注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

スポーツサングラスをかけるなら?子供用野球サングラスの選び方

子供が野球をするときにはスポーツサングラスは必要なのでしょうか?子供のことを考えると、サングラスはかけたほうが集中できたりケガを予防することができると言えるでしょう。

では、子供のスポーツサングラスを選ぶときにはどのようなものにしたらいいのでしょうか?

選ぶポイント、かけるときに注意する事などを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

煮洗いで重曹を入れると赤ちゃんの服の黄ばみもスッキリ

赤ちゃんの洋服やスタイは洗濯していても、どうしても汚れが落ちきらずに黄ばみとして残ってしまいますよね...

風呂掃除の頻度【共働き家庭の場合】負担を軽減するためのコツ

お風呂掃除の頻度は基本的には毎日という家庭が多いかもしれません。しかし、忙しい共働き家庭の場合、家事...

シンプルライフを過ごすための服の枚数、残す服の選び方をご紹介

シンプルライフをおくっているかたや、ミニマリストの服の枚数はどのくらいなのか、気になりませんか? ...

浴室のカウンターの黄ばみ落としに効くのはコレ。使い方を紹介

浴室のカウンターの部分、毎日お掃除していても気がついたら黄ばみが目立つということはありませんか。 ...

100均時計をお部屋に合わせてリメイク!インテリアになる時計

家の中に時計がある人って大半ではないでしょうか。 でも家の中にある時計って部屋の雰囲気に合っていな...

布団を天日干しできない時にできる布団の手入れ方法

布団を天日干しすると、除湿やダニ退治もできるので、できる時にやっておきたいですが、天気の状況や、部屋...

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります...

上靴を洗うときの洗剤は何を使えばいい?おすすめの洗剤

上靴を洗うときにはどんな洗剤を使えば汚れや臭いを落とすことができるのでしょうか? 上靴専用の洗剤を...

日々のゆとりのは時短家事から生まれる!家事のコツをご紹介

主婦の方も仕事をしている方は沢山いらっしゃいます。家事だけでも、やることはたくさんあるのに仕事もとな...

造花で作ったブーケをインテリアとして飾りたい

造花は生花と違って枯れることもありませんし、100均などで手軽に買えるので、アレンジもしやすく人気の...

お玉や菜箸を使いやすく収納!便利な100均グッズもご紹介

毎日使用するキッチングッズは、どのように収納をしていますか?特に頻繁に使用する菜箸やお玉は、使いやす...

茶渋を落とすには?重曹やクエン酸を使った茶渋を落とす方法

茶渋を落とすときには重曹?それともクエン酸?どっちも茶渋を落とすのに有効なので、家にあるならぜひ試し...

No Image

鍋の残りの保存方法と美味しいリメイクアイデアで手抜き料理

ついつい残ってしまう鍋料理。鍋にたっぷりと残った具材は捨ててしまうのはもったいないですよね。しかも、...

酸素系漂白剤を洗濯に活用!毎日使う時は液体タイプが便利

毎日お洗濯に酸素系漂白剤を利用したいと考えている主婦の方もいますよね。時々酸素系漂白剤を活用すること...

目に疲労を感じたら自分でできるマッサージを試してみよう

パソコンやスマホを利用していると、ふと目の疲労を感じることありますよね。そこで簡単にできるマッサージ...

スポンサーリンク

子供にかけさせるべき?野球のスポーツサングラス

子供の身体を守るのは親の役割です。特にスポーツをしていると思わぬ怪我をしやすいものです。
小学生の子供が野球チームに所属しているのですが、晴れた日の野外での練習には必ずスポーツサングラスを着用するように言っています。また、子供自身もフライなど高くあがった打球を取る時にはスポーツサングラスをかけていると太陽の眩しさによって見失ってしまうことがなくなるので大変重宝しているそうです。

スポーツサングラスの装着効果は太陽の眩しさの軽減だけではなく、目の保護にも役立ちます。

野球はスライディングをした時や晴れて乾燥している日には砂埃が舞い上がります。それが頻繁に目に入ると視界不良の他に目自体にも良くありません。砂が入り擦ってしまうと炎症を起こしてしまう場合もあります。また、紫外線は目から入り将来目の病気になるリスクを高めると言われています。

