注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

シールの剥がし方!ハンドクリームを使ってシールを剥がす方法

小さなお子さんがいるご家庭では、子供が色々な場所にシールを貼ってしまうことに頭を悩ませることもあります。貼ってしまったシールの剥がし方について知りたい人もいるのではないでしょうか。

子供が貼ったシールは、ハンドクリームを使用すると綺麗に剥がれることがあります。実際の手順を知って、シールを綺麗に剥がしましょう。

ここでは、ハンドクリームを使ってシールを剥がす方法やコツ・注意点についてお伝えします。ハンドクリームはご家庭にあることも多いですから、便利に活用してシールを綺麗に剥がしましょう。

また、シールのベタベタが残った時の対処法やハンドクリーム以外のもので剥がす方法についてもお伝えします。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【重曹の使い方】料理が美味しくなる重曹の活用法

重曹と言えば、お掃除に活躍するアイテムという印象をお持ちの方が多いと思いますが、重曹は料理にも、いろ...

ジャガード生地の特徴について。他の織り方との違いを比較

ジャガード生地と言うと、高級感のある生地で、カーテンや洋服にも使われます。 このジャガード生地には...

家の電話をワン切りしてくる意味とは?気をつけたい防犯対策

家の電話にワン切りしてくるのはナゼ?非通知でワン切りしてくるときと番号が表示されているのにワン切りし...

揚げ物用鍋にはホーローがおすすめ!その理由と選び方について

揚げ物用の鍋を新しく買う場合、どんな材質がいいのか迷う人も多いでしょう。 そこでおすすめなのが...

冷蔵庫が水漏れ?床に水が溜まってしまう原因と対処法

ふと冷蔵庫をみると、水漏れなのか床か黒ずんでカビが生えていた!まだまだ使える冷蔵庫なのに、なぜ水漏れ...

風呂の椅子の水垢取りにオススメな道具や掃除方法と予防策とは

風呂の椅子の水垢取りには、家にある身近なアイテムがおすすめです。 例えば、重曹水のつけおき洗い...

出窓にブラインドの取り付け!いろいろな取り付け方法をご紹介

出窓にはフリルのついたカーテン?可愛いカーテンも良いけど、自分の趣味ではないと言う方もいらっしゃいま...

洗濯物の正しい干し方・裏返しで干すメリットと早く乾かす方法

お洗濯のあとに洗濯物を干す時、天気の悪い時は特に、なかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります...

ワッペンをアイロンで接着しても剥がれる問題について

ワッペンをアイロンの熱で接着しても剥がれるんですよね。 アイロンの熱を利用して、ワッペンの裏に...

木の製品に貼ったシールの剥がし方!色々な剥がし方を紹介します

木の製品にお子さんがシールを貼ってしまい、なかなかシールが剥がれずに苦労し経験がある人もいますよね。...

玄関の照明の明るさの目安!照明選びに迷った時のアドバイス

玄関はその家の顔とも言われますが、玄関の照明はどのくらいの明るさが必要なのでしょうか? そこで、玄...

洗濯物の虫除け対策!もう虫に困らない干し方のポイント

自宅の周りが自然豊かな場所だと、空気がキレイなのは嬉しいことですが、洗濯物に付く虫に悩む方も多いよう...

部屋がカビ臭い!その原因と解決方法を知ろう

いつもそれなりに掃除をしているつもりでも、長年同じ部屋で生活をしていると、カビ臭いニオイが出てしまう...

姑が嫌いすぎる!同居ストレス解消法と姑が嫌いな理由・対処法

同居している姑のことを嫌いすぎることで毎日ストレスを抱えながら生活している女性もいるのではないでしょ...

手が小さい方向けピアノの練習方法!弾きやすくなる練習のコツ

ピアノをやっている方の中には、お子様や女性の方など手が小さいことで、いつも同じ場所でミスをしてしまう...

スポンサーリンク

ハンドクリームを使ったシールの具体的な剥がし方

壁に貼ったシールを上手に剥がしたいときはハンドクリームを使うのがおすすめです。ハンドクリームの油分を使って滑りを良くし、シールをきれいに剥がすことができます。

ハンドクリームを使ってシールを剥がす方法

  1. ハンドクリームは市販のもので十分です。ハンドクリームをシールに塗り込んでください。ハンドクリームの油分がシールに染み込むように塗り込みます。
  2. ハンドクリームを塗り込んだら、シールの上からラップをかぶせてください。ラップをかぶせることでシールの粘着剤にハンドクリームが浸透しやすくなり、ハンドクリームが乾きにくくなるという効果もあります。30分くらいを目安に、そのまま放置してください。
  3. 30分ほどたったら、シールを剥がしていきます。シールの端から少しずつ剥がしてください。剥がしにくい場合は、剥がれた部分に更にハンドクリームを塗り込んでください。シールの端から剥がしていきますが、端がめくれない場合はカードや定規などを使って端をめくってから、めくれたところをつまんでゆっくりと剥がしてください。
  4. シールのベタベタ部分が残った場合は、ベタベタした部分にハンドクリームを塗り込み、擦って取り除きます。壁紙などシールが貼ってある部分の素材によってはハンドクリームの油分がシミになってしまうことがありますので、気をつけてください。
  5. シールがきれいに剥がれたら、最後に拭き取ってください。

