツで時短することができます。どのようなアイデアがあるのかチェックしてみましょう。

また、簡単に作れる美味しいレシピについてもご紹介します。こちらも併せて参考にして、家族のために美味しい夕食を作ってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯槽のカビの効果的な取り方について知りたい

日頃洗濯をしていると、目には見えなくてもいつの間にか洗濯槽にカビが生えていることがあります。 洗濯...

電子レンジの掃除にはレモンが良い?キッチンの掃除に役立つ理由

電子レンジは温めに解凍と、忙しい主婦にはとって無くてはならない家電。しかし使う頻度が高いせいか、知ら...

レーヨンやポリエステルはしわになりやすい?洗濯方法について

お気に入りのシャツだけれど、とにかくしわになりやすい。アイロンをかけないと着れない服の代表となるレー...

墨汁落としにはどんな洗剤が良い?墨汁を落とすポイントについて

墨汁がついてしまうと、落としにくく普段の洗濯方法では、くっきりと墨汁が残ったままになってしまいます。...

お風呂掃除に最適なスポンジは?掃除しにくい床を磨く方法

お風呂掃除を毎日しているのに、なぜか汚れが溜まってしまうことありますよね。お風呂の床も、そんな場所の...

海外のインテリアから学ぶおしゃれな寝室の作り方

海外のドラマや映画を見た時に、素敵なインテリアの寝室を見て、そのおしゃれさに憧れを抱いたという人は少...

煮洗いで重曹を入れると赤ちゃんの服の黄ばみもスッキリ

赤ちゃんの洋服やスタイは洗濯していても、どうしても汚れが落ちきらずに黄ばみとして残ってしまいますよね...

日々のゆとりのは時短家事から生まれる!家事のコツをご紹介

主婦の方も仕事をしている方は沢山いらっしゃいます。家事だけでも、やることはたくさんあるのに仕事もとな...

洗濯物を早く乾かす干し方のコツ!部屋干しでも臭わない

雨の日やジメジメとして季節には、洗濯物は部屋干しで乾かす方が多いと思います。そこで困るのが、洗濯物が...

No Image

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、...

クーラー掃除は重要!カビの取り方や防止方法もご紹介

クーラーを安全に快適に使うためには、カビが生える前に掃除を行うのが鉄則。 そうは分かっていても、定...

トイレのドアが開かない!原因や修理と困ったときの対処法

トイレのドアが開かないで困ったことはありませんか?でも、その後なんとか開いたのでついそのままにしてい...

Tシャツにできた毛玉の取り方と毛玉になりにくい手入れ方法

毛玉になりやすい服というとセーターやニットを思い浮かべる方が多いと思いますが、Tシャツにも毛玉ができ...

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯物のイヤな臭いを取る方法

普通に洗濯しただけでは取れないイヤな臭いにお困りの方はいませんか?洗った直後は洗剤のいい香りなのに、...

米の保存容器は密閉性が大切!お米の鮮度を保つための条件

お米の保存はお宅ではどのようにしていますか?昔ながらのハイザーに入れているという方や、キッチンの場所...

スポンサーリンク

夕食を時短する調理道具とアイデア・レシピには市販の調味料を活用すると便利

時短メニューを探していると高確率で出会うのが「電子レンジ」と「圧力鍋」、「フライパン」です。
これらの特徴は、全て火の通りが早いというもの。

便利な調理器具を活用する

圧力鍋は加圧まで多少時間はかかりますが、一度フタをしたらその後は少し温度の調整つをするくらいで、あとはほぼ放置しているだけなのでとても簡単です。

電子レンジも同じように、短い加熱時間で早く熱を通せるので茹でるものなどは鍋を使うよりずっと早く出来ます。

さらにオーブン機能があるものなら、活力鍋と同じように一度材料を入れてスイッチを押せば後は放置です。

放置している間に洗い物ができたりもう1品作ることが出来るので、とても時短になります。

フライパンは手を離すことは出来ませんが、火が早く通るため調理時間は煮物などと比べるととても短く、簡単に済ませたいときに重宝するアイテムです。

これらの調理器具は忙しくて夕食を時短したいママたちにとってはとても役に立つものです。

料理の味付けも市販の調味料を活用すると夕食の負担が軽くなる

「○○のタレ」といったような、味付けがしっかりされている調味料数種類持っておくと、ただの肉野菜炒めで済ませたいときも味のバリエーションが広がるので大助かりです。

ボトルだと冷蔵庫の中で場所を取るのが嫌だという人は、粉末タイプの使い切りのものを常備すると、場所も取らずに保管できます。

市販の調味料に少しアレンジしてマヨネーズなどを足すという方法もおすすめです。

時短レシピの作り方!夕食に使う野菜は一度にまとめてカットしよう

毎回夕食の準備の度に包丁で食材をカットするのも手間に感じるときもあるという人もいるでしょう。

使う食材が多いと手間ですし、人参やじゃがいもなどは皮を剥くのも面倒です。

材料は購入後、全て切って保存する

手間に感じるかもしれませんが、例えば人参ならみじん切りにしたもの、乱切りにしたもの、短冊切りにしたものをチャック付きの保存袋に入れておくと、作るときはその袋から必要な分だけ出せばいいので材料を切るという時間が短縮できます。