外で練習する時間が長い野球において紫外線カット加工されたスポーツサングラスを装着すると、その時間目を紫外線から保護することができます。

うちの子供は普段は近視のメガネをしています。そのため度入りのスポーツサングラスを作りました。野球の間はスポーツサングラス一本で視力の確保、眩しさの軽減、紫外線からの保護、砂埃からの保護ができるので、今や欠かせないアイテムとなっています。

子供の野球用スポーツサングラスの選ぶときのポイント

子供の野球用スポーツサングラスを選ぶ時に最も重要なのは耐久性です。

野球ボールが顔面に直撃したときに破損すると大怪我に繋がってしまいます。何より安全確保が一番なので、レンズやフレームの耐久性は充分にあるものを選びましょう。

スポーツサングラスは紫外線カットの加工がされている事も重要です。

暗いと瞳孔が開くために取り込む紫外線の量が多くなります。サングラスに置いては紫外線カットの加工がしっかりと施されていることは大きなポイントとなるので、必ず確認しましょう。
そしてレンズの光の透過率も重要です。透過率が低いとレンズの色が濃くなり通す光の量が少なくなります。太陽を直視する可能性のある野球においては光の透過率が低いレンズを選ぶと良いでしょう。強い光は目に刺激となりよくありません。透過率が低いと目を保護するのにも役立ちます。
次は形や色です。

バンドタイプや耳にかけるタイプがありますが、競技会によって装着してもよいスポーツサングラスの形に制限がある場合があるので、購入する前に確認しましょう。

成長期の子供に合った野球用サングラスにしましょう

大人と違って子供は日々成長して大きくなっています。一年前に購入したスポーツサングラスは既に小さくなっている可能性があります。今購入するものは半年後や一年後には窮屈になっているかもしれません。子供の成長は一定ではなく短期間に急に大きくなる事もあります。

身体の変化に対応できるスポーツサングラスを選ぶ必要があります。

フレームに柔軟性があり復元力もあるものを選ぶと成長して頭囲が大きくなっても頭を絞めつけることはないでしょう。ノーズパッドが鼻の高さや形に合わせて調節できるのかも確認しましょう。

野球のスポーツサングラスの値段とは

スポーツサングラスの値段は様々です。

安価なものから高価なものまであります。しかし、品質が充分に良く多く販売されている価格帯は20000円から30000円程度です。このくらいの価格帯の商品はレンズやフレームの強度、安全面や成長に対応できる柔軟性などが充分に保たれており、レンズの紫外線カットの加工なども施されている商品が多いです。もっと高価な商品もありますが、耐久性があるとはいえ紫外線カット加工などには寿命があります。フレームなども劣化してくるので数年間の使用で買い換えることを考えるとこのくらいの価格帯のものが適当であると思われます。

我が家ではこれほどの価格を捻出するのは大変ではありますが、子供の目を守るためと考えて必要経費と考えています。

野球のスポーツサングラスをかけていて失礼にあたるのを防ぐ方法

目上の人に接するときにサングラスをかけたままでは失礼に当たるという考え方があります。そのため、試合の前と後にチーム同士が一列に並んで挨拶をする時に装着していると失礼に当たると思われてしまう場合があります。

スポーツは礼儀を重んじるものなので、スポーツサングラスであっても試合の間以外では外しておいたほうが良い場合があります。

入場する時やチーム同士の挨拶、話をする時には外す習慣をつけておくと失礼に当たる事はないでしょう。
また、投手はスポーツサングラスの着用を認められていない場合が多いようです。投手でもフライを取る可能性はありますし、屋外に居るので紫外線予防をさせたいので疑問に思う点ではありますが、原則として投手の使用は禁じられているようです。
ただ、競技に出る時は諦めるとしても普段の練習においては紫外線や砂埃の目への影響を考えて装着させたいと監督に相談してみるのも良いと思います。
昔と違い地球環境も変化してきています。オゾン層は昔よりも薄くなり紫外線の量が増えているので子供の将来を守るために必要であると思われます。

将来的には屋外での活動時には目にも紫外線対策を行う事が一般的になっているかもしれません。