ハンドクリームを使ったシールの剥がし方のコツ

ハンドクリームを使ってシールを剥がす場合は、ちょっとしたコツがあります。一度できれいに剥がすことができるよう、コツをおさえておいてくださいね。

ハンドクリームをシールに塗り込むコツ

ハンドクリームを塗ってすぐに剥がそうとしても、きれいに剥がすことができません。ハンドクリームの油分がシールの粘着部分に馴染むように、しばらく時間を置くことがポイントです。
ハンドクリームが馴染みやすいように、シールの表面にビニール加工がされている場合は、先にビニールを剥がしておくと良いでしょう。シールが頑丈に貼りいて簡単には剥がせないような場合は、シールに切り込みをいれておくと良いです。

拭き取りのコツ

シールがきれいに剥がれたら、最後に拭き取ります。この時、水を多めに含ませた方が落としやすくなります。乾いた布やティッシュを使うよりも、ウェットティッシュや布に水を含ませてから、水拭きをした方がきれいになります。シールの粘着部分が少し残ってしまっても水分と混ざることで落ちやすくなります。

ハンドクリームを使ったシールの剥がし方の注意点

シールを貼ってある壁などの材質によってはハンドクリームが使えなかったり、トラブルになってしまうことがあります。
例えば、シールを貼っていたところが木材の場合は、ハンドクリームを使うことで、油によるシミが出来てしまう可能性があります。油を使うことができない材質の場合はハンドクリームを使わないようにしてください。

また、シールを貼ってから長期間が経っている場合はハンドクリームの効果がうまく出ない場合もあります。シールの粘着剤が劣化して堅くなっている場合は、ハンドクリームの油分が浸透しにくくなっています。

ハンドクリームの種類によってもあまり効果が出ないこともあります。ハンドクリームは油分が多めのもの、又は染み込みやすいように水っぽいタイプのものを使うようにしてください。

シールのベタベタが残ってしまった時の剥がし方

シールは剥がすことができたものの、粘着剤のベタベタだけ残ってしまうこともありますよね。このベタベタはそのままにしておくと、空気中のゴミやホコリがくっついて黒ずんできてしまいます。ベタベタもきれいに取り除くようにしましょう。

ベタベタは消しゴムを使うと簡単に取り除くことができます。消しゴムで根気よく擦ってください。少しずつですが、ベタベタが取れていきます。

手軽な方法としてはガムテープを使うこともできます。ガムテープの粘着面にベタベタをくっつけるようにします。ガムテープをベタベタした部分に貼り付けたら、上からしっかりとおさえ、ゆっくりと剥がしてみてください。ガムテープの粘着面にベタベタがくっついて取れていきます。

歯ブラシを使う方法もあります。使い古しの歯ブラシと歯磨き粉を用意してください。歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、ベタベタを擦って落とすことができます。歯ブラシを使うと傷を残さずにきれいに取り除くことができます。

シールの剥がし方にはこんな方法も

ハンドクリームを使う以外でも、シールを剥がす方法があります。

  • 中性洗剤
    食器洗い用の中性洗剤を水で薄めたら、キッチンペーパーなどに含ませてシールの上から染み込ませてください。ラップをしてしばらく放置したら、端からゆっくりと剥がしていきます。
    中性洗剤の他にお酢を使っても剥がすことができます。小さなお子さんやペットがいるご家庭なら中性洗剤よりもお酢を使った方が安心できますよね。
  • ドライヤー
    水を使うことができない材質の場合はドライヤーを使う方法がおすすめです。シールの粘着部分に熱を加えてゆるめてから、剥がしていきます。シールの上からドライヤーの温風をあてて、粘着剤がゆるんできたら丁寧に剥がしてください。剥がしにくいときは、ドライヤーの熱を当てて粘着部分をゆるめては剥がすことを繰り返してください。ドライヤーを近づけすぎると粘着剤が溶けすぎて剥がしにくくなります。
  • シール剥がし液
    どうしてもシールをきれいに剥がすことができない場合は、市販のシール剥がし液を使うと良いです。ただし、シールが貼ってある材質によっては使えないことがありますので注意が必要です。シールの剥がし液を使うと、なかなか剥がすことができないシールでも簡単に剥がすことができます。

シールを剥がすにはハンドクリームやお酢など、身近にあるもので簡単に剥がすことができます。ハンドクリームは残ったベタベタも取り除くことができますので、おすすめです。ぜひ試してみてくださいね。