同じように玉ねぎやキャベツなどもカットしておけますし、しめじなら買ってすぐに石づきを切ってすべてバラバラにさいて、保存袋に入れてそのまま冷凍もできます。

きのこ類はすぐに冷凍することで栄養素が逃げず、調理したときに旨味が凝縮されているので、そのまま野菜室に保存するよりもずっと良いですよ。

冷凍できるものは冷凍する

他にもカットした野菜はよく水気を切っておけば冷凍保存できます。

人参は冷凍に向かないとは言いますが、小さく切ったものであれば問題ないのでたくさん切ってどんどん冷凍庫に入れていきましょう。

一度刃を入れたものは足が早くなるので野菜室に入れておくには注意が必要ですが、冷凍庫に入れておけばダメにしてしまうということもありません。

副菜は既製品を活用して時短!夕食レシピの考え方

忙しいとメイン1品で精一杯ということもあります。
私の家はほぼ毎日そうだったので、夕食後すぐにお腹が空いてしまうということもしょっちゅうでした。

やはり副菜がほしいところですが、副菜までしっかり作る時間がないというママは大勢います。

時短で便利なのが既製品

出来上がっている煮物のパック詰めや、玉子豆腐など、そのままお皿に移せば副菜になるものをどんどん活用しましょう。もずく酢なども良いですね。

刻みネギや大葉と大根おろしチューブも一緒に購入して副菜に添えれば完璧です。手抜きしているような雰囲気など全くありません。

中には冷凍食品でオクラの胡麻和えなども売られています。

惣菜は毎回買うしかありませんが、保存の利くものなら冷蔵庫にいくつかストックしておくと買い物に行けない日もとても便利なので、スーパーで探してみましょう。

市販のタレで作る時短レシピ!夕食はがっつりお肉を食べよう

がっつりお肉を食べたいときに思いつくものといえば、ステーキやハンバーグや唐揚げなどではないでしょうか。

ステーキは焼くだけだから簡単だとしても少し高上がりだし、ハンバーグは材料をみじん切りにしてこねてゆっくり焼くものなので面倒です。

唐揚げの時短

そこで唐揚げですが、下味にいちいち数種類の調味料を計量スプーンで測って入れるのも手間と思う人も多くいます。

その調味料の手間は、市販のタレで無くしましょう。

一般的な焼き肉のタレを、切った鶏肉と一緒にチャック付き保存袋の中に入れて揉み込み、1時間くらい冷蔵庫で寝かせたら片栗粉をまぶして揚げるだけです。

焼き肉のタレなので味付けはしっかりされますし、使う材料もタレと片栗粉だけなのでとても簡単になります。

フライパンで揚げ焼きにすれば油の量も少なく済みますし、片付けも簡単です。鶏肉は薄めに切っておけば火の通りもあっという間なのですぐに出来上がります。

唐揚げは子供も大好きなメニューなので、この作り方は献立に困ったときにとても役に立ちますよ。

電子レンジで簡単調理!夕食に美味しい時短レシピ

電子レンジだけで食材に火を通すことが可能なので、レンジ機能でメインを1品作ることだって出来ます。

豚肉や牛肉のような薄切りのものよりは、鶏肉のような少し厚みのあるものの方が向いています。

鶏むね肉の時短レシピ

市販の焼き肉の塩ダレをよく和えて、スライスしたじゃがいもなどの火の通りにくい食材と一緒にレンジで温めてからよく全体を混ぜると、簡単な1品の出来上がりです。

加熱している途中で火の通りやすい食材を加えて、野菜をふんだんに使うのもいいでしょう。

タレの種類と野菜を変えるだけで全然別物になるので、この調理方法は知っておくととても便利です。

時短にはとにかく市販品を多用し、時短できる調理器具と合わせて上手に使いましょう。

手間暇かけて料理できないことに罪悪感があるなら、月に1~2回くらいしっかり調理の時間をとるだけでも大丈夫です。

家事は少しでも負担を減らさないとストレスになるので、上手に手を抜きましょう。